ISアドベンチャー 聖騎士伝説
作者:イナビカリ

▼感想を書く

全話感想

クレイトス  2018年11月18日(日) 00:42 (Good:5Bad:2) 報告

これ平行世界の原作キャラ勝てねーじゃん、でもそこが面白いからいいんですがね。平行の束ねの驚く顔が見えてきます。
これからも頑張ってください!

返信:イナビカリ 2018年12月01日(土) 19:45

勝てないでしょうね…
驚きの連続でアゴが外れないといいですね…

感想ありがとうございます♪


龍気  2018年11月16日(金) 20:01 (Good:11Bad:5) 報告

正式に付き合ってない状態だと確かに彼女達は夢見る少女達で、鈴もかつては一夏に対してそうだった。

そして現実を知ってそれが鈴にとって悪夢であった事も、蘭の時みたいに彼女達に警告するのも理解できます。

でもだからこそあそこまで感情的にするのは少しやりすぎかとも思えます。

原作より成長した鈴だからこそあそこまで感情的にならずに、伏せるとこは伏せやんわりと経験談を語るように注意するくらいでよかったとも思えます。

次回は結果の見えた模擬戦はどうなる事やら・・・戦闘風景よりもその後の方がめんどくさい事になりそうな予感。

次回も楽しみにしてます。


ダークリューン  2018年11月11日(日) 17:57 (Good:2Bad:2) 報告

模擬戦・・。本来のは、この世界に勝つ価値は無価値と思いました。本来の彼女達は、将来的に本来のIS操作者の努力をしたはずのに自分の恋愛のために自分自身のISの技術だけの努力を潰れ続けるのが気づけなかった。逆に八神君によってこの世界は、デジモンISの性能にふさわしい努力をした。だから、この世界は勝利する可能性が高い


凱武  2018年11月05日(月) 13:54 (Good:12Bad:1) 報告

いやいやいや、もう結果は分かりきってるじゃん。色んなモノへし折られる前に止めといた方が……

-追記-

……っていうか、太一が代表としてやると仮定した場合、世界中の国家代表・候補生・企業代表・学園の専用機持ち・暮桜搭乗の千冬(全盛期)・クアッドファランクス装備のラファール搭乗の麻耶等オールスターズが相手でも圧勝してしまいそうな気がするんだが……


MSTSM  2018年11月04日(日) 08:47 (Good:8Bad:0) 報告

小説の鈴は気持ちはわかるけどマドカの言うとおり確かに言い過ぎですね。 原作の一夏は小説と違って良くやってますし(小説組からしたらぬるいだろうけどデジモンいませんから) 何故嫌いなのか一部でも軽く話すべきでは? 嫌いな理由を『休日の一幕』と同じ説明をしなくちゃ小説の鈴の気持ちが分かりませんから。


トンヌ  2018年11月04日(日) 02:38 (Good:2Bad:1) 報告

模擬戦って・・・主人公や鈴とマドカも死ぬ寸前までの戦いを経験してるのに平行世界の人達に勝ちめがないような(;・ω・)平行一夏君が鈴に凹られる未来しかない(゜゜;)


うさぎたるもの  2018年11月04日(日) 02:06 (Good:5Bad:5) 報告

デジモン側のiSの主人公の男性は 確実に自分主上主義者だからな 並行側はどんなことになっているかは しらないけどね。 


それを知っている側と知らない側ではね どう頑張っても無理だろうな まともな説得は

知っている方は 無理だからあきらめろと言えるけど 知らない側としたら 何言ってんだ こいつになるか その結果として 模擬戦になってしまったと・・・ 勝敗はすぐにわかるけど 大丈夫かな 並行側は 特に色々とデータとか 残るのに 


タブレット  2018年11月04日(日) 01:35 (Good:1Bad:0) 報告

圧倒的な戦力差になりそうな予感w


ヌシカン  2018年11月04日(日) 01:18 (Good:2Bad:0) 報告

いやー。束(平行)視点だと納得のいくIS操縦者が居ないんじゃないかなー。性能を測るなら同じ操縦者じゃないと絶対文句言うでしょ。


ゼアム  2018年11月04日(日) 00:21 (Good:1Bad:1) 報告

鈴の不満爆発、1つ言うならシャルの件は鈴も知ってるのにそれを平行世界のシャルに聞かなかった事が残念です。
次回は多分ですが束が平行世界の自分と口論してた時ISはデジモンの前では玩具だと言ってそれにキレた平行世界の束は勝負を吹っかけたと言った所ですかな?



感想を書く
ログイン状態でのみ感想の投稿が可能です
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。

※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。