巨影都市オブ・ジ・エンド
作者:銀色の怪獣

▼感想を書く  ※この作品はログインせずに感想を書くことが出来ます

感想

ゴジラ対策人員  2018年04月15日(日) 16:04 (Good:0Bad:0) 38話 報告

ガクマ……懐かしいですね

今でこそバラゴンやネロンガみたいな愛嬌ある顔付きですが 当時は人食い怪獣ないしその描写のある怪獣を例外なく怖がっていたので 人間を石にして捕食する姿に見せてくれた父親の前で『ウルトラマン速く倒してよ‼』と泣き叫んでいたものです

もしオーブに出てきていたら“石ノ魔王獣マガガクマ”という肩書きになっていたんでしょうかね ビーム一発で都市の一区画をまるごと石化するぐらい強化されて

ところで魔王獣って一体一体が天災レベルで強いと聞きますが 全体的にインフレ気味なゴジラシリーズに置き換えたらどれくらいでしょうか?

返信:銀色の怪獣 2018年04月16日(月) 01:35

感想、ありがとうございます!!

分かります、人を食う怪獣の恐怖・・・幼稚園の頃に『ガメラ大怪獣空中決戦』でギャオスが咀嚼音を立てながら人を食い、ガゾートが食べた人間の服をペッと吐き出す(しかも唾液の表現のために服がベトベト)。その他諸々はかなり怖いです。しかもそれを無駄にリアルに描写したのが平成だから余計に(昔のはあからさまにマネキンとかだからシュールというか何と言うか)・・・ゴジラ対策人員様のお気持ちは本当によく分かります。

“石ノ魔王獣マガガクマ”ですか・・・マガタノゾーア並にナイスネーミングですね。確かに石化能力の強化もアリですが、あえて地脈に干渉する能力や対規模な地盤の沈下、地底のマグマや地下水脈を破損させて被害を出すとかも面白そうですね。

魔王獣をゴジラシリーズに・・・イメージ的には護国聖獣(それも千年竜王)と同格か上、でもスペゴジやグランドギドラに比べたら下、って感じでしょうか?
彼ら魔王獣は「ある能力に特化しすぎた存在」だと僕は思いますので、何と言うか能力や実力が全体的にバランス取れててヤバく、オールマイティなグランドギドラやスペゴジよりは下な気が・・・流石にマガオロチやマガタノオロチクラスならもうちょい上・・・とはいえ、ゴジラや鎧モスラには倒されるでしょうが。納得して頂けると幸いです。

では次回もお楽しみに!!


ナインボール77  2018年04月14日(土) 16:16 (Good:0Bad:0) 38話 報告

ガクマってノリが
邪神ガタノゾーアがやる石化光線ダヨな(^_^;)
どちらかと言えばウルトラQみたいなノリのウルトラマンが絡まない話な気が(V)o¥o(V)(; ・`д・´)

怪獣王だとちゃんと石化するかな(; ・`д・´)

返信:銀色の怪獣 2018年04月16日(月) 01:15

感想、ありがとうございます!!

何気にガクマの光線は唯一無二の「当たったら石化する光線。しかも助からない」という光線を吐けるヤツですからね。後輩のガーゴルゴンの場合はヤツを倒すか目を破壊すれば復活できましたが、ガクマは・・・
え?ティガがタイプチェンジのエネルギーでガクマから受けた石化光線を無効化した?・・・言わないで下さい。

余談になりますがガタノの場合、実はティガの体そのものは石像で、そこにダイゴ隊員が宿って『ウルトラマンティガ』として動いている、つまり石像=ボディ、ダイゴ隊員=エンジン、みたいな感じなので・・・ガタノがティガを石化させたのか?と問われると違うそうですが・・・

何気にガクマも「超古代怪獣」の一族だから、主君(ガタノ)に近い能力を得たのでしょうかね?

実は今回のお話はナインボール77様の仰るようにウルトラQをイメージしました。怪獣と人間、怪獣の活動で被害が起きたり逆に幸運が起きたり・・・怪獣倒すぜヒャッハー!!じゃないお話、僕は大好きです。

ゴジラの石像・・・結晶で囲まれても平気だったので、無理ですかね?体内放射でドーンとか。

では次回もお楽しみに!!


青色好き  2018年04月14日(土) 15:52 (Good:0Bad:0) 38話 報告

今回はガクマでしたか。αやβがいるなら、γ、δ、ε、ζ、η…
とかもいるのだろうか…?たくさん角を持ってそう。

山を爆破した人がどうやら反省してるみたいですね。それが救いでしょうなぁ…

返信:銀色の怪獣 2018年04月16日(月) 00:54

感想、ありがとうございます!!

