倒せ!ヒーローを!!怪獣よ世界を征服せよ!! フュージョン怪獣奇譚!!!
作者:銀色の怪獣

▼感想を書く  ※この作品はログインせずに感想を書くことが出来ます

浜本 ID:K.8UWI4o  2019年11月13日(水) 16:45 (Good:0Bad:0) 報告

アッコロカムイ ヤウシケブ・・・
クモンガ 大ダコ・・・


ギアル ID:0w05JkOo  2019年08月03日(土) 01:20 (Good:0Bad:0) 報告

どうもギアルです。
此方の小説では初めましてですね。
おお、この小説は正に怪獣による怪獣の為の小説ですね。
怪獣という存在は恐ろしくも強い存在です。
普通の生物とは一線を越える…それ故に怪獣と呼ばれ、恐れられ、ですがどこかに憧れます。
どんなに素晴らしい怪獣でも所詮、ヒーローに倒される。
それ故に銀色の怪獣さんの思い…怪獣への愛が溢れた小説が出来上がりましたね。
さて、途中からですいませんが『電脳世界の白昼夢』の感想を書きますね。
SSSSグリッドマンの学園祭に起きたあるお話…まさに白昼夢的なお話は凄く感動しました!
まさかの彼…クレナイ・ガイこと我等がウルトラマンオーブが登場していたのはびっくりしました!
もしも内海がガイさんが居たことを知ったら喜んだでしょうね…
因みに自分は好きなウルトラシリーズを挙げるなら…Ⅹ、オーブ、ジードの3つですね。
カラミティアンチに対してなんと最強・最速のマックスとグリッドマンという奇跡の合体をやるとは…感動物です!
オーブ・マックスグリッドマンの『闇を照らして君を救う!』は脳内再生は余裕です!
そして、登場しなかったダイナドラゴン・オリジンの登場は感激しました。
本編で登場しなかった理由が「恐竜と美少女、どっちがオタクは食いつきますか?」というのだなんて…
正直言って、恐竜もカッコいいじゃないですか。
ジュラシック・ワールドで主人公のオーウェンがラプトル達と疾走するシーンはカッコ良かったですよ。
自分みたいな新規はともかく、かつてグリッドマンに憧れ、アクセス・フラッシュをマネした『電光超人グリッドマン』を見てきたファンの皆さんに失礼ですよ。
そして、激戦の末にアンチを救ったウルトラマン・マックスキンググリッドマンの言った言葉。
その言葉と共に脳裏に「夢のヒーロー」が流れてきました。
「ヒーローには誰だってなれる」
ええ、そうですよ。
「誰もが皆なヒーローになれるよ」
グリッドマン…そしてガイさんだから言える言葉です。
そして、今回の出来事は正に白昼夢へと…
今回の出来事の中心であったアンチと虚無故にアレクシスだけは覚えていました。
ここで改めてアレクシスの恐ろしさを覚えました。
そして、ダイナドラゴンが居ない理由はガイさんと共に二大怪獣の命と力の結晶を片付ける為に席を外したですか。
確かにそっちの方が良いですね。
ダイナドラゴンも少し席を外した間にまさか、一気に最終決戦になるとは思わなかったでしょうね…
今回のお話を読んで改めてグリッドマンの魅力にはまりました。
あ、ちなみにSSSSの方じゃなくて「電光超人グリッドマン」の方です。
今、再放送をやっているので毎週が楽しみです。
駄文かつ長くてすいません。
所で今度、『通信簿と赤と白』の感想を書いてよろしいでしょうか?
個人的にレッドマンについて書きたいところもありますので…
では、失礼します。


ナインボール77  2019年07月31日(水) 07:22 (Good:0Bad:0) 報告

グリッドマンで良かったなアンチ(;^ω^)

もしこれが赤男ことレッドマンとか白猿ことハヌマーンだったら((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

もし合体怪獣の中に水爆大怪獣が居たら(;^ω^)
赤王やら怪獣殿下よりもヤバイことになってたな(すっとぼけ)

更新( ^ω^)おっキシジェンデストロイヤー

返信:銀色の怪獣 2019年08月06日(火) 01:17

感想、ありがとうございます―――返信、遅くなってスミマセンでした&お待たせしてしまいました・・・

今回、とりあえずやりたかった事の詰め合わせというか、アニメだから、アニメという

「制限が無い=実写じゃ、CGじゃ無理な動きや描写、エファクトが可能」

をあらん限りやってやりました・やってくれよという願望が・・・コレでいいですよね、コレがいいですよね。

怪獣が大暴れして、ヒーローがドッタンバッタン動いて、怪獣が合体して、何か暴走して―――それが全部やれてよかった!!

