巨影都市オブ・ジ・エンド
作者:銀色の怪獣

▼感想を書く  ※この作品はログインせずに感想を書くことが出来ます

感想

青色好き  2018年06月16日(土) 14:45 (Good:0Bad:0) 35話 報告

一つ気になったことがあるのですが、この小説の話は全て同一の世界で展開されているのでしょうか?それともほぼ毎話パラレルなのでしょうか?
2話に出たシルバゴンが27話で再登場してるので、「一部の話の世界観は同一だが、基本的には毎話パラレル」のようにも感じます。

質問だけだとやや寂しいので、今回も合体怪獣案です。

(52行省略されています)

返信:銀色の怪獣 2018年06月17日(日) 01:21

青色好き先生、どうもです。今回は質問ありがとうございます。

まず、質問への回答ですが・・・全くもってその通りです。
この作品の世界観は『ウルトラQ』的な感じで、毎回パラレル・・・なんですけど、一部の世界観は繋がっている、という感じです。何故なら―――この先はこの作品の根底に繋がりますので"今はまだ"内緒にさせて下さいね。

今回も素晴らしいアイデアありがとうございます!青色好き先生の合体怪獣ネタ、いつも楽しみです!!何と言うか、青色好き先生のネタや発想の幅は『ミラーマン』とか『グリッドマン』、あるいは海外怪獣ネタまで入れて下さるからその幅広さに感服しますし、その自由で柔軟な発想は見習わなければならない、そう思いばかりです。


弾丸光波宇宙ロボット リフレクトゾロ:メカ怪獣ならぬサイボーグ怪獣、に加えて「球体の怪獣」とは面白いですね。ルディアンとかデアボリックみたいな「まん丸な体なのに"カッコいい"怪獣」はいますが、彼らの元祖であるリフレクト星人に加え、似たもの同士の合体なので自然な感じでとてもいいですね。

超星獣ノヴァスター:おぉ!星獣同士の合体ですか!!しかも互いに優れたデザインにもかかわらず、そんなに出番の無い「日の目を浴びるべき存在」ですからね。知名度を上げるためにも出番が増えるといいですし、是非とも公式で採用して欲しいですね。
「名前を決めた後に考えた」というお言葉、「名前から連想する・・・天才・金城哲夫的ですね」と言わせて下さいませ(某『マックス』の造形師風に)・・・まじめに言えば、名前から発想できる方って本当に天才ですし、青色好き先生の引き出しの多さもやはり天才的ですよ。スゴい・・・

宇宙大群昆虫獣アラクニドレギオン:うわぁ、絶望しか無い・・・『正しく「昆虫」を怪獣化させた』これ以外に言葉はいりませんな。こんなの出た日にはガメラはズタズタに、地球連邦は壊滅確定ですね。こんなのが出ないことを、虫は虫であることを祈るばかり、あるいは統率者がいて、その統率者のいいなり程度である事を願うばかりです。

超高冷温怪獣フレザード:いいですね、兄弟で相反する属性を使いこなし、紫というインパクトのある体の色・・・是非とも採用して欲しいです。一瞬「フレイザード」って見えてしまいましたダイの大冒険の・・・何でも無いです。
余談ですが、某『ルーブ』でも兄弟の怪獣とか出ないですかね?出るでしょうが・・・噂ですが、なんとレッドキングとブラックキングがタッグを組んでウルトラ兄弟と戦う、ってのを監督さんがやりたがっているそうですが果たして・・・?

大角甲虫恐竜コーナーアゴン:恐竜にカブトムシ、子供の憧れじゃないですか!変なんてことはありません。むしろ見たいです!!何だろう・・・恐竜+メカ、恐竜+車とか戦車はあるけど、やはり昆虫はない・・・着ぐるみとかの製作の手間がかかるから、とかでしょうね。
それにしても同じ名前なのに恐竜と昆虫とは・・・不思議な縁ですね。だからこそコラボして欲しいです。


