実験室4:文章の特徴量算出からの類似度計算

※データ取得は10分ごとです。
※文章の雰囲気(各品詞の量など)の類似のため、ストーリーや内容の類似ではありません。
※評価値が90を下回ると類似度の信頼性が低くなります。
参考:文体診断ロゴーン様

小説ID: 絞り込みワード:


小説ID:99584に似ているかもしれない作品一覧


短編 2 話
18,464 字
調整平均:7.12
 7.12
2016/07/14
08:00
[!]
もしアイドルがこんな性癖を持っていたら〜というノリ
☆10:
 
 
☆9:6
 
 
☆8:4
 
 
☆7:3
 
 
☆6:2
 
 
☆5:1
 
 
☆4:
 
 
☆3:2
 
 
☆2:
 
 
☆1:1
 
 
☆0:
 
 
評価:9,694.14|通算UA:25,750|お気に入り:221|感想:11|投票者:19|平均:9,232 字

連載 5 話
51,588 字
調整平均:0.00
 -.--
2014/05/22
01:46
[!]
人間と同等の存在に変わらぬ人工生命体ー“マリオネット”。人間と同等の権利を持って2年、少年はある日、“聖剣”を抜いた。▼聖剣に振り回される少年。▼恋を知らぬ少年に振り回される姉妹。▼執念深く悪を憎む刑事。▼果たして、彼女達は何者なのか?▼ヒトとマリオネットの共存の先に何を見るのか?▼OP : Ending Story?? / ONE OK ROCK▼ED : ユートピア / B'z▼※pixivにも投稿しています
☆10:
 
 
☆9:
 
 
☆8:
 
 
☆7:
 
 
☆6:
 
 
☆5:1
 
 
☆4:
 
 
☆3:
 
 
☆2:
 
 
☆1:
 
 
☆0:
 
 
評価:9,597.46|通算UA:2,610|お気に入り:14|感想:1|投票者:1|平均:10,318 字

 空の記憶
作:西条
連載 86 話
532,235 字
調整平均:7.48
 7.48
2017/12/31
00:00
[!]
アキ・ポッターは、ハリー・ポッターの双子の弟だ。▼二人は最高の兄弟だった。二人が一緒なら、このサイアクな日常にも希望が持てた。▼しかしアキは、ハリーと自分の容姿が全く似ていないことに、ずっと疑問を抱いていた。▼こんなに仲が良いのに、一体どうして。▼おまけに最近は変わった夢を見る。どうやらぼくは夢の中で、とある人物の人生を追体験しているようだけれど……?▼赤い火花がパチリと弾けた時、魔法が、解け出した。▼「本当の空は、どっち?」▼いつだっ…
☆10:3
 
 
☆9:15
 
 
☆8:2
 
 
☆7:1
 
 
☆6:1
 
 
☆5:
 
 
☆4:2
 
 
☆3:
 
 
☆2:2
 
 
☆1:2
 
 
☆0:1
 
 
評価:9,553.33|通算UA:54,001|お気に入り:431|感想:19|投票者:29|平均:6,189 字

連載 12 話
109,302 字
調整平均:0.00
 -.--
2017/05/26
17:03
[!]
勇者アレルの手によりヤマタノオロチが討たれ、人身御供の身から解放された少女ヤヨイ。▼とある出来事を機に、ヤヨイはアレルとの再会を果たす。▼そして七年後。平穏が訪れたはずの地上で、奇妙な事件が発生する。▼世界は再び、闇に包まれようとしていた。▼※この作品はドラゴンクエストⅢの世界を主軸に、ドラクエⅠ~Ⅵの一部キャラクターが交差をする物語です。独自の解釈とオリジナル要素が多い展開となりますので、ご注意下さい。
☆10:
 
 
☆9:
 
 
☆8:
 
 
☆7:
 
 
☆6:
 
 
☆5:
 
 
☆4:
 
 
☆3:
 
