『〈暴食〉のアル』 第4章と『除霊師・安倍あやめ~』の更新について

いつも作品を読んでくださり、誠にありがとうございます。ゆうと00です。

タイトルの通り、1月25日投稿の第61話をもちまして『〈暴食〉のアル』の第4章が終了となりました。
なので今回も、ちょっとした解説をしようと思います。

この章では、王都ロンドで巻き起こる爆弾テロ事件を通して、主人公・アルの過去を匂わせる場面が幾つも登場します。ヴェルクやヴィナといった、彼女の過去を知る登場人物も新たに登場し、彼女がどのような足跡を辿って現在に至ったのか、ここから徐々に明らかになっていく……ような雰囲気を醸し出している章となっております。
正直なところ、今はまだ話せない箇所が多すぎてあまり解説ができない状況なのです。最後のシーンも含めて次回以降の“繋ぎ”としての役割が大きい章なので、こうなってしまうのも仕方ないでしょう。

ちなみに今回登場した新キャラの内、ヴィナについては今後も登場することは確定したようなものですが、ヴェルクについては正直なところ未定です。
しかしながら、ロンド在住時のアルとヴェルクの話は、いつか番外編みたいな形で書いていけたらと思っております。今回書いていく内に、作者自身も2人がどんな関係性だったのか気になってきたので。

またタイトルにもある通り、もう1つのオリジナル作品である『除霊師・安倍あやめの非日常的日常譚』も新たなエピソードを投稿しております。
前回の話とは打って変わって、ちょっとしたラブコメ風味がプラスされた話となっておりますので、こちらも合わせて読んでいただければとても嬉しいです。


なお『〈暴食〉のアル』の第5章の更新についてですが、もしかしたら週1の更新を1回分休ませていただくことになるかもしれません。お気に入り数、評価ポイントが飛躍的に増加し、読者の数が目に見えて増えてきているこの時期だからこそ、しっかりと物語の流れを掴んだうえで更新していきたいと考えているからです。
週1更新を楽しみにしていただいている方がおりましたら、誠に申し訳ございませんがご理解いただけると幸いです。

今回はこの辺で。それでは。


日時:2017年01月26日(木) 20:46

<< 『除霊師・安倍あやめの非日常的日常譚』の投稿について 事実上の更新停止に関するお詫びと新たな作品投稿について >>

返信

    現在:0文字 10~1000文字