ウルトラマンオーブ(ジード)シャイニングフィールド:あぁ・・・うん・・・見たい!面白い!!それ以外に言葉はいりませんね(笑)足のニオイネタもアリだと思います。やはり、ヒロシの代表武器だし。
いいじゃないすか、ネタに走る・・・誰しも一度はやってみたい、全力でネタをやる、素晴らしいです。その気持ち、よく分かりますし。何よりも、こんな「遊び心」が無い昨今の特撮やアニメには最も大事だと思います。
出来れば、もっとふざけて・・・某『ザ〇ーガー』とか『ゼ〇ラーマン』みたいな、中年のオッサンがヒーロー(かあれは?)やってる感じの演出とかやって欲しいです。役者もくたびれた中年を集めて・・・温〇洋一さんとかをね?
もう、どうせならロボ(メカ)ウルトラマンオーブ(ジード)シャイニングフィールドを出して、逆襲とかさせて―――某『逆襲〇ロボとーちゃん』が元ネタです。でも、メカウルトラマンとか見たいですから。アリだと思います。

じゃあ、僕からもネタを一つ

フュージョンアップ・フュージョンライズ!

ウルトラマンジャスティス! 魔法少女みさりん!

愛と正義を胸に! 「BBA無理すんな!!」「うわキツ」なんて言わせない!! 永遠の乙女の輝きを見よ!!!

ウルトラウーマン・オーブ(ジード)! プリティビーナス!! (効果音で「ババァーン!!」とか入れて欲しい・・・ババアってことですよ)

まぁ、何気に女性ウルトラマンの合体ネタってないし(女性ウルトラマンが少ないからですが)・・・主な武器は魔法少女にありがちな魔法が出るステッキ(どう見ても布団たたき)を使った"物理攻撃"、あるいはグリグリとかを・・・苦情来るな(笑)

新生しんちゃん、楽しみですね。それにしても、ヒロシの声優さんはどうやら「完全に交代」扱いだそうですよ?つまり藤原啓治さんは帰ってこない・・・淋しいなぁ。

追記に関して書いて下さってありがとうございます。

肩書きピッタリですね。カッコいい・・・「魔神」とか「魔獣」って響き、好きです。怪獣や超獣とはまた違う、禍々しい響きはいいなぁ。

物知り、というか怪獣図鑑とかを片っ端から集めているおかげです(笑)おかげで相方には呆れられ、本を置くスペースが無くなっちゃってもう・・・でも、おかげで色々と助かるんですけどね。


今回もたくさんお話出来て嬉しかったです!お付き合い下さってありがとうございます。  

出来るだけ早くこの作品の世界観に関する秘密を明かせるように頑張ります。


最後に、僕もギエロン星獣を使った合体怪獣ネタを

ギエロン星獣+ベムスター=「宇宙大惑星怪獣 ギエルワン」を考えました。


ギエルワンの名前の由来は"ギエ"ロン星獣の「ギエ」+ギエロン星獣にとっては因縁の「超兵器"R―1"」の「R―1(アールワン)」をもじって「ルワン」=「ギエルワン」です。ベムスター要素は・・・肩書きがね、宇宙とか大怪獣ってなってるし・・・

見た目:ギエロン星獣をベースに、腹部にはベムスターの吸引口が存在、尾部にもベムスターの尻尾が存在している。また、頭部の嘴はベムスター譲りの金属板でも噛み砕く力を有している(ギエロン星獣の嘴はあれだけ目立ちますし、なら活用させたいという願いです)・・・ぶっちゃけ、かなりギエロン星獣まんまです。ただし、理由があります(後述)

そして、何よりも・・・何と両手にも両足にも「顔」が存在する、というか四肢が顔である・・・手足の顔は普段は閉じており、普段は手や足として使用しているものの、状況に応じて顔として覚醒して噛み付いたり、光線や放射能ガスを噴射しまくるなどが可能。そして、何よりも五つの顔が「タスケテェ!!」と泣きわめくという絵面が完成する、というインパクト抜群な感じです。ちなみに「顔が五つある」というのは『ウルトラマンSTORY 0』で出て来たベムスターが元ネタです・・・ぶっちゃけ、この「顔が五つある」をやりたくてベムスター入れました。


能力・戦闘力:ベムスター譲りのエネルギー吸収能力、各種武器に加えて、ギエロン星獣譲りの固い刃物状の翼、驚異的な再生能力により仮にエネルギーの吸収量の限界値を超えて体が爆発してもすぐ再生できる=無限と言っていいほどにエネルギーの吸収、無効化が可能。

