巨影都市オブ・ジ・エンド
作者:銀色の怪獣

▼感想を書く  ※この作品はログインせずに感想を書くことが出来ます

感想

金曜日(うんのよさ)  2019年02月28日(木) 12:24 (Good:0Bad:0) 67話 報告

乙です。駆除すべき外来種の存在を一つでも肯定するなら、全部肯定しなきゃダメではないかとも思いますが、危険度と駆除のしやすさのランクはそりゃ別ですし、根付いた後とその前の段階にやるのとでは意味も変わりますわな

それにしても、あれだけデカい怪獣が生きてける池の生態系ってか水産資源ってかなり凄い気がするので、そこの水を抜くなんてとんでもない!というのは納得。

ダブルミーニングは解説されてようやくわかりました。こう言うのをもっと理解出来るようになりたい……

返信:銀色の怪獣 2019年03月02日(土) 11:32

感想、ありがとうございます!

仰って頂いたとおり、外来種の駆除とかうんぬんは所詮は人間基準―――"かの番組"でも外来種のコイは神社の目玉(エサなどの収益、お客さんの目を楽しませる)とかの"活用方法"があるなら池に戻す、アカミミガメだって前述のコイと同じような理由があれば戻す・・・それこそ僕の地元・福岡の太宰府天満宮の『池の水~』がソレでしたし。

「人間って勝手だねぇ・・・」って嫌味いわれても仕方ないよなぁ・・・

『駆除すべき外来種の存在を一つでも肯定するなら、全部肯定しなきゃダメではないかとも思いますが、危険度と駆除のしやすさのランクはそりゃ別ですし』

確かに・・・それこそ一つでも肯定したらペットショップは閉店、スーパーや八百屋も軒並み閉店、果てはその辺にる動植物は駆除祭りで保健所が・・・だからって、何かだけを悪者にして「凶悪外来種~」とか煽るのはイカンだろう。

『根付いた後とその前の段階にやるのとでは意味も変わりますわな』=予防・防衛or駆除

正直、駆除しなくていいように防衛と予防を―――出来てないから問題に、特に日本みたいに検疫が甘い&環境が整ってる国だと・・・なのが。

とはいえ、環境問題や外来種問題はきれい事ではすまない、リアルは甘くないってこと・・・なら、なおさら"リアル"を訴えるべき、写すべきですが・・・過剰な演出、一方的な演出はダメです。

特にテレビという公共のツールならなおさら。



『それにしても、あれだけデカい怪獣が生きてける池の生態系ってか水産資源ってかなり凄い気がするので、そこの水を抜くなんてとんでもない!というのは納得』

確かに・・・どれだけの排水装置で、そもそもそんな量の水を抜いたら色々とヤバい(周辺への排水、農家とかから苦情、その他諸々)

というか、

ジラース:身長45m
ネッシー:(推定)90~100m
スワンプビースト:(推定)50~60m

こんな連中が住める池って・・・やはり池じゃなくて湖(白目)

※湖:『湖沼のうち比較的大きなものであり、一般には水深 5 ~10 m より深いものを指す』
 池:『湖より小さいものを指す』

・・・あぁ、うん。湖ですなぁ。


ダブルネーミングはエラい強引でしたが、納得して頂けてよかったです。ダブルネーミングはギャグとか無理矢理が多いのですので・・・でも「理解できるようになりたい」と言って頂けて嬉しいです。

とりあえず、やはりペット飼うなら責任もって、環境問題は本質を見極めろ&感情に流されるな(人間は感情の動物ですから・・・)ですね・・・


では、次回もお楽しみに!!


青色好き  2019年02月18日(月) 22:25 (Good:0Bad:0) 67話 報告

 投稿お疲れ様です。

 あの池の水を抜く番組ですね。個人的に「外来種の駆除と池を綺麗にするのは良い事だなぁ」と思ってましたが、今回の話で「外来種も生きてるんだよなぁ……」と思いました。確かに外来種は在来種を駆逐してしまう時がありますけど、それは「生きる」ためにやってるわけだし…… だからと言って外来種を放っておけば在来種が減りかねない…… 難しい問題ですね。
 余談ですが、大学に居た頃に講義で習った事ですが、外来種が野外に定着するのはほんの一部(全体の一割くらいだった気がします)と言われています。放たれた土地の環境(気候など)に合わない、その土地の生物に食べられるなど…… そう考えると外来種はかなり厳しい環境下で生き延びたんだな、て思います。

(8行省略されています)

返信:銀色の怪獣 2019年02月20日(水) 02:10

感想、ありがとうございます!!

