テイルズ オブ ジ アビスのEDについての解釈

 さて、ここでは私のテイルズ オブ ジ アビスのEDについての解釈を書いていこうと思います。
 私が投稿中の小説「臆病な転生ルーク」の中では最後に現れるあの人物はアッシュである、レプリカ・ルークは死んでいる、と取れる内容を書いております。ですが私個人の考えはそれとは微妙に異なるものなのです。
 自分の考えと違う内容で小説を書いているのか! と言われれば、その通りですとしか返せませんが、これには事情があります。作中で転生ルークは必死になって生きようとします。その理由付けの為に、彼が必死で生きようとする為には原作でレプリカ・ルークが死んだと「思い込んでいる」方が都合が良いのです。彼がレプリカ・ルークは最後に死ぬと思っていれば、必死に生きる理由になりますからね。そういう理由で、小説の中では帰って来た人物はアッシュであるという文章を書きました。
 じゃあ私は本当はどんな風に思っているか? というと……「帰ってきた人物がどちらかはゲームの中だけでは判別できない」という考えです。なんだその中途半端なのは。と言われそうですがこれが忌憚ない私の考えです。
 実を言うと、私も発売当時にゲームをプレイした時はアッシュが帰って来たのだと思っていました。ゲームをプレイしただけではどちらか分かりづらかったですが、周回プレイでサブイベントをやったり、ネットの情報などを拾ったりする内に帰って来たのはアッシュだと考える様になったのです。
 ですが、とあるウェブサイトを見る事によってその考えは変わりました。そのサイトではこう書かれていました。「ジェイドの言葉だけで、帰って来たのがアッシュだと判断するのなら、それはヴァンを盲信していたルークと変わらない」という一文です。私はその文章を見て頭を殴られた様な衝撃に襲われました。アビスというゲームでは、テーマの一つとして自分の頭でものを考える、という事が大きなテーマになっています。それなのに、ゲームの中で繰り返し、「自分の耳で聞いて、自分の目で見て、自分の頭で物を考えろ」と言われていたのに、そのテーマを全く受け取っていなかった自分に愕然としたのです。
 アビスのEDで帰って来た人物を判別するものは、大きく分けて二つです。一つは帰って来た人物の言葉。もう一つは大爆発という現象について話すジェイドとディストの会話です。
 帰って来た人物の言葉は取りようによってどちらとも取れるんですよね。「約束したからな」という言葉は、ルークであれば皆とした帰ってくるという約束になります。アッシュであれば彼が最後にルークと交わした必ず生きろという約束になります。つまり人物の発言ではどちらか判別するのは困難なのです。
 ジェイドとディストの会話内容は一見するとオリジナルが生き残る、レプリカは記憶しか残らない、と捉えられます。しかし、ここがミソなのです。ルークとアッシュは世界初の完全同位体であり、二例目がチーグルのスターだという事です。ジェイドは研究中、完全同位体を作ろうと苦心していました。ですが結局は作れずに研究を断念しています。つまりジェイドの完全同位体への理論は全て机上の空論という事になります。つまりジェイドの言葉は当てになりません。ディストについても同様です。ジェイドと一緒に研究してた時は結局完全同位体を作れなかったのですから。
 作成中の事故により偶発的に生まれた完全同位体がレプリカ・ルークです。そしてその事故を再現する形で作った完全同位体がスターのレプリカです。たった二例しか存在していないんですよ。スターの例をとってルーク達に起きた現象を見るのであれば、一例だけで判断するという事になります。
 例えば「この風邪薬、たった一人の人でしか治験してないんだ! 本来であれば何百人という人でテストするけどこの薬は一人の人でしか試してないんだ。でも絶対大丈夫だから飲んでみて」って言われてその薬を飲みますか? 私は飲みません。スターの例がこうだからルーク達もこうだといのはそれと同じ事です。現実の研究者で実験例を一例だけで発表する研究者がいたら世間の笑いものになりますよ。ただでさえ、チーグル(魔物)と人間という違いがあるのです。スターとスターのレプリカがこうだからルークとアッシュもこうだ、と考えるのは危険です。
 そうして考えると、帰って来た人物を判断する材料が無くなってしまいます。
 そこまで言うと、「制作が~」と言い出す人が出るでしょう。私もそれは知っています。シナリオライターの人が構想段階で帰ってくる人物にアッシュを想定していたという話は。ですがそれも根拠にはなりません。
 例えば、3DS版で追加されたガイとナタリアの第二秘奥義がありますよね? あれはオリジナル版、PS2版には入っていない要素です。同様に、後に発売されている「公式シナリオブック」という書籍では、ゲームに収録されていないサブイベントが記載されていたりします。ですが、制作側が「あれは入れたかったんだよな~」とか言ったとしても、「入っていない」のは事実じゃないですか。制作の段階でガイとナタリアの第二秘奥義があったのかも知れない。入れておきたいサブイベントがいくつかあったのかも知れない。でも発売されたゲームには「入っていない」のは厳然たる事実です。構想段階で第二秘奥義があった。サブイベントがあった。帰ってくる人物はアッシュだった。でも出来上がったゲームでは第二秘奥義もサブイベントもないし、帰って来た人物もはっきりどちらか判別する材料は無い。ならそれが全てだと私は思います。制作側が何を言っても発売されているゲームが全てです。だからPS2版に二人の第二秘奥義はないし、入れたかったサブイベもない。帰って来た人物も「ご想像にお任せします」となっている。
 まとめます。ゲーム中に存在する材料だけを見ると、少なくとも私には帰って来た人物がどちらかは判別出来ません。ゲーム外に存在する材料は、考慮するに値しません。ですが、帰って来た人物がどちらか判別するのは実は簡単なんです。帰って来た人物と渓谷に集まった仲間達が話せばいいんです。5分でも、10分でも。話をすれば帰って来た人物がルークなのかアッシュなのかはすぐに分かります。ですがゲームはそこまで描いていない。あの人物が現れて一言二言話してそこでENDマークがつくのです。なので、私は「帰ってきた人物がどちらかはゲームの中だけでは判別できない」という考えになりました。
 ゲームが発売されてから数年経って私が辿り着いたのはこの考えです。
 この考えは私だけのものなので、人に押しつけるつもりはありません。
 皆さんは皆さんでご自由に考えて自分だけの答えに辿り着けば良いと思います。
 ですが私の考えはこれです。他人に言われて変えるつもりはありません。
 又数年経てば違う考えになっているかも知れませんが、今の私の考えをまとめておきたかったのでここに書きました。
 もし皆さんに少しでも考えるきっかけになれば幸いです。


