やはり俺の奇妙な転生はまちがっている。
作者:本城淳

▼感想を書く  ※この作品はログインせずに感想を書くことが出来ます

感想

丹頂 ID:5ll7jDio  2019年03月23日(土) 22:21  報告

 更新お疲れ様です。

 想定内ではありますが、文化祭も色々とスゴイ事になりそうですね。波紋戦士達への特別コースがえらい鬼畜仕様になってるのは、八幡と小町と静に関しては、ほとんど自業自得なところもあるので、あまり同情できませんが。あ、でも海老名のお腐れ毒電波に苦しめられた点に関しては、ちょびっとだけ同情しました。ジョナサンばかりか、DIOまでもが苦しむんですからねぇ。腐れ妄想、マジ怖いです。

 外伝も拝見しました。ジョセフもやっぱり数年で転生して戻って来るんですね。しかも徐倫の子供て。承太郎や徐倫をからかいまくって、二人の胃薬消費量無駄に増やす未来しか見えません(汗)。既に現在でも、主に悪童コンビのせいで胃薬のお世話になってるであろう徐倫達に、こちらをどうぞ。

つ水なしで飲める胃薬十年分

返信:本城淳 2019年03月23日(土) 23:40

空条仗世文として転生したジョセフは8代目ジョジョとして承太郎ポジションになった八幡、静、京華、ジュニア達と共にプッチが残したディスクの後始末をするというストーリーを妄想しています。
むしろ被害を受けるのはその時の性悪コンビですね。

外伝『君の名は。』はいつかはやってみたいストーリーとして考えていました。
修学旅行編ではドンパチの連発なのですが、それを踏まえた上での人間関係になっています。
葉山や相模、戸部が本格的に仲間になっているのもその関係です。
体育祭編の後は修学旅行編に突入しますので楽しんで頂けると嬉しいです。


越後屋大輔 ID:pNpiHCjA  2019年03月22日(金) 23:38  報告

ときメモ2にも棒倒しありましたね。私、匠を毎回棒持ちにしていました。走らせると役に立たないし(笑)

返信:本城淳 2019年03月23日(土) 02:14

まぁ、今回は騎馬戦と棒倒しが目玉になりますが。
後は熱血行進曲ですね。


全話感想

越後屋大輔 ID:xJItVvRU  2019年08月17日(土) 22:55  報告

確か現実世界で、実際お金の価値がなくなった国がありましたな……どこだっけな?イッテQで見たんですが。

返信:本城淳 2019年08月17日(土) 22:57

それは知りませんでした。
北斗の拳のネタを入れてみたんですが。

アレッシーのエンディングを見ていたら、経済が滞るよなーと思い、突っ込みを入れてみました。


桂木 瑠奈 ID:BXkgGj/Y  2019年08月17日(土) 15:24  報告

「第4章ー1」の目次を見て気になったのですが、サブタイトルが「はやり彼等の力は本物である。」になっています(「やはり〜」が正しいのではないでしょうか。)。

アレッシーは、めっちゃ嫌われキャラですけど(もちろん、私も嫌いです。)、転生者の前世返りが見られなくなるのは、寂しいです(「第4章ー1」では、川崎さんにも、前世返りして欲しかったです。)。

もし、アーシスの戦闘訓練中に、転生者の前世返りが起こったら、「邪悪の化身(笑)」と化したDIOは生き残れるでしょうか(「7人目のスタンド使い」において、「老ジョセフ、シーザー、シュトロハイム、ダイアー」がDIOと戦うイベントを動画で見たので、つい。)。

返信:本城淳 2019年08月17日(土) 15:40

はい、一年前の誤字ですね。後で修正しておきます。

その前世返りは第2章においてアレッシーの攻撃はアーシスの前身組織であるクリスタル・クルセイダーズ全員がくらいました。
静は第1章の状態になり、ジョルノは「汐華初流乃」時代にもどり、ミスタ、仗助、億泰は全盛期に戻り、承一郎はジョニィ(JOJO)を知覚する以前に戻され、そして…八幡、いろは、小町、陽乃は前世返りを起こしました。
そう、既に八幡は一度ジョナサンとDIOに戻っているのです。
ミドラーがクリスタル・クルセイダーズ参戦となった戦いとしてアレッシー戦にスポット参戦しています。
仗助がジョースケになった日でもありますね。

追記

この現象は未来編において「アレッシー現象」と名付けられています。
「空条仗世文の奇妙な冒険」より。


桂木 瑠奈 ID:4iqNi05E  2019年08月16日(金) 20:30  報告

「EOH掛け合い集」について、質問があります。「八幡、いろは、静、女装ジョセフ」は取り上げられているのに、どうして「小町メイン」の話がないのでしょうか(仗助を除く幼なじみーズの中で、小町メインのはなしがなかったから、つい。)。