また、体からは常に放射能・・・どころか、より危険なガンマ線を放射している。理由は、ベムスターが「惑星の爆発によって生まれた」という設定があるから。実はガンマ線は惑星などの爆発によってまき散らされるそうです。つまり、ギエルワンはゴジラより危険です。

合体させた理由:二つあります。

1→戦闘能力、デザインとしての面:互いに体が五角形、互いに宇宙怪獣、故郷の星の爆発によって誕生(ギエロン星獣は"故郷の爆破によって怪獣に変えられた"ですが・・・)、かなりの強敵、合体した際に互いの弱点を補い合える、などです。

2→何と言うか、ギエロン星獣という怪獣が生まれた経緯を、何の意味があるのかを知って欲しいという願いを、円谷英二監督や成田亨さんや金城哲夫さんたちの、先人たちの思いを蔑ろにしたくない、という思いですかね。

最近は「臭いものには蓋」と言わんばかりに何でもかんでも規制し、忘れてばかりです・・・そりゃ、いつまでも過去に縛られるのはよくないですが、先人たちの思いや歴史を蔑ろにするのはよくないという切実な思いです。だから『ジード』でのギエロン星獣の登場、演出はねぇ・・・

それこそ五つの顔が「タスケテェ!!」と泣きわめくのは、戦火の炎に焼かれた罪の無い人々(怪獣)の無念の叫び、そもそもが「顔が五つもある」なんていう"奇形"を生み出すおぞましい超兵器・・・それらを分かりやすく伝えて欲しい、特撮が持つ「教育的」な面もしっかりとやって欲しいという願いです。


青色好き  2018年04月20日(金) 22:52 (Good:0Bad:0) 35話 報告

こんばんは、青色好きです。

第33話と第34話の後書きで、銀色の怪獣先生が後書きでオリジナルフュージョンライズを紹介していたので、私もオリジナルフュージョンライズを考えてみました。

・アンギラス+ジャルム=ジャルムギラス
(14行省略されています)

返信:銀色の怪獣 2018年04月23日(月) 02:34

青色好き先生、どうもです。返信が遅れて申し訳ありませんでした・・・

今回のとても面白いアイデア、見ていてかなり興奮しました。いいですねぇ・・・!!


・アンギラス+ジャルム=ジャルムギラス:いいです、実にいいです。四足歩行のアンギラスに「腕」が使えるジャルムが加われば戦闘のレパートリーが増えていいですね。遠距離武器が無いアンギラスに毒ガスなどが使えるジャルムの能力が加算され、二体とも共通する「凶暴」「素早い」「鋭利」が混ざれば・・・無敵ですね。加えて必殺の球体状の体当たり攻撃も破壊力がヤバそう・・・いいですね!!
ここで、ジャルムもといジャルムの出たゲームつながりで「雷怪獣 バルグザーダン」とアンギラスで=「暴雷竜 アンギラーダン」とかは如何ですか?二体とも四つん這いで素早い動きが出来て、バルグザータンの雷の能力をアンギラスボールや突進の際に発揮させて相手を感電させる、とか?

・レッドキング+ブラックキング=ブラッドキング:これもいいじゃないですか!『ジード』じゃまさかのゴモラと合体されられた挙句、レッドキングの要素が「骨」扱いされた+ゴモラも要素を消されて肉弾戦もお粗末で、顔は・・・出来損ないのギラドラスみたい(と僕は感じました)な『スカルゴモラ』にされたレッドキング、まさかのドリルを付けただけというショボい・・・変なカスタムされたブラックキングですが、この二体が同士と合体できたとあれば本望でしょう。容姿や戦闘能力もですが、何よりもネーミングセンスがグッドですね!!
で、そんなレッド&ブラックキングにちなんで・・・平成のレッドキングとブラックキングの関係のシルバゴン&ゴルドラスの合体を考えました。
名前は「アルゴドラゴン」で、名前の由来は『銀(シルバー)』のラテン語『argentum(アルゲントゥム)』と『金=ゴールド』を組み合わせ、そこにゴル『ドラ』スとシルバ『ゴン』を組み合わせました・・・名前が少し微妙かなぁ・・・?
見た目:ベースはゴルドラスだが、全体的にシルバゴンの匠意が入っておりかなりゴリマッチョ。頭部にはシルバゴン・ゴルドラスの両者の角があるので四本角。また、目には瞳がある。
能力:ゴルドラスの超能力に加え、シルバゴンの圧倒的防御力が加わっているので物理的にも頑丈。光線などはバリヤーで防ぎつつも、バリヤーが使えない際は体そのものの頑丈さで耐える。また、ゴルドラスの電撃を操る能力を利用し、電撃を自分の肉体(筋肉)に流して肉体を増強する某『戸〇呂弟』みたいな事も可能。如何ですか?

