推薦一覧
原作
表示 表示推薦のみ 全推薦
並び替え

※新規の推薦投稿は各小説の上部メニューにある「推薦」から可能です

艦隊これくしょん推薦一覧(83件)

何度でも読める

推薦作品:ラストダンスは終わらない 原作:艦隊これくしょん

▼文章、ストーリー、描写などについての紹介など

何度でも言うが、この作品は何度でも読める。
艦これ自体のゲームにはストーリーなんてあってないようなもの。それを脳内で補完するためにこの作品を定期的に読む、摂取させてもらっている。
私が艦これをプレイする上でのモチベーションにもなっている。
(6行省略されています)


萩原真治/2019年06月23日(日) 16:16/ (参考になった8ならなかった4) 


中間体の艦娘と向き合うおじさんのようなお兄さん提督

推薦作品:サルベージ 原作:艦隊これくしょん

▼文章、ストーリー、描写などについての紹介など
上司に手を出し左遷されてしまった主人公
左遷先の鎮守府にいたのは原因不明の深海化で艦娘と深海棲艦の中間体になってしまった6人の艦娘
はたして主人公はどのようにして向き合っていくのだろうか…

(1行省略されています)


タンスの角/2019年04月03日(水) 21:33/ (参考になった6ならなかった2) 


萌えかと思えば燃えだった! メインキャラ二人がW主人公&Wヒロイン過ぎる

推薦作品:艦隊これくしょん ~北上さんなんて、大っ嫌いなんだから! ~【完結】 原作:艦隊これくしょん

▼文章、ストーリー、描写などについての紹介など
 非常に読みやすく、たった7万字の中編なのにがっつりとした満足感と綺麗にまとまったストーリー。
 タイトルもあいまってほのぼの百合系なのかと思ってたら、意味深な幕間話から急に漂う不穏な気配とシリアス展開にびっくり&ハラハラ。後半での伏線回収と怒涛のクライマックス、大団円へのつなげ方はみごと!!
 ネタバレは避けますが、阿武隈・北上のキャラ付けとストーリーが、上手いこと史実要素も絡めててすばらしい。特に、やたらと個性的な阿武隈の悪口がかわいいのです。
 読み味・読後感も良。
 キャラ愛の感じられる良作です。


てるぽん/2019年03月25日(月) 22:49/ (参考になった3ならなかった5) 


瑞鶴(仮)は欠陥持ちである

推薦作品:無口な瑞鶴さん 原作:艦隊これくしょん

▼文章、ストーリー、描写などについての紹介など
あるところに欠陥を持った瑞鶴が誕生しました。その生まれは無茶な発注によるものであり、誕生しても誰にも祝福されず暗い牢獄暮らしの日々を送るのでした。そこでは憎しみに支配された少女との出会いがありました。そして彼女は牢獄を出た後、鎮守府をたらい回しにされ、とある鎮守府に配属になりました。そこで待っていたのは暗い地下室暮らし、満足に治療もできず日々傷ついていく体、誰もが彼女のことを省みない環境、彼女はそれでも満足でした。なぜなら自分が欠陥品だと分かっていたのです。日々刷りきれあらゆるものを失っていく中、それでも彼女は希望に満ちていた…


▼読む際の注意事項など
このお話は艦これを知らない人でも十分楽しめる作品となっております気軽に楽しんでください


カッター・コンナ・ハズジャナ/2019年03月14日(木) 21:32/ (参考になった9ならなかった7) 


愉悦部員オススメの艦これ物 艦これを知らなくても楽しめる

推薦作品:無口な瑞鶴さん 原作:艦隊これくしょん

▼文章、ストーリー、描写などについての紹介など
無口無表情の感情を出せず、その他様々な欠陥がある瑞鶴(オリ主憑依)が不憫な目に遭いながら頑張るお話。ちなみに勘違い物なので、勘違いが解けた時が愉悦部員の一番の見所になるはず。
憑依物ではあるが本人は艦これを知らないので特に気にならないはず

▼読む際の注意事項など
(1行省略されています)


リーク8901/2019年03月13日(水) 12:14/ (参考になった6ならなかった12) 


一人一人の艦娘の魅力を丁寧に描写する日常系作品

推薦作品:いちゃいちゃ大好き提督日常 原作:艦隊これくしょん

▼文章、ストーリー、描写などについての紹介など
艦これ2次は様々な種類のものがあります。
戦闘重視、恋愛重視、艦娘との関係を重視するなど艦これという作品のどの部分に重点をおくかで種類が異なります。
ただどの作品にも共通しやすい点として艦これという作品はキャラクターの数が多い性質上同時に登場するキャラクターは多い傾向にあります。

(10行省略されています)


txz/2019年03月03日(日) 22:50/ (参考になった3ならなかった9) 


女性の髪の魅力

推薦作品:艦娘の髪をさわりたい 原作:艦隊これくしょん

▼文章、ストーリー、描写などについての紹介など
提督が艦娘の髪に触れたり梳いたり結ったりするだけのお話。
奇麗な髪への魅力・憧れ・愛情等の作者の想いがひしひしと伝わる作品。
タイトルに何か感じ入るものがあれば是非一読を。

(1行省略されています)


緒方/2019年01月25日(金) 22:18/ (参考になった9ならなかった4) 


艦娘とのコミュニケーションって難しい、、、。

推薦作品:二周目提督がハードモード鎮守府に着任しました 原作:艦隊これくしょん

▼文章、ストーリー、描写などについての紹介など
艦これの提督になったお話


艦娘が二人しか居ない鎮守府が最初です。その娘たちとしっかりと向き合う、艦娘が増えても向き合う事を辞めない青年?のお話です。
(13行省略されています)


黒乃 雪/2019年01月04日(金) 01:01/ (参考になった27ならなかった11) 


ただ建て直すだけでは無い

▼この推薦は隠されています。閲覧するにはここをクリック


唸れタービン、奮えよ魂、そびえる絶望をぶちのめせ

推薦作品:艦これ、始まるよ。 原作:艦隊これくしょん

本作品は、深海棲艦との戦争初期、艦娘の運用法が確立されていない時期に、
現代から転生した提督たちがゲーム知識をもとに艦娘の隠された能力を引き出し、
ブラック鎮守府を改革しながら深海棲艦を撃破し人類の生存権を取り戻す物語です。

…………嘘は言ってないです。雑に要素を抜き出すとこうなるんです。
(21行省略されています)


アルニレ/2018年09月04日(火) 00:34/ (参考になった12ならなかった10)