世の中に たえて光のなかりせば 藤の心はのどけからまし
作者:ひょっとこ斎


▼感想を書く  ※この作品はログインせずに感想を書くことが出来ます

ライム ID:PS./A9vA  2017年12月11日(月) 23:53 (Good:0Bad:0) 報告

塔矢行洋とSAIが全力を出し合って碁をやったら、そのあとに行洋もあかりと碁を打てるのかな
いいハンディになりそうにも思える
行洋とSaiが碁をやると相当の熱戦になるようね
また、そのあとに行洋があかりとやるとなるとすごい悪目立ちにもなる
その後の影響が楽しみでもあり、怖くもある
だって、佐為、ヒカル、あかりの碁ってかなり似ていますよね
連続して、碁をやったらすぐに関係を疑われるよ

返信:ひょっとこ斎 2017年12月12日(火) 01:01

いつもありがとうございます!

あかりと塔矢行洋の対局を約束しつつ、暗黙の了解で午前中からの時間を「あかりが打って欲しいと思う相手」に使うという意図です。
おっしゃる通り、相当の熱戦になりますし、その後にあかりと打つのは色々と差し障りがありますね。
名前が直接的じゃないので、塔矢アキラや緒方先生等の一部を除いてあかりだと気付かないけど、気付く人がちょっと厄介すぎて手に負えませんね!

あかりと対局する前に、偶然何らかの用事が入って、あかりと対局するのは日を改めるかもしれませんね!
あかりとは研究会で時々指導碁をしていますし、佐為と打った時点で、思うところは出てくるでしょうね。


morisio  2017年12月11日(月) 21:46 (Good:1Bad:0) 報告

院生仲間中心の若手研究会
原作では確か和谷君が合格して一人暮らしを始めた部屋でやってましたっけ?
この世界だとどこでやるのか悩みどころですね
あと研究会ネタだと自分は真っ先に将棋の島研が思い浮かびます
当時24歳の島朗六段が奨励会三段の森内、二段の佐藤康光を誘い、すぐ後に羽生さんも参加し
全員が竜王のタイトル保持者になり、かつ3人が永世称号持ちになった伝説の研究会
この世界のヒカルたちがやる研究会がそんな風になればいいですね

返信:ひょっとこ斎 2017年12月11日(月) 23:31

いつもありがとうございます!

そうですね、和谷くんが一人暮らし(部屋借りただけ)の場所で、研究会をやってますね。
あの研究会は、和谷繋がりで集めた人なので中山さんとかもいましたが、あかり繋がりで集めるので、メンバーは変動しますね。

おっしゃる通り島研に近い斬新さがありそうですね。
(あまり詳しくないので、しったかぶりな物言いになってしまっていたらすみません)

特にあかりは、少しだけ未来の出来事を知っているので、色々と世間に先んじて動けるかもしれません。
例えば、この時点ではネット碁は遊ぶだけのものですが、近い将来ネット棋戦のようなものが出てくる前提で、ネット碁に慣れさせたりですとか。
実際そうですが、顔が見える対局と、顔が見えない対局、やってみると違いというものがありますからね。

研究会メンバーの底上げはもちろん、参加して楽しいと思える環境だと思える描写、頑張ります!


鳩と飲むコーラ  2017年12月11日(月) 21:24 (Good:4Bad:0) 報告

元院生同士の勉強会…何年か後にはすごい大きな派閥になっていそうな予感。
あかりのコミュ力のおかげかもですが、自分のため、ヒカルのためにしていることが巡り巡ってみんな幸せになっている感じがしてすごくいいです。
やっぱり自分を幸せに出来る人が周りもよくできるんだ…
千年の答えの中に、あかりの行動が何かしら影響を与えてくれているといいなぁ…

返信:ひょっとこ斎 2017年12月11日(月) 23:18

いつもありがとうございます!

そうですね、かなり大きな研究会になりそうな予感です。
師匠がいる人はともかく、何人か師匠がいない子もいますし。
少なくとも、塔矢アキラを除いて、前年までの合格者とは一線を画したグループになりそうです。
佐為も含めて、みんな幸せになって欲しいです。
というか、ご都合主義ですが、そのための二次創作だと思ってます!
もちろんそれだけが二次創作じゃないですが、この作品では、そういう方向性で良いかなぁーと思ってます。はい。
一部、元々の原作より厳しい立場になってしまう子がいるのが心苦しいところですが、篠田先生のおっしゃった「回り道も悪くない」という言葉で自分を誤魔化しながら書いてます!

