推薦一覧
原作
表示 表示推薦のみ 全推薦
並び替え

※新規の推薦投稿は各小説の上部メニューにある「推薦」から可能です

仮面ライダー推薦一覧(12件)

見てると元気と肉汁が出る

推薦作品:加熱ライダービルド 焼肉フォーム 原作:仮面ライダー

▼文章、ストーリー、描写などについての紹介など

この短編の主人公は佐藤太郎ではなく焼肉

これを念頭に置いて欲しい、そして読んでる時は頭を空っぽにして見てほしい
(6行省略されています)


ロートレク/2019年08月27日(火) 23:45/ (参考になった17ならなかった2) 


ジオウTV15話の言葉を思い出すと……

推薦作品:【劇場版ジオウ外伝】オーマジオウは夢を見る 原作:仮面ライダージオウ

昭和にしろ平成にしろ改造人間/生身の人間にしろTV本編が終わり
後釜や劇場版の戦いに参戦し終えれば多少は平和な時間を満喫できますが
それすら無い状態の50年の重み

映画を観た後に読むことをお勧めします。
(1行省略されています)


117711/2019年07月28日(日) 01:33/ (参考になった33ならなかった1) 


名の無い男が紡ぐ、もう一つの仮面ライダービルド

推薦作品:Masked Rider EVOL 黒の宙 原作:仮面ライダービルド

▼文章、ストーリー、描写などについての紹介など
主人公は石動惣一、エボルトに憑依(転生?)してしまった名の無い男。プロローグも結構壮絶です。
素晴らしいのは原作の仮面ライダービルドの道を辿っているように見えながらも、オリジナルのストーリーが見事に展開している所。オリジナルキャラクターも登場し、ここからどうなるのかが物凄く楽しめる作品です。
原作よりも重く物語は進んでいますが、微笑んでしまうような回もありとても心地の良い気分になれると思いますよ。

(5行省略されています)


こめかみ伯爵/2019年01月06日(日) 21:09/ (参考になった2ならなかった6) 


古代の知識豊富なオリジナル仮面ライダー

推薦作品:仮面ライダー ダイナ 原作:仮面ライダー

▼文章、ストーリー、描写などについての紹介など

本作品は竜星大学で古代生物研究室に所属、恐竜の化石についての研究を行なっている主人公石上白亜が博物館に訪れた際、ティラノイドという蜥蜴怪人に襲われ、展示してあった『フォッシルドライバー』を使い変身し戦うという内容です。
地の文もしっかりしており、読みやすく、恐竜の知識に長けており、読んでいると「へぇ、そうなんだ!」と目から鱗な事が多いです。
また主人公だけでなく主人公を取り巻くキャラもまた個性的で面白い作品です。
(7行省略されています)


雪兎サンサン/2018年04月27日(金) 11:48/ (参考になった2ならなかった6) 


文章力が高いクロス作品。平成仮面ライダー一期の世界観が統合した世界で生きる原作知識あり転生主人公の話

推薦作品:オリ主で振り返る平成仮面ライダー一期(統合版) 原作:平成仮面ライダーシリーズ

▼文章、ストーリー、描写などについての紹介など
まず、第一に言いたいのがこの作品の文章力は高いです。クロス物は面白いものが少ないという個人的印象を持っていますがこの作品は世界観をよく考察して書いているため完成度が高いです。
平成仮面ライダー一期のクウガからキバが同じ世界という設定の小説です。ディケイドのように別個の世界ではなく同じ世界にクウガからキバまでの怪人や組織が自然な感じで存在します。
転生した主人公は仮面ライダーの原作の知識を持っていてクウガのプロトタイプのベルトと生まれつきのアギトの力を持っています。
怪人だらけで危険な世界を主人公がどう生きるのか。
(7行省略されています)


txz/2018年04月13日(金) 22:06/ (参考になった30ならなかった2) 


