実験室4:文章の特徴量算出からの類似度計算

※データ取得は10分ごとです。
※文章の雰囲気(各品詞の量など)の類似のため、ストーリーや内容の類似ではありません。
※評価値が90を下回ると類似度の信頼性が低くなります。
参考:文体診断ロゴーン様

小説ID: 絞り込みワード:


小説ID:265568に似ているかもしれない作品一覧


連載 5 話
16,702 字
調整平均:0.00
 -.--
2016/10/11
17:09
[!]
剣崎ムサシは、小学生の時初めてウルトラマンに会った。▼そして、そこから全ての物語が始まったのだった。▼いくつの時を超えて再会するコスモスとムサシ、そして最大の脅威が地球に襲いかかろうとしてた。▼立ち向かえ!ウルトラマンコスモス!!
☆10:
☆9:1
☆8:
☆7:
☆6:
☆5:
☆4:
☆3:
☆2:
☆1:
☆0:
評価:94|通算UA:3,437|お気に入り:19|感想:1|投票者:1|平均:3,340 字

連載 21 話
111,309 字
調整平均:8.40
 8.40
2022/05/19
02:50
[!]
 ここは、ヘルエスタ王国。▼ 伝説の聖剣「ヘルエスタ・セイバー」と、それを操る王家「ヘルエスタ一族」によって治められている小さな王国。▼ この国には、数多くの伝承や神話などがあり、それが時に魔法となり、時に錬金術となり、時に科学となり、国民の生活を日々豊かにしている。▼ そしてこの国では、ひとつのゲームが、文化として根強く浸透している。▼ それが、バトルスピリッツ。▼ 通称「バトスピ」と呼ばれるこのゲームは、この国では"知恵の…
☆10:1
☆9:3
☆8:
☆7:
☆6:
☆5:1
☆4:
☆3:
☆2:
☆1:
☆0:
評価:94|通算UA:8,149|お気に入り:64|感想:20|投票者:5|平均:5,300 字

連載 1 話
4,546 字
調整平均:0.00
 -.--
2015/05/15
22:12
[!]
ポケモンの兄弟が冒険します。▼ポケスペ ギエピー アニメ ゲーム 要素あり。
☆10:
☆9:
☆8:
☆7:
☆6:
☆5:1
☆4:
☆3:
☆2:
☆1:
☆0:
評価:93|通算UA:510|お気に入り:0|感想:0|投票者:1|平均:4,546 字

完結 53 話
358,776 字
調整平均:7.70
 7.70
2016/09/16
23:20
[!]
マシンロボレスキューとTRFギャラクシーフォースのコラボを作ってみました。▼行き当たりばったりな感じですけど温かい目で見てください。
☆10:3
☆9:2
☆8:3
☆7:1
☆6:
☆5:
☆4:2
☆3:
☆2:
☆1:1
☆0:
評価:93|通算UA:37,157|お気に入り:99|感想:75|投票者:12|平均:6,769 字

連載 35 話
132,310 字
調整平均:7.41
 7.41
2015/08/12
12:21
[!]
殺人者という過去を持つ皮肉屋で女好きの双剣魔道士▼厳しくも優しい金髪の執務官▼JS事件から3年、二人の出会いと共に起きる巨大な事件と小さな奇跡。▼"テスタロッサ"の名をめぐる、運命の物語。▼「忌むべき咎を背負う彼を、私は殺せるのか……」
☆10:
☆9:12
☆8:4
☆7:3
☆6:1
☆5:1
☆4:1
☆3:1
☆2:2
☆1:1
☆0:
評価:92|通算UA:68,635|お気に入り:656|感想:33|投票者:26|平均:3,780 字

連載 4 話
15,341 字
調整平均:0.00
 -.--
2014/10/06
10:19
[!]
紘汰が世界を救い、仮面ライダー鎧武という一つの物語が終わる。▼蛇ことサガラは、異空間でもう一つの世界を見つける。▼そこはまだ、アーマードライダーによる戦いがまだ起こっていない世界。サガラは運命を見定めるべくその世界に飛び込んだ。▼その世界に住む沢芽高校三年の剣山恵(けんざんめぐみ)は、謎の男に戦国ドライバーを渡される。▼「どう使うかは、君次第」▼この話は、本編とは大分かキャラ設定が違います。ご注意です!▼例えば▼紘汰が、鎧武じゃなくてバ…
☆10:
☆9:
☆8:
☆7:
☆6:
☆5:
☆4:
☆3:
☆2:
☆1:
☆0:
評価:92|通算UA:2,082|お気に入り:9|感想:6|投票者:0|平均:3,835 字

連載 40 話
264,238 字
調整平均:4.22
 4.22
2020/12/08
05:40
[!]
「ハリーポッターの世界が無いなら、僕は生きていても意味が無い。」11歳の誕生日、とある少年は死んだ。そしたら目の前には大天使が立っていて、ハリーポッターの世界に転生ができるなんて言うんだ。だから僕は懇願した、自分の望む世界で生きたいと。…プリムローズが咲いた日、ハリーポッターの世界に生まれ落ちた。チートな能力付きで。…英雄の影になって動く、それは望みの為に、とある純血と半純血の為に。▼自己満なので、温かい目で見てください。作者は映画しか…
☆10:
☆9:2
☆8:
☆7:1
☆6:
☆5:1
☆4:
☆3:1
☆2:1
☆1:3
☆0:
評価:92|通算UA:11,401|お気に入り:65|感想:2|投票者:9|平均:6,606 字

