思ったより早く

次話の投稿となりました。
前回の活動報告では『次も一年後かもしれない』ち匂わせていたことを考えると、早いと言えなくもないと思います。
異議は慎んで受け入れさせていただきます。

ともあれ、時間を見つけてのろのろと書いておりますが、時間をかけすぎて以前のような雰囲気が出せなくなっているような気がします。
『このキャラはこんなこと言うキャラだったかな?』
『昔はこんな書き方してたかな?』
というような違和感と向き合いながら書かせていただく今日この頃です。
私の記憶能力がへっぽこなのが理由の大部分なのですが、このままだとすべてのお話を書き上げる頃にはとんでもない変化をしてしまいそうです。

というか、私が原作にさせていただいている作品のほとんどがもう最終回を迎えているということにも後れ馳せながら衝撃を受けております。
一部はタイトルを変えて続編が出ていたりスピンオフが出ていたりもしますが、時の流れは早いものです。

拙作を目に止めていただく方に『この原作聞いたことないな』と思われない内に書き上げてしまわないと、と思いつつ、なぜか落第騎士の英雄譚のオリキャラ物の構想が出来上がりつつあるのに首をかしげている私でございますが、どうかこれからもよろしくお願いします。

あわせて、感想を書いていただいている皆様にも、このばを借りて御礼申し上げます。
全く返せてはいませんが、お褒めの言葉、お叱りの言葉共々執筆のちからにさせていただいております。

では、またいずれお会いしましょう。
失礼致します。


日時:2018年12月20日(木) 23:02

<< かろうじて生きてます。

返信

    現在:0文字 10~1000文字