星が降る頃、小さな星の話をしよう

推薦作品:生まれたことが消えない罪というなら、俺が背負ってやる 原作:仮面ライダー555

▼文章、ストーリー、描写などについての紹介など
仮面ライダーアマゾンズseason2にて、主人公である千翼とイユの友人のような、そうでないような、でも二人のことを確かに大切に思っていた男、長瀬裕樹が、原作終了後、恐らく高校復帰直後ほどに、突如として仮面ライダー555の平行世界へと迷い込み、そこで555、乾巧やその仲間たちと関わっていく中で、自分の中にあった迷いや後悔と向き合い、困難に立ち向かっていく。

アマゾンズと555、二つのクロスオーバーでありながら、その二つを綺麗に組み合わせ、登場人物の心情を深く、そして豊かにしている。

(10行省略されています)


特撮仮面/2018年02月27日(火) 03:50/ (参考になった23ならなかった4) 


人と人の心を持った怪物の物語

推薦作品:生まれたことが消えない罪というなら、俺が背負ってやる 原作:仮面ライダー555

▼文章、ストーリー、描写などについての紹介など
・千翼とイユの死後、弱くて何も出来なかった自分に鬱屈した思いを抱いてる長瀬裕樹が仮面ライダー555の平行世界に迷い込んでたっくんたちと共に行動とる物語。
・おそらくは原作ラストシーンの復学前と思われる
・いつものシリアスなルシエド作品。ルシエドさん中編作品が好きな人は原作に詳しくなくても楽しめる。
・登場人物の特徴を詳しくとらえて掘り下げている。そのため納得ができる。
(5行省略されています)


十津川烏/2018年01月21日(日) 07:27/ (参考になった17ならなかった5) 


それは“たったひとつ”の願いを叶えるための、悲しい戦いの物語……のはず(笑)

推薦作品:落ち着け、先ずは鋏を下ろそうか。 原作:仮面ライダー龍騎

▼文章、ストーリー、描写などについての紹介など
自分も以前仮面ライダー龍騎に関しては二次創作考えたことがありました。オルタナティブとか好きなんです。
さて自分はさておきこの作品、原作においてライダーバトルの悲惨さを証明するために登場したような人物である【須藤雅史】に憑依した人物が主人公です。
意外性はなけれども堅実な文章は須藤に憑依した主人公の悲惨な境遇をよりよく伝えてくれるくれることでしょう。
そして肝心のストーリーですが、主人公は生き残ることそのものが目的といっても過言ではありません。なぜなら、ボルキャンサーが弱いからっ……!!
(21行省略されています)


SHV(元MHV)/2017年10月24日(火) 03:21/ (参考になった20ならなかった3) 


見よ、これこそが仮面ライダー。

推薦作品:カメンライダー 原作:仮面ライダー

▼文章、ストーリー、描写などについての紹介など
数多の平成ライダーの人物設定を再現しつつ、適度なギャグ、毎回の分量の多さなどでまさにテレビで見ているかのように情景が目に浮かぶ神作。
物語の為のオリジナルキャラクターはあれど登場人物が既存のキャラクターで占められているのもポイント。
仮面ライダー好きなら読んで後悔は無し。

(3行省略されています)


ひがつち/2017年10月11日(水) 09:26/ (参考になった10ならなかった5) 


二次だからこそできるクウガの物語

推薦作品:仮面ライダークウガ-白の執行者-【完結】 原作:仮面ライダークウガ

▼文章、ストーリー、描写などについての紹介など
 仮面ライダークウガは、勧善懲悪の物語である。クウガの敵である怪人グロンギたちは、殺人をゲーム感覚で楽しむ許されざる悪である。そう言った外道に対し、誰よりも優しい青年五代雄介が仮面ライダークウガに変身し立ち向かっていく。そんなストーリーだ。

 しかし、本当にグロンギが皆殺人を楽しむ邪悪なのだろうか? グロンギは怪人だ。だが生き物であることに変わりはない。人間の中には時に怪人よりも恐ろしい悪人がいる。であれば怪人である彼らの中に人間よりも人間らしい怪人がいるかもしれない。

(3行省略されています)


Nフォース/2018年03月08日(木) 06:50/ (参考になった101ならなかった12)