DIGIMON STORY デジモンに成った人間の物語
作者:紅卵 由己

▼感想を書く  ※この作品はログインせずに感想を書くことが出来ます

感想

へりこにあん  2014年11月16日(日) 20:35 (Good:1Bad:0) 報告

久しぶりのかの人登場。ベルゼブモンの人という印象が強い、彼の周りにも何やら曲者がいるようで。

デジタルワールドでもリアルワールドでもない空間に、人間をやめてみるかという言葉の真意。

次回も楽しみに待ってます。

返信:紅卵 由己 2014年12月12日(金) 20:36

感想ありがとうございます。

ええ、実に一年ぶり!!(更新の遅さが原因か)な登場となり、フルネームも公開された雑賀くんの登場です。

ベルゼブモンの人(直球)。そりゃあ確かにカードで持ってますが、予想外な印象を受けていた模様……まぁ、ぶっちゃけ雑賀は『まだ』マトモなキャラで、他のキャラはガンガン個性出しまくりにするつもりです。

デジタルワールドでもリアルワールドでもない空間。これがこの作品の鍵となるキーワードの一つです。

では、次回もお楽しみに。


全話感想

行方不明  2018年08月31日(金) 15:08 (Good:0Bad:0) 報告

お久しぶりです。この間の更新を機に、溜まっていた分を一気に読ませていただきました。

この数話がすべてこのためにあったって感じがして良かったです!
誰も彼もが自分の望む方向に歩いて行くのに外的要因でズレてしまって、それでも最後は強引にズレを直していく――って感じがしました。
まぁ、全員が全員そのズレを修正できている訳ではないですし、まだ完全修正が出来ている訳でもないでしょうし、続きが気になりますね!

自分は頭が良くないので自作の小説では割と真っ向勝負が多いのですが、紅卵由己さんの小説では割と工夫と工夫のぶつけ合いがあって、なかなかに見ていて楽しいですし勉強になります!

また次回以降も楽しみにしているので、頑張ってください!


THIS  2018年08月30日(木) 06:37 (Good:0Bad:0) 報告

うう、ようやくかけます。相手の読みあいに関する描写が特にいいです。

 緊迫感が感じて。

 書き方、色々と研究しているなと思いました。


 マイナー、または敵役で多い、メガシードラモンをあのように使う点もいいです。



 後で詳しくといった割には少なくなって申し訳ないですが、こちらもがんばりたいです。


THIS  2018年08月27日(月) 21:43 (Good:0Bad:0) 報告

いや、格好いい。またあとで感想の続き書きます。

返信:紅卵 由己 2018年08月29日(水) 21:26

お、お久しぶりですね。拝読感謝です!! 感想に対する感謝の方は、その『続き』が来てからにします。


へりこにあん  2018年04月21日(土) 22:46 (Good:0Bad:0) 報告

すごい熱量を感じる……色々と色々と刺さっていることが多すぎてなかなかどうしてまとまりませんが、みんな熱を感じるし、これで逆転なるのか、救われるのか、救われて欲しいという感じで次回が楽しみです。

返信:紅卵 由己 2018年08月27日(月) 07:13

感想ありがとうございます!!(返信が遅すぎる)
とにかく熱く、とにかく詰め込んでみました。まぁこの詰め込み具合の所為で物語がロクに進んでくれないのは自分自身反省しなければならないのかもしれませんが……一人ひとりのキャラに魅力を付与するにはやっぱり量が無いと自分には難しいです。
刺さっていること……というのが何のことかは存じ上げませんが、いよいよもって彼等の戦闘スタートです。
次回もお楽しみに!!(もうじき更新します)


へりこにあん  2018年03月13日(火) 23:09 (Good:0Bad:0) 報告

これはまたかなり厚い展開になってきたわけですが、一体この作品には何人主人公がいるんだかわからなくなりそうなぐらいみんな熱いです。

呪いの設定もなるほど図鑑にないならば解釈次第で自由になるという設定にしてしまうとは……

向こうの様子が今回は出てきませんでしたし気になる話もいくつか出てきて、次回も楽しみです。

返信:紅卵 由己 2018年04月19日(木) 20:54

感想ありがとうございます!!
厚いし熱い展開になりつつあります。もっと文章を減らすべきかもしれないと思う一方で結局必要な説明とか心理描写とか動きとか加えようとすると増えてしまうジレンマ。
少なくとも現実世界が舞台の第二章は群活劇的な色も含んでいるつもりなので、電脳力者の設定も含めて大体のキャラが主人公になりえる可能性を秘めてます。尤も、秘めているだけであくまでも二章で主に視点を当てているのは牙絡雑賀・縁芽兄妹・司弩蒼矢となっているのですが。あるいは、第二章の『外伝』という扱いで色々なキャラのショートストーリーを書いてみるのも良いかもしれません。

複雑な魔法陣とかよりはずっと単純な理屈の超常なので、『呪い』は色々と扱いやすい設定だと自分でも思ってますね。『解釈』ってのは情報を取り扱う上で本当に重要な要素ですし。

次の話はご期待通り(?)『向こう』の話です。では、次回もお楽しみに!!


