ちょっとした宣伝。

変えられないもの。
向き合えないもの。
償いきれないもの。
立場に苦しむもの。
ただ前を向くもの。

そして、明日に失望したもの。

おとぎ話のように
あたたかく優しい
季節を夢見るもの。

喉奥の苦みに苦しみながら、彼と彼女らは進むしかなかった。

背にまとわりつく過去は、結局背負い付き合うしかなかった。

冷ややかな現実に胸を貫かれ、ただ苦しみを溢れさせるのみ。


アークナイツ、新規シリーズ「Свет и тень.」絶賛構築中。

それでも、生きている限りは。




































...と、少しそれっぽい宣伝を。こらそこ、他の話書き終えろとか言わない。


日時:2020年10月13日(火) 10:19

エクシアの話について >>

返信

    現在:0文字 10~1000文字