ラブライブ! ~黒一点~
作者:フチタカ

▼推薦を書く

推薦一覧(1件)

これぞ王道ラブコメの真髄

▼文章、ストーリー、描写などについての紹介など
ここのところ、ラブライブの二次創作はものすごく増えてきている。しかし、それらを読んでいて思うのが、原作知識が読者にあるものと決めつけて、登場人物の気持ちの描写が疎かになっているもの。オリジナルの男主人公という、ラブライブという作品にとってイレギュラーな存在にも関わらず、μ'sのメンバーから無条件に好意を持たれているもの、あるいはすぐに好きになってしまうものがほとんどだ。正直に言って、ありがちな設定と安直な発想による底が浅いものも少なくない。
そんな中、この作品はそんな状況に一石を投じるものの代表と言ってもいいだろう。細やかな心理描写、しっかり描かれる人間関係、それらの先にようやく見えてくる、主人公とメンバーの心の交流や色恋の話。そして何より、テンポ良く軽快に読み進めていけるだけの作者の計算された文章構成と、それを可能にする主人公の性格が、この作品の最大の魅力といえよう。
とにかく丁寧で、かつシンプルで、それでいてまた読み返したくなる奥深さ。そして何よりも、この作品は面白い。
私の拙い文章では、この物語の魅力を寸分も伝えることはできない。ただ、これがハーメルンのラブライブ二次創作の代表作であると、胸を張って断言することができる。
(3行省略されています)


香月あやか(kazyuki00)/2015年07月16日(木) 21:28/ (参考になった47ならなかった15)


推薦を書く
※推薦不可
対象作品
・通常検索に表示される作品 (チラシの裏・R18・一覧非表示・被お気に入りユーザー限定作品は不可)
・自分が☆6以上の評価を行っている作品 評価ページはこちら