モンスターハンター Re:ストーリーズ
作者:皇我リキ

▼感想を書く  ※この作品はログインせずに感想を書くことが出来ます

感想

活字の嵐  2018年01月02日(火) 20:54 (Good:1Bad:0) 報告

 一章(今更感すごいですが)を読了したので感想を。
 す……すばらすぃぃぃぃ!!とにかく色々すごい!特に描写とかキャラの個性とか、キャラごとにしっかり書き分けられた一人称視点の文章とか!
 
 そしてダイミョウザザミの話のラスト、恥ずかしながら泣きました。マジで泣きました。家にいた親戚に未知のモンスターを見る目で見られました。
 私自身忙しく、小説で感情移入できることが減ってきてしまっている中で、リストはまるで旧砂漠の中でオアシスを見つけたかのように感じられました。素晴らしい作品をありがとうございます(*´ω`*)

返信:皇我リキ 2018年01月06日(土) 22:11

読了に感謝であります。

褒めちぎって頂いて光栄です。
ダイミョウザザミは大好きなモンスターなので、あのお話を気に入って頂けたとは嬉しい限りです。

こちらこそ、誰の心に響く作品が書けた事を確認出来る感想を頂きありがとうございました。


Senritsu  2017年09月20日(水) 22:49 (Good:0Bad:0) 報告

こんばんは。第一章まで読み終わりましたので、感想を書かせていただきます。

早速ですが、出だしの部分について。……確かに、ちょっと似てますね!(笑)
少しの気恥ずかしさと共に読み始めることとなりましたが、その辺についてはお気になさらず。全く不快には思いませんでしたので!

続いて世界観解釈についてですが、これが本当に考えさせられる部分が多く、感嘆したところでもありました。
ジャギィの空腹具合や、ロアルドロスの住処についてなど、読者を納得させる理由付けをしながらモンスターに歩み寄るスタイルは、自分はまったく思いついたことがなく、また見たこともなかったので、まさに目から鱗が落ちた感覚でした。
リオレウスの子育てや、ドスジャギィの傷の手当てについては解釈が分かれてくるところかなと。しかし特に前者(後者も同じくらい)についてはモンハンの公式設定を絶妙に組み込んでいて、興味深いと言うよりかは、すごいな、と読みながらただ呟いていました。ここまでくるとモンスターの賢さとか、理性を読者としても信じたくなってきますね。
ダイミョウザザミとライダーについては……正直に言えば、流石にどうかなと思ったりしました。これが解釈違いってやつなのでしょうか。しかし、これらは共にこの作品の特色になり得る部分なので、あくまで一読者の感想として流してもらえればと思います。

もうひとつ、世界観について個人的にとても興味深かったのが、ひとつの孤島に複数の大型モンスターがそれぞれの住処を持って暮らしているという点です。これもありそうで実は見たことがない設定でした。
これ、頭の中でそのモンスターの生態と地図を照らし合わせていかないとできない芸当だと思います。この作品ならではだとも。MH3のオープニングが目に浮かんでくるようで、深く感動しました。このモンスターの世界に人間が入り込んでいるという雰囲気は本当に大好きで、私も目指してみたいなと思いました。

キャラについて。ミズキが愛らしいです。言葉遣いとたまに入る突っ込みが可愛いです。ムツキも同様です。第一章段階ではその一言でした。どちらかと言えばストーリーで語ることの多い子ですね。
アランもちょっとどころではなさそうな暗い部分を漂わせつつも、ミズキが言う通り、優しさが隠しきれていない感じで。好きです(断言)。彼が一章の最後の話でリーゲルさんに告げた一言が好きです。自作品のソナタというキャラが同じこと言いそうだなーと思ったり。
何となく、二人(と一匹)は狩人やハンターというよりは、レンジャーという感じがしました。これもやっぱり個人の感想です。不快に思われたら申し訳ありません。

アイシャと村長が出てきてくれてとても嬉しかったです。しかも違和感を感じないのがすごい。モガ村大好き人なのでお二人が出てくる度にちょっと嬉しくなったりしました。

ストーリーについて。まだ第一章しか読んでいないのに何を言っているんだと言う感じではありましたが、孤島の生態系が徐々に乱れてるのが明らかになって、それがだんだんと深刻になって、ある時その理由が分かって、事態を収束させていくという流れがはっきり伝わってとても良かったです。
それと同時に散りばめられた伏線が二章への興味を誘う感じで。自分はこういう長編をまず書けないので流石だなあと思いました。第一章の最後に出てきたのどう読んでもアレじゃないですか。この小説であのモンスターに焦点を当てた場合、かなり内容が深くなってきそうでかつ、ミズキ辺りがどんなことを想うのかが気になるところです。