『グリッドマンで良かったなアンチ(;^ω^)

もしこれが赤男ことレッドマンとか白猿ことハヌマーンだったら((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル』

確かに、その通りというか・・・

「誰だってヒーローになれる、なっていい」=「ヒーローの格好良さ・優しさ」っていいですよね・・・ソレに憧れ、ヒーローとなったアンチ=グリッドナイト、という解釈をして頂けると嬉しいです。
だから二大怪獣も救ってるし。うん、やはりヒーローはイイ・・・"コウモリ宇宙人"は自業自得って言うか、まぁアレですし(すっとぼけ)

アレクシス「これが限りある命の力か……」

あのアレクシスですら"救った"グリッドマンは本当にエラい。彼こそ本当のヒーローですね!!

???「オイ、ワシは!?」

って、どこぞの跡形もなく消された魔王様の声が聞こえてきそうな・・・

『もし合体怪獣の中に水爆大怪獣が居たら(;^ω^)
赤王やら怪獣殿下よりもヤバイことになってたな(すっとぼけ)』

確かに・・・『SSSS』の世界観って『円谷』はあるみたいですが、その他ってどうなんでしょうね?

少なくとも『円谷』があるなら東宝の怪獣が出る『ティガ』や『マックス』もあるのでしょうし、それなら合体怪獣の中にゴジラがいても変ではない?

・・・某"ゴジラタワー"とかにならなけれないいですがね(苦笑)メカゴジラならいいけど

とりあえず、やりたいことできて、出番のなかったキャラを出せてよかったです―――それをお楽しみ頂けて、そして感想まで頂けて感謝の極みです。

お待たせした分のお詫びにボリュームを多めに・・・と言うにはおこがましいですが、楽しんで頂けたならば本当によかったです。

よければ、今後ともどうぞよろしくお願いします。


青色好き  2019年07月30日(火) 20:48 (Good:0Bad:0) 報告

 投稿お疲れ様です!
 遂にアンチを救うことが出来ましたね! アレクシス、やはり無事だったのか。まぁ、不死身だし仕方ないですね。ウルトラマンオーブ・MKGの武装もかっこよかったです! プログラムデータを壊す咆哮ってなかなか強力です。
 ハイパーゼットンとグリーザも救う辺りさすがはウルトラマンとグリッドマン、と言ったところです。バット星人? あれは悪役だし……
 また、「ザ・グリード」の怪獣の名前が「オクタルス」であることを初めて知りました。さすがは先生、物知りです!


 あと、間違いと思しきところがありました。


―――ギィッヨォギョッ!ヒョッヒョッキョキョッ・・・!!―――
に同調して|下腹部のグリーザの頭部も吠えた瞬間、カラミティアンチ第二形態の右腕が一瞬で太くなった―――グリーザがその体の内に取り込んでいる「どくろ怪獣 EXレッドキング」という怪獣のマグマの焦熱を宿す極太の腕に変化して、
『喰らエ!『EXレッドキング・アンチナックル』!!
 →「同調して」と「下腹部」の間に縦線(|)が入っています。


グリッド・ドラゴンキャリバーの一閃で切り飛ばされて宙を舞うカラミティアンチ第二形態の怪獣のパーツ、ツルギデマーガの刃とハイパーゼットンのギガンティスクローを、カラミティアンチ第二形態が手に戻した両手キャッチし、ウルトラマンオーブ・MKGに斬りかかってきた!!
 →「手に戻した両手キャッチし」ではなく「両手キャッチして手に戻し」の方が分かりやすいと思います。


ダークメテオサンシャインが「全てを破壊する技」ならば、マックスキンググリッド・∞ビームは「全てを直す技」だ―――マックスキンググリッド・∞ビームにはかの修復光線
『「ィクサービーム」
が上乗せして放たれるのだ。
 →「ィクサービーム」ではなく「フィクサービーム」だと思います。



 次回も楽しみにしています!

返信:銀色の怪獣 2019年08月06日(火) 01:02

感想、ありがとうございます―――返信、遅くなってスミマセンでした&お待たせしてしまいました・・・

今回、とりあえずやりたかった事の詰め合わせというか、アニメだから、アニメという

「制限が無い=実写じゃ、CGじゃ無理な動きや描写、エファクトが可能」

をあらん限りやってやりました・やってくれよという願望が・・・コレでいいですよね、コレがいいですよね。

怪獣が大暴れして、ヒーローがドッタンバッタン動いて、怪獣が合体して、何か暴走して―――それが全部やれてよかった!!