 
☆2:
 
 
☆1:
 
 
☆0:
 
 
評価:9,536.38|通算UA:3,700|お気に入り:11|感想:3|投票者:0|平均:9,109 字

連載 144 話
870,172 字
調整平均:6.44
 6.44
2018/02/20
07:00
[!]
理不尽に奪われた。だけど、それで守れるならば悔いはない。▼一人だけ生き残った、その罪だけ残る。▼でも、すべてを諦めたわけではない。やられたら、やり返す。ただ、それだけだ。▼だから――始めよう。▼魔法少女リリカルなのはUnlimitedStrikers始まります。▼「小説家になろう」のコンテンツの一つ「にじファン」で書いてたものを再編集しているものです。▼長いだけの物語になるかもしれません。ですが、少しでも楽しんで頂けたのなら幸いです。
☆10:2
 
 
☆9:2
 
 
☆8:
 
 
☆7:2
 
 
☆6:
 
 
☆5:2
 
 
☆4:1
 
 
☆3:
 
 
☆2:1
 
 
☆1:1
 
 
☆0:
 
 
評価:9,523.62|通算UA:37,998|お気に入り:127|感想:48|投票者:11|平均:6,043 字

連載 2 話
5,549 字
調整平均:0.00
 -.--
2017/12/05
07:56
[!]
 この小説は、東方博麗伝の番外編集の小説となります。基本的に、笑夢以外のキャラの日常を描いていこうと思っております。この番外編の話は、直接本編に関係するわけではないので、本編のおまけみたいな感じで見てください。▼※完全不定期投稿です。▼※R-15と残酷な描写は予定です。また、登場したとしても。そんなに多くはないと思います。
☆10:
 
 
☆9:
 
 
☆8:
 
 
☆7:
 
 
☆6:
 
 
☆5:
 
 
☆4:
 
 
☆3:
 
 
☆2:
 
 
☆1:
 
 
☆0:
 
 
評価:9,509.61|通算UA:256|お気に入り:7|感想:0|投票者:0|平均:2,775 字

短編 1 話
4,580 字
調整平均:0.00
 -.--
2017/02/01
00:19
[!]
巌窟王に来て欲しくて書いただけのエドぐだ。▼5章くらいから後と監獄塔のネタバレ有。
☆10:
 
 
☆9:
 
 
☆8:1
 
 
☆7:
 
 
☆6:
 
 
☆5:
 
 
☆4:
 
 
☆3:
 
 
☆2:
 
 
☆1:1
 
 
☆0:
 
 
評価:9,504.91|通算UA:1,801|お気に入り:11|感想:1|投票者:2|平均:4,580 字

連載 6 話
43,079 字
調整平均:0.00
 -.--
2016/07/05
22:30
[!]
この腐った国に何を望めばいいのですか。▼一人の狼少年と嘘つき少女が、帝都の闇を噛み砕く―――▼※これはアカメが斬る!の二次創作であり、ストーリー上、個人の身勝手な設定が繰り広げられる場合が御座います。▼※また、この作品はネタバレを含みます。タグにネタバレとあり、あらすじにもキッチリ書いてありますので、全く持って責任は取りません。ご注意ください。▼
☆10:
 
 
☆9:
 
 
☆8:
 
 
☆7:
 
 
☆6:
 
 
☆5:
 
 
☆4:
 
 
☆3:
 
 
☆2:
 
 
☆1:
 
 
☆0:
 
 
評価:9,493.42|通算UA:2,519|お気に入り:5|感想:1|投票者:0|平均:7,180 字

連載 45 話
527,809 字
調整平均:8.38
 8.38
2017/11/11
20:30
[!]
――そのツインテールは、ただ一人のために。▼女性の髪型のひとつであるツインテール。▼そのツインテールをこよなく愛する少年、観束総二。彼の幼馴染であるツインテールの少女、津辺愛香。▼愛香は、総二に想いを寄せながらも、幼馴染みという関係から進むことができないことに苦悩する日々を送っていた。▼二人が高校生になったその日、異世界からツインテールを狙う組織、アルティメギルが現れる。▼そして謎の少女からアルティメギルと戦う力を渡された愛香は、戦いに…
☆10:4
 
