やはり幼馴染なんてものは、どこかまちがっている。
▼推薦を書く

推薦一覧(1件)

その幼馴染は悲しくない涙を流す。

▼文章、ストーリー、描写などについての紹介

「私は最後まであなたを愛することができませんでした」という手紙から物語は始まります。

この作品のヒロインである切花朱音はとても変わった性格をしています。友達とのお喋りを楽しく感じるけれど、一人でいることに寂しさを感じない。友達と仲違いすることになっても、それは仕方がないことだと、別に寂しくはないからだと割り切ってしまいます。
(16行省略されています)


岸温/2015年07月16日(木) 11:00/ (参考になった26ならなかった32)


推薦を書く
※推薦不可
対象作品
・通常検索に表示される作品 (チラシの裏・R18・一覧非表示・被お気に入りユーザー限定作品は不可)
・自分が☆6以上の評価を行っている作品 評価ページはこちら