キャラが大事かストーリーが大事か

キャラが好きなのとそのキャラが登場する話が好きなのとは別だと思う。
物語が好きな人にとってはキャラクターも物語の構成要素の一つに過ぎませんが、キャラが好きな人にとっては物語なんてキャラの入れ物です。
まあ、どっちも大事という人もいますが、それでもどちらかに比重が置かれているのは気のせいだろうか。

顕著な例が八幡。人のこと言えませんが、彼や俺ガイルのキャラはよく他の物語の世界に出張してます。そういう人たち、つまり私たちにとっては俺ガイルという物語はさして重要ではない。物語は八幡という人物の経歴のようなものであり、メインなのはあくまでも八幡です。

こう言うと笑われたり、物語を蔑ろにするなんて何を考えてるんだとも思われそうだが、果たしてどれほどの方々が自分はそうではないと言えるだろうか。
ラノベをよくご覧になってほしい。ストーリーよりもキャラを優先させ、中には主人公をマンセーさせるためにストーリーの流れを無理やり捻じ曲げるものもあるように私には見えます。
それならそのストーリーでなくてもいいではないか。主人公がマンセー出来るなら、かっこいい主人公を見られるならどの作品でもいいではないか。ただそのキャラがいれば物語が成立する。

二次創作原作問わず、物語よりもキャラを重視し、そのキャラがいれば満足するようなことになってないでしょうか?
それとも物語のあり方が変わってきたのでしょうか? そういう時代になってきたということでしょうか?

まあ、所詮は社会に出たこともない若輩者にすらなってないガキの戯言です。下らないと思っているならどうぞ鼻で笑ってください。


日時:2018年06月09日(土) 18:22

<< 俺ガイルssでふと思ったこと どこまで深く考えるべきか >>

返信

    現在:0文字 10~1000文字