 
☆9:16
 
 
☆8:6
 
 
☆7:5
 
 
☆6:3
 
 
☆5:
 
 
☆4:1
 
 
☆3:
 
 
☆2:
 
 
☆1:
 
 
☆0:
 
 
評価:9,484.59|通算UA:49,364|お気に入り:290|感想:149|投票者:35|平均:11,729 字

未完 13 話
69,009 字
調整平均:0.00
 -.--
2016/10/16
23:28
[!]
 在り得ない時空。存在しなかった出会い。▼ 正しき世界で、黄金の雷に圧倒的敗北を喫した黄褐の子。▼ 自らの生すら胡乱な薄弱な女。▼ これは、エリート未満の魔物の子と、人間未満の人間の出会いの物語。▼ ※金色のガッシュ‼の二次創作です。エリートことエシュロスが主人公ですが、オリ設定を多分に含み、所謂U‐1と化しております。その場のノリと自己解釈で突っ走ります。既存の呪文にも自己解釈と改変が多分に含みますのでご注意下さい。▼ Arcadia…
☆10:
 
 
☆9:
 
 
☆8:
 
 
☆7:
 
 
☆6:
 
 
☆5:1
 
 
☆4:
 
 
☆3:1
 
 
☆2:
 
 
☆1:1
 
 
☆0:
 
 
評価:9,482.55|通算UA:4,629|お気に入り:14|感想:2|投票者:3|平均:5,308 字

連載 25 話
164,498 字
調整平均:8.15
 8.15
2013/02/21
05:23
[!]
気がついたら、ダンジョンに一人の少年が居た。▼いつも通り、ダンジョンでは四人の少女達が仕事をしていた。▼チートも無い、神様も居ない、ただ潰され、奪われていく少年と少女達の物語。▼昔サイトで書いた何かをぼつぼつと。▼※▼昔フリーソフトで作っていたシナリオの設定を流用しております。▼ナインナンバー、瓦礫の王様、この名前でピンと来た人は僕と握手。
☆10:15
 
 
☆9:45
 
 
☆8:29
 
 
☆7:22
 
 
☆6:5
 
 
☆5:5
 
 
☆4:2
 
 
☆3:2
 
 
☆2:2
 
 
☆1:2
 
 
☆0:
 
 
評価:9,482.49|通算UA:93,664|お気に入り:1,116|感想:45|投票者:129|平均:6,580 字

短編 1 話
13,578 字
調整平均:6.29
 6.29
2017/08/18
15:44
[!]
最近、小説の執筆がマイブームなレミリア。▼ゆかりんネットワークを使って作品を投稿していたのだが、ふと一人で小説を書くよりも霊夢達と批評を交わし合いたいと思い立つ。▼早速、咲夜に言伝を頼み、霊夢達に小説を執筆するように告げる。▼ついでに、カリスマ吸血鬼としての威厳を見せてやろう、と一人ほくそ笑むレミリアだったが──
☆10:1
 
 
☆9:
 
 
☆8:
 
 
☆7:2
 
 
☆6:
 
 
☆5:4
 
 
☆4:
 
 
☆3:
 
 
☆2:
 
 
☆1:
 
 
☆0:
 
 
評価:9,476.36|通算UA:1,819|お気に入り:12|感想:2|投票者:7|平均:13,578 字

短編 2 話
9,753 字
調整平均:0.00
 -.--
fate
2017/12/25
21:32
[!]
ある世界線のマスター達とサーヴァント達の平和な世界での1幕。▼思いつくままに書こうと思ったので複数にしました。
☆10:
 
 
☆9:
 
