魔法少女まどか?ナノカ
作者:唐揚ちきん

▼感想を書く

感想

駆け出し始め  2015年02月25日(水) 00:52 (Good:2Bad:0) 報告

>「馬鹿でもいいよ。私はさやかちゃんやマミさんよりも、パパやママよりも、政夫くんがずっと大切なんだから」

 タツヤは何と無く違うかもしれませんが、結構長い付き合いの仁美までもはぶっている辺り、何気にまどかの中の優先順位が政夫と会ってから随分と変動したように見えました。
 ……後、長くなるからという理由ではぶられただろう、美国と呉と杏子は落ち込んでいいと思います。ほむらは肋骨の丸みしかない胸に手を当てて自分の所業を鑑みるべきでしょうけど。


 しかし、流石は作者様が諸悪の根源と書いてメインヒロインとほむらを称すだけあり、この作品のほむらはワルプルギスの夜の強化は以前迄で仕方ないとしても、何もして無いキリカへ凄まじい敵対行為をして余計な火種を作ったり、本編では自分を人質に政夫の心を捻じ曲げようとしたり、IF編では政夫の心に爪痕を残そうとまどかを殺しに掛かったり、挙句失敗して政夫の心でなく心の臓を撃ち抜き、其の上殺さず済ませる為の処罰を政夫に決断させた引き換えにまどかとにゅうべえ以外に隔意を抱かれ、トドメに政夫の最後になるだろう安らぎを最悪だろう容で奪って壊して踏み躙りに掛かるとか、……正しく諸悪の根源としか言い表せませんね。
 と言いますか、政夫はほむらを自身に依存させたことに責任を感じているみたいですが、中学二年生は結構自己判断が出来る年齢ですから、そこまでほむらに対して引け目や責任を感じる必要無い気がするのですが、面倒を見ている立場に納まっているとしても少少度が過ぎてる気がします。
 ……もしほむらがまどかを魔法少女にして政夫を延命させようとしているのを政夫が知って尚ほむらを庇おうとするなら、最早聖人ではなく甘い奴ですね。

 ……しかし、ほむらは縦しんば目論見通りまどかに政夫の延命を願わせて魔法少女化させることに成功したとして、政夫と恋仲に成れるのとは全く別問題だと気付いているんでしょうかね?
 武力行使しようにも魔法少女化したまどかはほむらなんか物の数じゃないでしょうから、仮にまどかと政夫の仲が終わってもまどかが絶対にほむらを政夫に近付けないだろう事は火を見るよりも明らかな気がするのですが……。
-追記-
>ちなみにまどかやニュゥべえはほむらに他のメンバーよりも隔意を抱いています。政夫の意図を酌んだだけで一番彼女を嫌っているのはこの二人だとさえ思います。

 すいません。言葉不足でした。
 隔意を抱かれているのはほむらではなく政夫の方です。

 ……多分さっぱりしている上にそこまで政夫と仲が深くない杏子が、おそらく政夫の嫁(寧ろ政夫が嫁)のまどか政夫のペットのにゅうべえ以外で唯一辛うじて思惑に気付いた上で以前通りに接することが出来る人物でしょうね。
 多分まどか以外で最も相性が良い上に政夫が幸せに成れる女性なのではと思ったりしています。
-追記-

 そういえば本編で一番格好良い女の子とさやかを評していましたね(残すはワルプルギスの夜だけなのでIF編でも同じ評価でしょうけど)。

 頭髪指導に全面戦争を仕掛けているピンクに髪を染めたの番長乃至影番から慈愛の女神迄順調に評価が上がった(寧ろワープ変化?)まどかと違い、
失礼な奴 → プラス迷惑な奴 → プラス面倒な奴 → プラス疫病神な奴 → プラス本当に面倒な奴 → 馬鹿で真面目で不器用な奴 → 色色在ったけど格好良い女の子 、といった変遷を辿ったさやかは、ある意味まどかやほむらよりもヒロインしてますね。
 多分さやかの成長がもう少し早ければまどかを押し退けて政夫の嫁に落ち着いたかもしれませんね。

 ……ところで女神まどかは今(IF編)のほむらが、異世界の自分の恋人を寝取ろうとしたり殺したり心を踏み躙ろうとしようとしている現状を如何いう心境で見ているのか激しく気になります。

返信:唐揚ちきん 2015年02月25日(水) 04:27

感想どうもありがとうございます。

たっくんなどは書こうかと思いましたが、台詞が長くなるので書いた後消しました。『パパやママ』の部分に含まれているという認識でお願いします。同様に『さやかちゃんや~』の部分には他の友達キャラが含まれている感じです。

