巨影都市オブ・ジ・エンド
作者:銀色の怪獣

▼感想を書く  ※この作品はログインせずに感想を書くことが出来ます

感想

仮面奏  2019年01月10日(木) 01:46 (Good:0Bad:0) 28話 報告

追記見ました。
前回のコメント削除は申し訳ございませんでした。せっかく返信しようとして下さっていたのに。
どうもコメントの内容が運営の警告対象になったという通知が来たので、慌てて消してしまった次第です。お騒がせ致しました。

改めて話を戻すなら..。
(15行省略されています)

返信:銀色の怪獣 2019年01月14日(月) 02:41

仮面奏様こんばんわ。銀色の怪獣です。

この度は返信を、追記に関するお返事、そして色々と"ご迷惑"をお掛けして申し訳ありませんでした。

警告が来た・・・本当に申し訳ないです。僕のせいで・・・御足労を、不愉快な思いをさせてしまって本当に申し訳ないです。

重ねて謝罪させて下さい。本当にごめんなさいです。


そんな中、改めてご意見をありがとうございます。

確かに、頓挫してしまった『大人向けのウルトラマン』は見たい―――某『ウルトラQ dark fantasy 』のようにダークで、全然キャラクター商品展開を考えない作品もありますし、それこその今のネット社会やOVAなどがたくさんあるご時世、やれると思います。

ついでに、それこそ今の円谷が予算を削減するのに躍起ならば、マジで予算カツカツでやっていた『ネクサス』のやり方を取り入れる、その予算カツカツの『ネクサス』を再利用すればいいのに、とも思います。

詰まるところ「やろうと思えばやれるのに・・・」ですね・・・勿体ない。

本当に『ウルトラマンN/a』とかどうなっちゃったんだろう?何か『ULTRAMAN』をアニメで(フルCGのを)やるそうですが・・・

海外でのリブート・・・からのアメコミレッドマン、いいですよね。アレはホントにイイ―――そう言えば、今の円谷に色々と関わっているKADOKAWAの怪獣、ガメラもアメコミでデビューしてるとのこと。

『「原典に忠実にしつつ新しい魅力を出す」感じで成功している』



『こちらも理解あるクリエーター達の力で成功させて欲しいです』

ですね。仰る通りです―――海外に愛とか発想で負けて、本家が疎かにしちゃ・・・イカンですよね?


とある『ゴジラ展』で、東宝の現場の関係者の方が

「僕ら映画を作る方からしたらCG大歓迎!撮影って大変なんだよ・・・それに、何で日本はいつまでも着ぐるみとか古くさいのにこだわるのか?そんなんだから新しいことが出来ない」

と仰っていました・・・現場の人と、僕ら「見るだけの人間」では意識や色んな物が違うでしょうけど、やはり・・・愛というか、愛着って大事ですよね・・・


レッドマンのアメコミでの活躍、もうスゴい―――あの絵で、あのスプラッターでやるからスゴい(苦笑い)

でも、本当にあの"影"は一体・・・?あの赤い男でも怯えるって・・・そういう演出、そういう"面白い付け加え"がいい、そういう「好例」だと思っています。




グリッドマンの一件、言われて初めてハッとしました―――


「主人公(ダイゴもとい長野君)がいないけど、バッチリ面白い初代ウルトラマンやウルトラマンティガと同じ構成だ」

と。

仮面奏様、気付かせて下さってありがとうございます。

まぁ、アカネちゃんを嫌う人がいる、彼女が悪くないのに「エロいからキモい」とか「お前いらないだろ」とか槍玉に挙げられてしまうのは・・・やはり"暴走した一部のファン"が原因で、彼女に罪はないんでしょうがね・・・

ぶっちゃけ、彼女はアニメ内ではアレクシスに被害に遭い、現実では暴走した一部のファン(&エロにこだわる演出家の方)の被害に遭っている・・・大変なだなぁ(哀)

むしろ、魅力あるんですよキャラとか抱える闇とか―――怪獣でもない、怪人でもない、ある意味特撮などが昔からやっている

「難しい話題を怪獣や宇宙人という"分かりやすいものに例える"」

を、人間であるアカネで表現しきったアニメのグリッドマン、スゴいんですよね。


『「ヒーローがあくまで解決役」と「ヒーロー自身の物語を描く」の両方の面を持っているのがウルトラマンやグリッドマンを含む円谷ヒーローの魅力なのかもしれませんね』

仰る通りです―――是非とも、今後もそんなヒーローにいて欲しいと願うばかりです。

別にヒーローが何人いてもいい、何か装備とかしてもいい、メダルとかカードがあってもいい・・・けど

「最低限守るべきこと」=「子供のお手本になれる」だけは守って欲しいと思います・・・「ブサイクな面しやがって!!」とか相手を指さしながら発言したらアカンよ。子供がマネしたらどうするんだよ・・・