連載 1 話
4,519 字
調整平均:0.00
 -.--
2017/05/17
18:34
[!]
装甲機竜と機攻殼剣ーー数百年前に遺跡と呼ばれる場所から発掘された古代兵器。▼五年間、人々のありとあらゆる雑用をこなして来た青年、ルクス・アーカディア。そんな彼にいきなり、アティスマータ新王国にある機竜使いを育成する学校ーー通称、アカデミーに非常勤講師として働くことに!?▼*この物語は最弱無敗の神装機竜とロクでなしの魔術講師の禁忌教典とのクロスオーバーです。ロクでなしキャラは出ません。▼誤字・脱字があったら報告をしてくれても構いません。
☆10:
☆9:
☆8:
☆7:
☆6:
☆5:
☆4:
☆3:
☆2:
☆1:
☆0:
評価:92|通算UA:2,055|お気に入り:11|感想:1|投票者:0|平均:4,519 字

完結 155 話
947,094 字
調整平均:5.17
 5.17
(原作:HUNTER×HUNTER
2021/03/16
17:48
[!]
世界三大暗殺者一族として有名なシュヴェルツシルト家。▼そこには、双子の姉弟がいた。▼姉の方は、超絶ヘタレの天才念能力者ヒル。▼弟の方は、姉を愛してやまない最強剣士ヨル。▼ーこれは、二人の若き死神達の物語である。▼ずっと書きたかったH×Hの二次小説に挑戦してみました。▼知っている方も知らない方もよろしくお願いします。▼※注意▼・こちらは、『HUNTER×HUNTER』を原作とした非公式の二次小説となります。▼・オリキャラが多数登場します。…
☆10:
☆9:2
☆8:1
☆7:2
☆6:1
☆5:2
☆4:1
☆3:3
☆2:1
☆1:1
☆0:
評価:92|通算UA:39,027|お気に入り:145|感想:70|投票者:14|平均:6,110 字

連載 34 話
202,752 字
調整平均:0.00
 -.--
(原作:仮面ライダー
2022/10/31
00:33
[!]
宝華シティ。▼此処では神谷コーポレーションの発売品であるソウルカードの悪用による被害があとを立たなかった。そのソウルカードを人体に挿入し、細胞を活性化させ、新たなる姿へと進化したバケモノ、『バイオスター』。▼それにより、両親を失った青年『天空海莉』は自身の友達『神谷詩音』を守るため、白銀の戦士『仮面ライダーアニマ』になり、バイオスターと戦うことを決意する。いざ、アニマ、ゴーイングオンッ!!
☆10:
☆9:
☆8:
☆7:1
☆6:
☆5:1
☆4:1
☆3:
☆2:
☆1:
☆0:
評価:92|通算UA:2,885|お気に入り:12|感想:21|投票者:3|平均:5,963 字

未完 1 話
6,582 字
調整平均:0.00
 -.--
2018/04/09
15:30
[!]
・このお話は、作者の願望、欲望、そういったもので構成されています。▼・原作から大いに外れることが予想されますので、苦手な方はブラウザバックをお勧めします。▼・このFFXVを知らない方にも伝わるよう、出来る限りの工夫をするつもりです。▼・全てのFFファンに捧げられるよう、頑張ります。
☆10:
☆9:
☆8:
☆7:
☆6:
☆5:
☆4:
☆3:
☆2:
☆1:
☆0:
評価:92|通算UA:560|お気に入り:0|感想:1|投票者:0|平均:6,582 字

連載 3 話
12,747 字
調整平均:0.00
 -.--
2015/03/27
02:44
[!]
幾つもの次元が存在し、幾つもの異世界が存在する。それらは、決して交わることのないはずの世界。だが、運命が動き出す時、交わることのない「彼ら」の運命は交差する。▼これは、異世界に集いし戦士たちの運命の軌跡―――――
☆10:
☆9:
☆8:1
☆7:
☆6:
☆5:
☆4:
☆3:1
☆2:
☆1:
☆0:
評価:92|通算UA:3,030|お気に入り:14|感想:3|投票者:2|平均:4,249 字

連載 3 話
14,373 字
調整平均:0.00
 -.--
2018/07/09
22:04
[!]
「悪くない、な。もう、私の隣に立っても見劣りしなそうだ。」▼恒例になった早朝の訓練。▼少しだけ息を切らしながら、緑髪のエルフは穏やかに笑う。▼「はぁ、はぁ、はぁ......なんだよ、それ......」▼「さぁ、なんだろうな?......お前がここに来てからもしばらく経つ。どうだ?身を固める決意はできたか?」▼意味深な言葉だが、少年は疑問は持たない。こんな掛け合いもまた、慣れたものだった。▼「......身を固めるも何も、師匠は知ってるで…
☆10:
☆9:
☆8:
☆7:
☆6:
☆5:
☆4:
☆3:
☆2:
☆1:
☆0:
評価:92|通算UA:5,693|お気に入り:39|感想:0|投票者:0|平均:4,791 字