ほむらについては本編での彼女が大人しすぎたので、まどかifでは暴れさせた次第です。
あの歪んだキャラは嫌いじゃないですが、同時にもっとも最悪な部類のキャラだと個人的には思います。
彼女は素晴らしい事に政夫に迷惑を掛けた事しかありません! 最初はそれを普通に嫌がっていた政夫も関わりを深めるに連れて、出来の悪い妹を見るような目線に変わっていきました。
彼としては、妹分の大暴走は自分にも非があると考えたためにあのような処罰をしたという感じです。

言い方は悪いですが、政夫はほむらの事を上条君に任せたつもりだったので、彼女の更なる暴挙は予想の範囲外でした。
彼女に対する責任は果たしたので、これ以上の事は少なくとも政夫は擁護したりはしないでしょう。元々、責任感は強いけれど、ドライな人間ですしね。

ほむらはもう好きな人が生きているだけでいいと思い始めているので、例え憎まれようとも嫌われていても、彼の生存だけを目指しています。
きっと願いを叶えさせてまどかが魔法少女になった瞬間に時間を止めてソウルジェムを掻っ攫って砕くつもりなのでしょう。彼女が魔女になったら、世界は滅んでしまいますから。

追記

ちなみにまどかやニュゥべえはほむらに他のメンバーよりも隔意を抱いています。政夫の意図を酌んだだけで一番彼女を嫌っているのはこの二人だとさえ思います。

追記2

ああ、すいません。感じ違いしておりました。
杏子は今でこそ、ショウさんによってまともな子になっていますが、原作ではほむらほど行かなくても犯罪を犯すような子なので恐らく最初の頃に出会っていたら関わりあいになろうとさえしなかったと思います。
今の杏子でも、「ちょっとやりすぎじゃないか」くらいで、思惑には気付いてませんね。彼女は政夫にあまり踏み入って来なかったので、彼のパーソナリティが一番よく分かってない気がします。
政夫は基本的に自分で納得して行動している人間にはとやかく口出ししないので、お互いがお互いと距離を詰めないため、杏子とは一番相性が悪い気がします。
むしろ、一番良いのは成長したさやかでしょうか?

追記3

女神まどかはエピローグ辺りで描くつもりなので、あまり詳しくは言えませんが、一番最初に政夫に恋をしたのが彼女なので向こうのまどかに添い遂げてほしいと思いつつも、政夫やほむらにも幸福になってほし『かった』と思っているでしょうね。


a0o  2015年02月23日(月) 20:06 (Good:0Bad:0) 報告

 最後の最後にやっと普通の少年になったのに、世界がそれを許さないんですかね。
 このまま、わがままを貫き通すのか、やはり己の大義を捨てられないのか。どちらを良しとするかは正直なんとも言えませんが、まどかへの恋は素晴らしく素敵な物だったと言う想いは持ち続けて欲しいですね。

返信:唐揚ちきん 2015年02月23日(月) 20:26

感想どうもありがとうございます。

普通の少年になった政夫なんて、政夫じゃありません!
政夫が穏やかに自分の幸福を追い求めてる様子は見ていて、あまり面白くないので苦難に喘いでいてほしいです。
でも、政夫はまどかを選ぶでしょうね。この世の何を差し引いてでも……。


アリアキング ID:HHE.IQFQ  2015年02月23日(月) 18:34 (Good:0Bad:0) 報告

心の奥底に隠していた政夫の感情を吐露させるまどかの愛はやっぱりすごいですね。それに引き換えほむらの愛もある意味すごいですね。まあ、現実なら友達を蹴落としても好きな人を手中に収めたいと思うほむらの愛も女としては普通ですよね。その感情を抱くのが大人としてならともかく中学生だから異質に見えるだけでしょうね。大人じゃなくても高校生くらいの歳なら違和感を感じませんけどね。本当の意味で悪魔に魂を売ったほむらにまどかはどう対抗するんだろう?波乱の逃避行と追跡が始まりますね。次回も楽しみにしています。

それと、政夫の台詞で別れたくないの箇所が分かれたくないになっていましたよ。

返信:唐揚ちきん 2015年02月23日(月) 19:14

感想どうもありがとうございます。

政夫はとうとう隠していた本音をまどかに打ち明けました。今まで感じたことのない慈愛には彼も歳相応の反応をしてしまいました。
ほむらの方は政夫が泥を被ってでも与えたチャンスを不意にして、またも彼へ迷惑な愛をぶつけてきそうですね。
もはや、自分のものにならなくても生存していてほしいという思いは歪過ぎると思います。
彼女が素直に街の外に出させてくれるとは思いませんが……。


中沢シオン  2015年02月23日(月) 02:16 (Good:1Bad:0) 報告

政夫が最期に与えようとした上条君という可能性を振り切って、また引っ掻き回すのは悲しいですね。(それでこそまどか?ナノカ!)

