やはり俺の奇妙な転生はまちがっている。
作者:本城淳

▼感想を書く  ※この作品はログインせずに感想を書くことが出来ます

感想

レレレ  2018年04月08日(日) 22:14  報告

ここでおさらい
それぞれの前世

八幡:DIO&ジョナサン
いろは:エリナ・ジョースター
小町:リサリサ
陽乃:アヌビス神
戸塚:スピードワゴン
材木座:シュトロハイム
海老名:花京院
三浦:アヴドゥル
サブレ:イギー
綾瀬:ヴァニラ・アイス
泉:ポコ

これで全部かな?

-追記-

あ、カマクラを忘れてた...orz

猫草で思い出したけど、吉良って結末的に転生できないよね...

ポコの例もあるし、モブキャラで川尻浩作(真)が転生する可能性が微レ存?

返信:本城淳 2018年04月08日(日) 22:51

カマクラの猫草を忘れてますよ?

少なくともあと5人、転生キャラを出せます♪
さて、誰が誰になるでしょうか?

追記

吉良は出来なくは無いですね。

出来なくは無いですけど、重チーとかと同様に使い所が敵以外に無いところです…。
後は年齢問題ですね。
第3部以前の死亡キャラ以降は同級生には出来ない縛りがあります。何故なら第4部で赤ちゃんだった静が同級生ですから。出せてもいろはや小町の同級生だったり、ルミルミの同級生ですか?
いろはの同級生ならともかく、出来ることなら小学生の敵キャラは作りたく無いですね(^_^;)
それを無視した転生が一人存在しますが。
川尻浩作ですか。すっかり忘れてましたよf(^ー^;
川尻一家自体を忘れてました。ポコやスモーキー、アンちゃんの方がマイナーなのに( ̄▽ ̄;)
でも悪くはないですね!ただ……川尻浩作はジョースター家との面識がゼロですから、隼人を出さなければダメなところですよね。
アイデアはたった今、できましたけど!


レレレ  2018年04月08日(日) 22:05  報告

同じハヤトでも、総武のはただのクズで、杜王町のは少年ながら黄金の精神を持つ戦士って...
なぜここまでの落差が

返信:本城淳 2018年04月08日(日) 22:33

作者なりの解釈では…。
総武の隼人はいい人には変わらないんです。
ただ、下手にみんな仲良くを掲げてしまっていることが足かせであり、みんなの葉山隼人を演じる義務にはまっており、更には非情になりきる覚悟が持てない臆病さが見る人が見ればクズに見える…というところかなと思えます。救いの無いのが、原作における一連の行動に悪意がない所でしょう。
よくあるアンチにあるような、自分をよく見せる為の踏み台に利用するとかでは無いところがかえって扱いに苦しむ所ですね。
本作でも、実は悪意はないんです。すべては汐華のせいです。(ジョルノさん、すみません)
…特に修学旅行の時が顕著に出てますが、自分が泥を被ったり、グループが解散する覚悟が持てなかった…。
ジョースター家やパッショーネが嫌うタイプの人間ですね。原作の葉山では本作八幡には敵になる資格すらないキャラです。当初のユキノンやガハマのように。
まぁ、ただのアンチキャラにするのはアレなので、平塚先生同様に何とかしようと努力しようとは思いますが。


越後屋大輔 ID:H3zmNYxE  2018年04月08日(日) 20:14  報告

俺ガイルの原作よく知らんハズなのに葉山に腹が立ってきた。何だこの思い?
スタンド使い同士の闘い、さてこの結果はどうなるのでしょうか。ところでまた始めから本作を読み返してます、ジョジョ原作と比較するとまた味が変わってきますね。

返信:本城淳 2018年04月08日(日) 22:05

あ~…初期の雪ノ下や由比ヶ浜のように葉山に対してもそういう感じになりましたか…
ホント、アンチ組には頭を悩まされます…
何故かって…本人達には悪意が無いのが逆に頭を悩まされるんです!
本作では背後に汐華家を絡ませることで、悪意は無いけれど、歪められただけだったり、ジョジョキャラの転生だから、アンチを食らう行動自体をその黄金の精神故にとらないという方向に持っていけますが、原作では各種問題点がなあなあで終わってしまっていたり…とかなんですよね(-_-;)
ホント、原作で問題を作り出すキャラをどうしようかって悩まされます。そんなんが何キャラか残ってますし。
俺ガイルでアンチを受けやすい雪ノ下や由比ヶ浜、小町
、葉山グループ、平塚先生、陽乃、城廻先輩そして八幡本人に至るまで、かえって救いの無いところが悪意が無いというところなんですよね。
ただ、子供ゆえに間違った行動に移ったり、完璧とも思える存在でも未熟だったりと…。
結果、最終的に八幡がいつも割りをくう形になるので、こういった作品ではよく悪意まみれのキャラに改編されてしまうことが多いんです。
葉山にしてもそうですね。本人は別に悪意はないんです。原作でもボッチの八幡を気にかけたり、みんな仲良くを本気でモットーにしちゃっているんです。それがかえって拗れてしまうわけです。
本作でも同様。違うのは彼らの後ろにいる歪んだ一族の歪んだ教育故に元来ある正義感に歪みが生じてしまっていることです。
平塚先生も、大人の視点で見てしまうと問題行為のかたまりで、非常識なひとですが、あれでも実は本気で八幡や雪ノ下を心配し、生徒の悩みを解決する手伝いをさせることで社会に適応させようと考えていることなんですよね。


