活動報告一覧 202件

Fate/sn×銀英伝を更新しました

GWも終わり、次の長いお休みはお盆ですかね……。6月に祝日もなく、夏休みとも関係ないことを嘆くのび太君。まさしく至言でございます。こういった普遍的な感情を取り入れて、かつ面白く昇華できるのが本物なんだろうなあ。その点では、二次創作はスタートからとても楽をしていると思います。それでもしんどいことは多々ありますが、少しずつ頑張っていきたいものです。


日時:2015年05月09日(土) 20:35/全部読む/コメント:0件

Fate/sn×銀英伝を更新しました。

魔術にSFを持ち込まれ、混沌としてきた聖杯戦争であります。原子爆弾の基礎ともなった、E=mcの2乗の公式は、エネルギー=質量×光速の二乗という意味です。それが亜空間跳躍は、質量が光速を超えちゃう現象なわけですよ。そりゃもう、どれほどの余波が起こることか。ガイエスブルク要塞のワープアウト時には、数百キロ単位に展開しているであろう分艦隊が呑み込まれそうになってましたからね。時空のひずみを伝播しうるもの…


日時:2015年05月05日(火) 23:21/全部読む/コメント:0件

Fate/sn×銀英伝を更新しました。

アーチャー(Acher)じゃなくてティーチャー(Teacher)の間違いっぽいヤンですが、その本質は参謀です。敵の動きを読み、味方を最適な方法で動かす。高度な思考能力と推理力、判断力が問われる役割で、名探偵とも共通する資質を要求されるのではないでしょうか。本作ではものすごく弱体化していますが、劣勢な同盟軍の一個艦隊を率いて、三タテをかますぐらいにチートなんですよ、この人。個人戦力としてはどうしよう…


日時:2015年05月02日(土) 21:17/全部読む/コメント:0件

Fate/sn×銀英伝を更新しました。

ついに真名を明かすアーチャーことヤン・ウェンリー。今の彼の外見は、士郎より1、2歳上ぐらいに見えるごく普通の青年です。幽霊だけど、魔術になんて縁のない全くの一般人。それが、いきなりこんなこと言い出したら、気味が悪いというか、アレな人にしか見えないという……。やっぱり、外見がもたらす説得力の差は大きいです。ヤンの軍服は現実にありそうという点で、非常に優れたデザインですから、余計に信じがたい。これがヤ…


日時:2015年04月29日(水) 21:20/全部読む/コメント:0件

Fate/sn×銀英伝を更新しました。

今回は、本話のなかに閑話が挟まった特殊な形式でお送りしています。この話は、別所で掲載していた際に、拍手として閑話を載せていたため、閑話がかなり多いのです。できるだけ時系列順に挿入していますが、本編に水を差しすぎるのはどうかと思って、かなり割愛しています。でも、後の伏線にもなっているので、ほどほどには入れなくちゃいけないのが悩みどころです……。


日時:2015年04月26日(日) 21:07/全部読む/コメント:1件

Fate/sn×銀英伝閑話を更新しました。

ちゃっかりと召喚の目的を果たすアーチャーの図です。ランサーやギリシャ組は、寝癖さえも決まって見える超美男美女なうえ、神様の子や孫ですから、そもそも寝癖がつかないような気がします。髪結いの精霊の加護があるセイバーは言わずもがな。日常的には凡人のヤンが、一番生前の感覚が残っているような気がします。


日時:2015年04月23日(木) 21:01/全部読む/コメント:0件

Fate/sn×銀英伝を更新しました。

本作は並行世界の物語です。彼がアサシンなのは、この世界においては触媒がここに繋がったせいです。本作のアーチャーが違うものを触媒とする以上、凛のペンダントが呼ぶべきサーヴァントにも変化が発生する。ランサーによって死ぬべき者が死ななかった代わりに、別の人物に死が訪れる。でも、士郎に使っていないから、まだあれが使えるわけですよ。筆者は貧乏性だから、ある物はきっちり使います。その結果、先に行ったキャスター…


日時:2015年04月21日(火) 20:42/全部読む/コメント:0件

Fate/sn×銀英伝を更新しました。

ランサーの真名を知り、士郎も色々と調べています。そして、出た結論は『胃袋を掴め』。アイルランドはイギリス以上に美味い物を聞かない国です。イギリスに支配され、厳しい気候ゆえにジャガイモの大不作で餓死者が続出、アメリカへ移民という歴史があるぐらいです。ランサーの時代には、まず間違いなくジャガイモはないから、王族といえどもそんなにいいものは食べられなかったでしょうね。食に関しては、ギリシャ組のほうが遥か…


日時:2015年04月18日(土) 19:56/全部読む/コメント:0件

Fate/sn×銀英伝を更新しました。

個人的には、原作にあり得ぬ組み合わせを出せるのが、二次創作のおいしいところだと思います。サーヴァント一の常識人、最も英雄らしい英雄がクー・フーリンだと思います。彼は本当にケルトのヘラクレスで、光の神を父に持ち、母はアルスター王の妹で、長じて伯父である王に仕えるところも似ている。幾多の武勲と恋愛譚に輝き、だが子殺しの悲劇に見舞われと、ヘラクレスと同じ神話的類型に属する英雄なのです。ただし、彼の父ルー…


日時:2015年04月15日(水) 21:14/全部読む/コメント:0件

Fate/sn×銀英伝を更新しました。

学校の先生というのは多忙な職業です。生徒に授業を教え、部活動の指導をし、それに伴う準備に事務仕事と、連日遅くまで仕事をしています。帰りが遅く、一人暮らしで身内も少ない(というか、出てきたら困るだろう)。そして若い彼は、臓硯のエサにされてしまう可能性がかなり高い。それがキャスターが凛に加勢した理由でもあります。本話では黙ってますけどね。


日時:2015年04月12日(日) 20:23/全部読む/コメント:0件