・デストロキング+キングギドラ=デストロギドラ:まさかのゾーンからですか・・・見た目の禍々しさというか刺々しさが歴代のギドラとはひと味違うし、何よりもグッドなセンスですね。ゾーンでも有名な二体、様々な点で類似点や共通点があるからのチョイス、とあって素晴らしいです!!


・ゴルゴ+ガッパ=ゴルッパ:面白い、というか何かホッコリ出来そうな作品が撮れそうな怪獣ですね。これがギララとかデスカッパが合体したら・・・うん、考えないでおこう!!

・ゴジラ+エイリアン=ゴジリアン:・・・うわぁ、ヤベェの一言です。某プレデターに寄生しただけであんだけ大事になったのだから、もしも万が一にヤツがゴジラに寄生したら・・・絶望しかありませんね。
前述の各種能力もそうですが、何よりも攻撃したら放射能&強酸の体液が溢れて大事に・・・最早「封印」しかないですね。深海底に放り込む―――ゴジラの能力持ってるから深海はダメだから南極とか北極で氷漬けにするしかないですね。こんなヤバいのを考えるとは・・・脱帽です。

いやいや、とっても面白くて魅力的なアイデアを拝見させて頂き、ありがとうございます。素晴らしい発想の数々、脱帽するばかりです。こうして他の方のアイデアを拝見することで柔軟で、色んな考えや知識が増えるのは嬉しい限りです。本当にありがとうございます。

もしよろしければ、気が向いた時でよろしければ、他の合体案というのもお聞かせ下さいませ・・・


暗愚魯鈍  2018年03月12日(月) 22:06 (Good:0Bad:0) 35話 報告

誰もが思う不老不死…ですが僕は望みません、不老不死になれば自分の知人は死んで自分だけが未来永劫生き残るからです、そんな生き地獄、味わいたいですか?……誰も望みませんよ…まあうちの主人公はダークザギでもありますから…不老不死ですが…まあ仲間も不老不死ですし怪獣達も主人公が完全に死なない限り死にませんけどね…そこら辺はちゃんと考えてあるのですよ…ちなみにソーマてインドの不死の薬(酒)ですよね?アムリタと同一視されている…またソーマは月神と言われていますね?インドは凄いですよね…インドラの矢とか核兵器ですしカルナはほぼ無敵の英雄(インドラに鎧を要求されなかったら…アルジュナにも勝てたのに…)ラーマはカリスマ溢れる愛妻家
カーリーはマジ最強…インドて凄い!宇宙規模の神話ですしね…ブッチャケインドとクトゥルフの神々が一番強い!北欧神話や日本神話は死さえ克服できないし…

ツインテールとリトリマスのフージョンライズ…これも僕の小説に出していいですか?…もちろんクロスオーバー先で…それから小説でウルトラマンの歌や他の歌の歌詞を書こうと思っているのですがそれて何か注意事項あるんですか?全部書いちゃダメとか?…新人なもので分からなくて…そこらへんはどうすればいいのでしょうか?

-追記-

銀色の怪獣様の小説では確かヘドラの歌の歌詞の一部が出ていたので歌詞の一部を出すだけならアリなのでしょうか?銀色の怪獣様のお陰でヘドラの歌が好きになったので、僕も小説で書いて色んな人に名曲を知って欲しいので…それとソーマは酒ではなかったですね…すみません!…早くジードの映画を友達と見に行きたいですね…その友達もハーメルンで小説書いてて彼に誘われて小説を書き始めたんですよ、ギルバリスを出したいなぁ…まあ原作と180度違う展開になるんだろうけど…まあ面白くする予定です!