完全な余談ですが・・・上記のグリッドマンとティガが同じ、なのは長谷川圭一さんがいるから、長谷川さんはティガでも脚本やってるから同じ感じが出てますよね。きっと


最後のコメント、本当に嬉しかったですよね、特撮やヒーロー好きとしては。

まさか平成の終わりに色んなヒーローが、ここ数年も入れればゴジラなどの怪獣も含めて色んな特撮のキャラたちが暴れて活気を取り戻していましたね。

そして、いよいよ新年号―――仰る通り「ヒーローや怪獣には地に足を"しっかりと"つけて欲しい」し、僕らはマナーを守って見守る・・・そんな素晴しくて、当たり前なことがいつまでも続くことを願っています。


いやいや、素晴らしい話を本当にありがとうございます―――ご迷惑をかけたのに、本当にありがとうございます。

もし、よろしければ今後もどうぞよろしくお願いいたします。では、失礼致します。






妖怪の目 ID:qrGmBeBY  2018年02月09日(金) 16:51 (Good:0Bad:0) 28話 報告

今回のお話ですが、読んでみてレッドマンの内容はこういう解釈もありかと手を打ちました。レッドマン、かっこいいし話もおもしろくて良かったです。そのレッドマンですがどうやらアメコミ化するそうですよ。あと、このレッドマンですがヒーローではなく、人を守るという仕事を精一杯こなそうとしているただの職人として戦っているという雰囲気がかっこよかったです。

返信:銀色の怪獣 2018年02月10日(土) 13:08

感想、ありがとうございます!!

今回のお話、そのように手を打っていただけて嬉しい限りです。
世間一般のレッドマンに対する風当たりの強さ(自己責任)をあえて、あえて躊躇せずにレッドマンの「平和と人々の笑顔を守る慈愛の戦士」を前面に押し出しました・・・「慈愛の戦士」とか絶対に嘘だ。

とはいえ、確かにレッドマンは平和を守ってるし、悪落ちしたこともないし、街を壊したこともない・・・


確かに人類が招いた愚行で生まれた怪獣や暴れた怪獣(ギエロン星獣やムチル、ザザーン)とかをウルトラマンにどうにかして欲しいというのはおこがましいけど、少なくともベムラーとかツルク星人、あるいはガモスやギャビッシュのような連中を野放しにして、そいつらが暴れてから出てくるウルトラマンと、全てを未然に防ぐレッドマン、どちらが「仕事してる」かといえば・・・とはいえ、流石にやりすぎだよレッドマン。

しかし、そのレッドマンのアメコ化は驚きましたね。色んなウルトラ戦士を押さえてアメコミ化・・・某蜘蛛男やコウモリ男、果てはスーパーな男と共演するんでしょうかね?

ウルトラマンが「ヒーロー」なら、レッドマンは「職人」という表現、素晴らしいですね。そこまで考えずに書きましたが、そのような表現を頂けると「なるほど!」と僕の方も手を打ちました。いやいや、妖怪の目様の表現は素晴らしいです。

では次回もお楽しみに!!


ナインボール77  2018年02月09日(金) 08:56 (Good:0Bad:0) 28話 報告

まぁ赤男は悪い怪獣を倒す為に殺ってるだけだもんな(^_^;)(;゚д゚)ェ…

レッドナイフにレッドフォールそしてレッドチェック徹底的

( ゚д゚ )彡そう!言えば白眼な怪獣王も赤男並の残虐超人もとい残虐ファイっだったもんな((((;゚Д゚)))))))

これが筋肉モリモリマッチョマンの変態なシュワちゃんとかキッチンでは無敵のセガールだと安心して観てられるけど(笑)( ー`дー´)キリッ

離してやった(意味深)とか死ぬ程疲れてる(永眠)とか

取り敢えず更新( ^ω^)おっですたい( ・`ω・´)

返信:銀色の怪獣 2018年02月10日(土) 12:44

感想、ありがとうございます!!

今回は初代レッドマンと「予算のあるレッドマン」の夢のコラボでした。如何でしたか?

