金髪さんのいる同盟軍
作者:ドロップ&キック

▼感想を書く

感想

1124英太  2018年08月20日(月) 10:02  報告

徴兵の話はエグかったですが
外敵がいる以上、仕方ないでしょうね。

強大な敵が攻めてくる以上、同盟全体で対抗しないといけないわけですし。

返信:ドロップ&キック 2018年08月20日(月) 20:59

ええ。戦時下、それが恒常化した世界ともなれば、現代日本から考えれば”どこか狂った部分”があるのが当然かと思うんですよ。

この世界の同盟は、原作より余力があるくせに”より真剣に戦争してる”部分があるんですよ。
おそらく、国の成り立ちから大きく影響してるんでしょうが。


瀬名誠庵  2018年08月20日(月) 08:33  報告

銀英伝世界では、光学兵器の優劣は射程よりも、射撃用観測機器が絡んで来るから、観測装置を多く積めない駆逐艦だと、結構変わってくる感じがしますねぇ。

返信:ドロップ&キック 2018年08月20日(月) 20:54

あっ、それは思います。
それでそれを逆手に取ったのが今回の駆逐艦談義だったんですよ。
調べてみてわかったんですが、同盟の駆逐艦の射撃統制システムって、砲力から考えればオーバースペックと言っていいほど凝った代物が搭載されてるんですよ。

なので純然たる砲撃特化型の船って解釈にしました。


龍剣朱羅  2018年08月20日(月) 08:22  報告

どうも。
同盟と帝国に於ける駆逐艦の相違、確かに運用思想や戦術、戦略の相違が垣間見える部分ですよね。
帝国:海上自衛隊“はやぶさ型ミサイル艇”
同盟:米海軍“アレイ・バーク級ミサイル駆逐艦”
に例えられると思います。片や乱戦に於ける至近距離機動戦特化型、片や正面切った“殴り合い(艦隊戦)”に対応させつつワークホース即ち“何でも屋”として扱える使い勝手の良い艦。
どちらが良いかと言われると少々判断に困るでしょう。

返信:ドロップ&キック 2018年08月20日(月) 20:51

まいど♪

ええ。もっと古い時代の船(第二次世界大戦ごろ)に例えるなら、駆逐艦と言う名に相応しい”肉薄雷撃”を行う水雷戦隊的な行動を行うのはむしろ帝国の駆逐艦で、同盟の駆逐艦はむしろ雷装を廃し砲撃に特化させた米国の軽巡洋艦に近い発想の船なんですよ。

それがどういう戦いになるかは……多分、第051話以降になります(^^
ただ、それぞれの特色を出せればいいな~と。


tomokazu  2018年08月19日(日) 21:46  報告

更新、感想への返信ありがとうございます。槍持ち騎兵(弓なし)と弓(と剣)で武装した歩兵、船の設計から二つの国の戦術思想の相違が見て取れますね。
 政治的に枷を掛けられた状態で結果を出すには、枷そのものを罠にするしかないですね。ボスの手腕に期待ですね。

返信:ドロップ&キック 2018年08月20日(月) 20:44

こちらこそいつもありがとうございます♪

はい。実は小説を書く前段階で、改めて登場艦船の資料を調べたら、駆逐艦の両極端な設計思想の違いに驚きました(^^

はい、次回の第050話で中々愉快な展開(?)になってると思いますよ~。


全話感想

コーヒーゼリー  2019年01月01日(火) 08:30  報告

明けましておめでとうございます。
これからも頑張って下さい!


ちゅうん  2018年09月23日(日) 18:19  報告

駆逐艦を最小単位と捉えれば、一兵卒から什長への抜擢ですね。
2回ほど金髪さんらしい功績をあげれば、義兄に追い付いちゃうかも?

アオバいいですね!
多過ぎてもアレだと思いますが、もう一人くらい居てもいかも?


龍剣朱羅  2018年08月21日(火) 02:09  報告

どうも。
取り敢えず目的と手段、そして過程は決まった訳ですから後は如何にフェザーンを出し抜くかですな。
いきなり駆逐隊を率いる事となったラインハルト=サン。如何なる采配を魅せてくれるのか楽しみにしております。

追伸:リンチ中将が好きそうなステーキをようつべにて発見。「Perini Ranch Steakhouse」の「リブアイステーキ」ですがもし気になりましたらようつべにて「世界ステーキの旅 アメリカ」で検索を。


tomokazu  2018年08月21日(火) 00:05  報告

更新、感想への返信ありがとうございます。千隻を超える軍艦の「所有者」が戦略的には意味がない行動を思いつきで実行するというのは民主主義の国の軍からすれば逆に戦略的脅威以外の何者でもないですよね。
 精神の自由ですか。某暗黒神サマの教えである「(他人に迷惑を掛けず自分で責任を取れる範囲で)成したいことを為せ」でしょうか。


