魔法少女リリカルなのはVivid ―守れない人が守りたい人―
作者:イデアル


▼感想を書く

リア10爆発46  2017年11月21日(火) 20:49 (Good:0Bad:0) 報告

A…頭に来た
S…始末しよう
ゲージとみた。
お疲れ様です。
こいつは一体何人落とすんだ…。


フェイト@アカツキ  2017年11月21日(火) 18:47 (Good:0Bad:0) 報告

A・Sゲージ…?
アインハルトのゲージのことなら
E・Sだしな…
一体何なんだ…

返信:イデアル 2017年11月21日(火) 21:23

それは100%に至ったところで明かされます。

エーリヒ「あとがき欄のことなのになんで本編より気になるんだ……」


リア10爆発46  2017年11月20日(月) 19:44 (Good:0Bad:0) 報告

お疲れ様です。
ロリコンの語源は「ロリータ」という小説です。
もう少し掘り下げると、ウラジミール・ナボコフというイタリアの作家の小説に出てくる少女の愛称(本名:ドロレス・ヘイズ)のことです。
主人公はその少女に愛の告白をするも拒否されてしまい、それが原因で人を殺して獄中で死ぬ、といった話です。
この小説が元となって、それから「ロリコン」なる言葉が登場したようです。

実際ロリをどの辺までとするかですが、小説ではあくまで「愛称」なのでロリータとは個人を指し示すものです。よって「ロリータ」に年齢が関係しているとは言い切れません。
現在はどちらかと言えば身長で判断している節がありますね。年齢云々言い出すと某スカーレットデビルとか悪魔の妹とか兎詐欺とか辺りが(この先は血で読めない


ただのファンだよ。  2017年11月20日(月) 00:32 (Good:1Bad:0) 報告

よし。
なら早速覇王の血族を作り始めるんだ。細かく言うと───この先には何も書かれていない。


リア10爆発46  2017年11月19日(日) 19:54 (Good:0Bad:0) 報告

お疲れ様です。
忠犬ザッフィーが居ない、訴訟。
この女誑し、はたしてどこまで誑しこめば気がすむので…無意識だから気がすむってことは無いか。
いつか刺されそう。


リア10爆発46  2017年11月12日(日) 06:46 (Good:1Bad:0) 報告

お疲れ様です。
今回はこれだけ。

ポッキーゲームやれよ!


リア10爆発46  2017年11月11日(土) 20:32 (Good:0Bad:0) 報告

お疲れ様です。
エーリヒ・クロムハーツ。貴様はロリコンとして破ってはいけないものを破ってしまった。
YESロリータNOタッチ!しかも初対面相手に!
…真面目な話、初対面の人間に頭を撫でられるとか激怒されても通報されてもおかしくないので。やったね!犯罪者と同レベルだよ!


リア10爆発46  2017年11月08日(水) 20:16 (Good:2Bad:0) 報告

お疲れ様です。

「呪い」これを「のろい」と読むか「まじない」と読むかは人それぞれです。
負の意識があれば「のろい」となり正の意識があれば「まじない」となる。彼は「のろい」を「まじない」に出来るのか。

力には相応の責任と意志が問われます。
が、力と意志の強さは必ずしも比例しません。
力に、というより勝負に意志の強さが関わるのは、実力が拮抗している時くらいです。
「意志が弱いけど勝ってしまった、それが申し訳ない」?
ふざけるな、勝った者がそのような態度を取るのならば、じゃあそんな者に負けた者たちはどうなるんだ。正々堂々戦って勝ったのに申し訳ないなどと抜かすのは、敗者に対する最大限の侮辱だ。
似たような理由で「気持ちが強かったから勝てた」も嫌いですね。
「気持ちの強さで勝負が決まるって言っちまったら、じゃあ負けた方の気持ちがショボかったのかって話になるだろ」-ワールドトリガー 太刀川慶
正にこれに尽きますね。

返信:イデアル 2017年11月08日(水) 21:47

ご意見ご感想ありがとうございます。
『気持ちの強さで勝負が決まるって言っちまったら、じゃあ負けた方の気持ちがショボかったのかって話になるだろ』と言うセリフを提示していただきましたが、私は正直、気持ちで勝負が決まることは、二次元の世界でよくあることと思います。
ラスボスに追い詰められ、仲間の言葉を支えに立ち上がり、最強の力を手にする主人公……特撮、ヒーローものみたいな。
ライバルとの戦いの最中、仲間の応援が主人公の体を突き動かし、勝利する……ブリーチの織姫の叫び声に目覚める一護や、蘭の叫び声で立ち上がるコナンみたいな。
これは本人の気持ちの力そのものではないでしょうか?
『世界を滅ぼす』と言う超大きな想い・野望が、『仲間を守る』って言う身近でちっぽけなものに負けるんです。
ならば、やはり気持ちの強さが勝敗を分けることは、二次元の常識と思います。
エーリヒ自身、勝負に気持ちは大事だと考える立場で、しかし気持ちが大事だと考えるくせに本人は大した思いも抱かずに勝利しています。
それこそ、この物語のスタート直後から、彼には戦う理由がないと発言しているのに、未だ敗北していません。
だけどそれは彼が『勝利』を得るために手段を選ばないでいたからです。
綺麗な戦い、自分が誇れる戦いを選ばず、ただ『勝つための戦い』をし続けている。
そんな自分が大会で優勝したことを、時間が経つにつれて後悔になっているのです。
アインハルト達にはそうなって欲しくないから、その当時の想いを包み隠さず話した……と言うわけです。
または、そうやって世界に誇れる勝者でありながらも、最愛の人を救えない自分に対して、自信を持てないからなのか。


遊華凛  2017年11月08日(水) 01:13 (Good:1Bad:0) 報告

>※アインハルトに入れ知恵をしているヤンデレ少女は登場しません。

なん...だとッ!?

返信:イデアル 2017年11月08日(水) 01:22

見たかった……だとッ!?


岬サナ  2017年11月07日(火) 22:06 (Good:0Bad:0) 報告

何でもか、つまりは、結婚してください!も有りって事だよな。

………大戦争が起こりそう(;^ω^)

更新頑張ってください(`・ω・´)ゞ




感想を書く
ログイン状態でのみ感想の投稿が可能です
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。