日時:2014年11月12日(水) 22:33

次回作のプロット >>

▼コメントを書く

返信コメント

ごまさん

シュレーディンガーの猫ですね。


日時:2014年11月18日(火) 12:43

meldy

自分は あのエンディングを見て「アッシュであり、ルークでもある。そしてそのどちらでもない」と思っていました
人の人格を左右するのが記憶だと自分の中で定義しているので、二人の交じり合った別人と考えてました


日時:2014年11月17日(月) 19:11

鞘9991

まずは皆様、色々なコメントを書いてくれてありがとうございます。
個別に返信していこうと思います。

九葉羅斗 様
そうですね。確かに剣の差し方はルークの物です。ですが肉体の癖がそうだと言って必ずルークだという保証はありません。それも又言った通り、あの人物と仲間達が会話すれば一発で判明します。ですがゲームでは会話は行われていないので私には判別不可能と思いました。

ケツアゴ 様
そうですね。私も同意見です。描かれていないのであれば存在しない。全くもってその通りだと思います。

カズマサ 様
ゲームの外で何を言おうがゲームに含まれない要素は考慮に値しません。

Hibiki 様
Hibiki様はそう解釈したのですね。ですが私はゲームに描かれた描写だけでは、ゲームをプレイした人間にあの人物が誰であるか判別するのは不可能だと思っています。

mooma 様
その可能性ももちろんあります。可能性だけで言うなら、
・ルーク
・アッシュ
・ルークの記憶を持ったアッシュ
・アッシュの記憶を持ったルーク
・完全に融合した人物
・ローレライ含めルークでもアッシュでもない第三者
これだけ可能性のあるのが上げられます。
ですがそれを含めて、ゲームの中での描写ではプレイした人間に班別するのは不可能だと思います。

個別に色々と返信しましたが、私の考えは変わりません。私に、ゲームをプレイした人間にあれが誰であるか班別するのは不可能。それが私の答えです。


日時:2014年11月15日(土) 19:49

mooma

ローレライの可能性も考えられませんか? 同位体間で起こる同一化現象の場合、アッシュとルークの間だけで終わるのはむしろおかしいと思います。
3人が1人に集結する方がむしろ自然では…?


日時:2014年11月15日(土) 19:22

Hibiki

アニメ版の描写見てると割りと分かりやすく、精神が消滅したのがアッシュ。肉体が消滅したのがルーク。
帰還したのは「アッシュの肉体に精神が宿ったルーク」だと解釈出来ます。

そう考えてテーマ曲のカルマの歌詞を見ると、もろネタバレになってますw
約束は果たされ、一人分の陽だまりで彼らは一つになったのです。


日時:2014年11月14日(金) 20:15

カズマサ

たしかスタッフがアッシュだと明言してたような?
それ知ってから自分も絶望しましたが・・・
ガセだったらいいなぁ


日時:2014年11月13日(木) 21:57

ケツアゴ

キチンと明かしていない部分はプレイヤー次第と思います FF7も例の作品が出るまでは世界が滅びたか、損害が大きかっただけか、無事だったのか で分かれてましたし

とある小説家も作中で言っていました 描かれていないのなら存在しない  好きに解釈すべきかと


日時:2014年11月13日(木) 20:14

九葉羅斗

帰って来た人物の剣の差し方が背中に横向きで、アッシュではなくルークと同じだったので、自分は何の疑いもなくルークだと思っていました。

まあ、製作陣がわざと作中で明かさない部分なので、色々な解釈があってしかるべきですよね。
二次創作なので原作に作者の意向が入るのは当たり前ですから、今の展開で何の問題もないと思います。

更新楽しみにしてます。


日時:2014年11月13日(木) 19:35


返信

    現在:0文字 10~1000文字