やってみせろよダービー!なんとでもなるはずだ!
▼推薦を書く

推薦一覧(1件)

19話までだけでも読んで欲しい

▼文章、ストーリー、描写などについての紹介など
閃光のハサウェイ上映当時ネタになった「連邦に反省を促すダンス」のミームをウマ娘世界に落とし込んだ作品。例の動画そのままに常にカボチャを被りながらトレーナーとして活動する憑依系主人公となる。
勿論ウマ娘の世界はガンダムシリーズとは何の関係も無いため、当初は誰も理解できない変人の戯言でしかなかった「マフティー」という概念だが、愛バであるミスターシービーとの勝利を経てその存在はだんだんと大きくなっていく。
「マフティー」を自称する主人公は当初は単なるガンダムキャラごっこをするギャグオリ主の一面が強かったが、それが次第に「ウマ娘世界としてのマフティー」としての、「閃光のハサウェイにおけるマフティー」とは別の独自の概念が確立されていき、その重責は被ったかぼちゃ以上に重くのしかかってくる。
学園の関係者や夢を追うウマ娘が「マフティー」たらんとして、時に主人公に敬意を表され、時にマフティーから離れるように諭し、時に主人公自身もハサウェイに「何故マフティーでいられたのか」と一人で問いかけるなど、ミーム元の作品をコンテンツとして見てきた憑依型主人公を上手くストーリーに組み込めている。
(3行省略されています)


名護十字郎/2022年05月13日(金) 05:38/ (参考になった9ならなかった0)


推薦を書く
タイトル  0文字 2~50文字

0文字 150~1500文字
※トップページや小説検索画面に表示されます。
※過去に同じ作品に推薦している場合は置き換えられます。
※推薦以外の投稿や文字数稼ぎ等の行為は処分されます。