最後に。こういうことを感想欄で言っていいのか怪しいところではあるのですが、ストーリーズの内容については、モンスターに乗って共に戦うというテーマがどうしても受け入れることができずに手を出すことができていませんでした。
この作品についても同じ感覚で手を出せていなかったのですが、いざ読んでみるとですね……食わず嫌いは本当によくないなと思い知ることになりましたね……。第一章をリアルタイムで読んでみたかったです。ストーリーズへの苦手感は相変わらず変わらなそうですが、この小説であれば。そう強く思いました。

実のところ、最新話まで読み終わってから感想を書こうと思っていたのですが、一章を読み終わった段階で居ても立っても居られなくなってしまいまして……中途半端ではありますが、筆を取ってみた次第でした。続きもこつこつと読んでいこうかと思います。
それでは、また。

返信:皇我リキ 2017年09月21日(木) 21:35

とてつもなく濃厚な感想ありがとうございます。同時に読了にも感謝です。

やっぱり、この作品は「こころの狭間」に影響されて書いたという所があるのですよね。不快に思われなかったのは安心ですが、二章もあるのでまだ内心ビクビクしているというか、最悪消されるんじゃないかと身震いしている次第だったりします。
そのくらい御作には影響を受けていますので、今回の読了と感想がとても嬉しく……そして今後の反応が本当に怖く思ってる次第です。も、勿論問題があれば消す覚悟です(´・ω・`)

今作のモンスターとの関わり方について正直な感想を頂けた事をとても嬉しく思いました。
解釈の違いはあれど、作者としてそれをどう伝えるかが大切だと思っています。私は生き物の生態とかが好きなので、出来るだけ公式設定や残存する生き物の在り方を組み込んで書いていたり。
そんな中で本作の元ネタであるモンスターハンターストーリーズの要素も加えていますが、やっぱりこちらは現実味が薄くなってしまうんですよね。確かに。でも、私はそれをどう伝えるか……そこを頑張りたいなって思って書いております(`・ω・´)

孤島の生態系も同上で、私はやはり自然と生き物が好きなので、彼等に生き物としてあの世界で生きていて欲しい。私の手に居ない時でも、生きて居て欲しい。そんな気持ちから生態系という物をしっかりと組み込んでみました。
そのせいか私の中では孤島がかなり広いんですよね。ゲームに無い場所とかあったり、今作はエリア表記をしなかったりするのも、この生態系を意識したいからだったり。


ミズキやムツキを可愛らしく受け止めていただけたのなら私は幸いです。
アランのあの台詞は個人的に好きな台詞ですね。なんというかそう、ソナタもそうなんですけど、ある程度自然と共存をしてハンターとして完成していくと辿り着く答えみたいな台詞だと思っていたりします。ある意味この作品の答えがそこにあったりする訳で、まさか拾っていただけるとは思ってませんでした。

レンジャーに関しては確かに、と思いました。むしろ的を得ていいますよね。
でもこれは二章とか三章のお話になってしまうんですけど、私はミズキにハンターとしてあの世界のモンスターと関わって欲しいんですよね。その辺も含めて続きを読んでいただくとまた見方も変わってくるかもしれません。

アイシャと村長についてはずっと自身が無かったのですが、旋律様にそう言って頂けて安心しました。私二次創作が苦手なので()。


お話を楽しんで頂けたのなら幸いです。二章も癖のあるお話になっておりますが、楽しんで頂けたらと良いなぁ……と。

そうですね、ストーリーズに関しては割と賛否両論あるんですよ。むしろ否の方が多いというかなんというか。
正直なところ私も始め食わず嫌いでしたし、今でも「それは違う」と思う設定のある作品です。それでも私がストーリーズに引かれたのはその中にある強いテーマ性でした。
そのテーマ性をストーリーズがダメな人にも感じさせる事が出来たらな……なんて思っております。


お忙しい中、拙作にこのような濃密な感想ありがとうございました。
少し長いお話になりますが、もし宜しければ続きもお楽しみ頂けると幸いに思います。

勿論、消される覚悟でブルブルですが。



読了、ともに濃密な感想ありがとうございました!!(´,,・ω・,,`)


Gurren-双龍  2017年08月31日(木) 22:33 (Good:0Bad:0) 報告

1章まで読み終えました。

ギル謝の時も言いましたが、モンハン物書きとして、自分がいかに物語の命をどう見ていたかを、またしても思い知らされました。

そして、人とモンスターが手を取り合う意味も、モンスターが人に牙向く意味も、どれほど浅く考えていたか、叩き付けられたような気分になりました。

リキ先生の作品で、物書きとして持つべき多くに気付けました。それらを胸に、精進していきます。

では、また読み進めていきます。

返信:皇我リキ 2017年09月03日(日) 20:21

読了ありがとうございます(`・ω・´)

