やはり俺の奇妙な転生はまちがっている。
作者:本城淳

▼感想を書く  ※この作品はログインせずに感想を書くことが出来ます

感想

アンルシア ID:RBzyYgAU  2018年10月11日(木) 21:20  報告

レクイエムについて

3章終盤:比企谷八幡が使用。ここでザ・ジェムストーンはザ・ワールドとハーミット・パープルが合体したものだったことが判明。2つのレクイエムを1つの魂で行ったため、魂が持たず6つに砕けた。5つは異なる世界に旅立つ。
原因:比企谷八幡が矢を刺したことで発動。

4-1:比企谷八幡が使用。「はるのんとはちまんくん」の比企谷八幡とこの世界で手に入れたDIOとジョナサン、そして自らの魂を使用することにより真実に到達する。
原因:比企谷八幡が矢を刺したことで発動。

4-2:川崎京華が使用。デュオロン・オブシディアンが現れた。しかし、そのとき本人がどこにいたのか不明。きっかけも不明。謎。
原因:不明。

4-3:空条承太郎が使用。ブラッドが変身したザ・ジェムストーンがなる。ブラットは一つのスタンドのためそこから変身したザ・ジェムストーンも1つのスタンド。つまり、ザ・ワールドとハーミット・パープルの合体ではないため1つの魂で事足りる。
原因:空条承太郎が矢を刺したことで発動。

4-4:比企谷八幡と兵藤丈城が使用。比企谷八幡がザ・ワールド・レクイエム 、兵藤丈城がハーミット・パープル・レクイエムを合体させ登場。
原因:比企谷八幡と兵藤丈城のレクイエムを合わせることで発動。

たしかにレクイエムさん出すぎ!?お疲れモードに…
しかし、けーちゃんのレクイエムが発動した理由って…?

返信:本城淳 2018年10月11日(木) 21:51

第3章にてエシディシを葬ったように、けーちゃんが絶望と怒りに心が囚われたとき、リーシャウロン・アクアマリンはデュオロン・オブシディアンに変化します。
ではデュオロン・オブシディアンが発動した理由はと言うとですね……。

いますよね?全ての平行世界をうろちょろしていた人物が……

彼女が唆したということになっています。


越後屋大輔  2018年10月11日(木) 20:24  報告

巨大化したレイナーレの姿が気になる、どう想像してもグレンデルしか思い付きません。でも変身したとはないし、単にデカくなっただけですかね。

返信:本城淳 2018年10月11日(木) 20:40

飛行機を吸収して巨大化したと見るべきでしょうか。
私にもメカニズムがよくわかってないんですよ(^_^;)


丹頂 ID:JTsEPlnI  2018年09月07日(金) 00:11  報告

 更新お疲れ様です。

 頑丈過ぎる兵器って、生半可なスタンド使いよりも厄介ですね。承一郎&ジョニイじゃなかったら、ヤバかったでしょう。陽乃はアヌビス神の転生であっても、人間ゆえに身体能力的な限界という弱点がある事に気付かされました。修行で大分強くなってるとはいえ、剣だった前世みたいな戦法は確かに無理ですよね。しかし、DIOや承太郎でさえ、最初はほんの一瞬しかできなかった「時止め」を、初挑戦で三秒できるなんて、さすが承一郎ですね。

 おまけコーナーですけど、承一郎はジョセフなら多分八幡あたりで試すように言わなかったとしても、絶対八幡で試すと踏んで、新開発の義手を渡したんでしょうね。ジョセフも承一郎の思惑に気付いてたとしても、やっぱり八幡で試してたでしょうね。
 ジョセフの若さにビックリしてたけど、再会した時はまたビックリしてそうですね。ワートリ世界のトリオンの力で、全盛期の姿に戻れるようになっちゃったし。

 間接的にだけど、見事八幡への報復に成功した承一郎ですけど、またすぐに仕返しされそうですね。何か本編でも、八幡は承一郎&ジョニイへの悪戯(という名の外道行為)を考えていたみたいだし。
 

返信:本城淳 2018年09月07日(金) 01:03

と、思いますでしょ?
ところがどっこいなんですよ。
承一郎とアーシスの戦いかたの質に違いがあるわけです。
それはもう少しでわかりますが。

オマケコーナーはもっと酷いのが2つ残っています。
特に本編でも触れている「もっとも酷かった」ものが。
乞うご期待!


越後屋大輔 ID:PG9uv2lI  2018年09月06日(木) 20:17  報告

今更だけど若返ったジョセフのイメージがどうしても『トリコ』の一龍と被ってしまう……。

返信:本城淳 2018年09月06日(木) 21:03

うーん、今回のオマケコーナーは第3章の千葉村前のエピソードなので第3部ジョセフを少し若返らせた程度のイメージなんですけどね?


