IS×仮面ライダー 仮面ライダー炎竜
作者:柏葉大樹

▼感想を書く  ※この作品はログインせずに感想を書くことが出来ます

全話感想

銀色の怪獣  2019年07月22日(月) 01:06 (Good:0Bad:0) 報告

更新、お疲れ様でした―――アンモナイトもとい軟体動物とレディーとは・・・分かっていらっしゃいますなぁ?

というか「ピー」連発―――「ピー」じゃなくても、ヒーロー物でもタバコ吸ったり酒(マジモン)飲んだり、と昔はユルかった・・・けど、ソレが味を出すこととかありましたもんね。

こう、アウトローさ、渋さ、オジサン(褒め言葉)らしさ、と。

アニメでもヒーロー物でもしょーもない規制はする一方、深夜だからと言ってやりたい放題&声優さんにセクハラ的な・・・下らねぇ。

話がズレましたが、


「何様だ」からの「俺様だ」の見事さ・・・の後の、親バカ親父な柳韻さん。

『柳韻のその姿は多くの人にうつる武人では無かった。ただ一人の夫であり、兄であり、父親であった。』

一人の親として、オヤジとして大事な娘を守るために戦う。カッコいい・・・


エリートだったけど、ちょっと失敗したからって拗ねる

学がなくて、泥の中を這いずってでも何かをする

さて、どちらがカッコよくて"実際に行動し、世のための自分のため"になっているか、というね。

そういう格好良さ、ヒーローのルックスじゃなくて、もっとキャラクターや展開として、ちびっ子たちに見せてあげて欲しい。切に願います。

・・・そんな描写が出来る柏葉大樹様は素晴らしい、本当にそう思います!!

特に、先の台詞は子供と一緒に見ていたお父さんたちには大受けでしょうね。

ついに登場、火野映司―――

後書きの

『未来を紡ぐ国民を守る、その大義の犠牲となれ』

大勢のために少数を・・・ヒーロー物、善悪感情モノでは色々とあるこの感じ、不穏ですが楽しみです。件の事件も含めて・・・




サイえもん⚔  2019年07月20日(土) 13:42 (Good:0Bad:0) 報告

財団X、遂に肉体変異起こさ無いドーパントを二体作り上げたかw
冗談はさておき次回が楽しみです!

返信:柏葉大樹 2019年07月21日(日) 00:38

 感想、ありがとうございます。篠ノ之の家、かなりの人外率です。ちなみに雪子さんは生身で普通のミュージアムのゴールドメモリクラスと殴り合えます。柳韻さんの方は刀ありきですけど生身で映画の仮面ライダーエターナルと渡り合えるくらいに人間を辞めています。
 次回、ついにISにおいてかなり関わりの深い出来事へと突入します。それでは。


銀色の怪獣  2019年07月19日(金) 01:57 (Good:0Bad:0) 報告

更新、お疲れ様でした―――体調の事とは言え、スミマセンでした。

さて、冒頭のカリスの戦いはいいですね!尚且つ、剣崎の件も判明して、と大事な所でしたね。

やはり、カリスというかカマキリ・・・いえ、カリスの切り裂く戦い方はいいですな。

ましてや、相手が多頭竜・ヒュドラ的な相手ならば尚更。

とはいえ、敵もバカじゃないから逃げて、と。頭がイイ敵ほど厄介ですからね。


一方で、バイクに乗って登場バイクに乗って登場の剣崎。ブルースペーダーに剣崎、ライダーにバイクは此方も絵になりますね。

流石は先生、分かっていらっしゃる。


 ≪beat≫
 ≪tackle≫
 ≪kick! thunder! mach!≫
 ≪lightning sonic!≫

→電撃を帯びたライダーキックはオルトロスに炸裂した。

 この流れを、銀色の仮面ライダーブレイドが。脳内再生余裕で、しかもカッコいい。興奮しますな!!