とはいえ、やってることは実際かなりの真逆ですね。

初代は本当に人知れず怪獣を屠り、被害を最小限どころか全く出さずに平和と人々を守っている。

一方の予算のある方、というかウルトラさんたちは被害が出てから動かないし、時に怪獣と一緒になって街壊したりするしなぁ・・・

平和を守るためなら、徹底するなら赤い通り魔の方が相応しいのが現実的ですね。ただ怖いのが難点ですが。

ナインボール77様の挙げられたカリフォルニアから来た州知事とかセガールが安心して見れるのは「爽やか」なのと「笑える」からですね。
何と言うか・・・戦いは泥臭いけど倒し方はバッチリ倒す、サッと倒す、後始末も爆発させたりして視聴者の目を汚さない。で、そんな名で謎の名(迷)言を残すからですね。
で、残念ながら赤い通り魔や閣下の力を宿した戦士はそれがないから・・・これが両者の違いだと僕は思います。

お気遣いどうもです。 では次回もお楽しみに!!


暗愚魯鈍  2018年02月09日(金) 07:47 (Good:0Bad:0) 28話 報告

サンダーブレスターか…そしたマガオロチさん…自分好きな怪獣なのに、散々なやられ方だ…まあ暴走しているから問題ないか…そしてリュウさん…そいつはメビウスさんじゃないから攻撃させるから逃げた方良かったのに…そしてレッドマンは確かに悪魔のような怪獣の殺し方ですが人前に現れる前に倒すと言うのはヒーローらしい…少なくともあの猿よりは…それに一応怪獣の供養に参加してますし…まあ怪獣の殺し方が殺し方ですから…あの白猿よりはマシですね、あの白猿のせいで日本がタイ人と本物のハヌマーンの印象が変わったので…あの白猿…生かしてはおけねぇ…!

それとクロスオーバーでうちの主人公が「最強無双」することはないので…僕の主人公を英一君の手持ちで言うとモスラです、モスラの様に手札が多く、応用性が高い技を持ち相手を翻弄して戦います…がそんなモスラも英一君の手持ちでは強いけどガメラやシルバゴンに一歩下がっているように見えます、それと同じでクロスオーバー先でもシルバゴンのようにゴリ押しで攻撃する人が一番強かったり、ガメラのように切り札を持ちマザーレギオンの様に軍団を率いて戦う人がいますから主人公はその二人と比べると弱い部類に入るのです…(まあ出てくる人達全員チートみたいなもんですが…)あとどうやってクロスオーバーさせればいいか難しいところですね…まあ次回も楽しみに待ってます!

返信:銀色の怪獣 2018年02月10日(土) 12:27

感想、ありがとうございます!!

暗愚魯鈍様がマガ系をお好きなのは知っておりまして、今回のぞんざいと言うかフルボッコな扱いはスミマセン・・・ストーリーの都合上仕方がなかったので御慈悲を。

リュウさんは・・・色々と、あの人も「問題児」だからなぁ。というか「お調子者」とか言葉やロジックが通じる前提で何でもやっちゃダメという反面教師ですね。あの人。

最期のレッドマンは・・・あえて悪党扱い(悪党っちゃ悪党だけど。紛れもない)される彼を、別の面から見た感じにしました。こうして「別の視点から何かを見る」は好きです。とはいえ、紛れもなく「通り魔」だけどさ・・・

某白い猿は・・・何を思って、何を考えてアレをああして、こうしたらあんな風になったのかマジで謎ですね。いや、本当に原点のハヌマン(ハヌマーン)は暗愚魯鈍様の仰るようにいい神様なのに・・・と思ったら、お隣の中国ではそのハヌマーンがモデルの孫悟が色々とやらかしてますから、実はハヌマーンは大昔からヒドい扱いされてたんですね。とはいえ、流石にアレは・・・お怒り、ごもっともです。


クロスオーバーの件で「最強無双をすることはない」と書かれた件で、それを僕の作品で分かりやすく例えて下さったのでイメージが掴みやすく、それにかなり凝って作られている点とかなり練られている点が非常に伝わって待ち遠しいですね。良くも悪くも「チート」は使える言葉、設定ですからね。

では次回もお楽しみに!!


青色好き  2018年02月08日(木) 22:31 (Good:0Bad:0) 28話 報告

まさかのサンダーブレスターとレッドマンの登場! 普通に驚きました。
リュウさんはファンの人からいろいろと言われるよなぁ…

レッドマンをリメイクするのならいっそ東宝とかもグリーンマンやゴッドマンをリメイクして欲しいです。

返信:銀色の怪獣 2018年02月10日(土) 12:30

感想、ありがとうございます!!