ガクマ然り、ウルトラマンも後輩とか別個体が出ると無駄に角が増える傾向が・・・某セブンとゼロのフュージョンとか無駄に角が増え、その他の角があるウルトラ戦士同士の合体フォームは頭から無数の角が・・・

別に角があるのは悪くない。ただ「無駄な角」や「かっこ悪い角」はいらないですね。角が武器、角で何か技を出すとかならいいですが、無駄にデカい角がにょっきりしてるだけは・・・

動物学的な話ですが、武器に使わない俗に言う「飾りとしての角」を生やせる環境は「敵がいない」「環境(気候とかが)が安定している」「角を生やす本人(の種族)が強い、敵に襲われることが無い」だそうです。

これ、特にウルトマンに当てはまりますよね。彼らは強く、常に安定した気候の星で過ごし、特に敵がいない種族・・・正しく「飾りとしての角」が生やせる種族なんですね。だから一族の中でも特にエリートな父とかタロウとか母とかは飾りの角がデカくてにょっきり・・・

話がズレましたが、ガクマも三体目四体目はスゴいことになってそうですね。地底では不便そうだけど・・・

山を爆破した男が反省したのは救いですが、あえてその男にガクマの昔話もとい寓話を言わせたのは皮肉というか、シュールさの演出でもあります「お前が言うな!!」という・・・
ついでに言えば、犠牲になったガクマの家族は生きています。それこそ村人たちに崇め奉られ、振興の対象に。彼の犠牲は無駄じゃなかったです。そこも救いですね。

では、次回もお楽しみに!!


暗愚魯鈍  2018年04月14日(土) 15:32 (Good:0Bad:0) 38話 報告

ガクマ…知ってました…と言うか今回は珍しく怪獣が当たりました!ガーゴルゴンの歴とした先輩ですよね…ガタノゾーア?彼は微妙ですが…ギガバーサクなどは石化ちゃうし、ヒッポリトはブロンズ、ジャシュラインは黄金像ですから…捏造された寓話…実際の神話も強い者が作った神話で弱い者が使った神話は伝わりませんからね…ギリシャ神話もそうです…ガクマ可哀想…いつか出したいなぁ…この作品のガクマは夫婦か…自分は兄弟て思ってましたけどこれも新鮮、

カンピオーネ編が終わったらこの作品の様な胸糞悪いストーリーを書きたいなぁ…主に人間の黒い部分を…唯その結果…ヤプールやスペースビースト達が善人になってしまいましたが…物語の展開上仕方ない…うちのヤプールやスペースビーストは綺麗な心の持ち主…

返信:銀色の怪獣 2018年04月16日(月) 00:24

感想、ありがとうございます!!

そうですか、予想が当たりましたか・・・おめでとうございます!!商品は・・・無いです、ハイ

確かにガクマはガーゴルゴンの先輩、だけど如何せんマイナー+「絵にならない」と酷評される四足歩行・・・だからこそマイナー好きの僕としてはチョイスしました。

ガクマ以外の連中は悉く「石化」と違うし、何よりも「助かる可能性あり」ですが、ガクマの場合は完全に死にますからね。実は相当に恐ろしい実力者ですよガクマ。流石は超古代怪獣の一味ですね。

確かに寓話や民話、神話におとぎ話は基本的に「キレイな、美しい、清らかな」方向へと変化していきます。鬼を退治しない最近の『桃太郎』しかり、狼が死なない最近の『7匹の子ヤギ』然り・・・あまり美しく、何でもかんでも都合がよくするとおかしくなるんですよね。だから時には少々過激に、時には冷酷に真実を知るべきなのでしょうね・・・

余談ですが、石になったガクマの家族は・・・まぁ、生きてます。それこそ村人たちに崇め奉られて・・・石になってしまった「彼」は無駄な犠牲じゃ無かったのです。
何と言うか「夫婦」とか「親子」は多いですが「兄弟」って少ないですよね(リットルとガロンとか?)。実は最初は兄弟案で行こうと思ってましたが、夫婦の方が都合いいから変えました。


「胸糞悪いストーリー」や「人間の黒い部分」ですか・・・お褒めの言葉ありがとうございます。
何と言うか、昨今の「キレイすぎるストーリー」や「ポ〇モン化や擬人化されすぎな怪獣」ばかりの特撮では無く、昔ながらの「難しい事案などを怪獣や宇宙人という『分かりやいすもの』を使って表現する」とか「全てを超越した存在、怪獣」がやりたくてこの作品作りましたので、その辺りをご理解いただけて嬉しいです。

暗愚魯鈍様の描くお話、実に興味がありますので機会があれば拝見したいです!!