今のおほむさんだったら、政夫からまどかを攫って、拷問にかけたりしそうですね。……二人の大切な時間が最悪な形で、また奪われていく。

そして、それを解決しても、また最悪な悪循環ほむらループが。
このままじゃ、キュゥべえ達のシステムに干渉を起こして、擬似的なダークオーブ的なものを作りそうで怖いです。そして叛逆へ。愛よ。

相対的にキュゥべえですら可愛く見えてきたぐらいですからね。今どころか昔からほむらさんはヤバイです。ほむらさん発生した感情エネルギーを回収、解析したら、イーブルナッツを超えたナニカ、イーラブナッツができる勢いですよ。

何処ぞのエンジェルですら、「うわぁー引くわー」って言いながら町にばらまく一品ですよ。これ。

某ゲーム風次回予告
ほむら「政夫による理不尽な暴力で哀れにも心身ともに心を摩耗した少女暁美ほむら!」

政夫「えっ?」

ほむら「しかし!政夫の事が忘れられないほむらは上条恭介には目もくれず一途にも、政夫の命を救おうとするけれど、その目的は憎き敵ニュゥべえによって阻まれてしまうわ!」

ニュゥべえ「まるでボクが悪役みたいじゃないか!ボクは白っぽいから戦隊ものでいうところのシルバーポジだろう⁉︎」

政夫「そっち⁉︎」

ほむら「果たして、ほむらは政夫の命を救えるのか⁉︎頑張りなさい!暁美ほむら!政夫の未来はあなたの手にかかっているのよ!次回 さらば 誇り高き人間 政夫‼︎ 」

政夫「まどかさんと早く駆け落ちしたい。誰も、主にほむらさんの知らないところへ行きたい」

個人的には政夫の事が心配です。彼の未来を思うだけで顔がにや……悲痛に歪んできます。彼の最期の時間がせめて幸福であることを祈ります。というか、久しぶりの感想で少し暴走しましたね。えっいつも通り?またまた。

返信:唐揚ちきん 2015年02月23日(月) 02:37

感想どうもありがとうございます。

政夫が最後に渡したチャンスをほむらは見事に踏みにじりました。しかし、それでこそほむららしいと思います。
ここで上条君に転ぶようなら、最初から政夫にこれほど執着しなかったでしょう。
政夫の時間はまたも奪われていきます。一応、政夫視点の時は午前八時半くらいで、ほむら視点の時には午後零時くらいなので三時間ほどの時差がありますから少なくとも少しは二人の一緒の時間を過ごせた気がします。

政夫が一番必要としている女の子は間違いなくまどかなのですが、どうしてもほむらと一緒に居るのが一番似合っていると思うのは何故でしょうか?
ともあれ、政夫に平穏な幸せなど似合いません。彼にはそんな惰弱なものより、理不尽な困難がぴったりです。

……正直、映画よりもある意味、悪魔ですねあの子。


ほにゃー  2015年02月23日(月) 01:22 (Good:1Bad:0) 報告

重いなぁ……………

逆に重いからこそまどマギらしいんだが、重いなぁ………

返信:唐揚ちきん 2015年02月23日(月) 02:11

感想どうもありがとうございます。

最初は素直に政夫とまどかの逃避行の一日を書くつもりだったのですが、それだとやはり盛りやがりに欠けるのでほむらの裏切りに変更しました。
まどかifルートでやりたかった事の一つが『ほむらがまどかを魔法少女にさせようとする』なのでちょっと満足しています。
まるで悪役のように書かれているほむらですが、私はこちらの方がほむらルートの彼女よりも好きだったりします。


全話感想

フレイ・スカーレット  2020年05月19日(火) 18:07 (Good:0Bad:0) 報告

久しぶりに読んだんですけどショウの性格が微妙過ぎますね…

返信:唐揚ちきん 2020年05月19日(火) 18:43

感想ありがとうございます。

まあ、原作のチョイ役を肉付けしたので好ましく思うかは人によるでしょうね。


a0o  2020年03月20日(金) 16:15 (Good:0Bad:1) 報告

 ずっと気になっていたので――大人になったまどかは女性らしい起伏が増えたとのことですが、それはグラマーですか?それともスレンダーですか?
 それともうひとつだけ――そのスタイルはゴンべえの好みの反映されてですか?政夫を悩殺するためにまどかの理想か無意識によるものですか?