はい、今回は件の番組、というか「ちっぽけなカメや魚でも大騒ぎなのに、もっと巨大な怪獣たちだったら?」をコンセプトに、そしてアカミミガメたち外来種と同じ"外来種の怪獣"を選びました。

実は最初は『池から「古代魚超獣 ガラン」が出てきて~」を、それこそ先生の仰る「世紀の大発見」をモチーフにしていました―――その中で、「池を荒らすな」的な言い伝えがある池を、欲に駆られた人間が荒らして池の主が、ガランが目覚めて大暴れ、でしたが・・・あえて、ダブルネーミングにするために、流行りの問題と"問題点"を読者の皆様に考えて欲しい、という思いでジラースたちに変えました。

先生、鋭いですね。お見事です!!


正直、あの番組は外来種問題などを知る切っ掛け、興味が無い人が興味を持つ切っ掛けとしては素晴らしい・・・のですが、やはりあの"煽り"や魚たちに対する扱いが。

作中の後書きにて『件の番組の収録現場を見た事がある』と書きましたが・・・それは僕の地元、太宰府市にある太宰府天満宮で行われたロケです―――捕獲されたアカミミガメたちは衣装ケースにぎゅうぎゅう詰めにされ、池にいたソウギョなどはタライ(クーラーボックス)?に何匹も一緒たくりに入れて運ばれていきました・・・普通、魚を輸送するならビニール袋に一匹ずつ小分けにして酸素を入れる、タライの場合は数を少なくして運ぶ必要があります

青色好き先生はペットショップなどで金魚、熱帯魚を購入されたことはありますでしょうか?
魚を生きたまま輸送するならアレと同じ事をしなければなりません・・・ですが、前述のように捕獲された魚たちはタライというかケースに多少の水と共にテキトーに放り込まれて車へ・・・魚が大きいと水中の酸素の消費も激しく、すぐに酸欠になって死ぬ、狭い中に押し込められると暴れて怪我や出血でやはり死んだり病気に、と魚の扱いに詳しい人なら分かりますが、あの扱いは・・・

加えて、僕の友人は北九州のお堀で行われたあの番組のロケをか見物していたそうですが・・・やはり、捕獲された魚たちに対する扱いは同じだったそうです。

※「お客さんが見て喜ぶお魚」こと、外来種であるハズのコイ(錦鯉)は池に戻される始末・・・勝手じゃね?

話を戻しまして、確かに外来種だって生きるために必死であって、彼らに悪気はない―――生物の歴史、生息域うんぬんって「適者生存」なんですよね。

弱けりゃ駆逐され、強いなり生命力があれば生き残れる・・・問題は、アライグマみたいな狂犬病や寄生虫をばらまく、生き物も人も植物もみんな巻き込むようなのが。

とはいえ、やはり"いるべきでない外来種"にばかり気を使うと在来種が・・・程度や加減を、その辺のリアルを訴えるのが番組やメディアの仕事だと思います。

おぉ、先生は環境学や生物学を学ばれていたのですか?僕もです―――そうですね、基本的に外来種は環境や食べ物、風土が違う場所にいきなり放り込まれるわけですから。

それこそ食べ物の栄養が、味が合わなくて、病気や気温が体験した事も無くて・・・でも、それでも生きるために頑張ったら今度は人間に。

う~む、難しいというか悲しいというか。

だからこそ、やはり「ただの悪者あつい」だけは止めてあげて欲しい、魚やカメが好きだからそう思います。

アライグマ&ノラ猫の件、確かに「扱う生物が違う」=「畑違い」ですね・・・スミマセン。

例え、的確です。疑問というか言いたかったことがピタリと言い当てて頂けました。ありがとうございます。

ですが、実はあの番組は大本は「外来種ハンター」とかの番組が独立した番組だったような?

・・・捕まえやすい魚とかにターゲット絞りやがって(ボソッ)


ウェットンですか。聞いた事はありましたが、詳細を忘れていました。なので、思い出させて頂けてありがとうございます。

「吸水怪獣」・・・水資源の枯渇、あるいは水を奪う恐ろしい怪獣だったのでしょうか?

