活動報告一覧 8件

魔央と響香LINEにて8。

 響「なんか頭痛い」 魔「なんだと? 病か?」 響「わかんないけど結構痛い」 魔「すぐ向かう。我が呪文で治せるか試すとしよう。待っておれ」 響「いや大丈夫だから」 魔「何を言う。眷属の面倒をみるのも魔王たる我が務めだ」 響「いや過保護か。こんなんよくあるから。その度にアンタ来たら大変でしょ」 魔「なんの問題もない。すぐ向かう」 響「だから過保護か! いいから来んな!」 魔「……ぐぬぬ」


日時:2021年02月13日(土) 04:08/全部読む/コメント:5件

魔央と響香LINEにて7。

  響「アンタすっかり有名人じゃん」 魔「フハハハハッ! 我が威光に屈服したというわけだな!」 響「でもアンタの隣歩きずらくなっちゃったわ」 魔「……なんだと」 響「色んな人に見られるし」 魔「……そんなことはないと思うが」 響「いやいやめっちゃ見られるよ。どうするこれから?」 魔「どうするとは?」 響「一緒に帰ったりとかしないどく?」 魔「……何を言うか。眷属である貴様が我の側を離れるなど許され…


日時:2021年02月12日(金) 08:14/全部読む/コメント:0件

魔央と響香LINEにて6。

 響「体育祭迫ってるね」 魔「そうだな」 響「マオはやっぱ余裕って感じ?」 魔「フハハハハッ!! 当然だろう!! 我は偉大なる魔王だぞ?」 響「いいねアンタは。ウチはちょっと自信ないよ」 魔「そうか」 響「うん」 魔「情けないぞ。響香は我が眷属。有象無象に劣るはずがない」 響「……下手くそ」 魔「……何がだ?」 響「励ますの下手くそ。でもありがと」 魔「うむ」


日時:2021年02月10日(水) 02:42/全部読む/コメント:4件

魔央と響香LINEにて5。

 響「ういす」 魔「ふむ、響香か」 響「明日アンタんち行っていい? 次の日休みだしさ」 魔「我が参謀である神楽坂に確認してみよう。それで、なに用で来るのだ?」 響「ちょっと数学の応用につまずいちゃっててさ。勉強見てほしい」 魔「ほう、そんなことか。ならば学び舎で直接教えてやっても構わぬが?」 響「いいよアンタんちで」 魔「ん? そちらの方が早いのではないか?」 響「いい、迷惑じゃなかったらマオんち…


日時:2021年02月09日(火) 04:14/全部読む/コメント:0件

魔央と響香LINEにて4。

 魔「響香よ」 響「あ、マオじゃん」 魔「邪魔したか?」 響「別に、ちょっとベースの弦替えてたくらい」 魔「ほう、それはすまぬな。また連絡しよう」 響「え、なんで終わろうとしてんの?」 魔「ん、手が離せんのだろう?」 響「全然大丈夫だし」 魔「そういうもんなのか」 響「そういうもん」 魔「……ふむ、難解だな」 


日時:2021年02月08日(月) 09:10/全部読む/コメント:0件

魔央と響香LINEにて3。

 響「やっぱドラム難いー」 魔「響香か。道楽に興じていたわけだな」 響「そそ。趣味だからね」 魔「しばらく響香の奏でる音色を耳にしておらんな」 響「確かにそうかも。雄英入ってから忙しいもんね」 魔「暇ができたのならまた我に聴かせるのだぞ」 響「いいけど、一つ条件がある」 魔「ほう、我に条件とは大きくでたものだな。面白い。申してみよ」 響「たまにはアンタからLINE送ってよ」 魔「ん? それだけか?…


日時:2021年02月08日(月) 08:32/全部読む/コメント:0件

魔央と響香LINEにて2。

 響「今何してんの?」 魔「フハハハハハッ!! 幼子共に手ほどきを少々な」 響「へー、楽しそうじゃん」 魔「仕方なく相手をしてやってるのだ。それで、我に何用だ響香よ?」 響「なんもないけど」 魔「ん? ではなぜ我に連絡をよこしたのだ?」 響「ただマオ何してんのかなと思って。用なくたって別にいいじゃん」 魔「ふむ、道理だ」


日時:2021年02月08日(月) 08:30/全部読む/コメント:0件

魔央と響香LINEにて。

 響「マオ起きてる?」 魔「フハハハハハッ!」 響「やっぱ起きてたか。眠れなくて送っただけ」 魔「我に臆することなく連絡をよこすとは、さすがは響香だ」 響「迷惑だった?」 魔「この程度なんの問題もないわ」 響「よかった。アンタ今暇?」 魔「我は何にも縛られぬ」 響「電話しよ」 魔「構わぬ」


日時:2021年02月08日(月) 08:28/全部読む/コメント:0件