新作執筆中かつ妄想中

ずっと放っておいた作品に一区切りつけて書き直してようやく落ち着きました………と思っていたのかぁ?残念ですが悩みはいつだってつきものなのです

それは連載中にも関わらず新しいアイデアが湧いてきて新作を書きたいという衝動をこらえること。何回も他の読者を待たせるのはダメというより嫌なので必死にこらえています

でもこのまま放置しておくとアイデアを忘れてしまうかもしれない。あと他の人の意見も聞いてみたい…もろもろの理由から2つの作品の概要を書き綴っていこうと思います。どなたかの二番煎じ感が否めないのもあるかもしれませんがドーゾ

■セブンスドラゴン2020 悲しみを乗り越えて
原作:セブンスドラゴン2020
サイキック、デストロイヤー、トリックスターの3つのS級能力を持った主人公によるドラゴンを狩る物語。13班ではない
基本日記形式で微勘違い要素あり。まだ一章の途中だが、構想含めて1番書き溜めてある作品。というかこれしか書き溜めれてない

■バカと裸とダイビング
原作:バカとテストと召喚獣
「バカテス」原作者である井上堅二のダイビング漫画「ぐらんぶる」とのクロスオーバー作品。高校、大学とそれぞれ舞台が違うため絡め役かつ緩衝材役の主人公アリ
原作キャラだけの短編でもよかったのだが、色々なネタのクロスを書きたいと考えた結果こうなった。さすがに高校生だから飲酒はしない…多分、きっと、メイビー…

また時間が空いたら懲りずこういうのを書いたりすると思います。生暖かい目で見てくれれば幸いです


日時:2018年06月23日(土) 21:38

<< 「面倒くさがりな直感系決闘者がゆくARC-V物語」の凍結について 読者のキャラクター募集コ〜ナ〜♡ >>

▼コメントを書く

返信コメント

D@!

作者が書きたい物を書くのが一番ですよ。その方が、筆のノリも違うでしょうし。個人的にはバカと裸とダイビングの方を読みたいですね。ぐらんぶるは大好きですがSSは難しい題材だと思っているけど、同じ作者のバカテスとのクロスオーバーなら世界観もぴったり合うでしょうし、


日時:2018年06月24日(日) 22:23


返信

    現在:0文字 10~1000文字