同時に、ソレでお楽しみ頂けて嬉しいですし、お褒めの言葉を頂けて光栄です。ありがとうございます。

アンチを救えた―――「誰だってヒーローになれる、なっていい」=「ヒーローの格好良さ・優しさ」っていいですよね・・・ソレに憧れ、ヒーローとなったアンチ=グリッドナイト、という解釈をして頂けると嬉しいです。
だから二大怪獣も救ってるし。うん、やはりヒーローはイイ・・・"コウモリ宇宙人"は自業自得って言うか、まぁアレですし(すっとぼけ)

一方で、やはり生きてるアレクシス・・・取り込まれるってあまり気持ちはよくないでしょうしね(汗)

「不死」でも自由を奪われるのは嫌って、かなり「ワガママ」ですね。あぁ、だからあんな騒ぎを―――辻褄が合う? (特撮界隈で"ワガママ"で何かやらかすヤツってヤバいのが多いですよね)

『ウルトラマンオーブ・MKGの武装もかっこよかったです! プログラムデータを壊す咆哮ってなかなか強力です。』

ありがとうございます、色々と考えて・・・"アドバイス"は本当に助かりました。素晴らしいアドバイス、感謝です!!

個人的に「ロケットパンチ」が一番の気に入り―――完全に『ジプシー・デンジャー』ですが、アレの衝撃と描写の格好良さ・素晴らしさって・・・最高!!

余談ですが、件のジプシーの出る『パシフィック・リム』のギレルモ監督は『電光超人グリッドマン』もご覧になっており、

「メカと人間がシンクロして戦う」ってアイデア、実はグリッドマンも参考にしてある・・・とか。

やはり『スーパーヒューマン・サムライ・サイバー・スクワッド』はスゴいですね。

・・・『レディプレイヤー』に出ないかなぁ、キングジョーとかと一緒に(でもロボじゃないし)

『ザ・グリード』の豆知識、役に立ってよかったです・・・タコ、なんだよなぁ("オクタ"ルスだし)・・・でも「オクタ=8」どころじゃない足の数ですよね―――何でもないです。

「ガンとばすんじゃねぇ!!」からのズドン!! は痺れるなぁ・・・ヒーロー物でも映画でも、あんなカッコいいのが見たいです。


訂正のご指摘、どうもありがとうございます―――大事な所でミスるとは。ありがとうございます。

お待たせした分のお詫びにボリュームを多めに・・・と言うにはおこがましいですが、楽しんで頂けたならば本当によかったです。

よければ、今後ともどうぞよろしくお願いします。


暗愚魯鈍  2019年07月30日(火) 16:29 (Good:0Bad:0) 報告

投稿お疲れ様です!

いやぁ待った甲斐がありましたよ!過去最大クラスの大ボリューム。まさか自分ごときのアイデアに三話もかけてくれるとは…感謝の極みです!あと誤字ですが…「ィクサービーム」てフィクサービームじゃないですかね?

グリーザの怪獣の武器化・アーマー化能力が強過ぎる…なんじゃこのどチート。こりゃあオーブ・グリッドマン・グリッドマン・ダイナドラゴンがいないと勝てないわ…更に黒い太陽も放つとか…彼がラスボスでよくないかな?そんなアンチ君でさえ救ってみせるウルトラマンオーブ・マックスキンググリッドマンは凄いな。マックスキンググリッド・∞ビームとかいう最大クラスの光線はマジでヤバイ

確かに大事な用事があって、別の時間にダイナドラゴンが関わっているから応援に来れない、と言ってくれた方が説得力がありましたね…もうはっきり答えなくてもそこは夢を持って「ダイナドラゴンは違う世界でやるべき使命があった」でいいんじゃないですかね?何故あえて夢を壊すのか…流石のアレクシスも吸収同化は嫌な模様

なんか最終決戦の時にオーブとダイナドラゴンが「待たせたな!」て感じで来てここで皆の記憶が戻って「貴方はあの時の!」て想像したら胸が熱くなった。そして再びウルトラマンオーブ・マックスキンググリッドマンとなりアレクシスに挑むもバット星人の怨念を吸収したネオ・アレクシスに負けそうになり…そこでパワードゼノンとグリッドナイトと融合しウルトラマンオーブ・マックスゴッドキンググリッドナイトとなってアレクシスを撃破しこの世界を救うんですね、分かります

いやあこんなに面白くしてもらって…考えたものとして嬉しくお思いますね!以前送った愛染社長とキングオブモンスの奴も期待して待ってますよ!これからもアイデアが浮かんだらまた送りますね!

このシリーズは好きなのでまた早く続編が見たいです!次回も楽しみに待ってます!