返信:銀色の怪獣 2018年03月13日(火) 13:58

感想、ありがとうございます!! 
長生き、健康に生きたいとは思いますが(椎間板ヘルニアあるから大変何デスヨネ僕・・・)、永久に不老不死で生きるのは・・・マジで退屈とかの次元じゃなくなるだろうし。自然に任せるのが一番ですね。

ザキ様を始め、不老不死や「生命という概念が無い」もいますが、あくまで彼らにとっては「それが当たり前」だから人間の観点で捉えたら「ええっ・・・」ですが、それが当たり前の彼らからしたら何ともないのでしょうね・・・色々とスゴいなぁ。 物語の設定、その他の配慮は暗愚魯鈍様の小説を見て「ちゃんとしてるなぁ」って思っていましたが、なるほどですね。流石です!!

古代生物ソーマは確かにサンスクリットの「不老不死の妙薬」も元ネタですが、実は英語の「soma(ソーマ)」=「生物・生命体」という実に単純な、それでいてダブルネーミングだそうです(DVDボックスの設定集から抜粋)

インドの神話は確かにスゴい。某クトゥルフ並に「宇宙・外世界」について触れてるし、それこそデスギドラやザキ様も真っ青な神々が出ますよね。やはり暗愚魯鈍はお詳しいですね。こうしてわかり合える、語り合える方とお知り合いになれて光栄です。
余談ですが、そのインド(サンスクリット)由来の某モンスターをハントするゲームの金獅子もヤバいですからね・・・

ツインマルスはどうぞどうぞ。実はまだ合体案はありまして・・・以前送ると言っておりまして、放置してスミマセン。あまりまとまらなくて・・・お気に召したヤツはドンドン使って下さい。


作品に歌を出す際の注意点は「全部乗せたらダメ」「そのまま乗せたらダメ」だそうです。ようするに著作権うんぬんかんぬん、簡単に言えば窃盗、盗作あつかいだそうです。結果、運営様から連載を止められる・・・
なので「一部だけならOK」とか僕がヘドラの歌でやったように

「みなごろ~(歌詞) へドラ殺せ!!(作者が書いた"オリジナル"の部分)」みたいに"混ぜる"とOKというかセーフなようです。これでお役に立てればいいのですが・・・

あの歌は否が応でも記憶に残りますしね、いいネタになると思います。

それにしても、映画に一緒に行ってくれたり、誘ってくれるとはとてもいいお友達ですね。友人がいると本当に違いますかね。

では、次回もお楽しみに!!


eba ID:eLwFABVg  2018年03月12日(月) 15:21 (Good:0Bad:0) 35話 報告

鬼太郎の大海獣は推定で三億年は生きているとされ、その採血と調査に向かう話でした。
他にもオーレンジャーのマシン帝国バラノイア皇帝バッカスフンドも「マシンは死なない」と言うように六億年前の超力文明の機械生命体であったが最終的にオーレンジャーに倒されている。

他にも脳そのものを保存して機械に接続する例ならガンダムSEEDASTRAYで最初のコーディネーター(遺伝子操作を施されて生まれた人)ジョージ・グレン(オリンピックシルバーメダリスト、アメフトのスター選手、十七歳でMIT博士課程を修了)がいます。

返信:銀色の怪獣 2018年03月13日(火) 14:29

感想、ありがとうございます!!

確かに大海獣もある意味ではソーマと同じく「不老不死の夢」というか人間の欲深さ・強欲さを描きつつ、怪獣(海獣)や妖怪と言った「未知の存在の恐ろしさ」を描いた名作ですよね。「ラバン」もそうですが、何故あんなヤバいのが使えると、人体に無害で利益しか生まないと「お気楽」なことしか登場人物たちは思えなかったんだ・・・?
あえて水木先生はそう描写して「人間のアホさ」も書かれたのでしょうね。やっぱりスゴいなぁ水木先生は。

オーレンジャーでもありましたね。確かに「死なない」けど「ぶっ壊されて」ジ・エンド・・・機械なら修理は効くけど、修理できなくなったらお終い。生物なら「治療・治癒」は出来るけど死んだらお終い。つまり、どっちが優秀とは言えないんですよね・・・難しいなぁ。

ならば「修理も治癒も出来る」ガンダムSEEDASTRAYの方はどうか・・・と言えばどうとも言えない。やっぱり難しいですね。

やはり何事も「ほどほど」が一番ですね。

では、次回もお楽しみに!!