「水がなくて水を欲したが、その水によって死んだ」=「ジャミラ」とは真逆の、何か関連があった・・・のかも?


最後の、しんちゃんのお話はマジですか!最近、テレビというか見てなくて・・・息抜きに見ますか。いいアイデが得られそうだし。素敵な情報、いつもありがとうございます。

では、次回もお楽しみに!!


妖怪の目 ID:VuqogPUc  2019年02月17日(日) 17:33 (Good:0Bad:0) 67話 報告

今回の話ですが、まさかのネッシーとスワンプビーストがでてきたのは驚きました。この二体がいたということはもしかして子供がいてそれを守る目的もあったのでしょうか。外来種の問題は難しいですよね。確かに何百年とたてば生態系になじんでいく、自然の力はすごいですから、でも、だからといって今、問題になっている外来種をほったらかしにもできない。責任を取ろうと本気でがんばってくれている人達がいることがせめてもの救いだとおもいます。それと、質問なのですが、私はサメの巨影の話で投稿した感想の中で「同じ単語を三回、繰り返した後、別の文章を書く」という表現を使いました。私が知ってる漫画作品でこういう表現方法を使ったセリフは北斗の拳のアミバの正体がわかって焦ったときのセリフが覚えがあります。ですが、他にも漫画やアニメ、特撮でこういう表現を使ったセリフを見たり聞いたことがある気がします。銀色の怪獣さんはこういう表現を使ったセリフで覚えのあるものはありますでしょうか。また、こういう表現方法を表す専門用語はあるのでしょうか。次の話も楽しみにしています。

返信:銀色の怪獣 2019年02月20日(水) 01:27

感想、ありがとうございます!!

今回は「三分の二がゴジラ」ことジラースに加え、ネッシーとスワンプビーストを―――あの二体も、『ゴジラ ザ・シリーズ』も歴としたゴジラ作品ですし、もっと認知されたらいいなと思います。

同時に、仰る通り二体には子供がつきもの・・・エサも豊富で、過ごしやすい日本で生きていたから、きっと子供はいた・・・異国で増え、育った子供はもうその国の生き物。それを外来種と言えるか?もテーマですし、仰る通り子供を守るために暴れますよね親は。

外来種問題、決してきれい事では済ませない、済ませてはいけないと思います。

作中の後書きでも述べたとおり、高校時代に属していた『魚部』にて、やはり外来種問題、あるいは「国内外来種」や「遺伝的な汚染・雑種」などの問題も嫌と言うほどに見て学んで―――だからこそ、もっとリアルや現実を知って欲しいと思います。

同時に、妖怪の目様の仰る「自然の力はスゴい」をちゃんと、正しくやって欲しい・・・やはり、外来種を「悪者」にするのはよくない。

悪者、ではなく「どうして危険か?どうすべきか」をやって欲しい・・・頑張っている人がいるから、件の番組も切っ掛けにはなっているから、まぁ。

ただ、やはりあの"過激な煽り"だけは止めた方がいいと思います。ただ、それだけです。


「同じ単語を三回、繰り返した後、別の文章を書く」

はい、頂いておりましたね「さめる巨影」にて。

う~ん・・・やはり、仰って下さった『北斗の拳』と―――何か『幽遊白書』であったような・・・?

申し訳ないです、あまりパッと思いつかなくて。

件の「同じ表現を繰り返して~」は『重複表現』というらしいです。

件の重複表現は「かなり強く印象つけたい場合」などに使ったりするとか・・・アミバ、確かに印象が強いというか濃いから、嫌でも印象に―――その濃いアミバを更に印象づけるにはピッタリなんですね。

今回も色々とお話できて嬉しかったです!


では、次回をお楽しみに!!


暗愚魯鈍  2019年02月17日(日) 08:28 (Good:0Bad:0) 67話 報告

投稿お疲れ様です!

