星降る空より来たるもの
作者:ようぐそうとほうとふ

▼推薦を書く

推薦一覧(1件)

我々は生まれた、生きている、生き続ける、この世界のどこかで。

▼文章、ストーリー、描写などについての紹介など

西暦2300年、第三次世界大戦が勃発した。
分厚い放射性物質の雲で覆われ、家屋を燃やす炎により赤く染まった空、多種多様な生物は大勢死滅し、かつて水の惑星と呼ばれた星は地獄と化した。
しかし、それでも生き残った生物はいた。人間だ。
(23行省略されています)


まだはげ/2018年03月22日(木) 00:46/ (参考になった14ならなかった2)


推薦を書く
※推薦不可
対象作品
・通常検索に表示される作品 (チラシの裏・R18・一覧非表示・被お気に入りユーザー限定作品は不可)
・自分が☆6以上の評価を行っている作品 評価ページはこちら