巨影都市オブ・ジ・エンド
作者:銀色の怪獣

▼感想を書く  ※この作品はログインせずに感想を書くことが出来ます

感想

eba ID:ropDCTls  2018年02月17日(土) 10:47 (Good:0Bad:0) 13話 報告

ブースカですか円谷怪獣ではピグモンとカネゴンにならぶマスコット怪獣として扱われています。月刊HEROSでは『快獣ブースカ』の70年後の世界を舞台にした漫画がありましたね。
ウルトラマンダイナ帰ってきたハネジローでブースカとカモスケがゲスト出演していました。当時この光景をビデオで見たときブースカてリメイクされてたのと驚きました。

返信:銀色の怪獣 2018年02月17日(土) 11:11

感想、ありがとうございます!!

今回はマスコットのブースカ登場でした。ですが、何故か最近ブースカが公の場とかで円谷に扱われている場面が少ない気がします。正直あのトラウマの申し子カネゴンや、某ガラモンにしか見えないピグモンよりももっと親しみが持てるキャラだろうに、残念でなりません。

ありましたねブースカの漫画・・・美少女化じゃないだけマシですが、あえてのイケメン化は・・・どっちもどっちで何か嫌でした。

件のOVAにあの二体が出たのは驚きましたが、まさかダイナとブースカの世界観が繋がっているのはなおさら驚きました。というか、ダイナもブースカも同じ役者さんがたくさん出てるから変ではないですが・・・一種のファンサービスでしょうね。

ブースカのリメイク番組『ブースカ!ブースカ!!』というのがありまして、当時小学校低学年だった僕は毎週見てましたね。で、そんなブースカは何故かテレビ東京で、当時のウルトラマンはテレビ朝日という謎の放送が別の局。でも、今ならウルトラシリーズもテレ東ですから、今一度ブースカやって欲しいですね。


余談を多く書きすぎてしまいましたが、では次回もお楽しみに!!


eba ID:i2NZl4sQ  2018年02月06日(火) 15:42 (Good:0Bad:0) 13話 報告

昨日読み始めたばかりでEXエレキングまで読みました。
まさしく怪獣“災害”をリアリティにびょうしゃしていて脱帽しました。
バルゴンはガンダムの漫画で有名な近藤和久の漫画で平成ガメラシリーズの世界観で「2(レギオン)」と「3(イリス)」の間の時系列で「大怪獣激闘ガメラ対バルゴン」という作品が存在し、そこではバルゴンはギャオスとガメラ同様超古代文明の産物と設定されています。
ナメクジ怪獣ジレンマはウルトラQのナメゴンと同じモチーフでも脚の造形が結構違い見事な差別化がされている。
10年くらい前ビデオで見た『ウルトラマンタロウ』のジレンマの回にて東光太郎の下宿先の白鳥家の飼い犬ポチ(ライブキングの時光太郎とともに飲み込まれたが生還した)がジレンマに殺されてしまい、ウルトラマンタロウがジレンマを最終的に倒します。話のラストでは新しい犬がポチを襲名するというものでペットブームに対する皮肉かと感じられました。
EXエレキングはファイティングエヴォリューションシリーズに登場した改造怪獣でEXゴモラやEXレッドキングそしてEXタイラントとともにアーケード版大怪獣バトルにも参戦しましたがタイラントとともに着ぐるみが作られておらず実写作品には全く登場していません。
EX化したエレキングとタイラントの着ぐるみが作られて映像作品に出てほしいと思いました。(前者は手足がないから動かしずらい、後者はドドンゴのような後ろ足が存在する)

返信:銀色の怪獣 2018年02月07日(水) 14:26

どうもです! いつも『交わる世界~』でお世話になっておりますが、こちらも目を通して頂けているとは・・・ありがとうございます!!

