海外移住したら人外に好かれる件について
作者:宮野花

▼感想を書く  ※この作品はログインせずに感想を書くことが出来ます

感想

スコープ  2019年08月20日(火) 21:07  61話 報告

>>「〝恐怖に立ち向かえ〟と会社は言っています。その恐怖をアブノーマリティのみだなんて、一言も言っていない。」

一番怖いのは人間の様な知的生命体ってそれ何時も言われてるよね(ジャイアントモアの歴史を見ながら)

ヒューッ!流石ヒーロー(ヒロイン)な魔法少女!いつでもどこでも駆けつける!(ストーカーレベルで)
(9行省略されています)

返信:宮野花 2019年08月22日(木) 00:07

スコープさんコメントありがとうございます!

【一番怖いのは人間の様な知的生命体って】

>モアボーンズ!モアボーンズ!(言ってみただけ)
そうなんですよなぁ。私はロシアの赤い森を思い出します。おそロシア(言った瞬間とてつもない後悔が私を襲う)


日本映画によくある、お化けより妖怪よりいちばん怖いのは生きてる人間ってね。
しかしアメリカでは大抵死んでるやつの方がやばい。
それなのに何故かSFでは上流階級のやつが怖い。

つまりヤバいやつはヤバいってことです(適当)


【(ストーカーレベルで)】

>仕方ない。魔法少女だもの(小並感)
愛と正義のストーカー。あっ違う魔法少女です。魔法少女。まぁほら可愛いからなんでも許されるんです。ただし美少女に限る。
ヤンデレストーカーとか大好物なんですけど、名ホラー作家のとあるお話しの不気田くんって話を読むと見た目の大切さがよく分かります。
鳥肌がまじでたつあの気持ち悪さ(褒めてる)。まじ天才よなぁ。
気になったらぜひ読んでみてください。無理にとは言わない鳥肌の用意だけしてください。

【ユリちゃんは機械相手だろうとアブノーマリティを堕とす辺り】

>いやー久々の人外感のある人外をかけて満足です。レティちゃんもアイちゃんも可愛すぎて人外感ないのだ物ね………。いやヘルパーちゃんも可愛くてまじ殺戮天使なのですが。


【…俺も引き寄せられちゃうようへへへへ(ナイフ持ちながら)】

>oh......。
つまりヤバいやつはヤバいってことですね……(確信)

でもそんなやばいスコープさんも好きよ(はぁと)
※そしておもむろにサバイバルナイフを取り出す※



追記返信


【これが殺し愛かぁ……!(納得)】

>だれが上手いこと言えと
>と言いつつも、私は笑顔で叫んだ。〝さぁ!愛し合いましょう!!〟

なんかライトノベルで似たような展開を見たことあるぞ……。デュ……ラララ?うっ、頭が……。


【ヤバイ奴はヤバイ、特に科学者系は】

>SCPですよね?

【一度ネジが逝くと】

>SCPですよね??

【つまりロボトミはヤバイ奴らの宝庫だったんだよ!】

>すみませんロボトミでした。
科学者という単語でSCPに繋げるあたりだいぶ汚染されてますね。大歓迎です。
ヤバいやつらの宝庫とか今更感もヤバい。だってあれやで?
効率的すぎてもはやアブノーマリティの美少女AIやら
会社信じなさすぎて命はってなんか企んでる教育係やら
異型解体に関わる先輩やら
天然人外フェロモンプンプンさせてる主人公がいるんやで?

そしてそれを生み出したヤバいやつが私です。そうです私が変な作者です。




皮裂きジャック  2019年08月19日(月) 17:36  61話 報告

短いスパンでの投稿ありがとうございます。御作品からは投稿の度に生きる気力を分けてもらっております。
いい感じに職場の人間関係がドロドロしてきましたねぇ。ていうか、逆に一番精神的に健全なのが静かなオーケストラというのが(まぁ彼も彼で結構ヤンデレてますが他の登場人物とくらべたら......)人外物として新鮮です。

返信:宮野花 2019年08月20日(火) 20:57

皮裂きジャックさんコメントありがとうございます!