ネーミングの意味また当てました!やったぜ!まああの番組は…酷いですからね…よく見てて「え?池の水抜いて外来種じゃない亀とか鯉は弱ったり死んだらしないの?」とか思っちゃいますし…ブラックバスとか外来種も生きてるのにそれを殺すなんて…よく考えると悪行ですよね…人間を殺すのは反対する癖に動物を殺すのはいいなんて…しかも野良猫やアライグマは殺せないくせに魚は殺す…自分勝手で醜悪、鳴かないならいいとか…でも豚とかの家畜は殺せるのに…動物愛護団体も魚も守って欲しい

ゴジ…ジラースは二階堂の時点で気づきましたが…ネッシーとスワンプビースト…知らなかったな…外来種を餌にするとは…ここの二階堂さんは頭いいな…ジラースの時もただジラースは生きていただけなのに科学特捜隊が勝手に殺したもんだからな…二階堂さんは被害者かもしれない。てかウルトラマンて悪いことしてない怪獣を殺しますよね、ムルロアやギエロン星獣…怪獣は悪者だから殺していいんですか?それならまだコスモスやエックスの方が共存しようと考えるだけマシですよね…

人間にとって自分にとって害のある生物は皆悪者なんでしょうね〜、自分もゴキは嫌いですし虫は苦手なの多いですが…虫はね、生き物て言うより機械に近いですから…まあ生き物には変わりありませんが…でもね、1番害悪な生物は人間だと思います。他の生物を殺して自分だけは正当化する…人間だけですよ?同族を些細な殺したり仲間外れにするのは…動物は仲間を簡単には見捨てないし理由もなく殺したりしない…本当に人間とは自己中心的…だから池の水を抜いて天罰が下ったんですね。現実もそうなりませんように

相談なのですが自分は未熟ゆえ小説の始めの部分と終わりの部分を描くのが苦手なんです、小説の書き分けとか大事だし、何話構成の時最後をいい感じに締めなければならないので…銀色の怪獣さんは前半、後半のお話をどうやって最後分けているのですか?また始まりはどの様に書けば読者の心を掴めますかね?もし良ければ教えてくれませんか?

次回も期待して待ってます!

返信:銀色の怪獣 2019年02月19日(火) 01:25

感想、ありがとうございます!! そして、正解おめでとうございます!!商品は・・・特にないです。スミマセン・・・

まぁ、あの番組も外来種問題などの話題には一役買っているんでしょうが如何せん・・・

実は僕は件の番組の収録現場を見た事があるのです―――僕の地元、福岡県は太宰府市にある太宰府天満宮で行われたロケです―――捕獲されたアカミミガメたちは衣装ケースにぎゅうぎゅう詰めにされ、池にいたソウギョなどはタライ(クーラーボックス)?に何匹も一緒たくりに入れて運ばれていきました・・・普通、魚を輸送するならビニール袋に一匹ずつ小分けにして酸素を入れる、タライの場合は数を少なくして運ぶ必要があります

暗愚魯鈍様はペットショップなどで金魚、熱帯魚を購入されたことはありますでしょうか?
魚を生きたまま輸送するならアレと同じ事をしなければなりません・・・ですが、前述のように捕獲された魚たちはタライというかケースに多少の水と共にテキトーに放り込まれて車へ・・・魚が大きいと水中の酸素の消費も激しく、すぐに酸欠になって死ぬ、狭い中に押し込められると暴れて怪我や出血でやはり死んだり病気に、と魚の扱いに詳しい人なら分かりますが、あの扱いは・・・

加えて、僕の友人は北九州のお堀で行われたあの番組のロケをか見物していたそうですが・・・やはり、捕獲された魚たちに対する扱いは同じだったそうです。

そして、やはり一般参加の方々を見ていると・・・「大勢でお魚捕りしてる」感が否めない・・・

これが実際に収録現場を見て思った事、受けた印象です。

だからねぇ、何ともまぁ・・・コイも外来種扱いですが「観光資源」と言う理由でも戻されるけど、ブルーギルとかは殺されてる。やはり「身勝手」ですね。

とはいえ、実際に外来種うんたらは悠長な、生半端なことでは成り立たない―――なら、やはりアライグマやノラ猫は?

あの番組、元は色んな外来種を駆除する番組が独立した番組ですが、やはりアライグマとか駆除しないじゃん・・・ね?オカシイですね。

だから、そこは番組での煽りを止める、もっとリアルを見せるとか工夫しないと、知らない人は誤解しちゃんだから。やはりテレビとかの影響力のある物は気遣いってのが大事だと確信しております。

今回の二階堂さんはたしかに頭がイイ。エサのブラックバスとかならすぐ増えてエサにも最適。どうやら賢い人だった―――問題は三頭も飼っていたことですね。

だって、あんなデカいのを三頭も・・・『ゴジラザ・シリーズ』でもジラ(ゴジラ)の食糧問題で荒れましたが、三頭もいたからああいった事態になっていたかも?

