ISアドベンチャー 聖騎士伝説
作者:イナビカリ

▼感想を書く

感想

ざざみそ ID:rHsUY8A.  2017年04月16日(日) 10:27 (Good:11Bad:0) 報告

#運対(特定のユーザーへの粘着行為)#


風神 アキラ  2017年04月16日(日) 00:46 (Good:4Bad:4) 報告

更新お疲れ様です! 後悔してももう遅い。てか、今更過ぎる、零落白夜にしてもお前の力じゃねぇな。姉が使っていたやつやし。

次回も楽しみにしてます!

返信:イナビカリ 2017年04月22日(土) 23:44

確かに遅いですね…今回の事で分かればいいんですけど…

感想ありがとうございます♪


mukky  2017年04月16日(日) 00:41 (Good:3Bad:8) 報告

自分の首を絞めたことで間違いに気づくも、また別の間違いを気づかずにやらかす。
それがイチナツ。
果たして、この作品が完結するまで、奴がまともになれるのだろうか?(ナレーションっぽく)

返信:イナビカリ 2017年04月22日(土) 23:45

自分で自分を追い詰める連鎖…何時になったら止まるんでしょうね?

感想ありがとうございます♪


全話感想

千歳涼介  2019年09月19日(木) 22:42 (Good:0Bad:0) 報告

一夏と相部屋の希望者は箒だけでしょうが、太一と相部屋となると激しい争奪戦が予想されます。


ああああ。  2019年09月15日(日) 18:55 (Good:16Bad:0) 報告

なんか荒れている・・・
でも高校生くらいの姿の太一があーも他人をひどく扱うの見ると
デジモン追いかけてた世代のおいちゃんたちはけっこうきついなぁ
小学生から中学生くらいの太一のイメージが強いからなぁ・・・
身近なヒーローってやつだ


バリー  2019年09月15日(日) 10:14 (Good:13Bad:1) 報告

一夏が周囲の自分への関心の低さに怒りを抱いてますが、原作の彼って『自分が注目される、目立つ』ことに対して拘っていましたっけ?

むしろ、原作では『男性操縦者』っていう肩書きで周囲から好奇の視線向けられて、肩身が狭い思いをしているという風に描かれていたと思います。

自分への関心が低くなったり、他のところに向いたら、むしろ一夏は安心すると思うんですけどね。

-追記-

ちなみにこれは『作品に対して私が抱いた感想』なので、作者様に『設定を改編する様』に『強要している』訳ではありません。

誤解を招くような書き方をして、申し訳ございませんでした。


シズマ  2019年09月15日(日) 00:05 (Good:4Bad:11) 報告

イッチー
堕ちるとこまで堕ちた挙げ句にソレ(舌打ち)か…また一悶着起こしそうで気が気でないぞ,コイツぁ

バ会長!?
血迷ってご乱心だァァァ!!
ちーねぇ,兎に角アンタだけが頼りだ…止めて下さい!


exvs.next  2019年09月11日(水) 14:10 (Good:15Bad:4) 報告

頼むから我々のヒーローだった奴を穢さないで頂きたい


平田の霧ガラス  2019年09月10日(火) 23:44 (Good:20Bad:0) 報告

キツすぎて数ヶ月もかかって読み終えたがパラレルワールド編を書いた理由がガチでわからん
あれ無くても作劇上影響無いと思うが、パラレルモンって最強格出したかっただけならデジモン時空から仲間呼び寄せられるとかでも良いと思うのになんでISの原作飛ぶの?そこでも説教とか、原作否定じゃないか


999  2019年09月10日(火) 00:10 (Good:4Bad:8) 報告

 自分から人気がなくなり、アグモンがクラスメイトから人気者になっていることが気に入らない一夏ですが、自分勝手が目立つ行動をした自業自得だと思います。

 楯無生徒会長は、内にいる魔王に精神誘導されている可能性があるとはいえ、約束を屁理屈で破り、メインとして参加する二人に伝達なしなど、組織に所属している者として問題のある行動をしており、魔王が覚醒して現れて倒されても、後に責任を取らされそうですね。

 従者として長年ともにいる虚から元から変人認定と受け、行動の暴走も変な物を食べたなど思われて、魔王に憑かれている可能性に考えがいかないのに、そこまで楯無の行動に付き合い続けて慣らされてしまっているのかと思い、楯無の内にいる魔王が周りの人間の心を読めていたら、彼女に同情しそうだなぁと考えてしまいました。



感想を書く
ログイン状態でのみ感想の投稿が可能です
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。