全話感想

桂木 瑠奈 ID:OQIHRILI  2019年12月09日(月) 20:39  報告

海老名よ、アンタ2歳の頃から腐女子キャラだったの!前世の記憶は戻っているのでしょうか。
それと仗助って、バイクの免許持ってたっけ?

仗助の京に対する疑いが無事晴れたと思ったら、黒幕による事件が発生!ヒントを読んでも黒幕の正体及び目的がわからないので、「海亀のスープ」と同じ様に、「YES」か「NO」で返答できる質問をさせていただきます(ジョジョ5部か6部のキャラが黒幕だと思っていますが。)。
①黒幕は、この作品の「第2章」で初めて登場しましたか。
②黒幕は、この作品の「第3章の千葉村」で初めて登場しましたか。
③黒幕は、この作品では「転生者(前世の記憶持ち)」として登場しましたか。

返信:本城淳 2019年12月09日(月) 20:52

海老名の花京院の記憶はまだ戻っていません。この話のエピローグが承太郎&海老名編へ続きます。億泰編ほど長くはありませんが。
仗助の免許はわかりませんが、ハイウェイ・スター戦で露伴のバイクを使っていたので、それをネタにしました。

黒幕は……
①イエス
②ノー
③ノー

となります。
ほとんど答えを言っていませんかね……これ。


越後屋大輔 ID:.YStzRZM  2019年12月09日(月) 20:17  報告

そっか、あの娘じゃないのか。ホッとしたような残念なような……よく考えたらあの娘のスタンドが現れた時、仗助達は24才でしたね。忘れてました。
σ(^_^;)?

返信:本城淳 2019年12月09日(月) 20:48

この話は仗助が高校2年の時の話ですからね。
忍と出会ってそれほど時は経っていない時期です。


桂木 瑠奈 ID:h2WY4xbU  2019年12月07日(土) 20:29  報告

億泰と京のやりとりを読んで、「夫婦漫才のようですごく面白い。」と思いました(噴上が「お似合い」というのも納得です。)。

未起隆が億泰達の味方になってくれてよかったです。これで事態が好転してくれるといいのですが…。
それにしても、未起隆は、どの国で「否定=うなずく」という行動を覚えたのでしょう(ちなみに、ブルガリア・インド・パキスタンなどでは、頭を左右交互に傾けて揺らすのが「肯定」のサインだそうです。)。

返信:本城淳 2019年12月07日(土) 20:59

そのブルガリアが縦に振ると否定的な意味だそうです。

億泰と京のやり取りに満足いただけて光栄です。
未起隆の登場は第2章のフォローでもあります。第4部の段階では未起隆は他人に化ける事は出来ませんでしたから。


越後屋大輔 ID:4qpv9mEc  2019年12月07日(土) 20:18  報告

億泰のセリフに忍が登場!いつもありがとうございます。

返信:本城淳 2019年12月07日(土) 21:01

忍と仗助、億泰の年齢は完全に同い年ですからね(ときメモ2の1年目は1999年なので)。
忍の思い出話もジョセフ編で出しますので!
本編のキーマンともなりますしね。


桂木 瑠奈 ID:8RRr/67I  2019年12月05日(木) 20:37  報告

ミスタのワキガ、まだ治ってなかったんですか(てっきり、中学編において、出発前に食べたトニオさんの料理のお陰で、ワキガは治ったとばかり思っていました。)。
香水でごまかす前に、まず日々のケアに力を入れて、普段の食事や生活リズムなどを見直すことを勧めます(億泰の方は、普段の食事や生活リズムは、京がしっかり管理してそうなので、大丈夫でしょう。いざとなったら、トニオさんの料理を食べればいいし。)。

〈ワキガに対し、行うといい日々のケア〉として、「こまめにシャワーを浴びる、除毛する、アルコール綿で脇を拭く、綿などの天然素材の衣類を着る」などがあります(ワキガの原因として、「睡眠不足、脂っこいものを多く食べている、匂いのこもりやすい化学繊維の服を着ることが多い」などがあります。)。

返信:本城淳 2019年12月05日(木) 20:39

ワキガの原因、ミスタは全て当てはまっていそうですね(^_^;)


越後屋大輔 ID:395.ewmU  2019年12月05日(木) 20:25  報告

脱走させる事が可能なスタンド使い……まさか、あの娘じゃないですよね?(覚えてますか?)

返信:本城淳 2019年12月05日(木) 20:27

既に登場済みですね。
ちなみに八幡達は現時点で気付いていません。



感想を書く
非ログイン時のみ、名前と投稿キーを入力してください
名前  2~20文字
「名前#任意の文字列」と入力すると、「名前◆暗号化された文字列」と表示されます
投稿キー  投稿キー を入力してください)
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。