金髪さんの居ない銀英伝
作者:ドロップ&キック

▼感想を書く

全話感想

( ◕ ‿‿ ◕ )  2017年04月26日(水) 12:42  19話 報告

楽しく読ませてもらってます。

ヤンが帝国元帥でもう同盟詰んでる感が漂うので、サンフォード議長とかの踏ん張りに期待。

オフレッサーを引き込むあたり、金髪さんより大人な社会人的対応が素敵。
地球教の暗殺対策も兼ねてお買い得。

返信:ドロップ&キック 2017年04月26日(水) 13:12

感想、Thanksです。

そう言ってもらえると嬉しいっす。

サンフォード議長より、むしろヨブたんの覚醒に期待したいところです(えっ?

鋭い!
オフレッサー殿を引き込んだ理由は、ヤンの今後のドクトリンにある「地球狂対策」も大きな理由の一つなんですよ。


釋廉慎  2017年04月26日(水) 06:47  23話 報告

冷えた黒ビールって美味しいのだろうか。ドイツやチェコ式のビールって常温のイメージがあるが。
オフレッサーいい空気吸ってんなぁ。アニメでも扱いが余り良くなかったから正直嬉しい。

現状ヤン一家はキルヒアイスにオフレッサーとメルカッツ、ケスラーにファーレンハイトは確定でしょうか。
あと加えるならメックリンガーとルッツぐらい?絶対零度の剃刀さんはどうなってるのかわからんが……。
というかキルヒアイスは自分の艦隊を持つんだろうか。ヤンにべったりでバルバロッサの出番が無いとかないですよね?

返信:ドロップ&キック 2017年04月26日(水) 13:08

感想、Thanksです。

んー、どうでしょう?(^^
日本で飲むビールは、黒も含めて大概は冷えてますからね。作者も結構、冷えた黒ビールは好きですし。
もしかしたら暑い日だったから、冷えたビールを注文しただけかもしんないですが。

はい。他にも色々馳せ参じるみたいですよ? なのでラインハルト元帥府にはこの時期に参入しなかった提督もいたりするみたいです。

キルヒアイスはちょっと原作とは違う動き方をする予定です。というかメルカッツがヨーツンヘイムに乗っていたように、提督と艦の組み合わせが原作と異なる場合があるようです。


空風雷人  2017年04月26日(水) 02:05  報告

はじめまして。

扱いとしては、装甲擲弾兵=タイラーの海兵隊でOK?

返信:ドロップ&キック 2017年04月26日(水) 13:00

こちらこそ、はじめまして。

なんと端的な♪
イメージ的には大体当たりですが、規模が遥かに大きくより陸軍的かもしんないです。


荒覇吐  2017年04月26日(水) 01:22  23話 報告

装甲強襲揚陸艦・・・ああ、「鋼鉄の咆哮」シリーズの超兵器揚陸艦「デュアルクレイター」のようなタイプですかね?
まあ、あれほど多用途性も強くもないでしょうけど。
(デュアルクレイターは大和型戦艦2隻分の火力とそれ以上の門数に装甲、正規空母以上の航空戦力(+攻撃ヘリ)、さらに艦尾から魚雷艇による一斉攻撃できる「揚陸艦(速力60ノット以上)」ですw 完全武装の陸軍一個連隊を運びます。)

返信:ドロップ&キック 2017年04月26日(水) 12:57

感想、Thanksです。

基本的には「宇宙から直接降ろせる陸戦隊の地上前線基地(あるいは要塞)、いざとなったらいつでも宇宙まで撤収できる素敵な離脱機能つき」ってイメージで建造してるみたいですよ?

装甲擲弾兵も随分と重装化しそうですし(^^




マスク3  2017年04月26日(水) 00:25  23話 報告

うーん。
オフレッサーの扱いが大変いいけど、
これ、見方によってはすでに攻略の道筋は立て終わり、
同盟の各惑星を装甲擲弾兵で制圧する気満々です
みたいに取られそうだけどもさて・・・?

返信:ドロップ&キック 2017年04月26日(水) 12:53

感想、Thanksです。

まだ明かせない部分は多いんですが、同じ道筋をたどるとは限りませんが前世知識を叩き台にヤンが導こうとする未来には、「強力な陸戦隊」の存在が不可欠なんですよ。

何が何でもヴァルハラ送りにしたい相手は、存外に地上にいたりしますしね(えっ?


