推薦一覧
原作
表示 表示推薦のみ 全推薦
並び替え

※新規の推薦投稿は各小説の上部メニューにある「推薦」から可能です

推薦一覧(946件)

これは東方袖引記という名の寄席

推薦作品:東方袖引記 目指せコミュ障脱却! 原作:東方Project

▼文章、ストーリー、描写などについての紹介など
 まず第一話を読んでみればすぐに分かる寄席のような雰囲気。呉服屋を営む韮塚袖引なる妖怪少女の一人語りによって物語は展開していきます。基本的には韮塚袖引もとい袖ちゃんによる独白で進んでいくのですが、時には異変に首を突っ込み、時には神様の気まぐれに巻き込まれ、時には親友たちと和気藹々と語らういつ見ても飽きない構成となっています。ポンコツな(重要)オリジナル主人公でありながら原作キャラクターをより生き生きと描くことで、どこから読んでも袖ちゃんの魅力というものは分かって頂けると思います。このスタイルが確立されていることでキャラクターの立体感がより際立っており、見た者を虜にせざるを得ないでしょう!
 特に季節に関する描写はピカイチです。読むだけで五感を刺激されるような背景描写に加えて、袖ちゃんが今何をしているのかがすぐ分かるような文章の成り立ちですので、毎回毎回それを楽しみにしている節すらあるほどです。これもまた、寄席の雰囲気を漂わせている一因となっていることでしょう。
 そして内容についてですが、最も強調したいのは人間との関係性について。人里にある呉服屋であるが故に、妖怪である自分自身と人との距離感や人間への並々ならぬ愛情は必見です! 詳しくは読んでみればすぐに分かることと思いますが、思わず胸を打たれる描写は数多くあります。東方をご存知の方は勿論、これで東方なる世界を知るあなたへもオススメの作品です。

(4行省略されています)


職員M/2017年09月21日(木) 21:22/ (参考になった6ならなかった2) 


モンハンの2次創作は数あれど、純愛(?)だったらこの作品を一番オススメしたい。

推薦作品:貴方に好きと言いたくて【完結】 原作:モンスターハンター


▼ストーリーについて

 一流のハンターになれば女の子からモテるらしい。

(19行省略されています)


メーア/2017年09月19日(火) 18:34/ (参考になった5ならなかった2) 


描かれるべき救い

推薦作品:ウーイッグのカテジナ・ルース 原作:機動戦士Vガンダム

▼文章、ストーリー、描写などについての紹介など

 Vガンダムの後日談。戦後、登場人物がいかに生きていくのかを描いた作品。短い文章を細かく連ねていく文体であるため、小説としては変わった形です。しかし文章や登場人物のセリフ回しなどは冨野由悠季作品を彷彿とさせるもので、ガンダム小説としての雰囲気は非常に強い。

 題名にあるようにカテジナ・ルースを主役に据えた作品で、戦後偶然にも生き残った彼女がいかにして救われるのかを描いている。
(12行省略されています)


nanako/2017年09月19日(火) 17:14/ (参考になった5ならなかった3) 


少し変わったクロスオーバー

推薦作品:タンク道、始めます 原作:ガンダムビルドファイターズトライ

▼文章、ストーリー、描写などについての紹介など

 ガンダムビルドファイターズの世界でガールズ&&パンツァーをやってしまおうという、誰かが考え付きそうでその実誰も発想しなかったアイデアを、あっさりとそして非常に高い水準で実現した傑作です。

 あえて不利なレギュレーションを自らに課して、ガンプラバトルをプレイする。その上で勝利を目指すためには、泥臭いプレイスタイルも厭わない(本編で言えば、レナート兄弟のスタイルから洗練さをかなぐり捨てた感じか)。これを単純に熱血直情一直線で描いてしまえば、この作者さんの他の作品と同様の感触になるだろう。
(10行省略されています)


nanako/2017年09月19日(火) 17:12/ (参考になった1ならなかった4) 


世知辛いコズミック・イラの日常

推薦作品:大海原の小さな島 ~アルダブラ島奮戦記~ 原作:機動戦士ガンダムSEED Destiny

▼文章、ストーリー、描写などについての紹介など

 戦後のコズミック・イラ、南の小さな島で繰り広げられるザフトと連合の日常?といった感じの作品。コズミック・イラに対する深い考察と解釈が作品の根底にあるのですが、それを深刻になるかならないかのギリギリのラインで描いている。

