やはり俺の奇妙な転生はまちがっている。
作者:本城淳

▼感想を書く  ※この作品はログインせずに感想を書くことが出来ます

全話感想

越後屋大輔 ID:hL/jdO.Q  2018年12月03日(月) 23:07  報告

最低ってダジャレの事ですか……しょーもない(誉め言葉です)。

返信:本城淳 2018年12月03日(月) 23:09

いやいや、葉山ったは最低ですよ(^_^;)


青い外套の剣士  2018年12月03日(月) 21:13  報告

#運対(小説形式や会話形式のものの投稿)#

返信:本城淳 2018年12月03日(月) 21:06

pixiv八幡(じー………………)「螺旋階段…カブトムシ…」

八幡(H八幡又は草薙八神)「EX第2章の俺!第四章がなくなったからDIOの魂を狙ってやがる!」

葉山「承一郎!やっぱり第2章は君が必要だ!」


越後屋大輔 ID:syYKhfiI  2018年12月01日(土) 23:13  報告

私、ベートーベンは『運命』より『月光』の方が好きです。ちなみにクラシックで一番好きなのはショパン『別れの曲』です。

返信:本城淳 2018年12月02日(日) 00:28

葉山の登場がどう変化するのか!
お楽しみに!


越後屋大輔  2018年11月29日(木) 20:30  報告

偽物相模の正体は?やはりあの連中の1人でしょうか?

返信:本城淳 2018年11月29日(木) 21:00

流れ的にそうなりますね。
今回の場合は偽相模の正体よりも本物がどうなったか…ですね。


越後屋大輔 ID:A63SQmIw  2018年11月28日(水) 23:06  報告

小猫がキラー・クィーンを懐かしんだのは元ネタの歌詞に「キャット」が入ってるからか、スタンド自体猫っぽい姿だからか……。

返信:本城淳 2018年11月28日(水) 23:10

尾河さんの作品の方で、実はそう解釈の取れるシーンがあるのです。
悪魔の集団に狙われている白猫を、幼少期の丈城がキラー・クイーンで救うシーンが存在します。


ハテナ ID:DQVV9ul6  2018年11月28日(水) 20:43  報告

オーフィス、白良の規格外さで自らが八幡を鍛えてることがおかしなことに気づいてない!?

返信:本城淳 2018年11月28日(水) 20:54

Aオーフィスの事に関しては私が考えた設定では無いですが、1つ言えることがあります。

…………ペテンや工夫でどうにかなるレベル出はないですので、ジョセフ以下はこうなるでしょう。


アーシス「逃げるんだよォォォ!」


サカナ ID:0gRqmr8c  2018年11月28日(水) 20:23  報告

無限の龍神が全力出しても逃げ切れないなんて…

《比企谷白良からは逃げられない!!》

みたいなかんじ?
あと、オーフィスが八幡を鍛えてるとは…あきらかにヤバイ!

返信:本城淳 2018年11月28日(水) 20:51

うちの八幡ではないので何とも……。

工夫で戦うのがうちのスタイルですし。最近、ネタが無くなって来てますが(^∀^;)


越後屋大輔 ID:wX5Ntu0s  2018年11月27日(火) 23:02  報告

何が写っていたのか?予想はしたけど、ここには書きません……消されたくないから。

返信:本城淳 2018年11月27日(火) 23:04

予想通りだと思います。
大変な事になってます。


センダイ ID:26lves6M  2018年11月27日(火) 00:39  報告

そういえば今ここに、無限の龍神…つまりオーフィスが2人いるわけで…。無限と無限が同じ場所にいるなんてカオスすぎる…

返信:本城淳 2018年11月27日(火) 01:40

何人も同一人物が集結してますからね。
カオスであると同時に、それでいながらわずかな差を楽しむのが楽しかったりします。
比企谷八幡は……かなり存在してますからね。


越後屋大輔 ID:fR8dk6PI  2018年11月26日(月) 20:37  報告

平行世界の本人同士の会話、相変わらずカオスですな。私にはそんな技量はないので互いの平行世界が関わり合いにならないようにしてます。

返信:本城淳 2018年11月26日(月) 21:43

案外、楽しかったりします♪



感想を書く
非ログイン時のみ、名前と投稿キーを入力してください
名前  2~20文字
「名前#任意の文字列」と入力すると、「名前◆暗号化された文字列」と表示されます
投稿キー  投稿キー を入力してください)
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。

※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。