神殺しのエネイブル
作者:ヴリゴラカス

▼感想を書く  ※この作品はログインせずに感想を書くことが出来ます

全話感想

エレンスゲ ID:B/Io067c  2018年05月21日(月) 08:49 (Good:0Bad:0) 報告

原作のキンジを見ていないけど、感想覧だけでターミネーターだとわかる。それがカンピオーネになっている・・・悪夢だな。

返信:ヴリゴラカス 2018年05月21日(月) 11:55

感想ありがとうございます。
ターミネーターみたいなやつじゃないと、神殺しなんてできませんからね。それ考えると、カンピオーネは全員似たようなものかもしれません。
拙作をお読みになっているのなら、是非原作の『緋弾のアリア』を読んでみてください。きっと気に入ることと思います。


マダラ  2018年05月19日(土) 22:41 (Good:2Bad:2) 報告

ん~~~~「HSS」の要素が無い、もしくは弱い気がする。初期でもキンジは銃弾を見切っていた筈。特に速度で翻弄されるのは違和感ありまくりです。

なのに、原作の護堂戦よりは多少近接戦闘が出来てる程度って。HSSは反射神経などが通常の30倍にまで向上という体質で、キンジは歴代の遠山一族でも最高の資質ですよ。

今のキンジって

「原作時期より数年後」+「HSS」+「カンピオーネの体質&権能」

ですよ。仮に「神速」の斬撃だったとしても、原作初期ならともかく、今のキンジは別だと思います。以上、個人的な所感でした。

返信:ヴリゴラカス 2018年05月20日(日) 00:00

感想ありがとうございます。
そこは原作でも微妙なとこで、銃弾ならスーパースローで見えても、グランデュカや津羽鬼相手だと完全には見切れてないんですよね。彼等の速度が音速をはるかに超えるという描写もありませんし。
なので、ドニの剣をあっさり見切るというのは違うかなと。
それと近接格闘ですが、護堂戦での船上格闘よりは戦えているように書いたつもりです。
その時の護堂は駱駝の化身でしたが、ドニが格闘で優位に立っていました。拙作のキンジは傷も大して負わずに渡り合っていますから、人類最高峰以上の格闘能力は持つようにしています。
まあ、最大の原因が私の描写の拙さにあるのは間違いないのですが。
ともあれ、今回頂いた『HSSの要素が薄い』というご指摘は心に留めさせていただきます。ありがとうございました。


マダラ  2018年05月18日(金) 14:54 (Good:1Bad:0) 報告

>カンピオーネの体質との相性の良さ

ついでに言うなら、原作では体に負担をかけまくる「あれ」も「これ」も、カンピオーネの体質でリスク・デメリットが無くなる。骨は大抵の金属より硬くなり、筋肉もすんごいしなやかに千切れにくくなるみたいですし。となれば、神経関係も新生・補強されてそう。
権能を使わなくても、今の段階で「HSSモード」になったとしても、かつてとは比較にならない強さでしょうね。

でそれに加えて「権能」ならもう・・・・。

が個人的に一番恐ろしいのは、これに「レガルメンテ」になった時の戦闘力、ですね。

返信:ヴリゴラカス 2018年05月18日(金) 15:14

感想ありがとうございます。
お気づきでしたか。作品に書いてはいませんが、転生の際に神経系の強化等はされているという設定です。そうじゃないといろいろ不都合があるので。もちろん、『あれ』のリスクは排除されております。
加えて吸血鬼化することでかつてより容易にヒステリアモードになれますから、条件自体が緩くなっています。
レガルメンテはヒロインの数が足りないので出すにしてもまだまださきですね。


マダラ  2018年05月17日(木) 23:20 (Good:0Bad:0) 報告

初感想

原作キンジ(しかも原作時期から何年後か)を踏まえると、今のカンピオーネのキンジって冗談でも笑えないような怪物になってないか!?特に近接戦闘。

特にHSSモード時なんてそれこそ、サルバトーレや羅豪教主ぐらいじゃないとまともに戦える気がしない。見様見真似で彼らの武術の模倣とかもしそうで恐ろしい。

ついでに言うと、カンピオーネの体質とHSSの体質って物凄く相性が良いと思います、所謂相乗効果でしょ、チート体質×チート体質だし。護堂曰くスポーツの類では反則に近い体質みたいですし。

