アイ・ライク・トブ キャラ雑感 少年の隣席の法国少女

少年の隣に座り、あれこれとちょっかいをかけている法国出身の少女。
正体は二代目番外次席であり、御年90歳の若作りBBAです。
クォーターで耳は少しだけ尖り、瞳の色は黒に近い茶色で、濡れ鴉のような黒髪にうっすらと銀髪のメッシュが入っている。
見かけは中学生高学年ですが精神年齢は歳相応となっています。
性格は母親譲りの気儘で好戦的な性格。趣味はパズルゲームと手作りコーヒー牛乳作成。

ツアレに関して決闘を挑み、番外次席は装備差で敗北しアイダホは彼女を殺してしまいます。
色々思う処があった点とツアレの嗜めがあり、蘇生させた彼女とあれこれ語り合った事からアイダホは子作りをします。
ただ、その前に法国上層部に対し「番外次席と子を成すが、その代わり他の女(神人)は抱かない」と通達しています。

結果、生まれた少女は新たな神の血を引き、母親を上回る戦闘力を誇る様になります。
父親の指導の下、ユグドラシル式にスキルを最効率で組んだ事でより隙の無い魔法戦士になりました。
法国の再秘奥である六大神の装備とアイダホから贈られた神器級の槍と各種装備により、某真祖とも互角にやり合えるガチビル仕様に。

竜王すら討ち滅ぼせる独自戦力を得た法国ですが、彼女が全く婿を迎えようとしないという悩みを抱える事になります。
父親が聞きだした事によると「神官長達が薦める男達には気が乗らないし、運命を感じない」
折角の新しい神の血筋を全く活かせない事に、神官長達の嘆きの声は絶えませんでした。

そんな感じで人類の敵(最近は浸透してくる中央世界の国家の部隊)を撃ち滅ぼす日々を過ごしてた彼女ですが、とあるイベントでツアレの子孫の少年に出会い初恋に堕ちます。
本人曰く「子宮が欲してる」との事で、漸く婿を欲した少女の恋を成就させる為に、法国は無茶振りをして彼女をラナー・アカデミーに入学させました。

彼女の恋がどうなるか、それはまだ神も知らない運命なのです。
ただ、確かなことは少年の敵に対し少女は一切の容赦をしないでしょう。


日時:2017年10月27日(金) 14:49

<< アイ・ライク・トブ キャラ雑感 ツアレ・ベイロン アイ・ライク・トブ 最終話進行状況 >>

▼コメントを書く

返信コメント

ザルジュ

最終回待ってます❗
お願いします


日時:2018年04月03日(火) 15:22


返信

    現在:0文字 10~1000文字