へりこにあん  2018年01月13日(土) 23:11 (Good:0Bad:0) 報告

なんという事か……覚醒して戦っても全然届かず足りなくて、どちらもシンプルに力が足りないという理由があまりにも残酷……

何とか救われて欲しいですが果たしてどうなるのでしょう……

返信:紅卵 由己 2018年03月07日(水) 23:02

 感想ありがとうございます!!
 残念ながら……流石に成熟期相当の力じゃ完全体クラスのあの野朗には相性の面を考慮しても無理ゲーなのです。究極体のほうは多少なりトークが通用する相手だったものの、結果として状況はさらに悪化する始末。
 彼等の救いの在処は……いかに。
 そろそろ更新します。


へりこにあん  2017年07月10日(月) 07:53 (Good:0Bad:0) 報告

これは絶望的な状況ですね……というかお兄ちゃんは外で遊んでいる場合ではないでしょう……いっそ無視して進まないと妹が危ないぞお兄ちゃん。

あの完全体は無印にも出て来たデジモンですかね。それにしても正しい形とは一体……次回も楽しみに待たせて頂きます。

返信:紅卵 由己 2018年01月10日(水) 23:00

 感想ありがとうございます!! 超絶空前絶後に遅れての返信となり、本ッ当にすいません!!
 新年のご挨拶は別の場所で行うとして……はい、割と真面目に絶望的な状況です。
 羽六兎門さんの仰る通り、本当ならあの魔王兄貴は雑賀を相手に遊んでる場合じゃないのですが……では、どうして『そうした』のか? 案外、大した理由ではないのかもしれませんが。

 はい、無印にも登場したあのデジモンの電脳力者です。ぶっちゃけ言ってマジでヤベーやつです。
 では、もうそろそろ久々にして今年初の更新をさせてもらおうと思います。


へりこにあん  2017年03月24日(金) 00:14 (Good:0Bad:0) 報告

まさかここでいきなりその正体が明らかになってしまうとは……正体というべきではないのかもしませんが。ほんの少し前の時間の話に対してリア充が死んだとか言ってたのが懐かしいぐらいです……もはやリア充ではないですが何とか生きてほしいですね……

返信:紅卵 由己 2017年06月30日(金) 07:01

返信および更新が遅れて、毎度すいません。
感想ありがとうございます!! まぁ、正確には正体と言えるものではないかもしれないというのは、間違って無いです。司弩蒼矢という人間が『あれ』を宿しているからといって、『本人』であるとはまず言えないわけですしね。
いやほんと、リア充時代は短かったですね……(白目)。
この『第二章』の結末がどうなるのか、司弩蒼矢やそれ以外の人物がどうなるのか……次回もお楽しみに。


しろねぎ  2017年03月18日(土) 21:44 (Good:0Bad:0) 報告

デジモンリンクスで懐かしい気持ちになりデジモンの小説を探してたら、この作品が目につきました。まだ序盤しか見てませんが、ストーリーの構成は中々良いですね。読みやすいです。

しかし今アプモンを見ている子供達に初代デジモンアドベンチャーを見せたらどうなるのやら。

返信:紅卵 由己 2017年03月19日(日) 17:27

感想ありがとうございます!! 

あ、あの正直言って手直し不可避じゃねーのと思わんばかりの序盤の構成が良い、だと……!? 恐縮です……。

うーん、案外大した反応を見せないのかも。そりゃあアプモンと比較しても生物的な描写が多いのは間違いないんですけど、世代の違いというか何というか……アプモンを見ている子は同時にデジモンの事も大体知ってる可能性もありますしね(タイトル的に)。



感想を書く
非ログイン時のみ、名前と投稿キーを入力してください
名前  2~20文字
「名前#任意の文字列」と入力すると、「名前◆暗号化された文字列」と表示されます
投稿キー  投稿キー を入力してください)
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。

※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。