青色好き  2018年03月12日(月) 14:57 (Good:0Bad:0) 35話 報告

まさかのネオウルトラQのソーマが出ましたか! 長生きはしたいけど、不死は… ちょっと嫌かな…
以前、テレビで銀河鉄道999の事が紹介されていましたが、機械化して不死になった人間が怠惰になっているところを見て、登場人物の鉄郎君が「限りある命の美しさがわかったよ」と言った場面があった事を思い出しました。
そしてツインテールの登場!この惨劇の後、グドンが来るな… いや、ボガールも来るかも…

人喰いの怪獣なら探すと結構いますよね。
バラゴン、ガイラ、ギャオス、ジーダス、バードン、ガゾート、ペドレオン、大怪獣モノ(確か人を食べた場面があった… はず)、レイゴーに出てたボーンフィッシュ、トロールハンターのトロール(少しうろ覚えですが)、クローバーフィールドの怪獣、ミストに出て来た怪獣… きりがない…

奇抜な見た目の怪獣… 最近だとグリーザですかね… あと、大怪獣モノも配色が派手なため奇抜な印象があります。

返信:銀色の怪獣 2018年03月13日(火) 14:20

感想、ありがとうございます!!

はい、今回はソーマを出しました。ヤツが出た回もといネオ・ウルトラQはあの独特な世界観がかなり印象的ですしね・・・某ダークファンタジーも負けず劣らずですが。

ソーマによって長生きもといダラダラと、無駄に健康で生き永らえさせられている人類は果たして活力的で、やる気はあるのでしょうかね・・・?限りある時間を、何かの「限界」があるから頑張れるんですよね。締め切りも起源もなければ仕事もやる気が起きないように、寿命が尽きないと絶対にグタグタですよね。
とはいえ、まだ「生身」なだけマシかも・・・?青色好き様に挙げて頂いた銀河鉄道のように「機械化して」長生きしたら・・・というか、それって「生きてる」て言っていいのか?と僕は思いました。早い話「起動してるシステム」なような気が・・・まぁ、何事も「ほどほど」が一番ですね。

グドンかボガールは来るでしょうね。だって、労せずしてエサ(人間)を食べてプリプリに肥え太ったツインテールとか極上かつ恰好の「エサ」ですからね・・・やっぱエサか。

人食いの怪獣は多いですが「いかにも人間を食う見た目したやつ」or「意外に可愛い、こんな無害そうな見た目なのに人食うヤツ」と見た目がハッキリ二極化すると僕は思っていますね。その内、前者はまだいいですが(?)後者は色々と性質が悪いからなぁ・・・油断してたら食われた、とか嫌ですからね。
「大怪獣モノ」で人食いのシーンはありました。まんま「フランケンVSバラゴン」でバラゴンがやった感じで・・・

確かにグリーザは昨今のシリーズでは特徴的ですが・・・僕から言わせて頂くと(別に青色好き様に言っているのではありません。ご気分を害したのでしたら申し訳ありません)、グリーザって人型だし、最終形態はほぼゼットンだし、と「見たことあるよ」って感じがしてなりません。確かにあの「動き」はアレだけど・・・

僕の思う「奇抜」はやはり、
「頭が逆さまに生えている」ガタノゾーア
「胴体が繋がっているように見える」ペスター・メンジュラ
「頭が下にある(逆立ちしている)」ツインテール・リトマルス
「首が数本ある」キングギドラ一族
「無機質を無理矢理生物にした」出刃包丁・・・ギロン

みたいな"見たこと無いような、思いつかないような、「そう来たか!!」"が僕の思う奇抜ですかね。
まぁ、もうネタというかデザインは出尽くしてるから仕方ないのだろうけど。

では、次回もお楽しみに!!


ナインボール77  2018年03月12日(月) 10:54 (Good:0Bad:0) 35話 報告

永遠の夢だよな不老不死って(^_^;)

ただそんな存在になったらギリアムさん(ゾフィー兄さんと同じ声な田中秀幸)と良くて同じ末路か(永遠の旅人)

木原マサキとかエンブリヲとかスパロボの悪役な末路しか思い浮かばないな(心が壊れた生きた屍な悪霊とか悪そのもの又はヤプール人?)(; ・`д・´)(V)o¥o(V)

まぁ怪獣王の細胞とか石仮面とか付けなくて良かったね(ゲス顔)(V)o¥o(V)(V)o¥o(V)(; ・`д・´)(๑¯ω¯๑)ニンニン
まさかのツインテール大活躍

返信:銀色の怪獣 2018年03月12日(月) 11:28

感想、ありがとうございます!!