そのように、脱帽とまで言って頂けて嬉しい限りです。これから先もあちらとも会わせて頑張って投稿しますので、どうぞよろしくお願いします。

バルゴンの新個体、ネオバルゴンの漫画はなぜか持ってます。あの不思議な、独特な世界観と設定は魅力的です。本家でも出して欲しかった・・・だから、こちらでも出します。どうなるかはお楽しみに。

なめくじ、アイツは・・・本編とかはメチャクチャですが、あのタロウにしてはメッセージが、eba様の言うようにペットブームに関するメッセージがありますね。 ぶっちゃけ、ポチ役のワンちゃんの出演料が高いから降板させたらしいですが(タロウの頃は円谷の経営が火の車だったから、次作のレオではあんな暴挙に・・・)何と言うか、もう少し教育的なお話やメッセージ性を盛り込めばタロウも『幼稚』とか酷評されないんだろうけど・・・

ウナきんぐもといEXエレキングやEXタイラントは「着ぐるみじゃムリ」と言われる典型例ですし、シリーズの本編に出ないのは本当に勿体ないですよね。
とはいえ、あのEXレッドキングは着ぐるみだとああも不格好(主に腕のせい)ですから、無様な姿を晒すよりもイラストとかの中にいる方が幸せなのか・・・?頑張れば行けそうだけど。

いやいや、本当にありがとうございます。では、こちらもよろしくお願いします。


凡庸  2017年12月26日(火) 22:11 (Good:0Bad:0) 13話 報告

最初の怪獣の外見と食性から、「あぁ、こいつって確かにこんな外見だな」と思いました。
確かに外見は割と可愛いんですよね、後年の作品でも言われたように。
ただこいつ、大きさが他の怪獣と比べて小さめなので、そこが妙にリアルで尚且つ怖いですね。町中に出てきた場合、建物の上から見下ろすのではなく、建物の影からぬっと出てくるサイズでしょうし。

もう一つの存在については…元ネタよろしく悲劇が似合ってしまいますな。
(17行省略されています)

返信:銀色の怪獣 2017年12月25日(月) 01:17

感想、ありがとうございます!!
今回、何気に巨影が二種類も登場し、バトルもやってみました。お楽しみ頂けたなら幸いです。

バラゴンの容姿の件、出来るだけ分かりやすく書いたつもりでしたが、納得して頂けたようでよかったです。

確かにバラゴンは可愛い。けど、やってること、あるいはやられてることはシリーズでも有数のエグさが・・・

何と言うか、バラゴン(の大きさ)に関してはそれこそバカみたいに大きなゴジラやガメラより、等身大のエイリアンやプレデターの方が「生理的な恐怖・嫌悪感」を招くのと一緒ですね。
もっと言えば、ガメラに出てくる巨大なマザーレギオンよりも等身大で『巨影都市』ででも地下鉄に現れたソルジャーレギオンのほうがトラウマとして名高い、みたいな感じでしょうか?
こう、どこにいるのか分からない。どこに潜んでいるのか、どこから襲ってくるのか分からない、というのが彼らに巨大怪獣とはまた別のベクトルの怖さを与えているのでしょうね。

そして、もう一体に関しては・・・可哀想ですが、怪物は幸せにはほど遠いのでしょうね。おとぎ話でも、特撮でもそれは同じ・・・シェイクスピアの言う「見た目とは一番ヒドい偽りかもしれない」なのでしょうか?
で、凡庸様の言う「更なる悲劇」に関しては・・・その内、出すかもです。出した場合はどうなるのか?お楽しみに

では、また次回です!! 


ナインボール77  2017年12月24日(日) 23:52 (Good:0Bad:0) 13話 報告

婆羅護吽さんはウルトラQにウルトラマンと忙しいお方だもんな(すっとぼけ)(V)o¥o(V)

フランケンシュタインの巨人は進撃の巨人とかウルトラマンとかの巨大ヒーローの始祖的な出来だもんな( ・`ω・´)(個人的な意見)

婆羅護吽さんは、弱いってイメージあるけどGMKな怪獣王だとモスラやらギドラでも対して結果は変わってないからね((((;゚Д゚)))))))

更新( ^ω^)おっカレーちゃん
そしてメリークリスマス(笑)(`・ω・´)キリッ

返信:銀色の怪獣 2017年12月25日(月) 02:11

感想、ありがとうございます!!

今回は色んな意味で有名な二体が登場です。お楽しみ頂けましたか?実を言えば、クリスマスって事でチキン=鳥っぽいヤツを出そうとか考えたのですが・・・色々あって止めました。いずれ出しますが。

バラゴンは昭和も平成も噛ませに徹し(させられた)可哀想な子・・・でもそれは相手が悪い(すぎる)だけ。相手が相手ならそれ相応に強い・・・ハズ。だって「地底の暴君」であり「地の神」なんだもん。
ただ、出番の多さ(姿は変更されたけど)は際立ってるからね?襟巻き付けられたり、赤い通り魔に惨殺されただけのゴジラさんよりはいいかな・・・?