【短いスパンでの投稿ありがとうございます。】

>コメントや評価などの栄養を頂いてるからです。おかげで元気ににやにやしながら書いてます。本当に感謝。

【御作品からは投稿の度に生きる気力を分けてもらっております。】

>こちらのセリフなんだが!?!?!?!
えっ本当にこちらのセリフなのですが。コメント貰う度に生きる力になってます。仕事してる時もるんるんしてます。仕事に集中しろよ。
本当にいつもありがとうございます。おかげでヘルパー回は結構ペース良く上げれそうです。間空いてたし、頑張る。


【いい感じに職場の人間関係がドロドロしてきましたねぇ。】

>それな案件
連載開始時にはこんなにドロドロする予定はなかったんですけど皆自由に動きすぎて若干作者が引いてるという。
書いたのは自分なんですけど、このキャラならこう言ってこう行動するだろうなと予想して書いてたら思わぬ方向にいくことが多いです。
少なくともアネッサさんとダニーは対立すること無かったんだけどね……。まぁ仕方ないですね。性格全然合わなそうですし。


【逆に一番精神的に健全なのが静かなオーケストラという】

>見てくださいあれが正妻の余裕というものです(ドヤ顔)
彼が健全でいられるのは余裕があるからかと。
オーケストラさんの正妻ポジは永遠に揺らぎません。ユリちゃんは永遠にオーケストラさんにデレデレしてます。もう結婚しない??

あれでもオーケストラさんを正妻とするとアイちゃん達が愛人ポジになるんだけど……。
当作は昼ドラだった……?(震え声)

【人外物として新鮮です。】

>恐らく作者の性癖が歪んでるから他の人とずれてしまうのですね……。
けっして「私って人と違うんですよぉー」アピールではなく、まじで性癖が歪んでるんです(必死)
そのせいで需要も供給も自分でやる必要があるんですね( ´ཫ` )
今は皆さんが読んでコメント頂けるから全然楽しいんですけど、最初のうちはどうしても誰もいない中ひたすら書いてたので正直寂しくて仕方なかったです。
結局行き着くは皆さんへの感謝ですね。とりあえず頼むからもっともっともっとLobotomyCorporation流行って……頼む……。



全話感想

猫嵐  2020年10月21日(水) 19:14  104話 報告

お帰りなさい!
原作知識がうろ覚えであることもあってか、多少違和感があろうと解釈の違いと得心して勝手に楽しんでいるので、また読めるのはとても嬉しいです……!

人外百合ライフで良いじゃないですか。業が深そうですね、何よりです。


コイコイさん  2020年10月01日(木) 20:44  104話 報告

急にアイちゃんのヤンデレ度が上がり変態度も上がりました。
あんなことするアイちゃんを見て百合ちゃんはどう思うのでしょうか
オーケストラさんやペスト医師さんはいつもかなり大人に行動してますが、この状況で何か行動しないのかな?
というか最近ヤンデレ度高すぎませんかね?いい加減にしてください。
(本音.いいぞもっとやれ)


ヒラミル  2020年10月01日(木) 00:41  104話 報告

守りたいものを守れなかった絶望ではなく、守りたいものを守る()為に戦う“絶望”の騎士は果たしてどれだけの強さを誇るのでしょうか?

そういえば憎しみの女王と他の魔法少女が戦闘した際特殊台詞があるらしいですね。
決して果たすことの出来ない過去の因縁って感じがして胸熱。


シェイネ  2020年10月01日(木) 00:33  104話 報告

ありがとうございます作者様!!(土下座)
念願のヤンデレVSヤンデレかつ、魔法少女VS魔法少女が見られて興奮しました!!

我が生涯に一辺の悔い......あったわ、まだこの戦い終わるまで死ねんわ。
......というかこれ、どっちが勝ってもユリちゃんには絶望しかないのでは?

.......戦ってる間に漁夫の利で俺がユリさん貰ってくわ、じゃあの(*・ω・)ノ


ということで更新お疲れ様です!! こっちは色々ありましたけど、元気にやってます‼️(腰と肩が凝ってるけど)
次の投稿もじっくりゆっくり、待ってますので。それでは!!