今日は晴れ  2018年08月20日(月) 10:35  報告

はじめまして。
面白くて一気読みしました。

銀英伝の重厚な雰囲気は残しつつ、現代ライトノベルのようなポップ感が加わり、よいアレンジがされていてとても面白かったです。

ラインハルトやヤンの原作での信念をうまく改訂されていると思います。
ただ、一つ、気になったのは、アンドリュー・フォーク少尉ですね。
フォークがNTっぽいパイロットに覚醒していますが、物語シリーズが古典として語り継がれた世界なので、日本が世界に誇るガンダムシリーズも語り継がれていそうなので、彼は重度のガンダムオタクだと周りに思われてそうですが(もしくは重度の古谷徹オタク)、周りが察してくれての優しさでしょうか?それともこの世界では、ガンダムシリーズは原型も残っていないほどに改変されたのか、最初からなかったのでしょうか?

めちゃくちゃ面白い。続き、楽しみに待っています。

返信:ドロップ&キック 2018年08月20日(月) 21:11

こちらこそはじめまして。
そう言ってもらえると嬉しいです♪

過分な評価ありがとうございます。

多分ですが、”フィクション作品としてのガンダム”はあったと思うんですよ。
ただ、原典がきちんと残ってるかと思うとかなり疑問符がつくんですよね。
というのも内容が「腐敗した地球連邦政府に対するスペースノイドの叛乱」じゃないですか? ラグラン事件を起こすような当時の地球政府が過剰なまでの”焚書”をした可能性もあるんですよ。
このあたりは曖昧な謎ってことで(^^

そう評価されると本当にテンションとモチベーションがあがります♪
色々大変ですが、細々とでも書いていけたらと思っています。




モントゴメリー  2018年08月11日(土) 22:15  報告

おや、予想よりお早い更新ですね。
つまり現在(仮称)リンチ艦隊7000隻は、2隻の工作艦だけで面倒見てるということですか。うーん、デスマーチ(工作艦乗組員が)。ハワイやシンガポールではなく、トラック諸島やウルシ―環礁みたいなイメージですね。
しかし、本当にプロパガンダ優先で組まれたんですねこの艦隊(1000隻の「予備艦」を見ながら)。
同盟の効率の良さ(エグさ)が垣間見えましたが…処刑方法は薬殺ですか?その場合、血液は(多分臓器も…)「リサイクル」できないような気がするのですが…
この世界の士官学校の定員もやはり約5000人でしょうか。その場合、倍率が大体原作の2倍になりますが(ヤンの「ミラクル加減」がますます上昇)。あと、徴兵制と言っても「選抜徴兵制」ではないでしょうか。この世界の同盟の人口が240億人。成人人口が昭和40年代の日本と同等と仮定して2%強。おおよそ5億人、男性だけとしても2億人以上です。原作の同盟軍が大体6000万人くらいですから、1億5000万人くらい余りますが。

返信:ドロップ&キック 2018年08月19日(日) 21:56

いや、その分第049話が手間取ってしまいました(^^

多分ですが、複数艦同時整備が可能なタイプだとは思うんですが……うん。確かにデスマーチだ(笑
トラック諸島の例えは実にいいですね~♪ ホントにイメージ的にはそんな感じです。

ええ。船の程度は良いんですが、肝心の乗員が深刻な不足を生じてるという、いかにも急造部隊にありがちな状態なんですよ。

ちなみに処刑方法は……ずばり、”メディカル・ナノマシン・インプラントの悪用”です。つまり、脳だけ破壊しつつ、肉体はフレッシュな状態を保つ方法です。
ただ、これは同盟では(あるいは帝国でさえも)本来はタブーな方法なんですが……そのあたりのくだりをいつか本編に組み込めたらと思っています。

ほぼ選抜徴兵制でしょう。実はこれ「数字的な失業率を下げる」って効果もありますし。
そして自由惑星同盟軍の規模は約1億人で、「240人で一人の軍人を支える」計算になってます。
軍事費は、近年は国家予算の2割ぎりぎりくらいで、GDPが帝国の約倍ですから、数学的には同盟は結構余力あるんですよね~。
軍拡はいつでも対応可?





感想を書く
ログイン状態でのみ感想の投稿が可能です
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。