返信:銀色の怪獣 2019年08月06日(火) 00:24

感想、ありがとうございます―――返信、遅くなってスミマセンでした。

さて、まずはお礼を。

暗愚魯鈍様のおかげで、とても素敵なお話が、それも楽しくストーリーを書けたこと、色々とアイデアを捻れたこと、何よりもアニメ版で納得のいかなかった、というか

「一ファンとして見たかった部分・怪獣&ヒーローが主役で出番多い」

をやり通せるネタを提供して下さり、感謝しかありません。

改めて、重ねてお礼申し上げます。

本当にどうもありがとうございました―――ボリューム満点にするのは「お礼」であり「勤め」であり「当然」というか「楽しかった」です。はい

・・・大事な所で誤字は最悪でした。ありがとうございます。


さて、内容やネタに関してお楽しみ頂けてありがとうございます。

まず、カラミティアンチの「取り込んである怪獣たちの能力を使える」という設定、色々と活かせて楽しかった一方、

エックスやビクトリーのような

「ヒーローが使うから正しく、カッコいい使い方が出来る」

というのを

「悪役、野蛮なキャラが使うと如何に恐ろしいのか」

を演出できてよかったです―――悪いヤツ+ヤバい力=トンデモナイ事 ですからね。

実を言えば『アンチ・ゴモラアーマー』は最初は「ゴモラの頭部を模している(メカゴモラの生首)」って感じでした―――怪獣の頭部・ゴモラのトレードマークの角(頭部)・超振動波を使う=ゴモラの頭部 というアイデアでしたが「流石になぁ・・・」と思って止めました。

個人的にアンチ・ゴモラアーマーも好きですが「ツルギデマーガ・ハイパーゼットンで作ったハサミ」も好きです。

次に、

「なんじゃこのチート」というお言葉は―――アニメだから、アニメという

「制限が無い=実写じゃ、CGじゃ無理な動きや描写、エファクトが可能」

をあらん限りやってやりました・やってくれよという願望が・・・コレでいいですよね、コレがいいですよね。

怪獣が大暴れして、ヒーローがドッタンバッタン動いて、怪獣が合体して、何か暴走して―――それが全部やれてよかった!!

『そんなアンチ君でさえ救ってみせるウルトラマンオーブ・マックスキンググリッドマンは凄いな。』

「誰だってヒーローになれる、なっていい」

の言葉の通り、ヒーローにはヒーローの"資格"と"素質"と何よりも「ヒローローになりたいという"思い"」が大事で、そして

「実際に行動できたか」

と言うことですね―――間違いなく、今回のヒーローたちはヒーローそのものでした。


『マックスキンググリッド・∞ビームとかいう最大クラスの光線はマジでヤバイ』

はい、絶対にヤバい―――この技を放つ際のグリッドマン・ダイナドラゴン・ウルトラマンマックス・ウルトラマンオーブが各自の技を構える光景、

『ウルトラマンオーブ』の最終回で、ガイさんが「諸先輩方」の力をお借りして、諸先輩方がズラッと並ぶシーンをイメージしております。アレは胸熱ですよね。


一方で「ダイナドラゴンがいなかった理由」も納得頂けて嬉しい―――

『もうはっきり答えなくてもそこは夢を持って「ダイナドラゴンは違う世界でやるべき使命があった」でいいんじゃないですかね?何故あえて夢を壊すのか…』

このお言葉を受け、ずっと思っていたモヤモヤが無くなりました。

確かに、そうですよね。何故ハッキリ言うか―――某"アニメのゴジラ"でも言わなくていいことを言うし、他にも芸能人や声優が炎上したり・・・

「黙っとけばいいのに・黙っておくのも礼儀」

が出来ていない・・・今時、SNSやらブログやらで"一般人と芸能界の距離は驚くほど身近"なのですからね。

あと、スタッフや製作会社が夢を壊す、ちびっ子に配慮してないのも多い多い・・・子供はお金持ってない・落しませんが、それでも夢は持たせてあげて欲しいですね。


『流石のアレクシスも吸収同化は嫌な模様』 確かに・・・あまり気持ちはよくないでしょうしね(汗)

「不死」でも自由を奪われるのは嫌・・・かなり「ワガママ」ですね。あぁ、だからあんな騒ぎを―――辻褄が合う?


『なんか最終決戦の時にオーブとダイナドラゴンが「待たせたな!」て感じで来てここで皆の記憶が戻って「貴方はあの時の!」て想像したら胸が熱くなった。そして再びウルトラマンオーブ・マックスキンググリッドマンとなりアレクシスに挑むもバット星人の怨念を吸収したネオ・アレクシスに負けそうになり…そこでパワードゼノンとグリッドナイトと融合しウルトラマンオーブ・マックスゴッドキンググリッドナイトとなってアレクシスを撃破しこの世界を救うんですね、分かります』

おぉ~流石は流石は暗愚魯鈍様、コレは超胸熱展開ですね、分かりますよ~~~

スゴく、イイ!!やはり"ヒーロー物"ってのは胸熱じゃないと、ですよね。

同時に、本当に書く側としても色々できて楽しかったです。本当にありがとうございます。


『愛染社長とキングオブモンスの奴も期待して待ってますよ!これからもアイデアが浮かんだらまた送りますね!』

はい、ありがとうございます―――あのアイデア、

・"デモンストレーション"がエラい事に
・「悪いファンの見本」という汚名を逆手に取った演出

を筆頭に、色々とネタを練り込んでます・・・あっという間に消された「勿体ないキャラ」を存分に活かしますので、お楽しみに!!