テーマ性としてはギル謝とは似たり寄ったりですけれど、こうやって感じて貰える作品を書けていたんだなと実感出来ると嬉しい限りです。
こんな作品ですが、読者様のこころに何か訴える事が出来たなら書いた私も報われるというもの。是非、生き物の命について心の隅にでも考えを置いて頂けると幸いです。


ほい、感想並びに評価、読了ありがとうございました!(`・ω・´)


まるまる  2017年03月03日(金) 20:08 (Good:1Bad:0) 報告

さきほど第一章を読了させていただきまして感想を。

3rdまでしか知識がないのですがこれを機にストーリーズの方に興味を持ちましてサイトを駆け回っています。
 
と、どうでもいい前置きはここまでで。
一人称をうまく使った文体に感動し、一人称の可能性と魅力を感じました。人によって文章がコメディにもシリアスにもなって、多種多様な個性を出せるのですね。加えて感情移入がしやすい。とても勉強になります。二章の方はまだ覗けていないのですがムツキsideも面白そうですね。モンスター視点というのは新鮮味がありますので。

個人的には決まり文句の「人と竜は相容れない」とミズキの「素敵な体験」が心に深く来ます。端的に言って好きです。
多数のキャラクターの個性を活かしつつ読者のイメージを崩さないリキさんの技量に感嘆です。

第二章も時間をつくって続きを楽しませてもらいます。

返信:皇我リキ 2017年03月04日(土) 23:55

おぁ……なんと(´,,・ω・,,`)
感想ありがとうございます٩(๑ᵒ̴̶̷͈̀ ᗜ ᵒ̴̶̷͈́)و ̑̑ ✧


おぉ……この作品でストーリーズに興味を持って頂けるとは嬉しいです(`・ω・´)

モンスターハンターって、三人称で狩りの描写を綺麗に書くイメージがあるんですが私はそれが苦手で(´・ω・`)
それでもモンハンが書きたくて、書いた結果が今の私の作風です。三人称も挑戦してみたいんですけど、なかなか難しい。

ただ、受けているようで嬉しいですね!
ムツキsideも書いてみたいです。彼も大切な登場人物なので(`・ω・´)


そう受け取って下さると、この作品を書いている甲斐があったと感じられます!!
私なんてまだまだではありますが、精進していきたいと思っているのでもし今後もお付き合い下さるのならば宜しくお願い致します(`・ω・´)

重ねてになりますが、読了並びに感想ありがとうございました!!!٩(๑ᵒ̴̶̷͈̀ ᗜ ᵒ̴̶̷͈́)و ̑̑ ✧


Gina ID:6gH5upqw  2016年12月30日(金) 01:24 (Good:3Bad:0) 報告

初めまして。初回から読ませていただいてます。
最初はダークファンタジー節全開の作品なのかなと思いつつも、次第に複雑な展開になっていってるストーリーが気になっております。ハンターとライダーの相容れない在り方に翻弄されつつも主人公たちがどう答えを出していくのか、楽しみにしております。
まずは、第一部(?)お疲れ様です。

作品について、作中のライダーたちの視点をよく理解してるわけではないのでこちらの所見でしかないですが、モンスターに翻弄されたライダー(悪徳ギルドナイト)の視点からすれば、ハンターたちの生活は命を弄んでる調整者気取りのように見えるのかもしれません。だからこそギルドを利用し、モンスターや密猟者も自身の都合の為に利用できるのでしょうが、実際のところ、悪徳ギルドナイトの方が自然と人間の在り方を舐めてかかっている調整者気取りにしか見えないですなあ。
正直、どうなるのかは作者様次第なのですが、最後は痛い目を見れば良いかなと思ってしまう自分がおります。
ハンターも生きている自然の一部ですし、我欲やモンスターに対する感情とは常に付き合って行かなくてはいけません。古龍に脅かされながらも共存しているシナト村の伝承を目の当たりにしたとき、悪意や出自の謎を主人公たちは果たして振り切れるのでしょうか。

返信:皇我リキ 2016年12月30日(金) 02:23

読了共に感想ありがとうございます٩(๑ᵒ̴̶̷͈̀ ᗜ ᵒ̴̶̷͈́)و ̑̑ ✧

主人公達がいずれ導き出す答え。それはこの物語の根本的なメッセージにもなるので、そこを楽しみにしてくださっているととても嬉しく思います!

