魔央と響香LINEにて7。

 
 響「アンタすっかり有名人じゃん」
 魔「フハハハハッ! 我が威光に屈服したというわけだな!」
 響「でもアンタの隣歩きずらくなっちゃったわ」
 魔「……なんだと」
 響「色んな人に見られるし」
 魔「……そんなことはないと思うが」
 響「いやいやめっちゃ見られるよ。どうするこれから?」
 魔「どうするとは?」
 響「一緒に帰ったりとかしないどく?」
 魔「……何を言うか。眷属である貴様が我の側を離れるなど許されるはずがなかろう」
 響「冗談」
 魔「……なんだと?」
 響「ちょっとからかっただけ。これからも一緒帰ろうよ」
 魔「魔王である我をからかうとは。まったく、恐れ知らずな女よ」
 響「ロックっしょ?」


日時:2021年02月12日(金) 08:14

<< 魔央と響香LINEにて6。 魔央と響香LINEにて8。 >>

返信

    現在:0文字 10~1000文字