イヴちゃんとかメイドとか(プロフ)

皆さんどうもこんにちは。黒岩です。いつも魔軍参謀の憂鬱をご覧頂き、誠にありがとうございます。
というわけでいつもどおりのプロフだったり、ちょいちょい要望があった今出ているメイドについての設定を公開します。大分長いかもしれませんが、とりあえずどうぞ

名前:イヴ
年齢:15歳 GL100年代生まれ
身長:149cm
体重:37kg
3サイズ:70(A)・W54・H80
出身:レオンハルト直営人間牧場
職業:白兎の秘書
レベル:20→42
才能限界:85
技能LV:読心LV2 魔法LV2 付与LV1 研究LV1 経営LV1
特技:相手の心、感情を読むこと 心理戦
趣味:チェス
目標:とにかく上を目指す
備考:レオンハルト直営人間牧場出身の少女で、数十年ぶりの特A級の人間。生まれつき、周囲の生き物の心や感情が読める特異な能力を持ち、同時に高い知能を持ち合わせていたために、物心ついた頃直ぐに牧場の真実に気づいた。外の世界や魔人についての知識も魔物経由で少しずつ集めながら、周囲の人間の考えていることが読めることで、他人と仲良くすることを諦め、他者を駒として利用し、自身はひたすらに上を目指すことにした。
だが、牧場の選別を終えて特A級となったその日に白兎と出会い、彼女に連れられて紅魔城を案内された結果、途中で白兎が魔人と人間のハーフであることに気づき、始末しなくても済むようにと白兎からの提案で友達になった。今までちゃんとした友達がいたことがないのと、ぐいぐいと仲良くしようと距離を詰めてくる白兎に押され気味で、対応に少し困っている。だが、満更でもない様子。



名前:インデックス・カラー
年齢:ひみつ NC940年生まれ
身長:142cm
体重:ひみつ
3サイズ:B94(J)・W53・H77
出身:カラーの森
職業:ペンシルカウ初代女王 紅魔城司書 第五階級悪魔 
レベル:50→69
才能限界:??
技能LV:魔法LV1 呪術LV2 情報魔法LV2 料理LV1 性技LV1 悪魔LV2
特技:言葉責め
趣味:コスプレ 女を磨くこと ハンティ弄り
目標:愛する男の1番になること
備考:ペンシルカウ初代女王に就任したカラー。ハンティの友人。自身のことを“いい女”とよく称する自信家。
他人に命令されることが嫌いで、他者とわいわい付き合うような性格でもなかったため、1人で過ごすのが好きなただのカラーの娘だったが、現カラーの中でも1番強く、能力が高かったため、皆のリーダーとして采配を振るうことになる。
他人を顎で扱き使うのは気持ちがいいし、なんだかんだ言ってカラーの現状をよく理解しているため、仲間のために真面目に働いている。
その過程で支援者であるハンティと友人になり、レオンハルトに惚れた。なので引退後に楽しくやるためにレオンハルトの1番の女を目指しながら、ハンティを弄り、彼らと交友を深めている。口が上手いというか、相手をからかうのが好きで、よくハンティを弄っているが、気に入った相手しか弄らない。愛ゆえの行動だと言う。
実際、ハンティの将来やその真面目な性格を心配しており、度々男を作れと言ったり、気を揉んでる時はからかって気を紛らわせたりしている。気遣い上手で、他人の機微に良く気づく。いい女はさり気なく、相手に気づかれないように気を回すらしい。
身長が小さく、ハンティからも“チビ”と言われているが、胸は大きく、スタイルは良い。悪魔になってから成長したが身長は変わらず。


続けてメイドについてどうぞ。

メイド:紅魔城で働く使用人の9割はこれ。NC末期に下級使徒になった。現在、200名以上のメイドがおり、その全てが美少女。レオンハルトの趣味に沿った女性が攫われてきたり献上されたりするため、巨乳率8割という驚異の数字を誇っている。巨乳組だけだと平均カップ数がIカップくらいある。貧乳組はぐぬぬ状態。皆レオンハルトに惚れており、心から尽くしたいと働いている。
制服はペールがレオンハルトの好みに忖度してデザインした。実際に作り上げたのはキャロル。
幾つか種類があるが、ヘッドドレスと黒のガーターベルト、胸の谷間が見えるのは共通している。
ミニスカートとロングスカートが選べる他、へそ出しや肩出し、上半身がビキニの上部分だけであったりと、色々と差異があり、これをどのようにして着こなすかはそれぞれに委ねられている。個性を出せる上にお洒落が出来るので好評だが、新人は服の仕様に恥ずかしがったりすることも多い。
基本スタイルだと、肩出しで白の手袋着用。ミニスカートに、黒のガーターベルトに好きな色のソックスなどっが基本。胸の部分は上側が開かれており、実は真ん中から下側にかけて開ける仕様。用途を聞くと初心な娘は顔を赤くしてしまう悪意のあるデザイン。
仕事は分担制だが、メイド長や副メイド長が優秀なので、割と自由。ただし、風呂と夜の当番については抜け駆け厳禁で結構厳しめ。