モントゴメリー  2017年04月25日(火) 23:50  23話 報告

更新お疲れ様です。
標準型戦艦ベースの装甲強襲揚陸艦って何に対して強襲揚陸するつもりなんでしょう。戦艦クラスならそれこそ原作のケイロン3クラスの大きさで十分ですから明らかに過剰ですよ。各種対地支援艦もそもそも改造しなくてもそのままで十分だと思いますが。駆逐艦クラスでも惑星上では超火力です。対地直接支援攻撃艇もわざわざスパルタニアンをベースにする利点が解りません。スパルタニアンは大気圏内での飛行を想定してませんから一から設計し直すレベルですよ。それに対してワルキューレは大気圏内飛行可能ですからこっちを使う方が断然楽です(アニメでも双璧さんがピンチを助けられてます)。


藤林 源太郎  2017年04月25日(火) 23:02  22話 報告

はじめ人間オフレッサーが元気そうで何よりです。
原作の彼は言ってみれば時代の徒花でした。
ロマンチシズムもクソもなく虚しく潰えた人間は銀英伝におおかれど、
殺されるところのみならず、死後も謀略に使われたのは哀れだったなぁと。
ガハハと笑って斧ぶん回す遠未来のドワーフに幸あれ

次回も楽しみに待ってます。

返信:ドロップ&キック 2017年04月26日(水) 12:39

感想、Thanksです。

ヒグマの大将は元気一杯ですよ~♪
ヤンは彼を漆器時代の勇者=時代遅れと呼ぶ気もなければ、時代の仇花にする気もないみたいですよ?
むしろドクトリン的には必須だと思ってます。

きっと幸は多いですよ~。少なくとも戦う戦場に困窮するってことはないでしょうし。

期待に応えられると嬉しいっす。


ネコガミ  2017年04月25日(火) 05:19  22話 報告

愛情度が振りきれている相手が数カ月も旅に出て帰ってくる…
これはもうヴェンリー夫人でなくとも夜戦突入まった無しですね

一族族滅の憂き目にあいながらもマルガレータは原作と違い
想い人に近しい場所にいられて逆転勝利(?)とも言えるでしょうか?
(6行省略されています)

返信:ドロップ&キック 2017年04月25日(火) 20:26

感想、Thanksです。

逆に言えばエルフリーデはよく耐えたと言っていいかも? もっとも彼女の性格的にとても身を持て余せて浮気……ってことにはならないとおもいますが(^^

「大きな意味での結果は同じでも、顛末は異なる」って意味ではマルガレータは、象徴的な娘かもしれませんね~。
設定的に彼女は大器ですから、ジークもこれから幸せな苦労が増えそうです。

そういう意味では、種と畑は違えど”フェリックス”って子は生まれたりして。
そうなるとヴェンリー財閥の医療技術力と世界の修正力の合わせ技か?

期待に応えられたら嬉しいっす。


ゼオン  2017年04月25日(火) 00:30  22話 報告

何が嬉しいって、ヒューベリオンがヤンと共にあるってのがね。
てか、親父。タイラーなのね。嫁さん合法ロリって16世か!?
嫁がエルフリーデだったのも驚きだが、この世界線ではジークが幸せに成れると良いなー

返信:ドロップ&キック 2017年04月25日(火) 20:12

感想、Thanksです。

ヒューベリオンは正規の軍艦ではなく”私有船”扱いであるあたりが、前世とはまた異なる活躍をしそうです。

よく似た人って設定です(^^
初代ジャスティンの若い頃は、まんまアニメ版のタイラーっぽかったらしいですが。
ヤンおとんの嫁さんは……お察しくださいってことで(笑

ジークはよほどのことがない限り、なんとなく幸せになれそうな?
”強運”ってスキルもってそうだし。


藤林 源太郎  2017年04月24日(月) 22:41  22話 報告

ああゼピュロスってそういう…
はっちゃけてんなぁこの夫婦。でも門閥貴族としてはまともな部類ですねきっと。
他の門閥貴族がどんな性癖もってるかなんて想像もしたくない…。
特殊性癖友の会とかありそうですね門閥貴族。

ヒューペリオンの活躍がまた面白い。
原作で令嬢を救ったのもこちらで救ったのもキルヒアイスっていうのがまたいいですね。
思い返せば原作で彼の嫁にこれそうなフラグの女性ってそれこそ令嬢かアンネローゼ様くらいなもんだし…。

次回も楽しみに待ってます。

返信:ドロップ&キック 2017年04月25日(火) 20:03

感想、Thanksです。

ここでまさかの”そよかぜ”です♪
きっとまだマシなほうでしょう。無関係な他人を巻き込まない分。
原作のクロプシュトック事件のときの貴族たちをみてると(^^

実はヒューベリオンを再びヤンの乗艦にしようと思った理由の一つは、ヘルクスハイマー事件を「大きな意味では同じでも、結果は大きく異なる」ってシチュエーションを考えてたときにこのシーンが浮かんだからなんですよ。

キルヒアイスとマルガレータは、彼ら彼女らのペースで色々育んでるみたいですし。
この世界ではアンネローゼ様は、明らかに嫁向きじゃないですし(笑

期待に応えられたら嬉しいっすよ~。







感想を書く
ログイン状態でのみ感想の投稿が可能です
内容 対象話:

0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。


感想検索
キーワード
ユーザー名 話数 並び替え
絞り込み