萌え声のかつてクソザコだった装者の話の予定

「かつての私はどこにでもいる……何者でもない存在だった……でも今は私としてここにいる!」

思えば遠い所まで来た加賀美詩織という少女、ノイズ相手にすら苦戦していた少女は神を討ち、今一人の防人として人とすら戦えるまでになった。

人と人ならざるもの、生と死の循環を繰り返し、代わり続ける彼女は生まれ変わる程に強くなった。
自分一人の道さえ見つけられなかった少女は、多くの者の道を背負う王(ロード・オブ・ロード)となる。


XV編……つまりはシェム・ハとの戦いはほぼ完全にオリジナルになりそうです。
フロンティア事変にてアップルでシェム・ハは目覚めてしまっています、これは避けられない運命ですが。
問題は誰が神の依り代となるか。

原罪を持たない人間はたった三人。
立花響 小日向未来 そして加賀美詩織
だが加賀美詩織は、もはやアヌンナキが設計した人間ではない。
多くの人々と信じられる仲間、フェニックス、そして神の力で生まれた「完全に独立した、ただ一人の個」。

しかし独立しているが、決して孤独ではない。
信じてくれる仲間がいるから、信じてくれる人達がいるから、彼女は一人ではない。

加賀美詩織にしか出来ない事を、加賀美詩織がいるからこそ出来る事を考えたいと思います。


日時:2019年09月22日(日) 22:56

<< 萌え声クソザコ装者の話の話(質問など歓迎) シンフォギア完結ありがとう >>

▼コメントを書く

返信コメント

カンナちゃん、マジやばくね

おりんのガングニールの配信機能で全世界合唱とかあるかなぁ、と勝手に妄想しているダンゴムシが日陰におります。
そういえばおりん今まで一度もエクスドライブになっていない気が・・・


日時:2019年09月29日(日) 13:17

RJG(@д@)

 おりんは俺たち(ダンゴムシ)が(精神的に)支えまするぞ!!(笑)


日時:2019年09月23日(月) 08:08


返信

    現在:0文字 10~1000文字