海外移住したら人外に好かれる件について
作者:宮野花

▼感想を書く  ※この作品はログインせずに感想を書くことが出来ます

感想

ペスト医師と結婚したい ID:hNntxv8Y  2018年01月30日(火) 19:51  19話 報告

ユリちゃん可愛いなあ
かわいいなあ
美味しそうだなあ
お い し そ う だ な あ ( 発 狂 )
次回、ケーシー、死す。なんと楽しみか

返信:宮野花 2018年03月27日(火) 00:13

ハンドルネームに同類の気配察知。

コメントありがとうございます!返信遅くなり申し訳ありません……。今更ですが返信させていただきます。

ユリちゃん逃げて超逃げて。
食べてひとつになろうね厨かよふざけんな大好物ですありがとうございます。
遅くなりましたがようやくケーシー死す。
ケーシー?いいやつだったよ……


わとすこ  2018年01月30日(火) 15:43  19話 報告

詳細は省いて結論だけ言うがケーシーは死ぬ

返信:宮野花 2018年03月27日(火) 00:10

わすとこさんコメントありがとうございます!
返信遅くなり申し訳ありません……。
今更感すごいですが返信させていただきます。


結論だけ言うがケーシーは死んだ(事後報告)
続きはウェブでってやつですね。
あれだけ死ぬってわかってるやつも珍しい。死亡フラグというより死ぬために生まれてきたようでした。当て馬にして申し訳ねぇ。


御粥  2018年01月28日(日) 22:13  19話 報告

こんなに笑ったのはひさしぶりです!
このままたくさんのアブノーマリティに好かれちゃってください!
魔法少女と二人はプリキュアしてるところを幻視しちゃいました。

このミステリアスほのぼの?
ほのぼのホラー?

まぁ、とにかく超好きです!
応援してます!

返信:宮野花 2018年03月27日(火) 00:07

御粥 知煙さんコメントありがとうございます!
返信遅くなり申し訳ありません。今更ですが返信させていただきます。

そんなに笑ってくださったのですか!?
光栄すぎで奥歯ガタガタ言う……好き……。
ただプリキュアはしないかな……すいません。
実はついこの間あざとうさぎに僕と契約て魔法少女になってよ!って言われてて。
そう言えばジェムが黒ずんたけどユリちゃん大丈夫かな……。

ガチレスすると作者はおジャ魔女世代です(どうでもいい本当にどうでもいい)


全話感想

コイコイさん  2020年09月13日(日) 23:17  103話 報告

ガチヤンデレはアイちゃん以来ですね。(アイやエミに限らず魔法少女はヤンデレがかなり多い)
それはそれとしてやっぱりオーケストラさんは優しいなぁ。
オーケストラさんの愛は怖くないんですよね。

というかこの会社百合ちゃんなしで管理できるの?


ノー脱走、ノーライフ  2020年09月13日(日) 12:44  102話 報告

元々私はロボトミを知らずに入った身です。あなたの小説に、これに出会えたからこそ、本家ロボトミに興味を持った。ここに一人、あなたの小説に引き込まれた人がいるじゃないか。人を引き込める人が未熟であるはずがないんだ。だから、あなたは未熟なんかじゃない。

ライブラリの設定?そんな後付けの設定なんか鼻で笑ってやればいい。あなたはあなたの世界を、宮野花の世界(ロボトミ)を書いて欲しい。私はそれが大好きなんだ。

あなたの小説は間違いなくロボトミ2次創作で傑作と言えるものだろう。私はそう思う。こんなにも面白いものを書いてるんだと胸を張れ!!自信を持て!!私はあなたに付いて行くさ!!

……でも毎話の感想は難しいので勘弁してっちょ。


黒白の暗殺者  2020年09月13日(日) 12:40  102話 報告

あまり気にしすぎなくても大丈夫ですよ。
原作にだって、矛盾なんて探せばいくらでも出てきますからね。それに私もライブラリは実は買ってすらいなかったりします……。
いっそ、分けて考えてみてはどうでしょう?世界観は同じですけど、ライブラリとロボトミはまた別の代物。つまり平行世界みたいなものだと。じゃないと頭が混乱してしまいますからね。
いつの間にかこの小説もロボトミ小説の中だと古参になってきてますし、まともに続いてる珍しい小説でもありますね。コメントの人たちも最初に比べれば増えてきましたね。最初はコメント書いてる名前が偏ってたりしたんですけどねぇ……。

(7行省略されています)

返信:宮野花 2020年09月13日(日) 09:44

黒白の暗殺者さんコメントありがとうございます!

優しい言葉をありがとうございます。
ここまで読んで頂いてて、更にこんな言葉をいただけるなんて感謝しかない。
そうですね、最初の頃はコメントいただける方は限られていたし、でもその頃もとても楽しかったし嬉しかったです。
多分今回のは、私に問題が大きかったと思います。
私事ですが、言い方が悪いですけど「本家の関係性に外れることが地雷」なんです。捏造は大丈夫なんです。無いものを想像で作るには。
でもオリジナル……本家とそれていることを取り入れるのがめちゃくちゃ苦手で。
公式カップルいたら絶対そこに入れない。そんなやつなんです。できても成り代わりかな。
だから今回のように段々新しい設定が組み込まれていくのは心にきました。

頭がいっぱいになると投げ出したくなるくせがあるので、そのパターンです。
でも消さなかったのは、踏みとどまったのはここにいる皆さんのおかげ。勿体なく思ってしまいました。
小説を書くのが好きで、こんな評価いただけたのは奇跡で。
あー、上手くまとまらないですね。すみません。

