推薦一覧
原作
表示 表示推薦のみ 全推薦
並び替え

※新規の推薦投稿は各小説の上部メニューにある「推薦」から可能です

推薦一覧(1758件)

シンプルなタイトルから生まれた凄まじい世界観

推薦作品:マリポタシリーズ 原作:ハリー・ポッター

▼文章、ストーリー、描写などについての紹介など
逆行TSしたハリーことマリアが主人公のお話であり、完結まで描き切った稀有な作品。

逆行物のよくある例に漏れず、この作品もマリアが悲劇を回避しハッピーエンド目指して奮闘する。しかしそれだけじゃないのがこのマリポタシリーズの素晴らしく、そして恐ろしいところ。
1度読み始めれば中々止められなくなってしまう。目まぐるしく変わる展開に引き込まれてしまう。
(5行省略されています)


黒蜜兎/2021年01月29日(金) 15:44/ (参考になった4ならなかった2) 


ありふれの世界で送られる一人の男の物語

推薦作品:SEKIRO:The world's strongest in common profession 原作:ありふれた職業で世界最強

▼文章、ストーリー、描写などについての紹介など
 所謂「死にゲー」の一つ、セキロの自己犠牲ルートを辿った主人公さんが現代→トータスへと渡り竜胤を断つ物語。1話分の文字数、戦闘描写も良い感じで、特殊タグ等の工夫も読みやすさに磨きをかけています。セキロ、ありふれをあまり知らない人でも理解できる点もグッド。でも知っておくとより楽しめます。



(11行省略されています)


シャル・エーカム/2021年02月01日(月) 16:34/ (参考になった7ならなかった1) 


特殊タグを使いながら黒歴史が圧をかけてくる

推薦作品:我が名は†漆黒の黒騎士† 原作:インフィニット・ストラトス

▼文章、ストーリー、描写などについての紹介など
この作品の特徴は読むごとに腹筋が崩壊する程の黒歴史の嵐、そして視覚に直接圧をかけるほどの特殊タグの二点です。
まず黒歴史ですが、この作品の主人公であるマドカとその他の登場人物のテンションの差が凄まじい。この差が見事に厨二病を表しています。
そして特殊タグに関してですが、あくまで文章構成の合間に有るアクセントと言う一線を越えておらず小説の邪魔にはなっていません。心ゆくまで小説を楽しく読めます。
総じてこの作品は非常に高い完成度を誇っています。
(3行省略されています)


バトクロス/2021年01月23日(土) 18:16/ (参考になった14ならなかった0) 


「〇んこ痛いねん」から始まる本格騎士道物語

推薦作品:貞操逆転世界観童貞辺境領主騎士 オリジナルファンタジー/戦記

▼文章、ストーリー、描写などについての紹介など

 男子が圧倒的に少なく、女系社会と化した中世ファンタジー世界に転生した男があらゆる意味で無双の男騎士として騎士道を花咲かせていく物語。

 小領の領主騎士ながら武勇無双の騎士として活躍する快男子。ポップな描写もありつつも小規模領主としての矜持や領主貴族たちの葛藤、そして軍馬や武装などの細かい描写など騎士道物語としての中世的な世界観はしっかりと抑えている。
(8行省略されています)


赤狼一号/2021年01月21日(木) 11:31/ (参考になった30ならなかった8) 


メギド72の世界を表現されている

推薦作品:メギド72オリスト「太古の災厄と新生する憤怒」 原作:メギド72

▼文章、ストーリー、描写などについての紹介など
この二次創作では、メギド72の原作を軸に原作キャラの良さを用いてメギド達の世界を表現しています。今回の話では、原作に出てくる赤い月とは何か、エリダヌスの元となったメギドの秘密に関するストーリーです。
時系列としては、原作の5、6章前後かと思われます。

▼読む際の注意事項など
(2行省略されています)


フィディリィー/2021年01月17日(日) 10:13/ (参考になった0ならなかった0) 