いやいや、色々と本当にありがとうございます・・・お待たせした分のお礼、と言うにはおこがましいですが、楽しんで頂けて本当によかったです。

よければ、今後ともどうぞよろしくお願いします。







ダークバースト海賊 ID:R57p8Bh.  2019年05月13日(月) 17:47 (Good:0Bad:0) 報告

やった~、アカネちゃんが完勝して幸せになってる!
他の小説では無いような結末書いて下さりありがとうございます!
あの魔デウス倒すとかニトメイル凄い!マックスやヴィットの店員姿やキャリバーの巡査姿お似合いですね!アカネちゃんの為に言葉掛け続ける六花さん素敵!優しいですね!
最後に、素敵な詩と共にアカネちゃんを幸せにして下さり本当にありがとうございます!

返信:銀色の怪獣 2019年05月24日(金) 14:24

ダークバースト海賊様どうもはじめまして。銀色の怪獣と申します。

この度は僕の作品にコメントを誠にありがとうございます。同時に、楽しんで頂けたようで何よりでございます・・・返信が大変遅くなり、申し訳ありませんでした。

他の小説ではない―――アカネちゃんの改心エンドorアカネちゃんが味方にorアカネちゃんがヒドい目に・・・はよくありますが、やはり最期まで悪というか己を貫いた展開も面白い、は仰って頂けた通りです。

こういう「極めた・極まった」もいいですね・・・その場合、アレクシスはどうするのか?

ニトメイル、正しく「夢の世界の覇者」―――魔デウスのヤバさ、あれを討ち破るのは人の思いの強さ。

でもその「人の思いの強さ」がもしも正しくない・悪者の思いの方が強かったら・・・? 恐ろしいですね。

ニトメイルの夢の中で出た各自の姿、想像したら面白い・・・約一名、完全に平和かつ趣味な方がいますが(ヴィットさん)

その一方で、夢の中でもアカネを気遣う六花―――その思いが空回りして、アカネは気付かない・・・気付いたアニメはよかったけど、こっちでは、あるいは「こうなっていただろう」だと考えるとなんとも恐ろしいというか悲しい・・・気付いて、アカネが正気に戻ってよかったです。

『最後に、素敵な詩と共にアカネちゃんを幸せにして下さり本当にありがとうございます!』

いえいえ、こちらこそ読んで下さって、感想を下さってどうもありがとうございます。

他人から見たら不幸せでも、本人には最高の幸せ―――そんな展開、面白いですよね・・・?

本当にどうもありがとうございました。もし、よろしければアイデア、あるいはご要望などありました活動報告欄などでそういう活動報告欄ありますので、よろしければ・・・はい。

では、失礼致します


青色好き  2019年04月23日(火) 21:59 (Good:0Bad:0) 報告

 投稿お疲れ様です! 残業があったので返信が遅れました。申し訳ないです。

 遂にダイナドラゴンが出ましたか! やっぱり恐竜体型のロボットはかっこいいですよね。メカゴジラしかりライゼロスしかり…… そしてマックスキンググリッドマン! 超武装のウルトラマンってかっこ良さそうです! 鎧の戦士といった感じですし。マックスキンググリッドマン、略するならMKGですね。
 カラミティアンチの第二形態、考えてみれば確かにジャシュラインみたいな三つ首怪獣はあまりいないですよね。大半はキングギドラ体型ですし。

 小ネタの方、勉強になりました。ダイナドラゴンは元々ゴジラっぽいメカを出そうとしていたのは初めて知りました。さすがは先生、博識です!もしゴジラっぽいメカが出られていたらジャスティライザーのライゼロスみたいな感じなのだろうか?(ライゼロスはメカゴジラとガイガンがモデルですが) でも、ダイナドラゴンもゴジラっぽいですよね。ゴジラもドラゴンぽいですし。
 やっぱり美少女なんかより恐竜の方が良いですね。なんで視聴者は美少女ばかり求めるのかやら……


 あと、間違いと思しき箇所がありました。
 ↓

『ほぉ、俺ノ技を防ぐトハ・・・そうでナケレバ面白くナイゾ、グリッドマン!!』

 休む間もなく浴びせられるカラミティアンチの多彩な光線技を、ウルトラマンオーブ・MGは「マックス・グリッドバリヤー」という金色の光の幕状のバリヤーで防いでいた・・・当然、防ぐことに専念するしかないため、隙が存分にあるのだ。

 …MGの振り仮名が「ウルトラマンオーブ・マックスグリッドマン」となっています。

返信:銀色の怪獣 2019年04月30日(火) 01:10

返信、大変遅くなって申し訳ありませんでした。


前編でもヤバかったカラミティアンチが進化し、中編で活躍したウルトラマンオーブ・マックスグリッドマンは更に強化され、待ちに待ったニホンティラノサウルスの生まれ変わり・・・も進化して登場、とやりたいことの詰め合わせでした。お楽しみ頂けましたでしょうか?