『この部屋の惨状を見れば、いくら犯罪を犯した親父とはいえ、俺に非があるのは明白だった。俺は心の中で暴力を振りかざす親父を下に見ていた。だが、俺は親父を止めるために親父と同じように暴力で相手をねじ伏せた。』

嗚咽を漏らす女性科学者、実の父親とはいえ犯罪者を殴って・・・そして辛いことも多々起きる。

前半の爽快なバトル違い、こちらは重い展開ですが大事なストーリーに関わる根幹、しかも人間性などなど。本当に素晴らしい構成ですな。

「俺はオヤジのようにならないぞ!!」と誓っていても、感情が爆発して・・・なってしまいますよね。
人間って感情の生き物、ましてやその憎い相手のせいで苦しんで、ソイツが目の前にいたら・・・

某『美味し〇ぼ』で父親を嫌っていた主人公が、無意識のうちに父親と同じ事を自分の妻にしていた。

・・・親子って、血って逃れられない因果であって"禍"。本当にななぁ(ため息)

で、そこに登場した

ショッカー、ゲルショッカー、デストロン、ゴッド、ガランダー、デルザー=悪の秘密結社の紋章

って・・・悪い事って連鎖・あるいは仕組まれていますがコレはヤバい。

悪役は本当に悪だった―――次回、破壊を求める存在の暴れっぷりが心配な一方、

 
あの男がついに姿を見せる。

 「やあ、俺は火野映司。」

 近づくは運命の日。集まるは歴戦の戦士たち。

コレが非情に気になります―――次回待ってます!!
 

返信:柏葉大樹 2019年07月20日(土) 00:50

 感想ありがとうございます。先程、ヘキサオーズ最新話を投稿しました。お楽しみだと思いますが初変身した正則のアバレ振りはまた次回に。
 今回のヘキサオーズ編は束と正則の家族の話でもあります。人類種の最高種である二人、実際の処はかなり両極端な生活を送ってきました。その中で惹かれ合うものがあり、双方に信じるものと譲れないものがあります。その中でISの開発をしてきた二人はとにかくぶつかり合っていました。正則の家庭環境を知った束は正則への対応が柔らかくなり、正則もまた束のことを認めるようにもなりました。ここまでの炎竜のカップリングである大樹とマドカ、颯斗と簪とは違うタイプです。大樹とマドカはお互いに敵同士ではあったけれどお互いのことを意識して穏やかな時間を過ごす中で気付けば惹かれ合っていた、颯斗と簪は元は幼稚園の友達同士で時間が経つにつれてお互いに身近な異性ということで意識していくようになっていました。まあ、正則と束はバトルもののカップリングでよくある最初は仲がすこぶる悪くて、だんだんとお互いの良いところを知って仲良くなり、相思相愛になるという形です。


 血を争えない、受け継いだものをどうにかするのは非常に難しいです。でも、今回のヘキサオーズではそのことについて正則と束の行動を通してどうやって生きていくのは幸せなのか、それを伝えることが出来ればいいなと思います。
 それでは今回はここまでに。ありがとうございます。


銀色の怪獣  2019年07月05日(金) 00:15 (Good:0Bad:0) 報告

更新、お疲れ様です!!

日常回、楽しませて頂きました―――息抜きというか、ほのぼのした回の良さ、存分に味わえました。ありがとうございます。

『まさか、子ども達が一堂に会している、というより長女の職場に通う生徒の長男、次男、次女の様子を見るために学校に来るとはね。15年前の僕が知ったらそんな馬鹿なって思うような状況だな。』

ですね。自分が親になって、ましてや「色々とやっていた自分が人の親に!?」となると―――僕も自分で人の親になるなんて思わなかった・・・親の世代(年齢的な意味)になるならわかりますが、人の親のなるなんて。

なので、秋人君の気持ちはよく分かります。


話を戻しまして―――親になったからこそ子供の安全や成長を願い、子供たちも大きくなって自分のやりたいことや実際に動いて活動を。

『神様がいるのなら、どうか願いを聞いてください。この子の、大樹の、これから生きていく上である未来をどうか苦難ばかりの苦しみに満ちたものにしないでください。それが織斑秋人として、秋宮切嗣としてのお願いですから、どうか僕の息子に幸せな道を歩ませてください。』

こう思って、願うのが親であって大人―――本当にいい親に、いい子供たちという描写が、表現がたくさんあってほんわかした気持ちになれます。

その中で、やはりISだったりライダーだったり、扱う物・技術や存在は超越した物ばかり・・・現実世界でも危ないなら、この世界はどうでしょうか?