虫好き転生者による、ガラルリーグ制覇の旅路

推薦作品:ポケットモンスター蟲【本編完結】 原作:ポケットモンスターソード

▼文章、ストーリー、描写などについての紹介など
生前から虫が好きな主人公が、ポケットモンスターの世界に転生し、愛する虫ポケモンと共にガラル地方のリーグ制覇を目指します。
転生者らしく、ゲームでの知識も活用して勝ち進み、時には負けても虫ポケモンやライバル達の励ましで立ち上がり、ジムチャレンジに臨んでいく様子は必見。バトルでの戦術もしっかり組み立てられていて、読んでいて爽快感があります。
また、原作キャラに加え、オリジナルキャラも実に魅力的であり、満遍なくキャラ同士の交流を描いていて面白い。
虫ポケモンが好きな方には是非読んでもらいたい。
(3行省略されています)


秋塚翔/2021年01月13日(水) 12:03/ (参考になった7ならなかった0) 


終幕を降ろす白銀の理想郷(カーテンコール・アルカディア)

推薦作品:Fate/argento sister 原作:fate/zero

▼文章、ストーリー、描写などについての紹介など
目が覚めたら銀髪銀眼の美少女になってました。何を言っているのかわからないと思うが、私にもさっぱりわからない……! そして唐突な出会いが訪れる。金髪碧眼の子可愛い。え? fate? アルトリア? え、マジで――――そんな感じで始まる物語。

▼読む際の注意事項など
この小説はセイバーさんに転生(仮)した姉がいたらといった妄想をしながら書いた作者の趣味です。金髪好きだけど主人公は銀髪です。理由は聞くな。
(1行省略されています)


ラムコーク/2021年01月13日(水) 09:42/ (参考になった3ならなかった6) 


正統派架空戦記

推薦作品:1940年ローマオリンピック オリジナル歴史/戦記

▼文章、ストーリー、描写などについての紹介など
作者によれば、僅かな違いをどれだけ大きなムーブメントにできるか、という挑戦であるとのこと。

少々地味な文体ではあるが、あるいはあの谷甲州の長寿シリーズ『覇者の戦塵』のような。史実に即して現実的に描写し、しかも転生者等ファンタジー要素は一切無し。リアリスト気味の自分からするとかなり嬉しい。
まだたった4話ではあるが、大いに今後が期待できるものだと思う。
(3行省略されています)


C6N2/2021年01月11日(月) 23:25/ (参考になった8ならなかった1) 


鬼舞辻無惨になってしまった男の話

推薦作品:オレの名前は鬼舞辻無惨 原作:鬼滅の刃

▼文章、ストーリー、描写などについての紹介など
鬼舞辻無惨とは令和の時代にその名を轟かせる大ヒット作「鬼滅の刃」のラスボスであり、原点におけるその所業は残虐さや幼稚さ、そしてある種の情けなさに溢れた強烈なキャラクターである。本作はその無惨に憑依転生したごく普通の男がラスボスとして主人公に殺される未来から逃れるさまをコメディチックに描いた作品である。……途中までは

鬼滅の刃という作品において鬼は基本的に人間と共存できない生き物であり、本作の主人公は鬼の始祖という、ある種存在しているだけで悲劇を呼び寄せてしまう業を背負った悲しい人物である。なまじ本人が現代人としての倫理観を持っているがゆえに、ささやかな幸せを残酷に奪われ続けていく様は悲劇としか言いようがない。

(5行省略されています)


Nフォース/2021年01月11日(月) 23:04/ (参考になった2ならなかった7) 


無惨に様を付けて呼びたくなる感動作

推薦作品:あなたが落としたのはきれいな無惨ですか?(第2部スタート) 原作:鬼滅の刃

▼文章、ストーリー、描写などについての紹介など
ドラえもんのきれいなジャイアンみたいに、鬼舞辻無惨がきれいな心でスタートして、原作キャラの不幸な境遇を救っていく話。
無惨が決して万能な存在じゃなくて、ハラハラさせられる展開の中で無惨が成長していく過程が描かれています。
仲間たちから尊敬される存在になる過程も丁寧に描かれていて、こちらまで無惨に様を付けて呼びたくなります。
セリフ回しが面白い。サクサク読めてギャグ展開も臭さが少ない。
(4行省略されています)


コアメダル/2021年01月11日(月) 18:14/ (参考になった6ならなかった0)