推薦一覧
原作
表示 表示推薦のみ 全推薦
並び替え

※新規の推薦投稿は各小説の上部メニューにある「推薦」から可能です

艦隊これくしょん推薦一覧(77件)

女性の髪の魅力

推薦作品:艦娘の髪をさわりたい 原作:艦隊これくしょん

▼文章、ストーリー、描写などについての紹介など
提督が艦娘の髪に触れたり梳いたり結ったりするだけのお話。
奇麗な髪への魅力・憧れ・愛情等の作者の想いがひしひしと伝わる作品。
タイトルに何か感じ入るものがあれば是非一読を。

(1行省略されています)


緒方/2019年01月25日(金) 22:18/ (参考になった8ならなかった4) 


艦娘とのコミュニケーションって難しい、、、。

推薦作品:二周目提督がハードモード鎮守府に着任しました 原作:艦隊これくしょん

▼文章、ストーリー、描写などについての紹介など
艦これの提督になったお話


艦娘が二人しか居ない鎮守府が最初です。その娘たちとしっかりと向き合う、艦娘が増えても向き合う事を辞めない青年?のお話です。
(13行省略されています)


黒乃 雪/2019年01月04日(金) 01:01/ (参考になった23ならなかった11) 


ただ建て直すだけでは無い

▼この推薦は隠されています。閲覧するにはここをクリック


唸れタービン、奮えよ魂、そびえる絶望をぶちのめせ

推薦作品:艦これ、始まるよ。 原作:艦隊これくしょん

本作品は、深海棲艦との戦争初期、艦娘の運用法が確立されていない時期に、
現代から転生した提督たちがゲーム知識をもとに艦娘の隠された能力を引き出し、
ブラック鎮守府を改革しながら深海棲艦を撃破し人類の生存権を取り戻す物語です。

…………嘘は言ってないです。雑に要素を抜き出すとこうなるんです。
(21行省略されています)


アルニレ/2018年09月04日(火) 00:34/ (参考になった12ならなかった10) 


苦労人提督によるギャグ小説

推薦作品:艦これ がんばれ鯉住くん 原作:艦隊これくしょん

▼文章、ストーリー、描写などについての紹介など
元々は単なる(?)メンテ技師に過ぎなかった主人公の鯉住君(趣味は熱帯魚)は、3人の妖精に出会い、提督にスカウトされてしまう。
しかし、彼に待っていたのは普通ではない常識を捨てた人達と、常識を捨てた日常だった。果たして、彼の運命は如何に?


(2行省略されています)


ゼルガー/2018年08月28日(火) 07:45/ (参考になった11ならなかった5) 


狂気を抱え、その道を歩こう、葛藤の果てまで

推薦作品:女提督は金剛だけを愛しすぎてる。 原作:艦隊これくしょん

▼文章、ストーリー、描写などについての紹介など

心や体に問題がある行き場のない艦娘たちが、最後に集められる場所である大湊警備府。
普通には生きられない欠陥品扱いの彼女たちが、様々な苦悩を抱えながらも生き足掻く物語です。

(27行省略されています)


源治/2018年07月23日(月) 22:48/ (参考になった3ならなかった5) 


完結:夏を感じるドキュメンタリー番組の書籍化

推薦作品:栄光の代償・元艦娘たちが語る対深海棲艦戦争(GHK出版新書) 原作:艦隊これくしょん

▼文章、ストーリー、描写などについての紹介など
毎年夏になると放映されるNHK等の戦争ドキュメンタリー番組
あれらを書籍化出版したものと言えばよいだろうか
主人公、というべきか語り部の元長波を軸に凄惨を極めた対深海凄艦戦争を砲煙と潮風、血と贓物の臭気さえ漂わせる描写に圧倒される
また口直しのように語られる戦中の穏やかなひと時の艦娘達の交流もよい、あぁ確かにリアルに"兵士"として戦う艦娘ならありそうだなと笑わせられる
(14行省略されています)


寡兵/2018年06月16日(土) 19:37/ (参考になった18ならなかった3) 


邪道の王道

推薦作品:艦娘アパート 原作:艦隊これくしょん

▼文章、ストーリー、描写などについての紹介など
全体的に話したいことはまとまっている感じ。艦これ世界ではなく現実世界で活躍するという邪道のスタンスをとりながらも、艦娘を助けるという一点が『元ブラック鎮守府』ものに通じるところがある。
また、艦娘以外にも癖の強い人たちがちょいちょい出てきているのでぜひとも掘り下げていってほしい。
ディープな内容を含み、そこはかとなくダークな作風が漂う作品であるが、文才が足りないのが惜しいところ。

(2行省略されています)


お尋ねMONO/2018年06月01日(金) 21:42/ (参考になった4ならなかった6) 


艦これ2次創作でもトップクラスの面白さ

推薦作品:ラストダンスは終わらない 原作:艦隊これくしょん

▼文章、ストーリー、描写などについての紹介など
弩素人提督が艦娘にそれと気づかれること無く奮闘するお話。
勘違い系による、誤解・聞き間違い・難聴等が上手い事絡み合うギャグの面白さは随一。
またそれに比肩するレベルでシリアスの書かれ方も大変上手く、1話の中で涙を流したその後に抱腹絶倒なんてことも。

(2行省略されています)


緒方/2018年05月27日(日) 21:52/ (参考になった30ならなかった8) 


1割の真実と9割の勘違い

推薦作品:ラストダンスは終わらない 原作:艦隊これくしょん

▼文章、ストーリー、描写などについての紹介など
1割の真実と9割の勘違いが絶妙です。
艦娘の勘違いには爆笑しつつも感動で泣けます。ギャグ小説で感動して泣いたのは人生初です。泣けたシーンは現時点で3回。たまらない。

▼読む際の注意事項など
艦これは擁護のしようのないマゾゲーですが、この小説に出会うきっかけになっただけでも全てを許せます。


瑞樹原/2018年05月12日(土) 23:45/ (参考になった31ならなかった7)