カラミティアンチの第二形態、納得して頂けて嬉しいです・・・元ネタにした三面の魔像もギミックが素晴らしく、見慣れた・やり尽くされたキングギドラでは無く、ああいった「滅多にいない」のこそやって欲しいですね。

そして、小ネタはお役に立てて嬉しいです・・・他にも『ダイナドラゴンの尻尾はもっとガッシリした尻尾にしたかったけど、割とチョロンとした尻尾にしか出来なくて残念』と、スタッフは悔しがっていたりもしていたそうです。ですが、やはり格好いい―――ゴジラ・恐竜・ドラゴンがメカに。そりゃ、格好いいですよね!!

・・・仰る通り、我々は「怪獣・ヒーローが見たくて"怪獣モノ・ヒーローモノ"を見る」んですから―――とりあえず、美少女よりも恐竜、白い肌よりも鱗、おっぱいよりも鉤爪や大顎、太腿よりも太くて逞しい足・・・少なくとも怪獣やヒーロー、ロボットを見たくて『グリッドマン』という作品を見たいのですよ。

とはいえ、お金にならないといけない―――如何せん、スポンサーがKADOKAWA=「金にならないコンテンツは斬り捨てる」で、"あのカメ"は斬り捨てるわ、手間がかかることは嫌う企業がいるし・・・

難しいですね・・・ですが、別に美少女出してもいい、美少女いたら絵に華々しさがある、恐竜よりも美少女がオタクは求めている・・・でもね、少なくとも『グリッドマン』なら

ヒーロー・怪獣:美少女=8:2位にすべきでしたね・・・まぁ、アカネはよかったですが、やはり六花が・・・とりあえず
「可愛い・キレイ・凜々しい・美女・美少女」=OK

「エロ・露骨・いやらしい」=もっと加減しろ

ですかね?

さて、やっと出せましたダイナドラゴン(オリジン)―――元ネタである怪獣王の特性や強さを、『グリッドマン』では出来なかった事を、更に言えば『SSS』で出番が無かった分の活躍をさせつつ、次回で

「何故ダイナドラゴンは『SSS』に出れなかったのか?」

を作者なりに納得いくように仕上げますので、どうぞお楽しみに!!

誤字報告、どうもありがとうございます。直さねば・・・


ナインボール77  2019年04月22日(月) 10:23 (Good:0Bad:0) 報告

キョウリュウジャーもとい恐竜と美少女だったら( ・`ω・´)

ジョースター卿の台詞じゃ無いが(笑)
”逆に考えるんだ両方出せば(・∀・)イインだと( ー`дー´)キリッ“これぞ現代流の優しい世界(V)o¥o(V)(๑¯ω¯๑)ニンニン

こいつ→(V)o¥o(V)も美少女形態有るし(ウルトラマンマックスのタイニーバルタンも実写で美少女形態あったし(^_^;))

あの言い訳は多分円谷英二のおやっさんだと巫山戯んな(#^ω^)ってなってるよな
そしてスポンサー側が金足らんねんって(;^ω^)堪忍して((((;゚Д゚))))ガクガクブルブルなるな今だと(笑)

怪獣王は他の作品だとオーバーキルな攻撃喰らっても普通に生きてそうだもんな(;^ω^)
ブラックホール使った攻撃(縮退砲とか波動砲とか)でも生きてるし
自分の攻撃跳ね返されても死なないし(;゚д゚)ェ…
これをメカで完全再現したらTDNスパロボのラスボスと言う(笑)(๑¯ω¯๑)ニンニン

怪獣王みたいなノリなメカは弱いのは居ないな(笑)
メカゴジラにメカザウラーにゴジュラスとかetc

更新( ^ω^)おっデスラー総統

返信:銀色の怪獣 2019年04月30日(火) 00:53

返信、大変遅くなって申し訳ありませんでした。

キョウリュウジャーですか・・・なるほど、確かに―――戦隊モノはヒーロー・美女・ロボ・悪の組織・・・とバランスがよく、見習って欲しかったですね。

だって、我々は「怪獣・ヒーローが見たくて"怪獣モノ・ヒーローモノ"を見る」んですから―――とりあえず、美少女よりも恐竜、白い肌よりも鱗、おっぱいよりも鉤爪や大顎、太腿よりも太くて逞しい足・・・少なくとも怪獣やヒーロー、ロボットを見たくて『グリッドマン』という作品を見たいのですよ。

とはいえ、お金にならないといけない―――如何せん、スポンサーがKADOKAWA=「金にならないコンテンツは斬り捨てる」で、"あのカメ"は斬り捨てるわ、手間がかかることは嫌う企業がいるし・・・

難しいですね・・・ですが、別に美少女出してもいい、美少女いたら絵に華々しさがある、恐竜よりも美少女がオタクは求めている・・・でもね、少なくとも『グリッドマン』なら

ヒーロー・怪獣:美少女=8:2位にすべきでしたね・・・まぁ、アカネはよかったですが、やはり六花が・・・とりあえず
「可愛い・キレイ・凜々しい・美女・美少女」=OK

「エロ・露骨・いやらしい」=もっと加減しろ

ですかね?