永久に美しくありたい、不老不死・・・賢者の石や蓬莱島の仙薬を求めた莱秦の始皇帝、人魚の肉を食べた八百比丘尼。あるいは現代科学の「限界寿命」などなど、長く生きたいのは今も昔も人類の夢ですね。

ただ、本当に叶ったら・・・ナインボール77様の言うように「永遠の旅人」か、悪役的な末路しか・・・
長生きできても、ちゃんと寿命を迎えた(2億歳のグランドギドラ、1億5千万歳の平成ガメラ)ほうがいいですよね・・・

体を乗っ取られたて怪獣になったり、太陽で体が崩れたりはしませんが、首にあんなゲジゲジ・・・三葉虫が張り付いたまま数百年生きるのも嫌だなぁ。下手に殺虫剤とか使えなさそうだし。

怪獣のエサだ、雑魚だと言われるエビさんの活躍は前からやり語った・・・だって、腐っても45m(初代ウルトラマンよりデカい)し、明確に「肉食」って言われているし・・・人類なら勝てませんね。よく二次創作では人間とか魔法使いが倒していますが・・・腐っても「怪獣」なんだから、もっと善戦させてもいいと思うんですけどね。

では、次回もお楽しみに!!


全話感想

ギアル ID:3M0F5q/I  2020年11月03日(火) 22:25 (Good:0Bad:1) 76話 報告

どうもギアルです。
2020年も後2か月程になりましたね…
コロナにケムール人。
ケムール人は未来の…2020年の地球人と言われていますけどこれはもしかするとコロナに対抗した結果…かもしれませんね。
そして、ケムール人は見た目を変える事ができるが中身は変えられない…
(10行省略されています)


ナインボール77  2020年10月25日(日) 12:15 (Good:0Bad:1) 76話 報告

ケムール人も(;^_^A世知辛いヨナ

ウルトラマンZの2020の再挑戦は神作だったな(V)o¥o(V)
パゴスの使い方がまさかの使い方だったし
ベリアル剣優しい(KONAMI感)
闇の宇宙人がウルトラQリスペクトするしww

更新乙ですたい( *´艸`)


青色好き  2020年10月24日(土) 14:55 (Good:0Bad:0) 76話 報告

 投稿お疲れ様です!

 私のリクエストであるケムール人を採用してくれましてありがとうございます!

 未来の地球人対過去の地球人、何だか映画や小説でありそうな展開ですね。技術の発達からして未来人の方が有利かも。

 ケムール人は宇宙人ですが一説では未来の地球人という説、聞いたことあります。ケムール人みたいな見た目には…… なりたくないかなぁ。
 今年は2020年、コロナウイルスが流行していますが、「コロナといったウイルスや病気に負けない肉体を作ろう!」とか言ってケムール人みたいな姿の肉体が作られる…… なんてことありそう。


暗愚魯鈍  2020年10月24日(土) 08:50 (Good:0Bad:0) 76話 報告

投稿お疲れ様です!

レギュラン…お前、シャケの切り身がモデルだったのか(笑)。ケムール人が出てきたのは最初は驚きましたがそういえば今年2020年だったなと思い出し納得しましたね

ケムール人の足の速さで窃盗を起こしたら…絶対に捕まえられませんよねぇ…転売して自分達の手術代にする…実に効率的で現代的ですね。ケムール人は未来の人類説は知っていました。ケムール人と我々…どちらか異形なのか…それは今の人類の行い次第…ですかね?

次回も期待して待ってます!



感想を書く
非ログイン時のみ、名前と投稿キーを入力してください
名前  2~20文字
「名前#任意の文字列」と入力すると、「名前◆暗号化された文字列」と表示されます
投稿キー  投稿キー を入力してください)
内容 対象話:

0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。


感想検索
キーワード
ユーザー名 話数 並び替え
絞り込み