やはり、その辺りを改めて考えさせてもらえる素晴らしい回でした。

『一夏たちの出生については今後取り上げる予定です。そして、今回の話の別サイドも書く予定です。』

此方も楽しみにしています!
 

返信:柏葉大樹 2019年07月05日(金) 12:36

 感想、ありがとうございます。
 今回の日常編は以前に報告したエピソードファーストに繋がる話です。当然、本編でも一夏たちの出生についても触れますが詳しい状況などはエピソードファーストで書きます。
 秋人の心情等についてそのような言葉を貰えて嬉しいです。他人の子どもでもかわいく思えるのならば実の親子に近い付き合いならばなおさらと思って書いていました。
 メッセージについても後程返信させていただきます。ありがとうございます。


銀色の怪獣  2019年06月28日(金) 15:18 (Good:0Bad:0) 報告

更新、お疲れ様です!!

いよいよいろいろと動き出した―――その裏で暗躍したり、戦ったりする人々。

とりあえずカリス&ワイルドカリス、は待ってました!!

ワイルドカリスはあの緑色の複眼(のように見えるバイザー)と頭部の触角(のような飾り)が昆虫っぽく、ライダーっぽくて好きです。

あと、武器がカマなのも。



『未来への新たな光が生まれる時、図らずもその光から必ず闇も生まれる。そのことをまだ正則と束は知らなかった。』

ライダーでもISでも、互いの世界観(原作)で起こっていることですよね―――

ショ〇カーの技術は最悪だったのを、ヒーローとして・正義として使うという「好例」は極まれ・・・

逆に、光の技術(遺伝子の治療、不治の病の治療、特効薬など)を悪用したり、

『デザイナーベイビー』のような例も―――それが怪人を生み出す、世界を滅ぼす、などなどのぶっ飛んだ技術・能力が闇の方に傾くと。


『発表を終え、現実に打ちのめされる束。それを見る正則の心境にも変化が。
 新たに誕生した人工アンデッド、その魔の手がある人物にも。
 そして、正則の今後を決定づけることが。

 「俺は、もう篠ノ之と一緒に居られない。」
 「やっと、会えたな。究極の人類、そのアダム。」

 手にするは禁断の悪。』


某I〇S細胞と女性科学者、のような例―――アレがマジなのか虚偽かは不明ですが、

「行きすぎた技術」

って、世のため人のためを思っても非難されて・・・如何ともし難いですよね(ため息)

まぁ、悪用された場合や社会のバランスを崩す恐れがあるから、ってのがあるのでしょうが・・・

束と正則、そして件の"人工アンデット"がどうなるのか・・・

次回も待っております!!


返信:柏葉大樹 2019年06月28日(金) 19:35


 感想、ありがとうございます。今回のカリスは書いていくなかでやっぱり出そうと思ったので出しました。こっからはヘビーにヘビーに。読んでいく内に段々ときつくなる話になります。それでは、また。


銀色の怪獣  2019年06月27日(木) 02:01 (Good:0Bad:0) 報告

感想が遅れました。大変申し訳ありません。

そして更新お疲れ様です。

なんというか・・・お金で買える超技術、が如何に恐ろしいかを知らしめてくれますな。

アンモナイト
 +
《プラナリア≫
≪オクトパス≫
≪ジェリーフィッシュ≫
≪シーキューカンバー≫

=まるでクトルゥーの怪物。SAN値がゴリゴリ持って行かれそう・・・

「盾にした」はライダーではもうお馴染みに―――人でも怪人でも、ミラーモンスターでも、とにかくみんな盾に。ある意味恒例なのですな。

とはいえ、流石は正則さん。SAN値を削る相手に殴りかかるとは。

下手に気持ち悪くない怪獣と戦うウルトラマン、よりも気味が悪い・エグいのが多い怪人と戦うライダーは勇者ですよね。

さて、正則さんのおかげで解決した―――


『ついに完成したのだった。

「はあ、やっと間に合ったかあ。」(正則)
 
「やった!やった!やったああああああああああああああああ!!!!!」(束)