 複雑な国際情勢を語る前に社会人には日々こなさなくてはならない無数の仕事がある、それがこの作品の基本的な姿勢なのだろう。現実の役所仕事もこういった感じなのだろうなと、架空の世界の物語であるにも関わらず妙な現実感がある。そして、その妙な現実感の中で描かれるキャラは、独特の生々しさも描写される。
(9行省略されています)


nanako/2017年09月19日(火) 17:10/ (参考になった0ならなかった3) 


D×Dの世界で生まれる新たなる仮面ライダー!

推薦作品:仮面ライダーDRAGOON 赤龍帝で仮面ライダー 原作:ハイスクールD×D

▼文章、ストーリー、描写などについての紹介など

この作品は、兵藤ならぬ辰巳一誠が、リアスたちとともに仮面ライダーとして怪人と戦う物語です。

ただ単純に仮面ライダーを出しただけでなく、本作の怪人であるネオストラは三大勢力は神器持ちに対して非常に高い愛称を持っており、仮面ライダーが出てくる必要性がきちんと出てきています。
(9行省略されています)


グレン/2017年09月17日(日) 16:57/ (参考になった3ならなかった5) 


アニメ風のポケモンバトルが魅力的!!

推薦作品:ポケモントレーナー ハチマン 原作:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

▼文章、ストーリー、描写などについての紹介など
前提としてポケットモンスターSpecial(ポケスペ)の裏話ということを意識しておいてください。
ポケスペからも何人か登場します!

ストーリー
(24行省略されています)


ゲッコウガ/2017年09月16日(土) 19:14/ (参考になった1ならなかった13) 


巴マミと佐倉杏子に始まり、巴マミと佐倉杏子に終わる

推薦作品:マミさんの歩く道に祝福がありますように ~やがて円環へと導かれる物語~ 原作:魔法少女まどか☆マギカ

▼文章、ストーリー、描写などについての紹介など
まず前提として原作再構成物で、既に完結している作品です。
公式ではアニメ本編以前の時間軸において破綻した、巴マミと佐倉杏子の親密な師弟関係がもしも破綻せずにそのまま続いていたら、という所を出発点として話が展開していきます。

現状で既に名作が多数存在するまどかマギカSSの中で、あえてこの作品を薦める理由は何か、推薦文を書こうと思うほどの魅力とは何なのか?という疑問もあるかもしれません。
(13行省略されています)


blackberry/2017年09月16日(土) 17:26/ (参考になった4ならなかった2) 


もう1つのテレビ版の結末

推薦作品:Crucify My Love ~イノセント・ブルー~ 原作:スクールデイズ

▼文章、ストーリー、描写などについての紹介など
短い『戯作』ながら、TV版スクイズのもう一つの結末としてはなかなかの作品。
TV版では西園寺世界は桂言葉に殺され胎を割かれるが、こちらでは逆に反射的ではあるが言葉を殺す代物。
(小説版でも言葉を殺すという結末はありますが)
TV版の言葉は最終的に精神崩壊し、見境がつかなくなるという風に描かれていますが(こちらは井原西鶴の公職五人女にある『お夏清十郎』の心理だろうか)、この小説の世界では自分のしたことに錯乱状態になりながらも、最終的には近松門左衛門の心中物の登場人物と同じ心理に収束していくという感じですかね。
(4行省略されています)


火星人たこ/2017年09月16日(土) 12:06/ (参考になった1ならなかった2) 


“あの子”ともう会えない彼女は何を思うか

推薦作品:亡国の戦姫 原作:インフィニット・ストラトス

▼文章、ストーリー、描写などについての紹介など
この作品は2人の登場人物の一人称視点での話が1話ずつ、合わせて2話の構成です。
『彼女』は“あの子”と出会い、そして、空を飛び、最後は無理矢理別れさせられてしまいます。そして、そんな『彼女』と最後に戦った1人の世界最強は、『彼女』と再会し、どう思うのか・・・

▼読む際の注意事項など
(1行省略されています)


水夜/2017年09月15日(金) 23:06/ (参考になった6ならなかった2)