いつか書いてみたいネタ②


 ……モンストの『黄泉』ってテライケメソよね。
 あのサディスティックな御尊顔が素晴らしいよね。

 てな訳で書いてみたい『黄泉』の創作。
 でもモンストの黄泉の性格やら知らないから、やっぱり転生やら成り代わりを使っちゃう。いいじゃん、面白ければ。アニメは見てない。

 主人公は『黄泉』になっちゃった転生者。
 だけども舞台はモンストじゃない。というか舞台が定まってない。とりあえず確定事項として、生者が死後辿り着く死者の楽園こと「黄泉ノ國」を統括する絶対者。

 ……日本って色々な国の文化を取り入れてるから、ボーダーが曖昧なのよね。日本の死者の行き先を挙げるなら『地獄』と『黄泉』の二つになると思う。多分だけど、この二つって同じようで全く違う存在かもしれない。

 黄泉様は「黄泉ノ國」を統括する冥府の神みたいな存在。
 「黄泉ノ國」は死者が転生するまで身を休める地、みたいなイメージ。一番しっくり来るのが、東方projectのアニメの冥界。地獄は鬼や閻魔がいてカオスでうるさそうなイメージだけど、黄泉ノ國は真逆。静かで穏やかな、ただただ次の誕生を待つ魂がフワフワあちこちを彷徨う安息の地……かな。
 そんな静かな世界の平和を守る主人公。うるさいのが苦手だし、綺麗な黄泉を流血やら喧嘩で穢したくないから秩序を守ろうと徹底的に法を敷く。

 徹底的にと言うけれど、その内容は至ってシンプル。
 【大勢の前で無闇に騒がない】
 【正当な理由無しの喧嘩はNG】 みたいな本当に簡単な事。

 自分の身勝手もあるけど、死者達も生前色々苦労して、こちらではゆっくり過ごしたいだろうから。そんな考えで黄泉を統治している主人公。

 イケメンだし、カリスマあるし、頭脳明晰だし、運動神経抜群だし、統治能力は完璧だし。そんな主人公に黄泉の住民達からの人気は爆上がり。常に黄泉様黄泉様って慕われてる。厳しいけど、法を守れば慈悲も優しさも見せてくれる凄い御人。

 だがそんな完璧では終わらない主人公。
 実は表情筋が死んで、尚且つ本当に言いたい事とは違う事を言う口にうんざりしている苦労人。厳しい事を口にしてるけど、本当はフォローを言ったつもり。

 つまりは勘違いですね。
 でも黄泉の統治能力は本物だから、本当に凄い主人公なのかもしれない。

【世界観】
 『鬼灯の冷徹』みたいに、黄泉の世界単体で動かしたい。
 「黄泉ノ國」を統治する黄泉様と、配下もしくは死者達の日常譚。
 もし、クロスオーバーするなら黄泉の世界を一つの異界として、その世界に飛ばすのもいいかもしれない。命在る場に参上致しますってな感じ。

 ※in FGOまたは型月世界
 日本の冥界神として活躍。成り代わりはともかく仕事の出来も性格も真面目だから、エレシュキガルと仲良くできそう。なんでそっちの冥界はこんなに明るくて暖かいの!?みたいな。

 ※名探偵コナン
 普通に死者の行き先として存在。在る時を境に異常発生する死者に、黄泉の住民は「なんだこれ!」と驚き、事情を探る為に黄泉様と部下が現世入りする。黄泉様は見た目が真っ黒だから探偵's に怪しまれそう。


日時:2020年03月17日(火) 22:18

<< アンケート枠Ⅱ(モンハン) ちょっとした質問(見かけたら反応プリーズ) >>

▼コメントを書く

返信コメント

アジーン

 ≫花びらさんへ

 今の所すぐに浮かんだのはこの二つです。
 どっちもあり得そうかなって。後は私の知ってる作品に左右されます。妖怪とか神とかが当たり前な世界なら受け入れられそう。
 和風テイストな作品(特に日本舞台)相手なら行けそうだけど、洋風テイストにはちょっと無理があるかも。FGOは関連要素多いし、世界から英霊来てるからセフセフ。

 何か良い舞台があったら御連絡を〜!(´∀`)


日時:2020年03月17日(火) 23:17

花びら

コナンもFGOも面白そうですね……。
その二択だけですか?


日時:2020年03月17日(火) 22:56


返信

    現在:0文字 10~1000文字