 疲れからその場に胡坐をかく正則に喜びを全身で表している束。ついに始まったISの歴史、そして、二人に待ち受ける過酷な運命。』

・・・特撮ではよくある&それでいて飽きない話題ですよね。

完成して希望になったハズなのに、希望を与えてくれるはずなのに―――逆に事態を悪化させる、

『東京SOS』のメカゴジラ・機龍

『アニゴジ・決戦~』のナノメタル&メカゴジラシティやバルチャー

などなど、色々ありますからね・・・この一悶着ありそうな感じ、怖いです。
 
同時に、その演出が実にいい―――流石は柏葉大樹先生です。

今回も楽しませて頂き、どうもありがとうございます。

返信:柏葉大樹 2019年06月27日(木) 23:13

 感想、ありがとうございます!明日、最新話を投稿します。まだ、ちょっとクライマックスまで時間を。そして、日の目を見る前のIS、流石にISと仮面ライダーとのクロスオーバーなので白騎士事件を扱わないわけにはいかないです。まあ、その後にも新しい技術ということでそう言った良い面と悪い面の話をしたいですね。

 今回のアンモナイトドーパントはじつは使用者との適合率の上昇によってまじでクトゥルフに似せる案もありましたが、、、流石にあの父親だとそこまでの進化は無いなと思い、ウェザードーパントと同じく複数のメモリを使わせる案にしました。ちょっとずつちょっとずつ二人の心境も変化していますのでそこにも注目してください。それでは次回もよろしくお願いいたします。


サイえもん⚔  2019年06月20日(木) 16:19 (Good:0Bad:0) 報告

次回はワニとトランプか、ワニが出る意味がわかる、似た者同士の世界だから

返信:柏葉大樹 2019年06月21日(金) 09:47

感想、ありがとうございます。トランプの方は少しひねった感じにしようかと思います。次回も楽しみにしていてください。


銀色の怪獣  2019年06月12日(水) 23:32 (Good:0Bad:0) 報告


更新、お疲れ様です!

いやぁ「どんどんヘビーになる」の通り、実にヘビーな導入が―――ライダーにヘビーは、シリアスは付きもの&ソレを楽しむのも我々だと思っております。

・・・某アマゾンズや鎧武のアレやコレは流石にアレですが(白目)

反面、柏葉大樹先生の文章力、キャラたちの性格が上手くマッチしているおかげか陰鬱さや凄惨さは無い「見れて楽しむ」ですね。流石です!!


それにしてもアンモナイトとは―――頭足類は防御力低いですが、アンモナイトなら「触手+殻」もあるので便利ですな。

んで、ある場所ではヒマだったり、ある場所では銀行強盗・・・これぞライダーやISの世界。実に見事な世界観の再現とも。

そしてそして、現代の正則さん―――一人寂しくビール。何となく哀愁が・・・でも、そんな彼が持つ謎のドライバー。コレは一体・・・?

最後に極めつけ、黄金の骸骨―――何でもアリの"黄金のコウモリ"・・・違いますね、スミマセン。

しかし、その強さはマジでヤバいでしょうなぁ。

果たして
漆黒の仮面ライダージョーカー
仮面ライダーオーズ
青色の騎士仮面ライダーブレイド、
紫色の志士仮面ライダーローグ

は勝てるのか・止められるのか―――その後ろにいる束の言葉は届くのか?

次回、楽しみです!!


作者2  2019年06月12日(水) 09:45 (Good:0Bad:0) 報告

黄金の骸骨⋯⋯まさか⋯⋯歩く勝利フラグさんか?

返信:柏葉大樹 2019年06月12日(水) 12:49

感想、ありがとうございます。それでは作者2さんの予想でしょうか?あっているかどうかは今後の展開に期待してください。


マジ喰い  2019年03月18日(月) 11:11 (Good:0Bad:0) 報告

漆黒を持って、悪を塗りつぶす!! カッコイイナ!!

黙れ、クソ兎。肝心の栄養がその贅肉に行っている?
アタマが良くて胸も有るなんて、欲張り??

返信:柏葉大樹 2019年03月18日(月) 12:46

感想、ありがとうございます。オーズNEO、現在のコラボの話が終わったら開始します。どうぞ、楽しみに待っていてください。



感想を書く
非ログイン時のみ、名前と投稿キーを入力してください
名前  2~20文字
「名前#任意の文字列」と入力すると、「名前◆暗号化された文字列」と表示されます
投稿キー  投稿キー を入力してください)
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。

※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。