魔央と響香LINEにて5。


 響「ういす」
 魔「ふむ、響香か」
 響「明日アンタんち行っていい? 次の日休みだしさ」
 魔「我が参謀である神楽坂に確認してみよう。それで、なに用で来るのだ?」
 響「ちょっと数学の応用につまずいちゃっててさ。勉強見てほしい」
 魔「ほう、そんなことか。ならば学び舎で直接教えてやっても構わぬが?」
 響「いいよアンタんちで」
 魔「ん? そちらの方が早いのではないか?」
 響「いい、迷惑じゃなかったらマオんち行きたい」
 魔「そうか」
 響「そう」


日時:2021年02月09日(火) 04:14

<< 魔央と響香LINEにて4。 魔央と響香LINEにて6。 >>

返信

    現在:0文字 10~1000文字