 
☆8:
 
 
☆7:
 
 
☆6:
 
 
☆5:1
 
 
☆4:
 
 
☆3:
 
 
☆2:
 
 
☆1:
 
 
☆0:
 
 
評価:9,472.73|通算UA:910|お気に入り:4|感想:0|投票者:1|平均:4,877 字

連載 17 話
100,580 字
調整平均:8.00
 8.00
2017/11/02
11:37
[!]
オートマグと言われる自動拳銃があった。▼だが、その動作不良の多さから、いつしか『オートジャム』という蔑称がついた。▼問題と(強制的に)向き合い、『オートジャム』なんて蔑称を気にも留めず、今日もまた『オートマグ』とアホ毛を携え進む。▼晴らすと言っても、侮辱されたらいきなり撃つなんてことはしないっす。本当っすよ?
☆10:1
 
 
☆9:7
 
 
☆8:2
 
 
☆7:2
 
 
☆6:1
 
 
☆5:1
 
 
☆4:
 
 
☆3:
 
 
☆2:
 
 
☆1:1
 
 
☆0:
 
 
評価:9,469.00|通算UA:21,435|お気に入り:333|感想:23|投票者:15|平均:5,916 字

短編 1 話
4,935 字
調整平均:8.40
 8.40
2017/12/31
17:48
[!]
もしもセイバーさんがカルデアから退去したら(2016年)
☆10:1
 
 
☆9:1
 
 
☆8:2
 
 
☆7:1
 
 
☆6:
 
 
☆5:
 
 
☆4:
 
 
☆3:
 
 
☆2:
 
 
☆1:
 
 
☆0:
 
 
評価:9,465.97|通算UA:1,352|お気に入り:21|感想:3|投票者:5|平均:4,935 字

連載 5 話
47,759 字
調整平均:0.00
 -.--
2016/06/20
03:30
[!]
独りの小人族は戦う。
☆10:
 
 
☆9:
 
 
☆8:1
 
 
☆7:
 
 
☆6:1
 
 
☆5:
 
 
☆4:
 
 
☆3:
 
 
☆2:
 
 
☆1:
 
 
☆0:
 
 
評価:9,454.08|通算UA:6,592|お気に入り:34|感想:4|投票者:2|平均:9,552 字

連載 2 話
29,169 字
調整平均:0.00
 -.--
2016/06/28
03:37
[!]
キッツランドを救うために生まれてきたのは、果たして誰なのか?
☆10:
 
 
☆9:
 
 
☆8:
 
 
☆7:
 
 
☆6:
 
 
☆5:
 
 
☆4:
 
 
☆3:
 
 
☆2:
 
 
☆1:
 
 
☆0:
 
 
評価:9,452.93|通算UA:19|お気に入り:0|感想:0|投票者:0|平均:14,585 字

連載 24 話
280,928 字
調整平均:5.38
 5.38
Fate/
2017/02/19
07:00
[!]
在るところに、一人の忌み子がいた。▼親の顔を知らず、兄妹はいない。ただの道具。そのために生まれた愚かな子。▼ただ壊すことしか知らない、ただ殺すことしか知らない。▼無垢な忌み子に出来ることなんて、ただそれだけ。▼だからひたすら血を浴びた。翻弄されているとも知らないまま、ただ壊し殺す。▼ゆえに、理解できなかった。▼自分の前に立つ、同じ無垢な白髪の少女。その子の訊ねる言葉の意味が。▼“あなたはだれ?”▼その時から、忌み子の運命はたった二つの『…
☆10:1
 
 
☆9:2
 
 
☆8:3
 
 
☆7:2
 
 
☆6:
 
 
☆5:1
 
 
☆4:
 
 
☆3:1
 
 
☆2:2
 
 
☆1:3
 
 
☆0:
 
 
評価:9,449.29|通算UA:45,928|お気に入り:346|感想:31|投票者:15|平均:11,705 字