路地裏のアイゼンティア
作者:宇宮 祐樹

▼推薦を書く

推薦一覧(1件)

綺麗な物語

▼文章、ストーリー、描写などについての紹介など
タイトル通り、どこか文学的な小説です。
暗いところも多いですが、どこか透明感のある作風が胸を打ちます。
SS的なものよりも商業的な小説を読みたい方に向いています。
分量的にもちょうど文庫本一冊程度で収まっています。
(4行省略されています)


月島しいる/2018年08月09日(木) 18:43/ (参考になった0ならなかった7)


推薦を書く
※推薦不可
対象作品
・通常検索に表示される作品 (チラシの裏・R18・一覧非表示・被お気に入りユーザー限定作品は不可)
・自分が☆6以上の評価を行っている作品 評価ページはこちら