さてさて悪徳ギルドナイトさんは中々やんちゃをなさっている方ですね
彼……カルラもそうですが、章終盤で登場したリーゲル、主人公の二人、その他の登場キャラ達もそれぞれの思いと信念があったりします。

その思いが果たして正しいのか間違っているのか、それも物語には大きく関わってくるハズです。彼等の答えの先に何があるのか、痛い目を見るのか、それとも……?
そんな所も楽しみにして下さるとより楽しんで読む事が出来るかも知れません!


物語は第二章に突入する所ですが、もし宜しければこれからもお付き合いしてくださると嬉しく思います!

重ね重ねになりまさが、読了共に感想ありがとうございました!!


全話感想

沙希斗  2019年07月21日(日) 18:04 (Good:0Bad:0) 報告

「お父さん」が生きていた説明が無いのがもやります。
次話で分かるのでしょうか?
それとも「読者の想像にお任せします」というパターンでしょうか?

「両足と義手の先端を残して怒隻慧に飲み込まれてしまった」という事から考えると、既に両足と片腕が無い状態なんですよね?
もしはじめからそれらが作り物だったというのなら、「怒隻慧」が村を襲った時点でそうなっていたという事?
アキラさんのように片腕を捥がれただけでもこれだけ出血するんですから、よく生きてますね。

それとも別の原因があったのかな?


「人間もモンスターも支配者じゃない」というのは私も同意見です。
リーゲルさんは、カルラと同じような「極端な」考え方なのかもしれませんね。
「人間が支配者」という側で考えて動いたカルラと「モンスターが支配者」という側で考えて動いたリーゲルさん、という感じがします。
その考えで同じように突っ走るから問題を起こすのかも?

「どちらの意見も間違っていない」し、「どちらも過ちである」とも言えるのなら、「自分の答えを通すしかない」のでしょうか。
では「正しいと思って行う殺人」は、いくら殺めても罪を問われないのでしょうか?
この場合リーゲルさんだけでなく「勝手にやった」怒隻慧に対しても、です。
「モンスターが勝手にやった事」という事でリーゲルさんの責任が問われないというのなら、誰がその罪を裁くのでしょうか。


零樹  2019年07月21日(日) 00:07 (Good:0Bad:0) 報告

わーお、伏線あったんかい!これからはストーリー系を読むときはしっかりと考えないといけねぇ。(使命感)


沙希斗  2019年07月07日(日) 23:18 (Good:1Bad:0) 報告

やはり、そうなるんだ……!

じ、じゃあ、死んだ「リーゲルさん」は偽物なのか!?
次話にこうご期待! ってやつですね。

返信:皇我リキ 2019年07月21日(日) 18:55

次話で色々分かる予定です!
読了共に感想ありがとうございました!


ゴクウブラック5930  2019年07月07日(日) 20:44 (Good:1Bad:0) 報告

何となくこういう物語の最後は主人公の父親が黒幕だけど死んだよな、いやあれ死んだんだっけって思ってた矢先にこれは不覚にも一本取られました()

返信:皇我リキ 2019年07月21日(日) 18:44

良い感じに誘導出来ていたようで!楽しんで頂けたのなら幸いです!

読了共に感想ありがとうございました!


Gene ID:vhJ5b1Hc  2019年07月07日(日) 15:18 (Good:1Bad:0) 報告

更新お疲れ様です。

黒幕登場に関しては「なるほど、こうなっちゃったか」という感じです。
ミズキが幻視した、ディノバルトの魂を行くべき処へ連れて行ったリーゲル氏の姿は「ある種の形で、ミズキ達の前から去って行った者」としての隠喩でもあったのですかね。
受け取り方が違ってたら申し訳ないですが。
彼がどう語るのかは、次回への楽しみにということで。

あと、最近ですが声帯が主にやられる夏風邪が流行ってるみたいです。
一度かかっちゃうと、声が一切出せないレベルで掠れてしまうのでお気をつけて。
それではまた('◇')ゞ

返信:皇我リキ 2019年07月21日(日) 18:42

王道的な展開とは言えますが、こうなってしまいました。
そうですね!良いところを付いてます!リーゲルさんの言動を昔から辿っていくと、他にも色々見えてくるかもしれないですね!

彼の道も、次のお話で語られます。是非にお楽しみください。

怖い話を聞いてしまいました。そうなると困るので気をつけます……っ。

読了共に感想ありがとうございました。



感想を書く
非ログイン時のみ、名前と投稿キーを入力してください
名前  2~20文字
「名前#任意の文字列」と入力すると、「名前◆暗号化された文字列」と表示されます
投稿キー  投稿キー を入力してください)
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。

※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。