思うんですが、実はスペースビーストたちって「凄まじく純粋」だと思うんですよね。何と言うか・・・彼らも「生物」なんだからたくさんの餌を食べたい、生き残りたい、進化して行きたい、という欲求はあるわけで、それが凄まじく強いだけ、つまりは「途方も無く"生物らしい"存在」だと思います―――ただ、下手に知的で能力が厄介故に被害とかがスゴいのでしょうがね・・・
ヤプール?う~ん・・・何も言えない。

長くなりましたが、では次回もお楽しみに!!


全話感想

ギアル ID:3M0F5q/I  2020年11月03日(火) 22:25 (Good:0Bad:1) 76話 報告

どうもギアルです。
2020年も後2か月程になりましたね…
コロナにケムール人。
ケムール人は未来の…2020年の地球人と言われていますけどこれはもしかするとコロナに対抗した結果…かもしれませんね。
そして、ケムール人は見た目を変える事ができるが中身は変えられない…
(10行省略されています)


ナインボール77  2020年10月25日(日) 12:15 (Good:0Bad:1) 76話 報告

ケムール人も(;^_^A世知辛いヨナ

ウルトラマンZの2020の再挑戦は神作だったな(V)o¥o(V)
パゴスの使い方がまさかの使い方だったし
ベリアル剣優しい(KONAMI感)
闇の宇宙人がウルトラQリスペクトするしww

更新乙ですたい( *´艸`)


青色好き  2020年10月24日(土) 14:55 (Good:0Bad:0) 76話 報告

 投稿お疲れ様です!

 私のリクエストであるケムール人を採用してくれましてありがとうございます!

 未来の地球人対過去の地球人、何だか映画や小説でありそうな展開ですね。技術の発達からして未来人の方が有利かも。

 ケムール人は宇宙人ですが一説では未来の地球人という説、聞いたことあります。ケムール人みたいな見た目には…… なりたくないかなぁ。
 今年は2020年、コロナウイルスが流行していますが、「コロナといったウイルスや病気に負けない肉体を作ろう!」とか言ってケムール人みたいな姿の肉体が作られる…… なんてことありそう。


暗愚魯鈍  2020年10月24日(土) 08:50 (Good:0Bad:0) 76話 報告

投稿お疲れ様です!

レギュラン…お前、シャケの切り身がモデルだったのか(笑)。ケムール人が出てきたのは最初は驚きましたがそういえば今年2020年だったなと思い出し納得しましたね

ケムール人の足の速さで窃盗を起こしたら…絶対に捕まえられませんよねぇ…転売して自分達の手術代にする…実に効率的で現代的ですね。ケムール人は未来の人類説は知っていました。ケムール人と我々…どちらか異形なのか…それは今の人類の行い次第…ですかね?

次回も期待して待ってます!


仮面奏  2020年09月02日(水) 00:22 (Good:0Bad:0) 75話 報告

グリッドマンの同人の件もそうですが、中国でもウルトラマンのデザインを盗用して無断で映画に使ったりというもはや犯罪レベルの事件がありましたねぇ…。
中国の真っ当なウルトラファンの方々も激怒してくれてたのが救いでしたよ。
裁判に勝訴したのも良かった良かった。
中国含めた海外での権利問題に決着を着けたお陰か、円谷の海外戦略もより一層活発になりましたし、やっぱりこういうのはビシッとシメていかなきゃなと痛感です。

ギャラクシーファイト2作目で海外ウルトラマンの代表ともいえるグレートやパワードも無事に登場決定しましたしね。


西園弖虎  2020年08月26日(水) 12:58 (Good:0Bad:1) 75話 報告

投稿お疲れ様でした。

――実際、便利になり過ぎて想像すると言うことや、考えることをしないor(調べて答えだけ得る)
結果は普通に見えて、そうではなく……何処か欠けた存在になっている。しかも、本人は気づいていない……いえ、気付くことなどないでしょう――だって、それが当たり前となっているのですから。古いから見難いや古臭いとか言う人居ますけれど、表現や伝えようとしていることの大事なモノは寧ろ今よりもたくさん詰まっています。



感想を書く
非ログイン時のみ、名前と投稿キーを入力してください
名前  2~20文字
「名前#任意の文字列」と入力すると、「名前◆暗号化された文字列」と表示されます
投稿キー  投稿キー を入力してください)
内容 対象話:

0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。


感想検索
キーワード
ユーザー名 話数 並び替え
絞り込み