返信:ヴリゴラカス 2018年05月18日(金) 08:12

感想ありがとうございます。
まさか、マダラさんから考察と感想をいただけるとは……本当にありがたいです。

拙作のキンジは吸血鬼の権能を得ているので、肉体的にも原作とは比較にならないほど強靭、かつ変化によって採れる選択肢が非常に多くなったため、近接格闘能力はさらに高くなっております。

ドニとの戦いはただいま執筆中なので、そちらをお待ち下さい。

カンピオーネの体質との相性の良さはご指摘の通りです。ヒステリアモードで読みきれなかった攻撃も理不尽な勘の良さで避けられる、夜目が利く、痛みに強くなる等々の強みがありますね。



テルメン(白)  2018年05月16日(水) 00:18 (Good:0Bad:0) 報告

さて、桜花の最高速度はどれ程のものになるんだろう。

返信:ヴリゴラカス 2018年05月16日(水) 08:41

感想ありがとうございます。
権能手に入れてますからね。人間の時より凄まじいのは確実ですが。それでも、心眼持ってるドニ相手だと、決定打になるかわからんのですよね。


エレンスゲ ID:B/Io067c  2018年05月15日(火) 11:56 (Good:2Bad:0) 報告

えー。カンピオーネ同士の対決まで○○秒・・・さらばイタリア(`・ω・´)ゞ

返信:ヴリゴラカス 2018年05月15日(火) 17:30

感想ありがとうございます。
キンジとドニのやり取りを書いてて気に入ってしまったんで、決闘までにもう一話入るんですけどね。
イタリアは大丈夫ですよ。代わりに島一つがえらい目に遭うんですが。


わとすこ  2018年05月14日(月) 22:34 (Good:0Bad:0) 報告

そう言えば草薙さん家のハーレム王はカンピオーネになるんだろうか

返信:ヴリゴラカス 2018年05月14日(月) 23:40

感想ありがとうございます。
作中でも度々言及してますが、この作品の時系列はカンピオーネ!原作より三年半ほど過去に当たります。
なので、そこを答えてしまうとネタバレにつながるので、明言は控えさせていただきます。申し訳ありません。
原作でウルスラグナ達がやりあったところがキンジの版図の近くですからね。そこが気になるのはわかるのですが。


テルメン(白)  2018年05月12日(土) 22:52 (Good:3Bad:11) 報告

▼このコメントは隠されています。閲覧するにはここをクリック


リンちゃろ ID:RJu7cLFM  2018年05月12日(土) 09:27 (Good:0Bad:0) 報告

どちらも好きな作品なので楽しみに読んでます!
執筆頑張って下さい!

返信:ヴリゴラカス 2018年05月12日(土) 10:56

感想ありがとうございます。
同好の士が予想より多くて驚いております。かなり異色のクロスですが、楽しんでいただけているようで嬉しいです。まだまだ書きたい場面が多いので、続けていくつもりです。


テルメン(白)  2018年05月11日(金) 22:32 (Good:0Bad:0) 報告

吸血鬼なのに重い十字架とは、ギャグかな?
中々に面白いですね。

返信:ヴリゴラカス 2018年05月11日(金) 22:52

感想ありがとうございます。
そして、いつもお読みいただきありがとうございますテルメン(白)さん。
おお、そこにお気づきになられましたか。ちょっとした小ネタのつもりだったのですが、まさか気づいていただけるとは。よく読んでくださっているようで嬉しいです。これからも拙作をよろしくお願いします。



感想を書く
非ログイン時のみ、名前と投稿キーを入力してください
名前  2~20文字
「名前#任意の文字列」と入力すると、「名前◆暗号化された文字列」と表示されます
投稿キー  投稿キー を入力してください)
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。