返信:唐揚ちきん 2020年03月20日(金) 16:32

感想どうもありがとうございます。

成長したまどかことヴェノムまどかは、ややグラマーな体付きのイメージです。身長も伸びているので大学生くらいになったまどかを想像していただけたら分かりやすいかと思います。

スタイルについては、時にはどうにもならない絶望が存在する事を受け入れたため、「子供では居られなくなった」ので性質が変化したので、外見が変わりました。
色に黒が混ざったのは政夫の否定の魔法を取り込んだからですが、それ以外はまどかが本来人間として成長していたらなっていた姿ですね。
なので自分の意思ではなく、自然に変化した感じです。


魚介(改)  2020年03月16日(月) 21:43 (Good:1Bad:0) 報告

純粋であり続けなくてはならない魔法“少女”の神が、忌み嫌われる穢れと同じ色『黒』に染まり、最後のカケラを得る事で
『少女の感性』に由来する甘さを切り捨て、その先へ進む事を『決断』する=大人になる
これで真にアルティメットまどかは『女神』まどかになった

イメージは月のままだったけど、
描写的には影がついたって感じかな?

一面、希望という綺麗な面しか見ない少女は、否定の魔王を吸収によって新たな視点を得て『自己』を否定し、ついに『不完全な完全体』から『完全体』に成長したようだ

何とは言いませんが、外観も成長したんですね…

まぁ、神話的に『近しいもの』あるいは『対となるもの』を取り込むという話は儀式的に重要な、主神級には欠かせない話ですし(例:仮面ライダーBLACK)
政…否定の魔王の魂を、ただあるべき場所へ還すだけに終わらせないで、自らの手で魔王を殺すという神としての役割と同時に、愛する人を殺すという人としての苦しみを得る=成長のための切掛にする、というのは上手い使い方だと思います

否定の魔法を得た女神まどかは果たして概念存在たる自己を『否定する』魔法を使えるのか…必要な時は躊躇なく使うんだろうなぁ…そのま…魔王くんもたまには出して上げなよ?

-追記-

おおうコキュートス…愛する女性のために永遠に苦しみ続けるが良い羨魔王め

つまり『まどかちゃん』は『まどかあさん』に?

返信:唐揚ちきん 2020年03月16日(月) 21:54

感想どうもありがとうございます。

崩壊の物語は、あらゆるものを壊していく物語でした。それは魔法や奇跡であったり、希望や価値観であったりしますが、最終的には『少女としての殻』を崩壊させる事が主眼でした。
魔法少女からまさしく女神へと孵化した訳です。

私としてのイメージは月が太極図のように綺麗に白と黒で別れているイメージでした。『太極』という単語には世界や全てという意味が込められているそうです。

外観も少女から女性に成長したという感じで成長してます。見た目的には大学生くらいのまどか、もしくはまどかママを若くしたようなデザインを想像していました。
「仲間のために悪に堕ちる」というメタルギア5のキャッチフレーズから、私はあの状態のまどかを『ヴェノムまどか』と命名してました。
否定の魔法という、魔法少女にとっての「毒」を得たからでもありますが、今の彼女にはぴったりだと。

あとがきにも書きましたが、政……否定の魔王はサタンとしてのメタファーを含んでいます。彼は最後まで『神の敵対者』にして『試練を与える者』として振る舞いました。
あと、少女が男を得る(知る)事で、生命として完結するという下世話な意味も少しだけ含まれていました。

ヴェノムまどかはアルティメットまどかと違い、必要な時は容赦のない性格になっているので、原作の悪魔ほむらと相対しても「気持ちは嬉しいし理解できるけど、その他大勢の魔法少女のために消滅させるね」って感じで躊躇なく、否定の魔法ぶっ放すでしょう。
もう最愛の人を地獄に突き落としてまで自分の願いを突き通しているので、自分以上の理を提示しない限りは己の理を敷き続けるしかありません。
ま……魔王くんは地獄の底で永久に苦しむのがお仕事ですから……。