えのき茸  2020年10月01日(木) 00:25  104話 報告

人間というものは歪んでいくのさ、変化を嫌うあまり周りから隔絶した水はいつしか濁る、なぜなら人は生まれながらにして個としては不完全だから。濁った水をいくら守ったところで淀みが薄れることはなく腐っていく。

やっぱり、憎しみの女王も狂ってるか、まあアブノーマリティとは狂気的なほどに突き詰めた概念が具現化している様なところあるしな。
相手が自分に最も好意を抱かせるにはどうすればいいかという問題の答えの一つ、相手を追い込んで自分に依存させる、もしくは相手を危機に陥らせそうしたことを悟らさずに助ける、+を渡すより-を取り除いた方が相手はありがたい時もあるのかも。

ちょっとー、ロボトミー社の収容室の管理ガバガバすぎんよー。
メルヘンの塊みたいな魔法少女が魔法少女に対して夢見な頭って言うの少しシュール。

独善的な愛だ、ここはやはり親の様に見守ってくれるオーケストラさんに頼むしかあるまいて。


コイコイさん  2020年09月13日(日) 23:17  103話 報告

ガチヤンデレはアイちゃん以来ですね。(アイやエミに限らず魔法少女はヤンデレがかなり多い)
それはそれとしてやっぱりオーケストラさんは優しいなぁ。
オーケストラさんの愛は怖くないんですよね。

というかこの会社百合ちゃんなしで管理できるの?


ノー脱走、ノーライフ  2020年09月13日(日) 12:44  102話 報告

元々私はロボトミを知らずに入った身です。あなたの小説に、これに出会えたからこそ、本家ロボトミに興味を持った。ここに一人、あなたの小説に引き込まれた人がいるじゃないか。人を引き込める人が未熟であるはずがないんだ。だから、あなたは未熟なんかじゃない。

ライブラリの設定?そんな後付けの設定なんか鼻で笑ってやればいい。あなたはあなたの世界を、宮野花の世界(ロボトミ)を書いて欲しい。私はそれが大好きなんだ。

あなたの小説は間違いなくロボトミ2次創作で傑作と言えるものだろう。私はそう思う。こんなにも面白いものを書いてるんだと胸を張れ!!自信を持て!!私はあなたに付いて行くさ!!

……でも毎話の感想は難しいので勘弁してっちょ。


黒白の暗殺者  2020年09月13日(日) 12:40  102話 報告

あまり気にしすぎなくても大丈夫ですよ。
原作にだって、矛盾なんて探せばいくらでも出てきますからね。それに私もライブラリは実は買ってすらいなかったりします……。
いっそ、分けて考えてみてはどうでしょう?世界観は同じですけど、ライブラリとロボトミはまた別の代物。つまり平行世界みたいなものだと。じゃないと頭が混乱してしまいますからね。
いつの間にかこの小説もロボトミ小説の中だと古参になってきてますし、まともに続いてる珍しい小説でもありますね。コメントの人たちも最初に比べれば増えてきましたね。最初はコメント書いてる名前が偏ってたりしたんですけどねぇ……。

(7行省略されています)

返信:宮野花 2020年09月13日(日) 09:44

黒白の暗殺者さんコメントありがとうございます!

優しい言葉をありがとうございます。
ここまで読んで頂いてて、更にこんな言葉をいただけるなんて感謝しかない。
そうですね、最初の頃はコメントいただける方は限られていたし、でもその頃もとても楽しかったし嬉しかったです。
多分今回のは、私に問題が大きかったと思います。
私事ですが、言い方が悪いですけど「本家の関係性に外れることが地雷」なんです。捏造は大丈夫なんです。無いものを想像で作るには。
でもオリジナル……本家とそれていることを取り入れるのがめちゃくちゃ苦手で。
公式カップルいたら絶対そこに入れない。そんなやつなんです。できても成り代わりかな。
だから今回のように段々新しい設定が組み込まれていくのは心にきました。

頭がいっぱいになると投げ出したくなるくせがあるので、そのパターンです。
でも消さなかったのは、踏みとどまったのはここにいる皆さんのおかげ。勿体なく思ってしまいました。
小説を書くのが好きで、こんな評価いただけたのは奇跡で。
あー、上手くまとまらないですね。すみません。

頑張ります。頑張りたい。ロボトミーコーポレーションも、みなさんも大好きだから。
あ、だからといって無理に読まないでくださいね!!もし黒白の暗殺者さんが、この小説を読まなくなったとして。
こうやって会えたことに本当に感謝してます。大好きです。


Xはリセットされたのかな。自分でも実はちょっと分かってません。
書いてくうちに、アンジェラならこうしてるって見えてくるのでちょっとそれまでお待ちを。でも私も思った。これちょっとリセットしてそうですよね。

今度は、Aが動きやすくなるような人格に。



感想を書く
非ログイン時のみ、名前と投稿キーを入力してください
名前  2~20文字
「名前#任意の文字列」と入力すると、「名前◆暗号化された文字列」と表示されます
投稿キー  投稿キー を入力してください)
内容 対象話:

0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。