副メイド長:八大冥土――というかっこつけた名で呼ばれることもあるメイドの班長。副メイド長達のこと。レオンハルト城のメイドは数が多く、8つの班に分けられ、それぞれ仕事を持ち回りで分担している。その中でも集団を纏めるスキルや、メイドとしての能力が高かったり、諸々の理由で主であるレオンハルトとメイド長によって選ばれる。


リム:副メイド長の一人。メイドの中ではメイド長と並ぶ古株で、ナイチサが襲った村の唯一の生き残り。見た目は幼いがメイドとしての能力は高く、一番得意なのは掃除で、掃除の鬼とも称される。そしてエロ方面の能力も高いが、ロリ体型なため歯がゆく思っていた。城内の貧乳、ロリ組と結託してレオンハルトをロリコンにしようと画策しているが、圧倒的少数派であるため活動は芳しくない。だがそれでも性技の上手さは誰もが認めるほどで、レオンハルトも胸の大きさ関係なしに愛してくれるので実はそこまでコンプレックスでもない。甘えるのが好き。雑学を集めるのが好きで、クイズとか好き。白髪ツインテール。身長140センチ。Aカップ。メイドの中で一番胸が小さいのはやっぱ悲しみ。他の部分でカバー。言動が挑発的で“貧乳は希少価値”が信条。レベル12。才能限界15。メイドLV1。裁縫LV1。性技LV1。


ミオとマオ:副メイド長の一人。二人で一人。ミオが姉でマオが妹。ツリ眼。色々と複雑な事情があるらしい。レオンハルトとシャロンの故郷である国に滅ぼされ、レオンハルトに献上された。メイドとしては洗濯が得意。他の仕事にも言えることだが、姉妹のコンビネーションが凄い。二人共髪は長く、ミオは赤い髪に左結び、もしくは二つ結び。マオは青い髪に右結び。だが、二つ結びにしたり他の娘達の髪を真似たりヘアアレンジやお洒落が好き。ミオは巨乳がコンプレックスだったが、今はそうでもなく、恥ずかしがり屋のツンデレ気味。マオの方が色気があって余裕があり、お姉さんっぽいだけに、実は妹というと驚かれる。よく姉をからかうことも。二人共泳ぐのが好き。なお、この二人のせいで八大冥土が9人になってしまうと当初は苦言を呈されたが、称号に数字が付いてるのに一人多かったりするのはよくあることだ、とレオンハルトに諭され許された。二人とも身長165センチ程。胸はミオの方が大きいが、実は身長はマオの方が勝っていることをマオは隠している。Kカップ。姉妹であるということ自体が武器。二人共レベル19。才能限界40。水泳LV1。家事LV1。裁縫LV1。ミオはそれに加えて魔法LV1。マオは弓戦闘LV1。


エクレア:副メイド長の一人。副メイド長の中では一番の新入り。なので最弱とか言われたりする。勿論冗談。今は他にも新人が入ってきているのでしっかりとしたお姉さんとして慕われている。藤原家討伐初期にレオンハルト軍によって滅ぼされ、占領された王国の第一王女。民を救うための交渉によって自らレオンハルトのメイドに。メイドとしては異色で、事務などの実務が得意。国の政務にも関わっていたので様々な事に優れる。レベルも高い。王女というだけあって、家事などは不慣れであったが努力でカバー。他のメイドのようにはならないだろうと思っていたが、割りとあっさり、しかもよくあるパターンで堕ちてしまった。趣味は観劇。ツイン縦ロール。喋り方もお嬢様口調なので、エセお嬢様口調のキャロルにキャラが被るとよく騒がれる。身長163センチ。Lカップ。三桁の得物を活かして戦う。しかし、上には上がいるのが驚異であり、同時にホッとしてるところ。レベル28。才能限界44。政治LV1。秘書LV1。