今回はとにかく驚いて頂きたかったこと、そして・・・まぁ、本編でも書いたように「最初にサンダーブレスターを見た瞬間に思いついたネタをやりかたった」という感じで書きました。驚いて頂けて嬉しいです。

しかし、昨今の規制の厳しい中であそこまでやってくれたサンダーブレスターは嬉しかった・・・んだけど、そのサンダーブレスターのにやられている怪獣(特にギャラクトロン)の演技がやられた瞬間は「痛い!」みたいなリアクションするけど、カメラがフレームアウトする瞬間には棒立ちに、手抜きな演技になっているのは残念でしたね。
もっとこう・・・ティガやダイナ、ガイアの頃みたいに全力で、とにかく全力でヒーローも怪獣も蹴って殴って痛がって演技していた頃はやはり最高でしたね・・・とはいえ、ガイアのミーモス事件(スーツアクターさんが全身打撲で全治三ヶ月になったとか)は流石に危ないですが・・・

リュウさんの悪い点は「自己中心的なお調子者」でしょうね。先のお説教はともかく、後の「やれー!ぶっ壊せ―!!」とか「何がウルトラマンだ!」からの「ウルトラマンメビウスは友達!」という掌返し、他にもかなりある点でしょうね。ウルトラシリーズにはお調子者、お気楽、暢気な方は多いけど「掌返し」する人が多くないから良くも悪くもリュウさんがやり玉に挙がるんでしょうね・・・というか上がって当然ですね。

レッドマンのリメイク話、どうもマジらしい・・・ですが、いつやるのかや放送時間や局は不明です。まぁ、多分BSとかCSだな。流石にアレを地上波じゃ出来ないですよね。
ゴッドマンやグリーンマンのリメイク、面白そうですよね。もう二時間の映画にして放映するとか、某ア〇ゾンズみたいな感じにするとか・・・夢は広がりますね。

では、次回もお楽しみに!!


全話感想

ギアル ID:3M0F5q/I  2020年11月03日(火) 22:25 (Good:0Bad:1) 76話 報告

どうもギアルです。
2020年も後2か月程になりましたね…
コロナにケムール人。
ケムール人は未来の…2020年の地球人と言われていますけどこれはもしかするとコロナに対抗した結果…かもしれませんね。
そして、ケムール人は見た目を変える事ができるが中身は変えられない…
(10行省略されています)


ナインボール77  2020年10月25日(日) 12:15 (Good:0Bad:1) 76話 報告

ケムール人も(;^_^A世知辛いヨナ

ウルトラマンZの2020の再挑戦は神作だったな(V)o¥o(V)
パゴスの使い方がまさかの使い方だったし
ベリアル剣優しい(KONAMI感)
闇の宇宙人がウルトラQリスペクトするしww

更新乙ですたい( *´艸`)


青色好き  2020年10月24日(土) 14:55 (Good:0Bad:0) 76話 報告

 投稿お疲れ様です!

 私のリクエストであるケムール人を採用してくれましてありがとうございます!

 未来の地球人対過去の地球人、何だか映画や小説でありそうな展開ですね。技術の発達からして未来人の方が有利かも。

 ケムール人は宇宙人ですが一説では未来の地球人という説、聞いたことあります。ケムール人みたいな見た目には…… なりたくないかなぁ。
 今年は2020年、コロナウイルスが流行していますが、「コロナといったウイルスや病気に負けない肉体を作ろう!」とか言ってケムール人みたいな姿の肉体が作られる…… なんてことありそう。


暗愚魯鈍  2020年10月24日(土) 08:50 (Good:0Bad:0) 76話 報告

投稿お疲れ様です!

レギュラン…お前、シャケの切り身がモデルだったのか(笑)。ケムール人が出てきたのは最初は驚きましたがそういえば今年2020年だったなと思い出し納得しましたね

ケムール人の足の速さで窃盗を起こしたら…絶対に捕まえられませんよねぇ…転売して自分達の手術代にする…実に効率的で現代的ですね。ケムール人は未来の人類説は知っていました。ケムール人と我々…どちらか異形なのか…それは今の人類の行い次第…ですかね?

次回も期待して待ってます!


仮面奏  2020年09月02日(水) 00:22 (Good:0Bad:0) 75話 報告

グリッドマンの同人の件もそうですが、中国でもウルトラマンのデザインを盗用して無断で映画に使ったりというもはや犯罪レベルの事件がありましたねぇ…。
中国の真っ当なウルトラファンの方々も激怒してくれてたのが救いでしたよ。
裁判に勝訴したのも良かった良かった。
中国含めた海外での権利問題に決着を着けたお陰か、円谷の海外戦略もより一層活発になりましたし、やっぱりこういうのはビシッとシメていかなきゃなと痛感です。

ギャラクシーファイト2作目で海外ウルトラマンの代表ともいえるグレートやパワードも無事に登場決定しましたしね。



感想を書く
非ログイン時のみ、名前と投稿キーを入力してください
名前  2~20文字
「名前#任意の文字列」と入力すると、「名前◆暗号化された文字列」と表示されます
投稿キー  投稿キー を入力してください)
内容 対象話:

0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。


感想検索
キーワード
ユーザー名 話数 並び替え
絞り込み