後、「リサリサとジョセフが親子である」という事をけーちゃんから聞かされた大志は、動揺しなかったんでしょうか(ジョセフの不倫及び隠し子の事を聞いて、三浦、海老名、材木座、戸塚がドン引きした事を思い出したので。)。

返信:本城淳 2019年08月16日(金) 20:35

先に静編を入れていて止まっていることと、女装ジョセフのネタが浮かんで来たことが理由です。
いずれは小町編もやる予定です。

大志も最初は驚いたと思います。
ですが、事前に京華から聞いていたからこそ心の準備が出来ていたと言うところですね。


越後屋大輔 ID:d28V5rJQ  2019年08月16日(金) 20:06  報告

久し振りの連日投稿ですね。しかも女装ジョセフ……飽きが来ませんな。
d=(^o^)

返信:本城淳 2019年08月16日(金) 20:07

女装ジョセフもそろそろネタが切れますがね。
静・ジョースターのネタが思い浮かばないんですよね(^_^;)


桂木 瑠奈 ID:4iqNi05E  2019年08月15日(木) 20:47  報告

露伴先生の手先の器用さは、漫画執筆前の準備体操を見て知っていましたが、格ゲーでもその実力を発揮するとは思いませんでした(「プロゲーマー」と「漫画家」の二足の草鞋を履けますよ、先生。)。
八幡の将来は、兄貴分たちにより、2択に絞られてしまいましたね(八幡の将来はどっちだ。)。
海老名については、ノーコメントでお願いします(もう、突っ込む気力も失せましたわ。)。
後、作中に出てきた「EOH事件」について、機会があれば、読んでみたいです。

返信:本城淳 2019年08月15日(木) 20:51

概要的にはジョジョリオンのストーリーが終わらせた後に新たな平行世界としてストーンオーシャン外伝から二年後の本作の世界に承太郎達が迷い込んだ設定です。
そこでは小町、静、陽乃が操られ、承太郎と若ジョセフに襲いかかってくるところから始まります。
機会があれば書こうと思っていましたが、PS4が御臨終をしてしまい、書けずじまいなんですよね(^_^;)


越後屋大輔 ID:m6b91tWM  2019年08月15日(木) 20:18  報告

海老名、今回も暴走してましたな……もう私の中では『海老名といえばマリネラ』の方程式が出来上がってます。
!Σ( ̄□ ̄;)

返信:本城淳 2019年08月15日(木) 20:19

今回は性悪コンビの悪ふざけは少ない代わりに海老名がガンガン暴走します。
ネタが豊富ですしね( ^∀^)


桂木 瑠奈 ID:4iqNi05E  2019年08月13日(火) 20:42  報告

いよいよ、私が大好きなミドラーさんの話ですか(「アーシスの女性組の中では人気が高い」と書かれていた時、自分のことのように嬉しかったです。←やっぱり、本当にいい女は違いますねぇ。)。
初めてミドラーさんのイラストを見た時、露出度が高すぎて思わず「ゲームの年齢制限は大丈夫かな。」とガチで考えました(格ゲーにおいて、露出度の高い女性キャラを最低でも1人参戦させるのは、テンプレなんでしょうか←最近、格ゲーをやってないので、よくわからないんです。)。

ミドラーさんのエンディングについて、メリバ(メリーバッドエンド)と思ったのは、私だけでしょうか。

余談ですが、海老名が後ろでやっていたのは、「パン、ツー、もろ、見え」じゃなくて「パン、ツー、まる、見え」じゃないでしょうか。

返信:本城淳 2019年08月13日(火) 21:13

海老名の行動については……あの格好のミドラーはもはや丸見えとかのレベルではないですよね…(^_^;)
年齢制限はSNKが既に不知火舞やユリ、キングの脱衣KOがその垣根を取っ払っていますから今の時代ではともかく当時なら大丈夫では無いかと思います。

メリーバッドエンド……なのは確かですね。
20年ほど前の私も「は?」と思ってしまいました。
花京院の時のようにお通夜モードにならないよう、ミドラー本人が笑い飛ばす事で緩和したつもりでしたが、無理がありましたか…。


越後屋大輔 ID:A0GWB1z.  2019年08月13日(火) 20:10  報告

原作ありの格ゲーってたまにムリがあったりしますよね。DBファイナルバウトだとピッコロとパンの駆け引きが変だし……。

返信:本城淳 2019年08月13日(火) 20:13

スパーキングはむしろ上手くまとめられていましたけどね。



感想を書く
非ログイン時のみ、名前と投稿キーを入力してください
名前  2~20文字
「名前#任意の文字列」と入力すると、「名前◆暗号化された文字列」と表示されます
投稿キー  投稿キー を入力してください)
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。