速水龍一で始める『はじめの一歩』。
作者:高任斎

▼感想を書く

感想

斜め読者  2018年09月08日(土) 09:53 (Good:2Bad:0) 報告

速水の「強さ」に対する視点や概念はこの時代では特異だよなぁ。
ラムダから見たらどう映ってるんだろうか、日本ボクシング界、トレーニングや技術理論も含めて気になる。
割と速水と真田の二人でスポーツ医学の草分けになれそうw

返信:高任斎 2019年03月06日(水) 16:03

感想ありがとうございます。

たぶん、『この国の理論レベルで、どうやって?』みたいな疑問をラムダに抱かれたら、まずい。


言寺速人  2018年09月07日(金) 21:38 (Good:5Bad:0) 報告

ヴォルグとの友情のような家族のような絆がたまらねえ。青木村もそうだけどこういう親友みたいなの大好きだわ

返信:高任斎 2019年03月06日(水) 15:48

感想ありがとうございます。

書き手としては、対戦相手との無言の会話みたいなものも表現したいなあと思います。
1人では試合は出来ないですし。
相手がいて、周りの人がいて、みたいな。


やっひー  2018年09月06日(木) 20:37 (Good:1Bad:0) 報告

ほんまヴァルグとのからみすこ

返信:高任斎 2019年02月13日(水) 17:20

感想ありがとうございます。

書いてても楽しいです。


史上最弱の弟子  2018年09月06日(木) 18:34 (Good:0Bad:0) 報告

ボクシング普及のためにライバルを鍛える速水君

一歩が強くなる→千堂のフェザー級残留確定→ミックスアップ

やってね速水君!強敵が増えるよ!(白目)


>まあ、幕之内のパワーで、何でもできる器用さを持ち合わせていたらある意味チートか。
>現実リアルってのは、往々にしてこんなものだ。
鷹村さんがほうとか言いそうですねぇ(震え)

返信:高任斎 2019年02月13日(水) 16:50

感想ありがとうございます。

一歩を鍛える→増量させて上の階級へ。

これだ!(笑)

鷹村さんは、人外枠だから。


あんべ瀬木帆  2018年09月06日(木) 17:47 (Good:0Bad:0) 報告

冒頭の説明的な話(釣り船経営)は、前世で釣り好きの友人と幕の内についての話題でさぞや盛り上がったんだろうと思える無駄な詳しさですねえ……。

開幕意表をつく方法は青木に相談したら……泥試合になって逆効果?

ガードを下げずに頭ごと振る一歩にはデンプシーロールを連想します。
伊達敗北後の一歩が、本来の目的だった攻防一体のスタイルを身につけていたらどうなったかは気になります。
デンプシーロールは、原作ではほぼ駄目押し専用でしたし……。

返信:高任斎 2019年02月13日(水) 16:37

感想ありがとうございます。

私は、田舎の人間だったので海釣りよりも渓流釣りでしたねえ。(目逸らし)

攻防一体は、反応か読みでやるから……苦難の道ですね。


morisio  2018年09月06日(木) 17:08 (Good:5Bad:0) 報告

一歩にとってこの合同練習は大きな転機になったかもなー
言われたことをただ黙々と続けるというのも確かに凄いんだけど
1つ1つ意味を理解しながら練習をこなすようになったら効率は間違いなく上がる
鴨川会長は一歩の姿勢の変化を見た時、速水君にただただ感謝するしかないだろうな
流石に元同階級で、同ジムのヴォルグの敵にもなる一歩にここまで見せてくれるとは思ってたなかったんじゃないかな?

あと、真田は勝てるビジョンが見えないなw
この時期でもヴォルグはリカルドみたいな化物を除けば世界チャンピオンクラスの実力がある
そんな相手と半年スパーを続けてディスカッションし、勝てなくてもいい勝負になってるんだもの・・・
そして伊達VSヴォルグは本当どうなるんだろうか・・・
ボクシングの巧さは確実にヴォルグだけど、伊達さんはそういうのを超越してる部分があるしなー予想がつかないわw

返信:高任斎 2019年02月13日(水) 16:35

感想ありがとうございます。

まあ、練習そのものは速水が普段やってる練習ではあるのです。
真田は、どうでしょう。
試合の結果がどうあれ、内容、戦う理由など、説得力が必要になるので。


シリアナード・レイ  2018年09月06日(木) 17:01 (Good:0Bad:0) 報告

もーーーヴォルグカッコイイなぁ!!
速水VS真田も気になるけど、ヴォルグVS伊達も大いに気になるな!!

GOOD BYE EIJI DATE byヴォルグ

となることもあり得るのかw続きが楽しみだああああ

返信:高任斎 2019年02月13日(水) 16:32

感想ありがとうございます。

書かせていただきました。
楽しんでいただけたなら幸いです。


ふぉ  2018年09月06日(木) 08:41 (Good:3Bad:3) 報告

 鍛えれば鍛えた分だけ積み重ねられるフィジカルエリート……そして、その積み重ねできる容量が同階級で図抜けたフィジカルモンスターなのが原作主人公である。

 つか、無酸素運動か……もう無酸素運動下の戦闘というものを一歩は知ったのかぁ……未来が楽になるなぁ(震え声

返信:高任斎 2019年02月13日(水) 16:32

感想ありがとうございます。

全力ダッシュと休憩の高強度インターバル……地獄、あれは地獄。
永遠の40秒と、もっとも短く感じる10秒の繰り返し。


ろろろー  2018年09月06日(木) 08:36 (Good:1Bad:0) 報告

一歩にクランチのトレーニング
超近接戦からのワンインチパンチがドッカンドッカンですね

相手の肋骨が死にそう

返信:高任斎 2019年02月13日(水) 16:30

感想ありがとうございます。

いやいや、あくまでもクリンチワークの練習ですから。
パンチはなしで。
一応、あのパンチは一歩の身体というか、腰を浮かせてしまえば打てないでしょうし。


両生金魚  2018年09月06日(木) 01:17 (Good:32Bad:0) 報告

この人どうして最強の敵を自分の手で育ててるの?(汚れなき目)
しかも一番やりあいたくないタイプのボクサーの弱点消すとか本当に大丈夫か!?

返信:高任斎 2019年02月13日(水) 16:29

感想ありがとうございます。

速水:「つ、強いほうが燃えるだろ(震え声)」



感想を書く
ログイン状態でのみ感想の投稿が可能です
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。

※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。