『ジョースター卿の台詞じゃ無いが(笑)
”逆に考えるんだ両方出せば(・∀・)イインだと( ー`дー´)キリッ“これぞ現代流の優しい世界(V)o¥o(V)(๑¯ω¯๑)ニンニン』  仰る通りですな。

というか、仰る通りのタイニーに加えてピット星人、アンドロイド少女、氷の美女・・・『マックス』だけでもいっぱいいますからね。



さて、やっと出せましたダイナドラゴン(オリジン)―――元ネタである怪獣王の特性や強さを、『グリッドマン』では出来なかった事を、更に言えば『SSS』で出番が無かった分の活躍をさせつつ、次回で

「何故ダイナドラゴンは『SSS』に出れなかったのか?」

を作者なりに納得いくように仕上げますので、どうぞお楽しみに!!


暗愚魯鈍  2019年04月22日(月) 06:20 (Good:0Bad:0) 報告

投稿お疲れ様です!

…中編…だと!?まさか自分如きのアイデアが三つに分かれるとは…なんて素晴らしいんだ、いいぞもっとやれ!頑張れアンチ!もっとこの作品を盛り上げてくれ!この作品で一番印象が残るくらいの大暴れをさせてあげてくださいな!あ、あのメッセージですが…別にいいですよ、自分の変なアイデアよりも銀色の怪獣様が改造した方が面白いですから。むしろもっとやってくれて感じです

それにしても…やっぱりダイナドラゴンはカッコいいぜ!マザーレギオンみたいなジャミングや単純な強さに相棒力の高さ…アニメでも出て欲しかった…放電現象である燃焼を打ち消す…あれ?ウチのミコっちゃんも使えるかも?あの子10億ボルトの雷操れるし…オーブ・オリジンがモデルか…いいですね。それにミサイルや大砲とかがまた男のロマン…イイネェ最高だねェ!

そしてカラミティアンチの大活躍…マックスグリッドマンも強いし…本当ライバルにふさわしい…もうこいつがラスボスでいいよ。そして進化形態がトーテムポールことジャシュライン…まあ最近はキングギドラ型が多いですしね…あいつの造形は珍しかった…正直ここまでの大活躍は期待してなかった…流石自分の斜め上をいく銀色の怪獣様ですね…期待マックスです

そしてダイナドラゴンとの合体 ウルトラマンオーブ・マックスキンググリッドマン…ヤベェ鳥肌立ってきた。最大の強敵を彼らは救えるのか?アイデア出した本人が言うのもなんですが…ここまでの展開はさすがに予想外…後半どうなるの〜!?

次回も期待してますね!

返信:銀色の怪獣 2019年04月30日(火) 00:39

返信遅くなってしまい、大変申し訳ありませんでした。


このお話、長くなってしまうのは必然―――素晴らしい怪獣に加え、提供して下さったシチュエーションこそ、やりたかった・やれる展開を盛り込める逸材づくし。本当にありがとうございます。なので、もう少しお付き合い下さいませ・・・

とりあえず、ご了承頂けて助かりました。加えて、やはり全ては暗愚魯鈍全ては様の素晴らしいアイデアあってこそですし、本当に感謝するばかりです。

とりあえず、美少女よりも恐竜、白い肌よりも鱗、おっぱいよりも鉤爪や大顎、太腿よりも太くて逞しい足・・・少なくとも怪獣やヒーロー、ロボットを見たくて『グリッドマン』という作品を見たいのですよ。

別に美少女出してもいい、美少女いたら絵に華々しさがある、恐竜よりも美少女がオタクは求めている・・・でもね、少なくとも『グリッドマン』なら

ヒーロー・怪獣:美少女=8:2位にすべきでしたね・・・まぁ、アカネはよかったですが、やはり六花が・・・


それはさておき、ダイナドラゴン(オリジン)が活躍出来たのもやはりカラミティアンチという素晴らしい逸材がいたからこそ。本当にありがとうございます。

片や黒く、色んな改造を受けたニホンティラノサウルスの生まれ変わり。
片や更に黒く、より恐ろしくなった合体怪獣。

果たして次回の結末、そしてカラミティ安置の行く末&ウルトラマンオーブ・マックスキンググリッドマンの取る行動とは・・・?