紅月:副メイド長の一人。JAPAN出身。絹のような美しい長い黒髪と雪のような白い肌、上品かつ優雅な佇まいが特徴の絶世の美女。レオンハルトの藤原家征伐の際、親に連れられて大陸に来ていたが、その戦いで両親は戦死。身分を隠して闘争を図ったが、敢え無く魔物に捕まり、そこでレオンハルトに引き取られた。大和撫子を地で行く少女だが、レオンハルトに恋して以降、愛が重い。ちょっとヤンデレ風味。だが、なんやかんやで他者を害したりすることはやめた。今は純粋に、レオンハルトの寵愛を受けようとアピールを繰り返している。メイドとしての仕事は礼儀や接客が得意で、幼い頃から礼儀作法については厳しく躾けられたかららしい。趣味は詩や絵を書くこと。レオンハルトファンクラブのイベントで、よく本を出している。かなりの人気作家。
実は藤原石丸の娘の1人であり、藤原家を滅ぼした魔人レオンハルトへの何か仇討ちをするべきかと考えていたが、そのために暗殺でもしようと彼に近づいたところ、普通に惚れてしまってどうでもよくなってしまった。武家の常だと納得してしまっているらしい。更には運良く子供を授かったため、更にどうでもよくなってしまい、今では立派な親馬鹿。娘の事となると馬鹿になる他、かなりの教育熱心。立派に育てようと色々と言いつけるも、娘に激甘なので結構甘やかしていることに気づいていない。今は子供も生まれたためメイドを辞めており、自分の立場は安泰、正妻みたいなものだとしてほぼ勝ち誇っており、娘が大成することを画策している。性格は腹黒な上、他人には結構キツめ。陰湿で、遠回しな嫌味や皮肉が目立つ。好意を持つ相手へは苦言を呈しながらも放ってはおけない面倒見が良さを見せるため、周囲からはツンデレ扱いを受けている。実は相当の負けず嫌い。
身長160センチ。Mカップ。二つの意味でレオンハルトのメイドの中でもかなりの戦闘力を誇る。二番目に大きい。レベル40。才能限界80。護身術LV2。家事LV1。巫女LV1。詩LV1。


ベアト:副メイド長の一人。魔物界出身。白髪のミディアムショートヘアで赤い目。メイドの中では珍しい魔物界出身で、魔物界に連れてこられたある料理人家系の娘。生まれた時からレオンハルトの話を聞かされており、間近で見ていたこともあって忠誠心が図抜けており、また他のメイドと同じ様に異常なほどに惚れている。メイドの中ではメイド長に次いで戦闘力が高く、暗殺が得意(らしい)。親譲りで料理が得意だが、レオンハルトに作る以外に料理は作らない、技能としては掃除が得意ではあるが、本人はレオンハルトとエッチすることしか頭にないため、いつもレオンハルトに擦り寄ってエッチをせがんだり、ご奉仕させてほしいとお願いする。抜け駆け常習犯。趣味はオナニー。レオンハルトと出来ない時は大体それで慰めているし、卑猥なことを平気で口にする痴女。一見クールそうに見えるが、頭の中は常に真っピンクでちょっと変わっている。身長157センチ。Lカップ。華奢なのにかなりの大きさを誇る我儘ボディ。何でも、小さい頃から親に協力してもらい、レオンハルトを誘惑する完璧なスタイルを作り上げようと努力したという。親からはもっと身体を鍛えろと言われているが、親の方がおかしいだけで充分強い。レベル45。才能限界69。料理LV2。短剣戦闘LV1。格闘LV1。魔法LV1。シーフLV1。くノ一LV1。性技LV1。本名は、ベアトリス・ミシュラン。“料理はエロ、エロは料理”という真理に到達している。


おっぱい過多。こんなんだから巨乳好きとか言われる(呆れ) メイドは副メイド長全員分の設定があったり、料理人なんかも設定があったりしますが、また今度ねって


日時:2019年04月12日(金) 18:12

<< 白兎ちゃんプロフィール 創作活用の為のTwitterアカウントを作った話 >>

▼コメントを書く

返信コメント

kanon

いつか他のメイドさんたちの設定もお願いします


日時:2019年04月15日(月) 12:18

十津川烏

>才能限界15
こういう普通の数字が出ると安心する…レオンハルトの周りは妙に才能限界高いからなw


日時:2019年04月13日(土) 16:12

東の栄

白兎ちゃんのBサイズは書かれてないのに、イヴちゃんにはしっかりBサイズAカップとかかれている。初登場から何年分成長したかわからないけど、希望はないってことかな。


日時:2019年04月12日(金) 20:19

ノム

親の仇なのに惚れさせるのマジで草
雌は手当たり次第に惚れさせないと気が済まないのかよコイツはwww


日時:2019年04月12日(金) 19:44

ツクまる

紅月ちゃんの所の
>身分を隠して闘争を図ったが、
誤字だろうけど草
でも石丸の子で、JAPAN人ならホントにやりそう……


日時:2019年04月12日(金) 19:16

裸エプロン閣下

他のメイドも設定濃いのにベアトのインパクトが強すぎて草。
果たして残り三人の副メイド長の中に彼女より濃いキャラを発揮するものはいるのだろうか……。

案の定高いレベルと才能限界を誇る紅月。流石石丸の娘。
そしてその紅月とさほど差のないベアト……料理技能以外の戦闘技能も充実してて料理"が"すごい一族というか、
料理"も"すごい一族な気がしてきた……。


日時:2019年04月12日(金) 19:00

モニ男

武家出身で石丸の娘な紅月よりもベアトの方が強いの本当に草
やっぱこの一族って化物だわ、戦闘技能の差?料理で戦えるから問題ないやろ(ミシュラン一族への厚い信頼)


日時:2019年04月12日(金) 18:31


返信

    現在:0文字 10~1000文字