頑張ります。頑張りたい。ロボトミーコーポレーションも、みなさんも大好きだから。
あ、だからといって無理に読まないでくださいね!!もし黒白の暗殺者さんが、この小説を読まなくなったとして。
こうやって会えたことに本当に感謝してます。大好きです。


Xはリセットされたのかな。自分でも実はちょっと分かってません。
書いてくうちに、アンジェラならこうしてるって見えてくるのでちょっとそれまでお待ちを。でも私も思った。これちょっとリセットしてそうですよね。

今度は、Aが動きやすくなるような人格に。


シェイネ  2020年09月12日(土) 09:08  102話 報告

最後の最後でヒュッってなりました... 怖い。
今のユリさんは起動寸前の核弾頭ですからね... 下手に色々すると世界がやばい。

ということで投稿お疲れ様です。
色々あったんですね... お疲れ様です。逃げたいときは逃げていいんですよ、ここにいる皆はそのことを誰も責めませんし。
(25行省略されています)

返信:宮野花 2020年09月11日(金) 23:43

シェイネさんこんにちは!
RT、ありがとうございました。ロボトミーコーポレーションの輪を広めたくてやったので、本当に助かったし嬉しかったです。

監視されてるのは誰なのか?って話。
アブノーマリティのあの強大な力をみてると、大人しく収容されてお世話されてるって、ある意味遊ばれてるのはこちら側かもしれないと思ってます。
ユリちゃんは爆弾持って笑ってるよね。自覚持てや。


優しい言葉をありがとうございます。本当に支えです。
図書館、私も別物とは思ってます。

シェイネさんだから自分語りしていい?嫌だったら飛ばしてね、

多分セフィラを推したかったのかなーって。かっこいいし可愛いし人気だし深い過去もあるしね……。仕方ないね。
後々から追加されてくアブノーマリティ要素に、なるほどね、お寿司のわさびみたいな扱いね。と思いました。
わさび、あったら確実においしくなるけど、なくても一応料理として成り立つ、わかるかしら?
正直……悔しくて悔しくてたまらないんです。いやわかってる。本家にそんなこと言うのちがうけど。
セフィラがそんなに人気だったかって思っちゃう。もっと、アブノーマリティの良さ、みんなに知って欲しいって今すごい思ってます。

それで病んでた。

でも、今は自分のやれることやろうって思いました。供給ないから書き始めた本作。なら自己満でもいいから書き続けようって思ってます。
ごめんね、暗い話して。

アプデフラグwww
ねー、どうでしょう。レガシーから本バージョンアプデですらめちゃくちゃ焦りましたよ。
ただ英語でのお知らせみたいなのでやんわりアプデ知ってたからレガシーの時はまだ耐性あったけど……ねぇ?

なーんて、シェイネさんたちがいる限り、変わらないですよ多分。
誰も見なくなったら再スタートはするかもです。完全には消せなそう。この作品が私の中で大きくなりすぎました。

そしてね、シェイネさんの存在も、大きいんだよって。重く考えないでくださいね。急に居なくなっても、こうして出会えただけで奇跡です。海外移住で、色んな人に会えて。本当に幸せ。


シェイネ  2020年09月12日(土) 08:44  103話 報告

ヤンデレキタ━(゚∀゚)━! 大体、分かってたよ畜生め。
ユリさん逃げて、超逃げて、あ、逃げられないんだったw オーケストラさん呼ばなきゃ。
騎士様のヤンデレ最高です、ありがとうございます(土下座)

ということで投稿お疲れ様です、あまり無理しないでくださいね。


えのき茸  2020年09月12日(土) 07:25  103話 報告

オーケストラさんは実家のような安心感?的なポジションになってきたな。恋愛対象というよりお父さんやお母さん。
アブノーマリティの抽出の元となった概念は必ずそのアブノーマリティに影響を及ぼす。

絶望の騎士の守りとは拒絶だな。
愛し合ってるなら問題ないだろうかど、他に好きな人が居た場合は拗れるだろうな。
利用されただけで正義でもなんでもない行いをしていたか。正義に拘るなら、殺した相手の関係者のところに行って、どんな事でもして償うべきだと思う。

変化を恐れるのは別に構いはしないけど、他人にそれを押し付けるのは『悪』では?

人が変わるのは様々な要因がある時間、気分、人、自分以外の全て、絶望の騎士はその利用したという『彼』に盲従するので無く話し合って理解し合うべきだったろう。
理解せずに勝手に好きになって利用されて絶望するってのは身勝手だと思う。


ランダ・ギウ  2020年09月12日(土) 03:34  102話 報告

・一部アブノマの脱走を抑制
・作業は全て良判定
・抱き枕で常時良判定(赤子)
・アブノマに接触するだけで鎮圧(?)完了
・濃厚接触(キス)でエネルギー全回収
(8行省略されています)

返信:宮野花 2020年09月12日(土) 00:19

ランダ・ギウさんコメントありがとうございます!

ユリちゃんいると便利ではあるけどその分扱いはめんどくさいよ……?いいの……?

不束者ですがよろしくお願いいたします。
得意料理はきんぴらごぼうとサンドウィッチです。
末永く、よろしくお願いいたします。

このたびはこんな私を選んでくれて
どうもありがとう、
正しく優しくあつかってね。



感想を書く
非ログイン時のみ、名前と投稿キーを入力してください
名前  2~20文字
「名前#任意の文字列」と入力すると、「名前◆暗号化された文字列」と表示されます
投稿キー  投稿キー を入力してください)
内容 対象話:

0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。