追記
まあ、彼にとっては女神まどかは愛した人に似ているだけの別人ですけどね。しかも、それすら彼は覚えていないでしょうが。
童話『幸福の王子』のラストは、「王子の鉛の心臓と彼を愛したツバメの亡骸が『この世で最も価値のあるもの』として神様の元へ召し上げられる」というものなのですが、彼の魂もまた同じように女神の元へと捧げられました。
ただし、彼の事を愛してくれたツバメは居ません。
神の元でなお苦しみ続けるのが、魔王となった幸福の王子の末路です……。

本当は政夫が光の矢で串刺しになって十字架に磔刑されているシーンも書こうか悩みましたが、流石に読者の後味が悪くなりそうだったので止めました。


魚介(改)  2020年03月16日(月) 12:07 (Good:1Bad:0) 報告

崩壊の物語が始まってしまった根本的原因がアルティメットまどかであり、アルティメットまどかが『人間性』を失った概念でありながら『少女としての感性』を持っていた『不完全な完全体』であるという矛盾した状態こそが
人間である『鹿目まどか』を愛した…某青年が、概念になった『アルティメットまどか』を嫌う理由、だとなんとなく感じた

あくまで同一存在として認識する視聴者と違って、彼にとってはアルティメットまどかは、鹿目まどかの皮を被った何か、あるいは鹿目まどかの姿をした人形、にしか見えないんじゃないかと

アルティメットまどかが『円環の理』として真に完全であるなら
感性も思考も持たず
まどかルートの魂の消滅後
説明とかせずに『魔法少女達の世界』に連れて行っただろうし、おそらく彼もそれに抵抗はしなかった(出来なかった)だろう

彼女が概念として『不完全な完全体』であるが故に、かつて別の世界の別個の彼に恋したアルティメットまどかが、世界に干渉した結果、某青年はどの世界にも帰属しない魂として世界の狭間を流れる事になり

アルティメットまどかが「原作時間軸のほむら?」の作った偽街に引き込まれた時に『手を伸ばした』=再び運命に干渉した?事で、全く関係のない他人が作った箱庭に入れられてしまった
しかも元凶=ほむら+原因=まどかは仲良くお友達ごっこしてる、と来たので、魔女でありながら神の真似事をしているほむらと、神でありながら人の真似事をするアルティメットまどかをミスキャストであると弾劾するために
『否定の魔法使い』として演劇を終わらせに来た?のではないかと思った

※あくまで個人の感想

-追記-

逆に考えると
アルティメットまどか云々は放ってでも
ほむらのソウルジェムに介入して、あえて露悪的に共通の敵として振る舞う事で先にまどかを覚醒させ、ほむらによる神権簒奪を阻止、ほむらの魔女化を止める

というまどかルートラストの焼き直しじみた展開を目指しているんじゃないかという気持ち悪い妄想を振り撒く魚介類でした

返信:唐揚ちきん 2020年03月16日(月) 11:50

感想どうもありがとうございます。

おっしゃる通り、政夫にはアルティメットまどかは自分の愛した少女によく似ただけの誰かでしかないので、同一視は完全にしてませんね。享年14歳なのでカテゴリー的には一応少年ですけど。

時系列としてはまどかルートのラストのすぐ後にアルティメットまどかはほむらの結界に一部を囚われてしまい、近い座標にいた政夫の魂を掴んでしまいました。
結界での囚われ方は個々で差があるので、偽の街に着いた時間は違いますが、彼が訪れたのはアルティメットまどかが原因です。

最後の方の予想は、ラストまで読んでくださるとお分かりになると思います。


魚介(改)  2020年03月15日(日) 20:09 (Good:0Bad:0) 報告

なんか極まってんなぁ……
魔法を打ち消す…いや、『なかったことにする』魔法

魔法という現象を、不条理による現象を否定する魔法、そりゃあ自分の存在すらも『否定』するんでしょうよ

なにせ魔法使いなんですから
固有魔法は魔王の時と同じ魔法なんですね

魔女化すると魔法の性能が変化する人が多いからちょっと驚いたけど、彼らしいかなと逆に納得もしました

返信:唐揚ちきん 2020年03月15日(日) 22:01

感想どうもありがとうございます。

正確には魔法を否定する事によって、その在り方を崩壊させるというのが近いです。実際の視点からは消したようにしか映りませんが、感情エネルギーを性質がなるまで分解しているイメージです。

例え、魔王化しても否定という性質が一切変化しない、融通の利かなさが彼という人間を表わしています。



感想を書く
ログイン状態でのみ感想の投稿が可能です
内容 対象話:

0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。