フランケン、やはりナインボール77様の言う通りにウルトラマンなどの巨大ヒーローの先駆けですね。一説には、バラゴンとフランケンのバトルが後のウルトラマンの戦闘描写の参考になったとか・・・同時に、フランケンはよくある「どうみても悪役」の先駆けでもありますね。だって見た目が・・・見てくれで損って悲しい。

ありがとうございます。この調子で、もう一つの方も更新頑張ります。あと少し何ですよね。

で、僕からもメリークリスマスです!何も無いけど・・・ありがとうです!!


全話感想

ギアル ID:3M0F5q/I  2020年11月03日(火) 22:25 (Good:0Bad:1) 76話 報告

どうもギアルです。
2020年も後2か月程になりましたね…
コロナにケムール人。
ケムール人は未来の…2020年の地球人と言われていますけどこれはもしかするとコロナに対抗した結果…かもしれませんね。
そして、ケムール人は見た目を変える事ができるが中身は変えられない…
(10行省略されています)


ナインボール77  2020年10月25日(日) 12:15 (Good:0Bad:1) 76話 報告

ケムール人も(;^_^A世知辛いヨナ

ウルトラマンZの2020の再挑戦は神作だったな(V)o¥o(V)
パゴスの使い方がまさかの使い方だったし
ベリアル剣優しい(KONAMI感)
闇の宇宙人がウルトラQリスペクトするしww

更新乙ですたい( *´艸`)


青色好き  2020年10月24日(土) 14:55 (Good:0Bad:0) 76話 報告

 投稿お疲れ様です!

 私のリクエストであるケムール人を採用してくれましてありがとうございます!

 未来の地球人対過去の地球人、何だか映画や小説でありそうな展開ですね。技術の発達からして未来人の方が有利かも。

 ケムール人は宇宙人ですが一説では未来の地球人という説、聞いたことあります。ケムール人みたいな見た目には…… なりたくないかなぁ。
 今年は2020年、コロナウイルスが流行していますが、「コロナといったウイルスや病気に負けない肉体を作ろう!」とか言ってケムール人みたいな姿の肉体が作られる…… なんてことありそう。


暗愚魯鈍  2020年10月24日(土) 08:50 (Good:0Bad:0) 76話 報告

投稿お疲れ様です!

レギュラン…お前、シャケの切り身がモデルだったのか(笑)。ケムール人が出てきたのは最初は驚きましたがそういえば今年2020年だったなと思い出し納得しましたね

ケムール人の足の速さで窃盗を起こしたら…絶対に捕まえられませんよねぇ…転売して自分達の手術代にする…実に効率的で現代的ですね。ケムール人は未来の人類説は知っていました。ケムール人と我々…どちらか異形なのか…それは今の人類の行い次第…ですかね?

次回も期待して待ってます!


仮面奏  2020年09月02日(水) 00:22 (Good:0Bad:0) 75話 報告

グリッドマンの同人の件もそうですが、中国でもウルトラマンのデザインを盗用して無断で映画に使ったりというもはや犯罪レベルの事件がありましたねぇ…。
中国の真っ当なウルトラファンの方々も激怒してくれてたのが救いでしたよ。
裁判に勝訴したのも良かった良かった。
中国含めた海外での権利問題に決着を着けたお陰か、円谷の海外戦略もより一層活発になりましたし、やっぱりこういうのはビシッとシメていかなきゃなと痛感です。

ギャラクシーファイト2作目で海外ウルトラマンの代表ともいえるグレートやパワードも無事に登場決定しましたしね。


西園弖虎  2020年08月26日(水) 12:58 (Good:0Bad:1) 75話 報告

投稿お疲れ様でした。

――実際、便利になり過ぎて想像すると言うことや、考えることをしないor(調べて答えだけ得る)
結果は普通に見えて、そうではなく……何処か欠けた存在になっている。しかも、本人は気づいていない……いえ、気付くことなどないでしょう――だって、それが当たり前となっているのですから。古いから見難いや古臭いとか言う人居ますけれど、表現や伝えようとしていることの大事なモノは寧ろ今よりもたくさん詰まっています。



感想を書く
非ログイン時のみ、名前と投稿キーを入力してください
名前  2~20文字
「名前#任意の文字列」と入力すると、「名前◆暗号化された文字列」と表示されます
投稿キー  投稿キー を入力してください)
内容 対象話:

0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。


感想検索
キーワード
ユーザー名 話数 並び替え
絞り込み