千年の答え、解釈が難しいなと思ってます。
佐為の実力、塔矢行洋の実力、ヒカルの実力。それぞれが関係していて、佐為が「私の役目が終わった」と思ったから、成仏に近づいたという解釈で考えれば。
あかりの存在も含めて、そのあたりに違いがあると、変化があるのかどうか。

書きすぎるとネタバレ感が凄いので、深く書けませんが、お楽しみいただけるよう、頑張って書きたいと思いますので、ぜひ今後もお読みくださいますと嬉しいです!
ただ、ちょっと時間がかかっている点は、ごめんなさい。なるべくはやく投稿できるよう、そういう意味でも頑張ります!


パウル  2017年12月11日(月) 20:56 (Good:1Bad:0) 報告

ああ、勉強会って囲碁のですか。
高校に話のすぐ後だったため、学校の勉強かと思いました。
和谷の成績は悪そうな気がするし。

あかりとヒカルは学校で表彰されたりするのかな。

返信:ひょっとこ斎 2017年12月11日(月) 23:00

いつもありがとうございます!

そうですね、囲碁です。
囲碁の勉強会としか考えておらず、説明不足で失礼いたしました。
あとで、こっそり追加しておきます! ありがとうございます!

和谷くん、あまり学校の勉強ができる感じがしないですよね。
頭は良いと思いますが、嫌なことにはあまり触れないというか。
だから、行けるところでいいやという感じで、学校の偏差値とかは全然気にせず、行けるところに行く気がします!

あかりとヒカルに関しては、原作でヒカルが表彰されたような描写はなかったので、やらないつもりです。
学校での活動ではない(部活動ではなく、ボランティアや人命救助のようなものとも違う)ため、多分公立中学の葉瀬中は、売名の意味もあまりなく、さらっと流しそうかなと。


age ID:qzZgL9Ho  2017年12月11日(月) 15:54 (Good:1Bad:0) 報告

原作で言うところの終わりの始まりですな
佐為の心境があかりちゃん視点だとほとんど全く見えないのでやきもきしますぞ

返信:ひょっとこ斎 2017年12月11日(月) 22:56

ご感想ありがとうございます!

おっしゃる通りの、終わりの始まりとなるかどうか、ですね。
本当に、佐為の心境が分からず、佐為に内緒であかりがヒカルに相談できない状況なので、ちょっと見えなすぎるところが問題点だと思ってます。
一応、こうしようと思う点はあるので、時期を見計らって書いていきたいと思っています!


mujina  2017年12月11日(月) 14:39 (Good:7Bad:0) 報告

更新お疲れ様です。

この世界の碁界を取り巻くマスコミ予想。
たぶんこっちの世界の藤井四段フィーバーみたいなのが起きている状況。
専門誌だと連勝記録の塔矢アキラくんの棋戦を振り返っての特集が組まれていそう。

そうなると半目差だったあかりちゃんとの若獅子戦が大きく取り上げられている可能性大。ついでにプロ試験合格者である進藤戦もクローズアップされる可能性もある。
そのあかりちゃんが全勝でプロ試験に合格。
おまけに2位、3位決定戦が3敗同士のプレーオフ。
たぶん普段なら3敗は首席合格でもおかしくない好成績で、4敗や5敗組を含めた上位陣が別次元状態だったことが伺える。
おまけにその上位陣に元学生3冠の門脇が混ざっているのも高レベルなプロ試験だったことの説明材料が多い。

なんていうか将棋の羽生世代前後の3段リーグを彷彿させますね。
(羽生、森内、佐藤、村山聖、丸山、郷田、藤井、先崎がタイトルホルダー級のトップ棋士になりました)

話を戻して、おまけに3位合格の奈瀬さんはわりと高いレベルの美人で、あかりちゃんがかわいい系。
進藤くんも倉田6段の再来というマスコミ受けしそうなエピソードあり。

ふつうに世間的に盛り上がってそうな予感がします。

返信:ひょっとこ斎 2017年12月11日(月) 22:43

いつもありがとうございます!

おっしゃる通り、囲碁界の人はワクワクしていると思います。
藤井四段のフィーバーは、ちょっと凄すぎましたので、そこまでではないと思いますが……。
でも、ああいう明るい話題で盛り上がるのは、ご本人は大変だと思いますし、騒ぎすぎな気はしましたが、良いことなんだろうと思います。

塔矢先生と座間王座の王座戦第一戦で、塔矢アキラが20連勝とおっしゃってます。
王座戦なので、だいたい10月頃。
そして、同時期(10~12月頃)にやってる名人戦一次予選で、塔矢アキラが倉田さんに負けているので、おそらく20~25連勝というところでしょう。
明らかに、塔矢アキラ特集は組まれてますね。

今年のプロ試験突破者として、ヒカルとあかり、奈瀬さんが載るのは当然ですが、普段より大きめの枠を取ると思います!
天野さんは派手好きですし、塔矢アキラに続く新しい波として期待しているはずです。

おっしゃる通り、凄まじくレベルの高いプロ試験になりました。
元々原作でもレベルが高かったですが、門脇さんとあかり、奈瀬さんの強化で一層厳しくなってましたね。
本当に、将棋で例えるとその世代に近い潜在能力はありそうです。
というか、塔矢アキラとヒカルでタイトル争いは間違いないでしょうし、残りのメンバーも後々タイトル争いに加わってもおかしくない実力はつけそうですし。

恐らく、来年(あかりが中3の年度)には北斗杯も影響して、囲碁関連だけじゃなく、それこそ一般誌やテレビなんかでも大きく取り上げられる可能性が高そうです!