後編、どうにか頑張っておりますので、どうぞお楽しみにです!!


青色好き  2019年03月27日(水) 07:09 (Good:0Bad:0) 報告

 投稿お疲れ様です!

アンチ+強力な怪獣2体ならかなり強くなりますよね。しかもハイパーゼットンとグリーザなら尚更…… アレクシスが取り込まれましたけれど、不死身だし大丈夫かも…… 
 とりあえずバット星人は怪獣を制御する方法もアンチに入れた方がよさそう。そうすればアンチに倒されずに済んだろうに……

 マックス+グリッドマンのフュージョンアップ! マックス自身多彩な能力を持っていますので、これは強そうです! 個人的にはサイバー繋がりでウルトラマンエックスでも良さそうです!

 ニホンティラノサウルスの生まれ変わり…… もしや……!?

 恐竜と美少女、あ~……(察し) 何と言うか、うん。悲しいなぁ……

返信:銀色の怪獣 2019年03月30日(土) 14:42

感想、ありがとうございます・・・返信遅れて申し訳ないです。

今回の合体怪獣、とにかく攻め手と特徴が多い―――

・強い、素早い、モノマネが出来る・アンチ
・ゼットン属でも有数の強者・ハイパーゼットン
・理不尽、意味不明の極み・グリーザ

の合体=弱いわけないですな・・・とりあえず、次回で大暴れします。

アレクシスの一件、彼を始めとした「不死・不滅の存在」って以外に「封印」とか「取り込まれる」には弱いですよね。

・設定なら誰にも、アニゴジにもアニメギドラにも負けないであろうデスギドラもアッサリ封印された(しかもレインボーより隠したのグリーンモスラに・・・デスギドラ<ダガーラという構図もあるぐらいですし)
・あの「完全生命体 イフ」も小説版では取り込まれてしまった
・ベリアル閣下は・・・しつこいけど、取り込まれたりしたら大人しくなりますし

なので、アレクシスも取り込まれるのには弱い・・・? 彼の動向、及び取り込まれた人々は実は―――次回をお楽しみに。というか、その人たちをどうにかしないと出来ない展開・戦い方もあるので、はい。

バット星人は"都合上"だったのと、やはり詰めが甘いというか何というか・・・いくらエリートとは言え、所詮はバット星人―――見た目がいいだけに、余計に残念。

さて、やっと出せました『ウルトラマンオーブ・マックスグリッドマン』!!いやぁ、悲願が叶った―――今回の対戦相手にウルトラマンオーブ・マックスグリッドマンを選んだのは、当然ながら"相性"があるからです。

だって、マックスって―――仰る通り、多彩な能力に加え、実は・・・その辺は次回で種明かしするのでお楽しみに。

そして、あの"ドラゴン"も―――新世紀中学生がいない今、彼だけが最強の助っ人になってくれるでしょう・・・どんな登場するのかは、かなり以外ですのでお楽しみにです。

・・・一説には、ダイナドラゴン枠の新世紀中学生も"追加戦士"とて『SSS~』に出る予定だったとか―――でも、件の『尺の都合』でカットだとか・・・残念。色気とかより恐竜が見たいのにぃ!!

で、その追加戦士は非常に大柄&見た目に恐竜のような要素があったとか・・・でも、出られない(出せない)かったため、そのデザインはマックス(バトルトラクトマックス)に受け継がれたとか。
※マックス(人間態)は大柄、付けているマスクがまるで恐竜の口みたい・・・などなど。

もしかしたら、そのダイナドラゴン枠の新世紀中学生の追加戦士が中井さんだったor本当にマックスさんの声が中井さんだったら面白かったですよね。


んで、恐竜か美少女かは・・・

「恐竜の鱗肌に飽きたら、俺の店に来な。可愛いオネーチャン、いっぱいいるから」(※映画『ダイノトピア 失われた恐竜王国』での一幕)

・・・所詮、そんなモンか(白目)

いや、まぁ分かるけどさぁ・・・少なくとも『グリッドマン』なら見たいのはヒーロー・怪獣・バトル・武器・・・に、可愛い娘とかカッコいい男子がチョコっと出ればいいんじゃね? とも思いますが―――時代だし、何よりも「金稼がにゃイカン」ですからね、シカタナイヨネー

だからこそ、金も関係ない二次創作でぐらい暴れさせてやりますぜぇ! "暴君トカゲ"="ティラノサウルス"らしく、次回は暴れますよ・・・ご期待下さい。

では、次回をお楽しみに!!



感想を書く
非ログイン時のみ、名前と投稿キーを入力してください
名前  2~20文字
「名前#任意の文字列」と入力すると、「名前◆暗号化された文字列」と表示されます
投稿キー  投稿キー を入力してください)
内容 対象話:

0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。