全話感想

越後屋大輔 ID:Jg/6a/aY  2019年02月14日(木) 21:29  報告

挫折して逃げていく……この先輩と過去の自分が、オーバーラップしました?

返信:本城淳 2019年02月14日(木) 21:56

先輩が逃げた道程については原作通りです。
まぁ、人間、嫌なものから逃げ出すのは誰しもある話ですけどね。
私自身にも身に覚えのある話です。


越後屋大輔 ID:Jg/6a/aY  2019年02月14日(木) 21:28  報告

挫折して逃げていく……この先輩と過去の自分が、オーバーラップしました?


越後屋大輔 ID:fBZ9CfPU  2019年02月12日(火) 22:52  報告

柔道と言えば、先日申した通り奇面組のDVD見ました。練習シーンはありませんでしたね、ちょっと残念です。

返信:本城淳 2019年02月13日(水) 00:05

奇面組の柔道は諸星大君の試合が印象的でしたね。
上四方キス固めは普通に反則だと思うのは私の気のせいでしょうか?


青い外套の剣士  2019年02月12日(火) 21:54  報告

性悪は安定の反則行為でしたね。
さすが下衆の極み。そこに痺れもしないし、憧れもしない。
まあ、これが平常運転だからな。
本当にアーシスって恐ろしいよ。

性悪二人はスポーツの試合じゃなくて犯罪者相手で殺し合いでもしてろよ。by正永
もうコイツらガンダムファイトでもしてろよ。ジャンプでコックピットまで届きだろうし素手で倒せるだろ。マスターアジアみたいに。by八幡

-追記-

違う世界線からの参戦じゃねえか!

お前らはお呼びじゃねえ!by八幡&正永
お前たちは引っ込んでいろ!キラー・ホーネット!by勇吾
悪いがお帰りいただこう。by???

ーどじゃあぁあんー

返信:本城淳 2019年02月13日(水) 00:15

makoto abeさんより
それは俺の役目だ。俺の炎と魔法と拳がな。

akira nagaregiさんより
俺の役目だろ?俺の棒・槍技と風と超能力がな。

kento kitoさんより
あいつよりは性悪ではない。俺の光と霊力と蹴りには劣るがな。

asahi wadaさんより
一目で反則とわかるようではまだまだ甘い。本当の地獄を見せてやろうか?俺の闇と気と投げでな。

こいつらは何者なのか!?

ー追記ー

ああっ!せっかく登場したのに!


越後屋大輔 ID:55BcRB9k  2019年02月10日(日) 20:35  報告

コータローが連載していた雑誌って20年ほど前にバンドコスプレしている見開きが載ってませんでしたか?確かサンデーだった気が……。

返信:本城淳 2019年02月10日(日) 20:39

マガジンですね。
コータローの第6部はバンド編でしたのでそのときでしょうか?


越後屋大輔 ID:r8SW/Q7g  2019年02月08日(金) 23:45  報告

コータローは流石に読んでませんでしたぁーっ!漫画で読んだ柔道は多分、奇面組の柔道編ぐらいです。作者を投げて巴投げならぬ『基栄投げ』。当時、大笑いした記憶があります。アニメではあったかな?今度レンタルして確認します。

返信:本城淳 2019年02月09日(土) 01:02

越後屋さんがコータローを見逃しているとは意外でしたね。


越後屋大輔 ID:t.njJIgA  2019年02月07日(木) 21:14  報告

忍のテーマは(前世の)中の人繋がりでダンクーガの主題歌「バーニングラブ」もアリだったかも?後は拙作繋がりで真・恋姫無双アニメの主題歌「闘艶結義~トウエンノチカイ~」とか……今更ですが。

返信:本城淳 2019年02月07日(木) 21:20

愛よファラウェイやサイレントヴォイスも良かったかも知れませんね?


感想を書く
非ログイン時のみ、名前と投稿キーを入力してください
名前  2~20文字
「名前#任意の文字列」と入力すると、「名前◆暗号化された文字列」と表示されます
投稿キー  投稿キー を入力してください)
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。

※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。