とはいえ、こちらも原作と同じく第三者のせいでジラースたちが暴れてしまった・・・何かなぁ、ですね。

ウルトラマンも怪獣を殺すのは平和を守るため―――とは言うものの、時には間違いを犯す。

その間違いを見てみんなが学べる・・・これも所詮はきれい事で、怪獣はニセモノだから、とメタ発言をしますが、事実はそう簡単じゃない。特に最近の「怪獣も仲間」ならなおさら考えるべき問題。

慈愛の勇者やユナイトする方たち、もっと早く出ていたら・・・とも思う今日この頃です。

反面、人間も生き物であって自分の身を守る必要があるから「汚い=病原菌を持っている、汚染する生物」とか「危険=襲ってくる動物」を攻撃・駆除するのは致し方ない。

問題なのは「自分の都合で判断して、言い訳する」のと「他者にそれを押し付ける」―――かのシ〇シェパードとかですかね?

とりあえず、人間が駆逐される側に回らないように気を付けないと。



相談の件・・・僕もそこまでアドバイスに、参考になるかは不明ですが―


最初・前半は「その回のメインにつながる部分を徐々に徐々にアピールする・小出しする」

最後・締めは「アピールしたかったメインを読者の記憶に残るようする為の演出、描写」

ですかね―――例えば、書かれているグリッドマンを出したい、グリッドマンの初登場をやりたいなら

一番最初は「巨人・コンピューターワールド・記憶喪失」みたいなグリッドマンの"手がかり"や"パーツになる物"を複数個出すとか、演出する。

で、徐々に徐々にそれらを小出しして、パズルをくみ上げるようにメインのグリッドマンを出す。

逆に、終わりや締めはグリッドマンの活躍などが読者の記憶に残るように、戦いの跡や結果を描写する、あるいは登場人物たちにグリッドマンの活躍を言わせる、アピールさせるといった「実際に起こしたリアクション、結果を残しておく」が大事かと。

ですが、同時にいつまでも同じ結果や成果を描写したら次に進めない・・・という注意点もあるから難しいです。

・・・何か上手く言えないですが、少しでもお役に立てればいいのですが。


というか、例えるならフルコースの料理みたいな?

最初はオードブルやスープといった「引き立て役」を出しつつ、徐々にポワソンやソルベという「引き立て役よりは目立つけど、メインに比べたら地味」を出し、読者の興味を引いておいてからのメイン、みたいな?



では、次回もお楽しみに!!






ナインボール77  2019年02月17日(日) 01:11 (Good:0Bad:0) 67話 報告

まぁ本当に駆除しなきゃいかん(^_^;)連中はいっぱい居るからなあ(^_^;)(;^ω^)(笑)

( ゚д゚ )彡そう!言えばハブとマングースはマングースはハブ喰わないし貴重な動物食べてたから結局地道に駆除されて居なくなりそうだけど(;^ω^)
本気出せば(面倒くさいが)人間は駆除して動物は滅ぶんだと改めて感じた( ・`ω・´)(V)o¥o(V)

更新( ^ω^)おっですたい

返信:銀色の怪獣 2019年02月19日(火) 00:50

感想、ありがとうございます!!

今回は現実問題と、割とシャレにならない問題を―――駆除か駆逐か。特撮、あるいは「チキューケナシザル」みたいな感じで、人類が駆除される側にならない事を祈るばかりです。

ならば、行いを改めよう(ため息)

仰る通り、マングースは沖縄では地道な取り組みで数が減り、奄美諸島ではほぼ駆逐された、と言っても過言では無いとか。

反面、今度はノラ猫がヤバいらしいです・・・ノラ猫は何故か去勢して野に放つとか。何で?
思うのですが去勢したなら、捕まえたならば、どうせなら「触れ合い猫広場」とか作って観光資源にすればいいのに。そうすれば自治体も潤う、猫もエサもらえる&駆除されない、といいこと尽くめだと思うんですけどねぇ。

