俺ガイルssでふと思ったこと

八幡ファンには申し訳ありませんが、私は八幡がそれほど優れた人間だとは思ってません。
八幡が主人公のssを二つほど書いてますし、それなりに彼のファンだと思ってますが、それでも彼が黄金の精神だとか正義の心だとかを持ってるような、特別な高校生とは思っちゃいません。

むしろその逆。成長するためにの何かが欠けている未熟で幼稚さが残っている、普通の高校生。それが私から見た八幡です。
雪ノ下たちも同様です。彼女たちも何処かか欠けた未熟で幼稚なガキです。八幡がその中頭一つだけマシというだけで、八幡が特別な人間というわけではない。
まあ、彼の実力は平均の高校生より頭一つ上だとは思いますが。

でも、そんな未熟な彼らだからこそ俺ガイルは、その中で生きる八幡というキャラは成立していると思う。
俺ガイルとはヒーローでもなんでもない、普通の高校生だから成り立っている物語。だから逆に八幡が特別になると俺ガイルという話は成立しない。
欠けている者同士、幼稚な者同士傷つけ合い、進んでいく話。誰もがヒーローに相応しいような人間ではないからこそ俺ガイルは人気が出たと愚考します。
だから逆に、八幡マンセーになったり、八幡が特別な何かになった時点で俺ガイルという話は崩れる。ですから私は八幡が特別になるssを書く際は俺ガイルの世界から八幡を追い出します。

そうなってしまえば俺ガイルの世界は崩れてしまい、俺ガイルのキャラでは手に負えなくなってしまう。もし八幡が本物の強い精神を手に入れてしまえば、雪ノ下たちは単なるマンセー要因に成り下がる。八幡が特別な力を手に入れてしまえば、俺ガイルの世界ではなくなってしまう。

まあ、所詮は架空の人物ですから真剣に考えるのがバカらしいと思う自分もいるんですけどね。

もしこれを読んでバカバカしいと思ったら鼻で笑ってください。違うと思ったら何か根拠述べて反論してください。


日時:2018年06月09日(土) 00:06

<< 申し訳ありません キャラが大事かストーリーが大事か >>

▼コメントを書く

返信コメント

気分は形而上

あれらはHACHIMANという代理オリ主です。

作者の「完璧で最強でモテモテな主人公になりたい!」という下卑た欲望をつめこんだキャラです。

しかしオリ主でやると、「俺の欲望ダダ漏れなのがバレちゃう!」という事を(バレバレなのに気づかず)恐れるため版権キャラのガワを被せるのです。

浅ましいですね(笑)


日時:2018年06月09日(土) 05:29


返信

    現在:0文字 10~1000文字