ヒカルの碁の世界には佐為がいるので、そっちでも色々と大変そうではありますが……。

合格者3名に関しては、本当にその通りで、それぞれ華があるというか、話題性を持たせられますね。ヒカルに関しては倉田さんを彷彿とさせるエピソードというだけで本人が何かをやったわけではないので、実際に結果を少しは残さないと、前面に出てこないと思いますが。


世間の盛り上がりに関しては、あかり視点でも上手く碁会所やイベントを通じてある程度表現していきたいと思います!


たかお  2017年12月11日(月) 12:16 (Good:1Bad:0) 報告

やわじゃなくてわやww
あかりちゃんセンスある(´・ω・`)

返信:ひょっとこ斎 2017年12月11日(月) 13:01

いつもありがとうございます!

和谷くんそっくりの楽平に、和谷くんに効く腹痛の薬を渡す伊角さんには負ける気がします!
でも、わやってお名前、あまり聞かないですが、響きは可愛いですよね。


mugisnow  2017年12月11日(月) 11:37 (Good:2Bad:1) 報告

原作知ってると、あかりが佐為が消えるように頑張ってるように見えて怖い( ゚д゚ )

返信:ひょっとこ斎 2017年12月11日(月) 12:14

ご感想ありがとうございます!

おっしゃる通り、怖い行動になっちゃってます。
幽霊が成仏する理由は満足か不満だと考えて、逆行前のヒカルの様子から推測して、もっと打たせてあげようという結果に。
消えた理由が、ヒカルへの橋渡し役とは思っていないですね。

原作を相当踏襲していますが、プロ試験の結果が変わったように、佐為の今後についても、あからさまな矛盾が出ないように自分なりに気を付けつつ頑張ります!


エンゼルス大谷 ID:ijnjfJC2  2017年12月11日(月) 00:34 (Good:1Bad:0) 報告

いつも、楽しく読ませてもらってます。
あかりが主人公のヒカルの碁のSSは初めて読みました。

幼馴染もの好きとしてはヒカルの碁のあかりとヒカルのSSは胸がキュンキュンしてたまりません。
20数年片思いしてて、いきなり出てきた泥棒猫にヒカルを獲られたら、そりゃ逆行ぐらいしますよね。

これから、プロ編になってあかりがヒカルを攻略しつつ、奈瀬と2人で囲碁界のアイドルとしてのし上がっていくのを楽しみにしております。

年末ですので、お体にお気をつけて。

返信:ひょっとこ斎 2017年12月11日(月) 07:55

ご感想ありがとうございます!

おっしゃる通り、あかりそのものが主人公のは、あまり多くないなと思って書き始めました。
原作の時から、ヒカルとあかりは、もうちょっと進展して欲しかったなと思ってました。
あかりが逆行してやり直すメリットを考えると、やっぱりヒカル絡みしかないかと思った次第です。

これから新初段シリーズを挟んで、プロとしてやっていきます。
投稿頻度が若干落ちちゃってますが、なるべくペースを安定させつつ頑張ります。

ご配慮ありがとうございます。
年末、お互いに気を付けて過ごしましょう!


Elbow  2017年12月04日(月) 02:25 (Good:5Bad:0) 報告

一般枠で同時に二人も女性プロが誕生したらsaiの噂が霞むぐらいニュースになりそうね。

返信:ひょっとこ斎 2017年12月04日(月) 20:50

ご感想ありがとうございます!

そうですね、、話題性は抜群なので、週刊碁とかを読む人には大ニュースですね!
そこそこ以上に勝てば、一般のニュースにもなったりするかもしれませんね。

原作でそうだったように、あるかどうか不明なので、女流採用枠については気にしないものと考えてます。
ないとすれば女流本因坊ですとか、女流の大会が成り立つのか疑問でもありますが、そこは目を背ける感じで……。




感想を書く
非ログイン時のみ、名前と投稿キーを入力してください
名前  2~20文字
「名前#任意の文字列」と入力すると、「名前◆暗号化された文字列」と表示されます
投稿キー  投稿キー を入力してください)
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。