もっと柔軟な発想で、あの番組も駆除するだけじゃなくて某T〇KIOの番組でやっている「外来種を食べる」とかすればいいのに。発想の転換とか大事ですよねやはり・・・ついでに、あの人ら(TOKIO)、もうマジでアイドルの仕事じゃねぇよ、アレ(白目) 尊敬しますよ。

『本気出せば(面倒くさいが)人間は駆除して動物は滅ぶんだと改めて感じた』ですね。仰る通り―――野良犬とかその代表例だし。

まぁ、だからこそ「悪い外来種~」じゃなくて本質とかも伝えないと。ただ外来種を「レッドファイト!!」するんじゃなくて、かといって「フルムーンレクト」すればいいってモンじゃない・・・難しいですが、その辺の調整ですね大事なのは。

・・・この世界にはウルトラマンいないし、ジラースたちは好き勝手できるから幸せ・・・か?

では、次回をお楽しみに。


全話感想

ギアル ID:3M0F5q/I  2020年11月03日(火) 22:25 (Good:0Bad:1) 76話 報告

どうもギアルです。
2020年も後2か月程になりましたね…
コロナにケムール人。
ケムール人は未来の…2020年の地球人と言われていますけどこれはもしかするとコロナに対抗した結果…かもしれませんね。
そして、ケムール人は見た目を変える事ができるが中身は変えられない…
(10行省略されています)


ナインボール77  2020年10月25日(日) 12:15 (Good:0Bad:1) 76話 報告

ケムール人も(;^_^A世知辛いヨナ

ウルトラマンZの2020の再挑戦は神作だったな(V)o¥o(V)
パゴスの使い方がまさかの使い方だったし
ベリアル剣優しい(KONAMI感)
闇の宇宙人がウルトラQリスペクトするしww

更新乙ですたい( *´艸`)


青色好き  2020年10月24日(土) 14:55 (Good:0Bad:0) 76話 報告

 投稿お疲れ様です!

 私のリクエストであるケムール人を採用してくれましてありがとうございます!

 未来の地球人対過去の地球人、何だか映画や小説でありそうな展開ですね。技術の発達からして未来人の方が有利かも。

 ケムール人は宇宙人ですが一説では未来の地球人という説、聞いたことあります。ケムール人みたいな見た目には…… なりたくないかなぁ。
 今年は2020年、コロナウイルスが流行していますが、「コロナといったウイルスや病気に負けない肉体を作ろう!」とか言ってケムール人みたいな姿の肉体が作られる…… なんてことありそう。


暗愚魯鈍  2020年10月24日(土) 08:50 (Good:0Bad:0) 76話 報告

投稿お疲れ様です!

レギュラン…お前、シャケの切り身がモデルだったのか(笑)。ケムール人が出てきたのは最初は驚きましたがそういえば今年2020年だったなと思い出し納得しましたね

ケムール人の足の速さで窃盗を起こしたら…絶対に捕まえられませんよねぇ…転売して自分達の手術代にする…実に効率的で現代的ですね。ケムール人は未来の人類説は知っていました。ケムール人と我々…どちらか異形なのか…それは今の人類の行い次第…ですかね?

次回も期待して待ってます!


仮面奏  2020年09月02日(水) 00:22 (Good:0Bad:0) 75話 報告

グリッドマンの同人の件もそうですが、中国でもウルトラマンのデザインを盗用して無断で映画に使ったりというもはや犯罪レベルの事件がありましたねぇ…。
中国の真っ当なウルトラファンの方々も激怒してくれてたのが救いでしたよ。
裁判に勝訴したのも良かった良かった。
中国含めた海外での権利問題に決着を着けたお陰か、円谷の海外戦略もより一層活発になりましたし、やっぱりこういうのはビシッとシメていかなきゃなと痛感です。

ギャラクシーファイト2作目で海外ウルトラマンの代表ともいえるグレートやパワードも無事に登場決定しましたしね。



感想を書く
非ログイン時のみ、名前と投稿キーを入力してください
名前  2~20文字
「名前#任意の文字列」と入力すると、「名前◆暗号化された文字列」と表示されます
投稿キー  投稿キー を入力してください)
内容 対象話:

0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。


感想検索
キーワード
ユーザー名 話数 並び替え
絞り込み